市場調査レポート
商品コード
1190376

商業用不動産市場-成長、動向、予測(2023年~2028年)

Commercial Real Estate Market- Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
商業用不動産市場-成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

商業用不動産市場は、予測期間中に10%以上のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19パンデミックは、旅行制限や社会的距離の取り方によって、公衆動員、商業工事、集会施設に関わるため、商業用不動産セクターに深刻な影響を及ぼしました。パンデミック時に最も影響を受けた市場セグメントは、オフィス、小売、病院でした。なお、COVID-19のプロトコルが緩和されたことにより、世界市場は回復しつつあり、売上はパンデミック前の水準に戻りつつあります。

主なハイライト

  • 商業用不動産市場の大幅な成長は、都市化、商業分野のデジタル化、海外投資の増加によってもたらされています。例えば、2021年、欧州の商業用不動産市場における海外投資は、同地域の資本投資の半分を占め、ほぼ1億3000万ユーロ(1億3700万米ドル)となっている
  • さらに、中国とカナダではオフィススペースの吸収率が伸びたのに対し、欧州と米国では減少しました。さらに、アジア太平洋地域は、小売販売と物流倉庫の吸収量において、世界市場をリードしています。
  • 商業用不動産業界の発展には多くの要因が影響します。商業用不動産は、その定義からして、経済やさまざまなセクターの業績と密接に結びついています。
  • この業界には、不動産投資家、デベロッパー、ブローカー、マネージャー、メディアポータルなど、さまざまなタイプの企業があり、業界の動向に応じて別の課題や機会に直面しているみなさんがいます。
  • コロナウイルスが大流行した際、社会的距離を置く必要性から、世界中のオフィスがハイブリッドワークモデルに移行し、オフィススペースに対する需要が減少しました。一方、多くの国でeコマース支出が増加しているため、倉庫やフルフィルメントセンターのニーズが高まり、業界の将来にとって最も重要な産業・物流不動産セクターの成長が主導・推進されています。
  • また、技術革新や環境・社会・ガバナンス(ESG)の持続可能性の重要性が高まっていることも、重要な課題となっています。

主な市場動向

オフィス市場の成長が見込まれる

オフィス市場は、世界のパンデミックによって大きな打撃を受けました。大きな混乱はあったもの、現在、市場は回復基調にあります。さらに、この分野への投資の増加が、市場の景気回復を後押ししています。

2021年、世界のほぼ390の都市で、オフィスの稼働率は80%以上の力強い成長を遂げました。さらに、2021年第3四半期以降、3000万平方フィート(MSF)のオフィススペースが吸収されました。一方、同セクターの賃料の伸びは緩やかな回復局面にあり、EMEAでは賃料の伸びが顕著になりました。また、オフィススペースのほとんどはAクラスオフィスが吸収しており61%以上、次いでBクラスオフィスが32%、Cクラスオフィスが7%となっています。

さらに、アジア太平洋地域は、人口増加、GDP成長、中間層消費者、労働年齢人口の増加に伴い、オフィス需要を牽引しています。また、APAC地域は、世界市場におけるオフィス建設の50%以上を占めています。

小売セクターが大幅な成長を遂げる見込み

COVID-19の大流行にもかかわらず、小売不動産セクターは、仕事のデジタル化、実店舗の変革、環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮へのシフトをテコに、大きな成長を遂げました。さらに、小売セクターは、eコマースセクターやパンデミック時の顧客行動の変化など、多くの課題に直面しました。

こうした課題にもかかわらず、パンデミック時のeコマースの売上は小売業全体の売上の14%に過ぎず、小売業は底堅く推移しています。さらに、デベロッパーは消費者の需要を満たし、変化する小売環境に適応するために、さまざまな戦略に注力しています。例えば、ショッピングセンターを多目的に改装したり、テナントミックスをカスタマイズしたり、最新のビジネスモデルを取り込むために新しいリースモデルを開発したりしています。また、消費者の需要に対応するため、一部の小売業者は、新技術の導入により、クリック&コレクト、カーブサイドピックアップ、店舗からの出荷などのオムニチャネル戦略を通じて事業を拡大しています。

さらに、小売売上高はアジア太平洋地域で増加し、米国、欧州がそれに続きました。また、店舗型小売、食料品店、アパレル、百貨店、レストラン、バーなど、さまざまなセグメントで小売売上が伸びています。

競合情勢

世界の商業用不動産市場は、多くのプレーヤーが存在し、競争が激しく、細分化されています。ほとんどのプレーヤーは、パートナーシップや買収など戦略的な投資を行うことで事業を拡大しています。オフィス、小売、物流の各分野は、市場で最も投資されている分野です。さらに、パンデミックによる混乱にもかかわらず、堅調なオフィススペース取得、空室率の低下、賃貸料の上昇などが、同市場への投資の原動力となっています。主な企業としては、Brookfield Asset Management Inc.、Prologis Inc.、Boston Properties Inc.、WANDA Groupなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の洞察と力学

  • 市場概要
  • 市場力学
    • 市場促進要因
    • 市場抑制要因
    • 市場機会
  • サプライチェーン/バリューチェーン分析
  • 業界魅力度-ファイブフォース分析分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • オフィス
    • 小売
    • 産業・物流
    • 集合住宅
    • 病院
  • 地域別情報
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • ロシア
      • その他の欧州地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • カタール
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • アルゼンチン
      • コロンビア
      • その他のラテンアメリカ地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Brookfield Asset Management Inc.
    • Prologis Inc.
    • Simon Property Group LP
    • Shannon waltchack LLC
    • DLF Ltd
    • Boston Properties Inc.
    • Segro
    • Link Asset Management Limited
    • Wanda Group
    • Onni Contracting Ltd
    • MaxWell Realty
    • ATC IP LLC
    • Nakheel PJSC
    • RAK Properties*

第7章 市場機会と今後の動向

第8章 付録

目次
Product Code: 56018

The commercial real estate market is expected to register a CAGR of more than 10% during the forecast period. The COVID-19 pandemic severely affected the commercial real estate sector, as travel restrictions and social distancing involved public mobilization, commercial works, and gathering facilities. The office, retail, and hospitality sectors were the most affected market segments during the pandemic. Furthermore, the global market is recovering as COVID-19 protocols are relaxed, and sales are reaching pre-pandemic levels.

Key Highlights

  • The significant commercial real estate market growth is leveraged by urbanization, the commercial sector digitalization, and increasing foreign investments. For instance, in 2021, foreign investments in the European commercial real estate market accounted for half of the capital investments in that region, which is almost EUR 130 million (USD 137 million)
  • Moreover, China and Canada experienced growth in office space absorption, whereas Europe and the US saw declined rate. In addition, Asia-Pacific is leading in retail sales and logistics warehouse absorption in the global market.
  • Many factors influence the development of the commercial real estate industry. Commercial real estate is, by definition, closely tied to the economy and the performance of various sectors.
  • There are different types of companies in the industry, such as real estate investors, developers, brokers, managers, media portals, and everyone who faces other challenges and opportunities as industry trends develop.
  • During the coronavirus pandemic, the need for social distancing caused offices worldwide to move to a hybrid work model, reducing demand for office space. Meanwhile, increasing e-commerce spending in many countries is leading and driving the need for more warehouses, fulfillment centers, and growth in the industrial and logistics real estate sector, which is paramount to the industry's future.
  • Some of the critical issues are the growing importance of technological innovation and environmental, social, and governance (ESG) sustainability.

Key Market Trends

Office Markets to Witness Increased Growth

The office market was strongly hit by the pandemic globally. Despite the vast disruption, now the market is in the recovery phase. Furthermore, increasing investments in the sector are boosting the economic recovery in the market.

In 2021, office occupancy experienced robust growth of more than 80% in almost 390 metro cities worldwide. Moreover, 30 million sq ft (MSF) of office space was absorbed since the third quarter of 2021. Meanwhile, the rental growth of the sector is in the slow recovery phase, and EMEA experienced significant growth in rental growth. In addition, most of the office space is absorbed by class-A offices with more than 61%, followed by class-B and class-C offices with 32% and 7%, respectively.

Furthermore, the Asia-Pacific (APAC) region is leading in the office market due to population growth, GDP growth, middle-class consumers, and the working-age population leveraging office demand. Also, the APAC region contributes more than 50% of office construction in the global market.

The Retail Sector is Likely to Witness a Significant Growth

Despite the COVID-19 pandemic disruption, the retail real estate sector saw significant growth, leveraged by the digitization of work, the transformation of physical retail, and the shift towards environmental, social, and governance (ESG) considerations. Moreover, the retail sector faced many challenges from the e-commerce sector and changing customer behavior during the pandemic.

Despite these challenges, the sector stood resilient, as e-commerce sales during the pandemic accounted for only 14% of overall retail sales. Moreover, developers are focusing on different strategies to meet consumer demand and adapt to the changing retail environment. Such as remodeling shopping centers for multiple purposes, customizing tenant mix, and developing new lease models to attract the latest business models. In addition, to meet consumer demand, some retailers are expanding their business through omnichannel strategies, such as click-and-collect, curbside pickup, and ship-from-store, by adopting new technologies.

Furthermore, retail sales increased in the Asia-Pacific region, followed by the US and Europe. Also, retail sales experienced growth in different segments such as in-store retails, grocery stores, apparel, departmental stores, restaurants, and bars.

Competitive Landscape

The global commercial real estate market is highly competitive and fragmented, with many players. Most players are expanding their business by investing strategically in partnerships, acquisitions, etc. The office, retail, and logistics sectors are the market's most invested segments. Furthermore, the investments in the market are driven by robust office space take-up, declining vacancy levels, and rising rentals despite the disruption caused by the pandemic. Some major companies are Brookfield Asset Management Inc., Prologis Inc., Boston Properties Inc., WANDA Group, etc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS AND DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Dynamics
    • 4.2.1 Market Drivers
    • 4.2.2 Market Restraints
    • 4.2.3 Market Opportunities
  • 4.3 Supply Chain/Value Chain Analysis
  • 4.4 Industry Attractiveness- Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.5 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Offices
    • 5.1.2 Retail
    • 5.1.3 Industrial/Logistics
    • 5.1.4 Multi-family
    • 5.1.5 Hospitality
  • 5.2 By Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 Japan
      • 5.2.1.3 India
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Canada
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 United Kingdom
      • 5.2.3.2 Germany
      • 5.2.3.3 France
      • 5.2.3.4 Russia
      • 5.2.3.5 Rest of Europe
    • 5.2.4 Middle-East and Africa
      • 5.2.4.1 Saudi Arabia
      • 5.2.4.2 United Arab Emirates
      • 5.2.4.3 Qatar
      • 5.2.4.4 South Africa
      • 5.2.4.5 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.2.5 Latin America
      • 5.2.5.1 Brazil
      • 5.2.5.2 Mexico
      • 5.2.5.3 Argentina
      • 5.2.5.4 Colombia
      • 5.2.5.5 Rest of Latin America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Overview (Market Concentration and Major Players)
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Brookfield Asset Management Inc.
    • 6.2.2 Prologis Inc.
    • 6.2.3 Simon Property Group LP
    • 6.2.4 Shannon waltchack LLC
    • 6.2.5 DLF Ltd
    • 6.2.6 Boston Properties Inc.
    • 6.2.7 Segro
    • 6.2.8 Link Asset Management Limited
    • 6.2.9 Wanda Group
    • 6.2.10 Onni Contracting Ltd
    • 6.2.11 MaxWell Realty
    • 6.2.12 ATC IP LLC
    • 6.2.13 Nakheel PJSC
    • 6.2.14 RAK Properties*

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 APPENDIX