市場調査レポート
商品コード
1402978

コーヒー:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024~2029年

Coffee - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 172 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
コーヒー:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 172 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

コーヒー市場規模は2024年に1,321億3,000万米ドルと推定・予測され、2029年には1,663億9,000万米ドルに達し、予測期間(2024-2029年)のCAGRは4.72%で成長すると予測されます。

Coffee-Market-IMG1

コーヒー市場を牽引する要因は複数あるが、認証コーヒー製品に対する需要の高まり、消費者によるシングルサーブコーヒー抽出システムの受け入れ、コーヒー市場の主要企業が主導する絶え間ない技術革新などがその一例です。新興経済諸国では、その品質と風味から、一部の消費者がインスタントコーヒーから高級コーヒーに切り替えると予想されています。インスタントコーヒーはかつて高級品と考えられていたが、若年層の消費者層を失い始めており、市場力学に変化をもたらしています。

コーヒー市場の動向

認証コーヒー製品に対する需要の急増

ここ数年、消費者は自分が購入する製品の製造元や産地に対する意識が高まっています。これは、特にコーヒーのような食品・飲料のサプライチェーンにおいて顕著です。消費者は、購入するコーヒーの信頼性を確保するために、認証されたコーヒー製品を求めています。

貧困、社会的不公正、環境破壊に対する消費者の懸念が、食品・飲料市場における持続可能な認証ブランドやラベルへの需要を後押ししています。社会的、環境的、経済的基準の様々な組み合わせに準拠し、認定された第三者によって独自に認証されたコーヒーの種類は、総称して「サステナブルコーヒー」と呼ばれています。

また、コーヒーは食品偽造の標的としてますます一般的になっているため、認証コーヒーは消費者に製品の信頼性を保証するものでもあります。多くの認証機関がコーヒーの生産手順やサプライチェーンをチェックしています。その中には、UTZ認証、フェアトレード認証、レインフォレスト・アライアンス認証、USDAオーガニック認証などがあります。

上記の要因から、認証コーヒーの需要は予測期間中に大きく伸びると予想されます。

Coffee-Market-IMG2

欧州が市場を独占

コーヒー科学情報研究所(ISIC)が実施した調査では、回答者の68%が仕事中にコーヒーを飲むことが多いと答えています。この動向は、ドイツ、イタリア、スペイン、英国などの欧州諸国におけるコーヒーの大きな需要につながっています。

さらに、技術の進歩(卓上型マシンやトレーサビリティ・ツールなど)によって、Bean-to-Cupソリューションが生まれつつあります。ドイツのコーヒーポッド・カプセル市場は、ネスレのネスプレッソが幅広い製品展開で独占しています。しかし、キューリグ・グリーン・マウンテンはJABホールディングと合併し、プレゼンスを拡大するつもりです。これはドイツにおけるネスレSAの成長を妨げると予想されます。ネスレネスプレッソSAが発表した報告書によると、ドイツでは、コーヒー通の意識が若い世代で高まっています。18~29歳の約24.1%がさまざまな種類のコーヒーやコーヒーレシピを試したいと考えており、コーヒー業界に多様性を求めています。

コーヒー業界の概要

コーヒー市場は競争が激しく、ネスレ、JMスマッカー・カンパニー、クラフト・ハインツ・カンパニー、スターバックス・コーヒー・カンパニーなどが独占しています。とはいえ、マッシモ・ザネッティ・ビバレッジ・グループやTchibo GmbHなどのプライベートブランドも、市場シェアと世界・国内売上の拡大に注力しています。

コーヒー市場の大手企業は、製品の革新や合弁事業による他地域への進出を通じて、市場シェアの拡大余地が大きいことを記録しました。例えば、2021年9月、Louis Dreyfus Company Asia Pte.Ltd.は、プレミアムコーヒーを提供する日本のスペシャルティコーヒー小売業者であるゼファー・ジャパンと合弁契約を締結しました。この合弁事業により、同社はスペシャルティ事業の拡大を目指し、日本やその他の東アジア市場へのプレミアムコーヒーの流入を増やすことを位置づけています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果 と前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • ホールビーン
    • 挽き豆コーヒー
    • インスタントコーヒー
    • コーヒーポッドとカプセル
  • 流通チャネル
    • オントレード
    • オフトレード
      • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
      • コンビニエンスストア
      • 専門小売店
      • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • オーストラリア
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • Most Adopted Market Strategies
  • 最も活発な企業
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • The Kraft Heinz Company
    • Starbucks Coffee Company
    • The J. M. Smucker Company
    • Luigi Lavazza SPA
    • Nestle SA
    • The Coca-Cola Company
    • JAB Holding Company
    • Tata Global Beverages
    • Tchibo GmbH
    • Strauss Group Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 46502
Coffee - Market - IMG1

The Coffee Market size is estimated at USD 132.13 billion in 2024, and is expected to reach USD 166.39 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.72% during the forecast period (2024-2029).

Multiple factors drive the coffee market, a few being the increasing demand for certified coffee products, the acceptance of single-serve coffee brew systems by consumers, and the constant innovation led by the top players in the coffee market. In developed economies, some consumers are expected to switch from instant coffee to premium coffee due to its quality and flavor. Instant coffee was once considered a high-end product but has begun to lose its base of younger consumers, which is changing the market dynamics.

Coffee Market Trends

Surge in Demand for Certified Coffee Products

Over the last few years, consumers have become more aware of the manufacturing of the products they buy and where their purchases are coming from. This is applicable especially in the case of the supply chains of food and beverage products, such as coffee. Consumers are looking for certified coffee products to ensure the credibility of their coffee purchases.

The consumers' concerns about poverty, social injustice, and environmental destruction have driven the demand for certified sustainable brands and labels in the food and beverage market. Coffee types that adhere to various combinations of social, environmental, and economic standards and are independently certified by an accredited third party have been collectively termed 'sustainable coffee.'

Certified coffee is also an assurance to the consumer about the product's reliability, as coffee is becoming an increasingly common target for food counterfeiters. A number of certification organizations are checking the production procedures and the supply chains of coffee. Some of these organizations include UTZ Certification, Fair Trade Certification, Rainforest Alliance Certification, and USDA Organic Certification.

Owing to the above factors, the demand for certified coffee is expected to grow significantly during the forecast period.

Coffee - Market - IMG2

Europe Dominates the Market

In a survey conducted by the Institute for Scientific Information on Coffee (ISIC), 68% of the respondents said they often consumed coffee while working. This trend is leading to a huge demand for coffee in European countries like Germany, Italy, Spain, and the United Kingdom.

Moreover, advancements in technology (like tabletop machines and traceability tools) are creating bean-to-cup solutions. The German coffee pods and capsules market is dominated by Nestle's Nespresso, with its wide product reach. However, Keurig Green Mountain merged with JAB Holding, intending to expand its presence. This is expected to hinder the growth of Nestle SA in Germany. As per a report published by Nestle Nespresso SA, in Germany, a growing sense of coffee connoisseurship was most noticeable among younger generations. About 24.1% of 18-29-year-olds want to try different types of coffee and coffee recipes and want diversity in the coffee industry.

Coffee Industry Overview

The coffee market is highly competitive and is dominated by players like Nestle, JM Smucker Company, Kraft Heinz Company, and Starbucks Coffee Company. Nonetheless, private-label brands, such as Massimo Zanetti Beverage Group and Tchibo GmbH, are also focused on increasing their market shares and global and domestic sales.

The leading players in the coffee market recorded a significant scope for growth in their market shares through innovations in products and expansions in other regions via joint ventures. For instance, in September 2021, Louis Dreyfus Company Asia Pte. Ltd signed a joint venture agreement with Zephyr Japan, a Japanese specialty coffee retailer that provides premium coffees. With this joint venture, the company aims for specialty business expansion, positioning it to increase premium coffee flows into Japan and other East Asian markets.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables and Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Whole-bean
    • 5.1.2 Ground Coffee
    • 5.1.3 Instant Coffee
    • 5.1.4 Coffee Pods and Capsules
  • 5.2 Distribution Channel
    • 5.2.1 On-trade
    • 5.2.2 Off-trade
      • 5.2.2.1 Supermarkets/Hypermarkets
      • 5.2.2.2 Convenience Stores
      • 5.2.2.3 Specialist Retailers
      • 5.2.2.4 Other Distribution Channels
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Russia
      • 5.3.2.6 Spain
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Australia
      • 5.3.3.4 Japan
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Market Strategies
  • 6.2 Most Active Companies
  • 6.3 Market Share Analysis
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 The Kraft Heinz Company
    • 6.4.2 Starbucks Coffee Company
    • 6.4.3 The J. M. Smucker Company
    • 6.4.4 Luigi Lavazza SPA
    • 6.4.5 Nestle SA
    • 6.4.6 The Coca-Cola Company
    • 6.4.7 JAB Holding Company
    • 6.4.8 Tata Global Beverages
    • 6.4.9 Tchibo GmbH
    • 6.4.10 Strauss Group Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS