デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190349

コーヒー貿易の分析- 成長、動向、および予測(2023年-2028年)

Coffee Trade Analysis - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 134 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
コーヒー貿易の分析- 成長、動向、および予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 134 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

コーヒー市場は、予測期間である2022年から2027年にかけて、CAGR2.5%を記録すると予測されています。

COVID-19の制限によって非常に厳しい労働環境が課せられているにもかかわらず、消費者が市場にアクセスできているのは、主にコーヒー生産者とサプライチェーンの回復力によるものです。COVID-19がコーヒー生産に与える影響は比較的小さいです。欧州連合(EU)外務省によれば、監禁と社会的疎外措置によって消費量が減少しています。これは特に小規模なコーヒー焙煎業者や、主にホテル、レストラン、カフェに供給している焙煎業者に影響を与える(HORECA)。

また、コーヒー業界では、不当な賃金による劣悪な労働環境、森林破壊、焙煎工場による大気汚染、コーヒーの不規則な価格設定など、農場から市場に至るまで様々な問題が発生しています。コーヒー科学情報研究所(ISIC)の調査によると、回答者の68%が「仕事中にコーヒーを飲むことが多い」と答えています。この傾向は、ドイツ、イタリア、スペイン、英国などの欧州諸国において、消費者のコーヒーの品質に対する意識が高まっていることから、大きな需要につながっています。

主な市場動向

コーヒーの消費量増加

コーヒーはカフェインを含んでいるため、活力を与える効果があります。世界で最も消費され、人気のある飲み物の一つです。コーヒーは、さまざまな方法で調理され、提供されています。いくつかの臨床研究によると、適度なコーヒーの消費は、健康な成人にとって穏やかであるか、またはわずかに有益であるとされています。生活水準の向上と一緒に、特に企業業界で、シフトの作業文化は、さらに世界市場での需要を後押しする予想されます。長年にわたり、コーヒーの需要は、欧州連合(EU)、米国、日本などの成熟した市場を超えて大幅に拡大しています。

北米、アジア太平洋、欧州がコーヒーの最大消費国です。国際コーヒー機関によると、2020年のアジア太平洋地域と欧州地域のコーヒー消費量はそれぞれ3650万、5410万(60kg袋)で、2019年は3600万、5340万(60kg袋)となっています。アジア太平洋地域では、日本が依然として市場をリードしており、中国と韓国がそれに続いています。長期的な需要は今後数年で拡大し、最も成長率の高い市場のひとつになる可能性があります。

企業が顧客満足度を高め、ロイヤリティを獲得するために、サービス面での戦略を見直し、現代的なブランドを立ち上げていることも、世界のコーヒー市場を向上させている要因の一つです。また、様々なカフェの出現や消費者の可処分所得水準の向上も、この市場を後押ししています。これらすべての要因が、市場の成長を後押しすると予想されます。

市場を独占するブラジル

ブラジルは世界のコーヒー生産量の約25%を生産しています。ブラジルで栽培されるコーヒーはアラビカ種が中心で、全体の約80%を占めています。収穫期は5月から8月です。ブラジルの近代的な経済成長と工業化の初期段階において、コーヒーの世界の需要は大きく貢献しました。

現在、ブラジルはドイツと米国にコーヒーの大半を輸出しています。米国は世界最大のコーヒーの買い手であり、北米のコーヒー市場は、世界のコーヒー輸入額の4分の1以上を占めています。コーヒー貿易は、ブラジルが米国の10大貿易相手国の1つであり続けることに貢献しています。

国際コーヒー機関(International Coffee Organization)によると、ブラジルは世界市場におけるコーヒーの主要生産国および輸出国です。ブラジルコーヒー輸出協会(Cecafe)によると、ブラジルのコーヒー輸出の主な目的地は、米国、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本、トルコ、ロシア、メキシコ、スペイン、カナダであるとのことです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • バリューチェーン分析

第5章 市場のセグメンテーション

  • 地域別(数量・金額別の輸入分析、数量・金額別の輸出分析)
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • 英国
      • デンマーク
      • オランダ
      • ドイツ
      • ノルウェー
      • スウェーデン
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • インドネシア
      • フィリピン
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
    • アフリカ
      • 南アフリカ共和国

第6章 市場機会と今後の動向

第7章 COVID-19が市場に与える影響についての評価

目次
Product Code: 52354

The coffee market is projected to register a CAGR of 2.5% during the forecast period, 2022-2027.

Despite the incredibly challenging working environment imposed by COVID-19 restrictions, consumers have still been able to access markets, largely owing to the resilience of coffee producers and supply chains. The impact of COVID-19 on coffee production is relatively minor. According to the European Union's Ministry of Foreign Affairs, lockdown and social distancing measures have caused a reduction in consumption. This particularly affects small coffee roasters and roasters that mainly supply hotels, restaurants, and cafes (HORECA).

Additionally, the coffee industry witnessed various issues from farms to markets like poor labor practices combined with unfair wages, deforestation, air pollution from roasting plants, and irregular pricing of coffee. According to a survey conducted by the Institute for Scientific Information on Coffee (ISIC), 68% of the respondents stated that they often consume coffee while working. This trend is leading to a huge demand for coffee in European countries like Germany, Italy, Spain, United Kingdom, and others, as consumers are becoming increasingly conscious of the quality of their coffee.

Key Market Trends

Increased Consumption of Coffee

Coffee provides a revitalizing effect as it contains caffeine. It is one of the most consumed and popular drinks worldwide. It is prepared and presented in different ways. As per some clinical studies, modest coffee consumption is gentle or slightly beneficial for healthy adults. The shifting work culture, specifically in the corporate industry, along with enhancing living standards, is further anticipated to boost the demand in the global market. Over the years, the coffee demand has significantly broadened beyond mature markets such as the European Union (EU), United States, and Japan.

North America, Asia-Pacific, and Europe are the largest consumers of coffee. According to the International Coffee Organization, in 2020, coffee consumption in the Asia-Pacific and European regions was 36.5 million and 54.1 million (60 kg bags), respectively, which was 36.0 million and 53.4 million 60 kg bags in 2019. In Asia-Pacific, Japan still leads the market, followed by China and South Korea. Long-term demand is set to grow in the coming years, making it potentially one of the fastest-growing markets.

Companies overhauling their strategies in terms of service and emerging contemporary brands to enhance customer satisfaction and gain loyalty is another factor improving the coffee market across the world. This is supported by the emergence of various cafes and increased expendable income levels of consumers. All these factors are anticipated to bolster the market growth.

Brazil Dominates the Market

Brazil produces around 25% of the world's coffee supply. Coffee grown in Brazil is predominantly of the Arabica variety, making up around 80% of the total crop. Harvest season runs from May to August. The global demand for coffee heavily contributed to the early phase of Brazil's modern economic expansion and industrialization.

Brazil currently exports the majority of its coffee to Germany and United States. United States is the world's largest single buyer of coffee, with the North American coffee market accounting for over one-quarter of the global coffee imports in value. The coffee trade helps Brazil remain one of the ten major trading partners of United States.

According to the International Coffee Organization, Brazil is the major producer and exporter of coffee in the global market. According to the Council of Coffee Exporters of Brazil (Cecafe), the main destination markets for Brazil's coffee exports have been United States, Germany, Belgium, Italy, Japan, Turkey, Russia, Mexico, Spain, and Canada.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Value Chain Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Geography (Import Analysis by Volume and Value and Export Analysis by Volume and Value)
    • 5.1.1 North America
      • 5.1.1.1 United States
      • 5.1.1.2 Canada
      • 5.1.1.3 Mexico
    • 5.1.2 Europe
      • 5.1.2.1 United Kingdom
      • 5.1.2.2 Denmark
      • 5.1.2.3 Netherlands
      • 5.1.2.4 Germany
      • 5.1.2.5 Norway
      • 5.1.2.6 Sweden
    • 5.1.3 Asia-Pacific
      • 5.1.3.1 China
      • 5.1.3.2 India
      • 5.1.3.3 Japan
      • 5.1.3.4 Indonesia
      • 5.1.3.5 Philippines
    • 5.1.4 South America
      • 5.1.4.1 Brazil
      • 5.1.4.2 Argentina
    • 5.1.5 Africa
      • 5.1.5.1 South Africa

6 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

7 AN ASSESSMENT OF THE IMPACT OF COVID-19 ON THE MARKET