デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440261

アウトオブホーム(家庭外)コーヒー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Out-of-Home Coffee - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
アウトオブホーム(家庭外)コーヒー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

アウトオブホーム(家庭外)コーヒー市場規模は、2024年に392億6,000万米ドルと推定され、2029年までに470億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.70%のCAGRで成長します。

アウトオブホーム(家庭外)コーヒー- マーケット

市場は主に世界中の消費者の広範なコーヒー消費パターンによって動かされています。コーヒーは、職場でも摂取できる一般的に好まれる飲み物の1つです。

さらに、すぐに飲めるコーヒー店は、消費者が小売店の味や雰囲気を求めて集まったり、たむろしたりする社交の場として好まれています。伝統的なコーヒーや、ラテ、エスプレッソ、カプチーノなどのスペシャルティコーヒーなどのコーヒー製品が一般に消費者に好まれていました。最近ではフレーバーコーヒーもその美味しさの重要性が高まっています。家庭外でのコーヒーの需要により、メーカーは市場の最大数の消費者にリーチするために販売店ネットワークを拡大することで地理的なプレゼンスを拡大しています。たとえば、同社の年次報告書によると、スターバックスコーポレーションは小売店ネットワークを2020年の32,660店舗から2021年末までに33,833店舗に拡大しました。

コロナウイルスの発生により、世界中で数十万人が影響を受けました。 2020年3月のロックダウンにより、ほぼすべてのパブ、カフェ、レストランが閉鎖されました。この間、業界全体が多かれ少なかれ完全に停止しました。一部のレストランは配達と持ち帰りの営業を続けた。したがって、ほとんどのコーヒー消費者はオンライン配送チャネルを通じてコーヒーを購入しました。多くの消費者がオンラインでコーヒーを注文し、家庭でのコーヒーの消費が増加したり、すぐに飲めるコーヒーを購入することが増えたため、家庭外でのコーヒー消費が急激に減少しました。しかし、状況が正常に戻りつつあるため、消費者による家庭外コーヒーの採用が増加しています。

アウトオブホーム(家庭外)コーヒー市場の動向

生産年齢人口の増加に伴うコーヒーハウスの存在感の向上

世界の露出の増加、西洋文化、確立されたコーヒーブランドの浸透が、特にアジア太平洋地域におけるコーヒーチェーン拡大の成長を促す重要な要因になると予想されます。最近では、友人、家族、同僚、仕事仲間のたまり場としてコーヒーショップの人気が高まり、コーヒーショップは驚異的な成長を遂げました。コーヒーの受け入れの増加は、特にCoffee Day Enterprises Ltd、Starbucks Corporation、Barista Coffeeなどの企業によるプレミアムストアの出現に起因しており、市場の成長を促進しています。さらに、これらの店舗は、魅力的でリラックスできる雰囲気を作り出すことで、コーヒーを飲むことに体験的な要素を取り入れています。企業幹部の勤務パターンの変化も、コーヒーショップやカフェが無料Wi-Fiやエンターテイメントゾーンなどのサービスを提供しているため、その需要を促進しています。欧州地域では、コーヒーを飲む文化が特に人気があります。これにより、カフェ/バーの売上高と取引額の平均成長率が強化されています。

欧州は世界市場で大きなシェアを保持

家庭外でのコーヒー消費量においては欧州が最大の地域であり、次に北米、アジアが続きます。フランスはドイツ、イタリアに次いで欧州で3番目にコーヒー消費量が多い国です。コーヒー科学情報研究所(ISIC)が2021年に実施した調査によると、ほとんどの回答者が仕事中にコーヒーを飲むことが多いと回答しました。この傾向は、消費者がコーヒーの品質をますます意識するようになっており、ドイツ、イタリア、スペイン、英国などの欧州諸国でコーヒーに対する膨大な需要につながっています。シングルオリジンコーヒーや、フレーバーコーヒー、ラテ、カプチーノなどのスペシャルティコーヒーは、この地域の消費者の間でよく言及される種類の1つです。この地域では近年、Ten Belles、Hollybelly、Telescopeなどのスペシャルティコーヒーショップが急速に増加し、さまざまなフレーバーや種類のコーヒーを消費者に提供し、市場でより新鮮な革新的/カスタマイズされたブレンドへの道を切り開いてきました。

アウトオブホーム(家庭外)コーヒー産業の概要

アウトオブホーム(家庭外)コーヒー市場は競争が激しいです。ネスレ、JMスマッカーカンパニー、JABホールディングカンパニー、クラフトハインツカンパニー、スターバックスなどの企業が市場を独占しています。主に国内のスペシャルティコーヒーチェーンの成長により、グルメコーヒーの需要が大幅に増加しています。米国のような国ではグルメコーヒーへの大規模な移行が起こっています。大手コーヒー会社は、市場での製品提供を拡大するためにグルメコーヒー分野に参入しています。 Tchibo GmbHのようなプライベートブランドブランドは、世界および国内での販売を通じてコーヒー市場でのシェアを拡大することに重点を置いています。さらに、上記の企業は革新と拡大戦略で消費者を魅了し、それによって主要企業の間で競争力のある地位を維持しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • カテゴリー
    • レギュラーコーヒー
    • グルメ/スペシャルティコーヒー
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • スペイン
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 有力企業が採用した戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • The Kraft Heinz Company
    • Nestle SA
    • Starbucks Corporation
    • The JM Smucker Company
    • JAB Holding Company
    • Luigi Lavazza SpA
    • Tchibo GmbH
    • Baronet Coffee Inc
    • Gruppo illy Spa
    • Blue Tokai Coffee Roasters

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 71961

The Out-of-Home Coffee Market size is estimated at USD 39.26 billion in 2024, and is expected to reach USD 47.08 billion by 2029, growing at a CAGR of 3.70% during the forecast period (2024-2029).

Out-of-Home Coffee - Market

The market is primarily driven by consumers' extensive coffee consumption patterns worldwide. Coffee is one commonly preferred beverage people can also consume in workplaces. For instance, the National Coffee Association (NCAUSA) revealed that coffee consumption among the age groups 18-24 years old increased, and about 66% of the United States aged above 18 consume coffee frequently, and 28% of the coffee drinkers in the country account for Out-of-home coffee as of January 2022.

Moreover, ready-to-drink coffee places are preferred as socializing places where consumers like to meet and hang out for the taste and ambiance of the retail establishment. Coffee products like traditional coffee and specialty coffee, such as lattes, espresso, and cappuccino, were commonly preferred by consumers. In recent times, flavored coffee is also gaining importance for its taste. Owing to the out-of-home coffee demand, manufacturers are expanding their geographical presence by increasing their outlet network to reach the maximum number of consumers in the market. For instance, according to the company's annual report, Starbucks corporation expanded its retail establishment network from 32,660 outlets in 2020 to 33,833 outlets by the end of 2021.

The coronavirus outbreak affected hundreds of thousands of people worldwide. The lockdown in March 2020 led to the closure of all pubs, cafes, and restaurants almost everywhere. During this time, the entire industry more or less came to a complete halt. Some restaurants remained open for delivery and takeaway. Therefore, most coffee consumers purchased their coffee via online delivery channels. Many consumers ordered their coffee online, increasing the consumption of at-home coffee, or are increasingly purchased ready-to-drink coffee, which created a sharp decline in out-of-home coffee consumption. However, with situations returning to normalcy, there is a rise in consumer adoption of out-of-home coffee.

Out-of-Home Coffee Market Trends

Increasing Number of Working Age Population Uplifting the Presences of Coffee Houses

Increasing global exposure, western culture, and penetration of established coffee brands are anticipated to be the key factors driving the growth of coffee chain expansion, especially in the Asia-Pacific region. In the recent past, coffee shops witnessed tremendous growth, as outlets were gaining popularity as hangout zones for friends, family, colleagues, and business associates. The increased acceptance of coffee is attributed to the emergence of premium stores from companies such as Coffee Day Enterprises Ltd, Starbucks Corporation, and Barista Coffee Co. Ltd, among others, fuelling the market growth. Moreover, these outlets have ushered in an experiential element to coffee drinking by creating an attractive and relaxing ambiance. Changing work patterns of business executives are also driving the demand for such coffee shops/cafes, as these outlets offer services such as free Wi-Fi, entertainment zones, etc. The European region sees significant popularity of the coffee-drinking culture, especially among urban residents, which is, in turn, strengthening the average growth rate of cafes/bars in terms of value sales and transactions.

Europe Holds a Significant Share in the Global Market

Europe represents the largest area in terms of coffee consumption away from home, followed by North America and Asia. France is the third-largest coffee-consuming country in Europe, after Germany and Italy. According to a survey conducted by the Institute for Scientific Information on Coffee (ISIC) in 2021, most respondents said they often consumed coffee while working. This trend is leading to a massive demand for coffee in European countries, like Germany, Italy, Spain, and the United Kingdom, as consumers are becoming increasingly conscious of their coffee quality. Single-origin coffee and specialty coffees like flavored, lattes, and cappuccino were among the commonly referred types among the consumers in the region. The region encountered a rapid rise in specialty coffee shops in recent years, like Ten Belles, Hollybelly, and Telescope, offering different flavors and types of coffees to consumers, paving the way for fresher innovative/customized blends in the market.

Out-of-Home Coffee Industry Overview

The out-of-home coffee market is highly competitive. Players like Nestle, JM Smucker Company, JAB Holding Company, Kraft Heinz Company, and Starbucks dominate the market. There is a significant increase in the demand for gourmet coffee, primarily due to the growth of specialty coffee chains in the country. There is a massive shift toward gourmet coffee in countries like the United States. Major coffee companies are tapping into the gourmet coffee segment to expand their product offerings in the market. Private-label brands like Tchibo GmbH focus on increasing their share in the coffee market through global and domestic sales. Moreover, the company mentioned above engages the consumers with its innovation and expansion strategies, thereby maintaining its competitive position among the top players.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Category
    • 5.1.1 Regular Coffee
    • 5.1.2 Gourmet/Specialty Coffee
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Mexico
      • 5.2.1.4 Rest of North America
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 United Kingdom
      • 5.2.2.2 Germany
      • 5.2.2.3 Spain
      • 5.2.2.4 France
      • 5.2.2.5 Italy
      • 5.2.2.6 Russia
      • 5.2.2.7 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 United Arab Emirates
      • 5.2.5.2 South Africa
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Strategies adopted by the leading players
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 The Kraft Heinz Company
    • 6.3.2 Nestle S.A.
    • 6.3.3 Starbucks Corporation
    • 6.3.4 The J.M. Smucker Company
    • 6.3.5 JAB Holding Company
    • 6.3.6 Luigi Lavazza S.p.A.
    • 6.3.7 Tchibo GmbH
    • 6.3.8 Baronet Coffee Inc
    • 6.3.9 Gruppo illy Spa
    • 6.3.10 Blue Tokai Coffee Roasters

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS