デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1137968

OTT(Over the Top)の世界市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Global Over the Top (OTT) Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=144.25円
OTT(Over the Top)の世界市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

OTT(Over the Top)市場は、予測期間中に14.23%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19の大流行がOTTの展望にプラスの影響を与え、視聴者はOTTデバイスを通じて自宅でより多くのコンテンツを消費するようになりました。これは、このフォーマットの成長を加速させる可能性があります。この地域のモバイルファースト経済とOTT加入率の上昇を見ると、OTTの機会はさらに深くなります。デジタルテレビをポケットに入れる消費者が増えており、消費者動向の変化を利用しようとするメディアバイヤーにとってエキサイティングな機会となっています。

主なハイライト

  • OTT(Over the top)とは、ケーブルや衛星プロバイダベースのプラットフォームではなく、高速インターネット接続を介して提供される映画やテレビのコンテンツ・プラットフォームです。OTTの採用は、ビデオ、音楽、ポッドキャスト、オーディオストリーミングの各カテゴリに大きな影響を与えています。OTTの普及は、ジャンルの選択肢の狭さ、パッケージングの柔軟性、利用可能なデバイスの幅広さ、インターネットの普及、コストの低さなどに起因していると思われます。さらに、カスタマイズされたコンテンツに対する需要の高まりが、OTTデバイスの大幅な普及率につながりました。
  • さらに、OTTプラットフォームサービスを提供するプレイヤーは、もはや映画やテレビ番組にアクセスするためだけのプラットフォームと見なされることには興味がなく、コンテンツの制作やライセンス供与にも投資しています。このようなシナリオにより、従来のテレビとOTT業界との直接的な競合が発生しています。この競争は、プラットフォーム内に高度な技術を導入することでさらに激化しています。
  • OTTの採用が増加している背景には、ジャンルの選択肢の狭さ、柔軟性、幅広いデバイスの利用可能性、インターネットの普及、全体的なコストの低さなどが挙げられます。さらに、カスタマイズされたコンテンツに対する需要の高まりが、OTTデバイスの大幅な普及率につながりました。これにより、ユーザーは様々なコンテンツを柔軟に視聴することができるようになりました。また、新興国では高速インターネットの料金が手ごろになったことで、ユーザーの利便性に応じた定額制サービスの採用率が大幅に上昇しました。
  • これは、OTTサービスの小型化、コンテンツの絞り込みといった消費者行動を反映し、ウォレットの細分化(柔軟な支払いモデル)をもたらし、購買決定を家庭から個人レベルへ柔軟に移行させることにつながっています。
  • COVID-19の流行は、OTTの展望にプラスの影響を与え、視聴者はOTTデバイスを通じて自宅でより多くのコンテンツを消費するようになりました。ZuoraのSubscription Economy Index Reportによると、2020年3月1日から31日までのCOVID-19の加入者獲得率への影響の動向は、過去12ヶ月間の成長率と比較して、OTT Video Streaming企業の世界加入成長率が2020年3月に7倍になることが示唆されています。

主な市場動向

スマートTVの普及によるサブスクリプションビデオオンデマンド(SVOD)の採用の増加

  • サブスクリプション・ビデオ・オン・デマンド(SVOD)とは、Subscription Video-on-Demandの略です。一般的な有料放送と同様、月額固定料金ですべての番組が視聴できるサービスです。Netflix、Amazon Prime Video、Hulu、HBO、Disney+などのSVODストリーミングプラットフォームの人気急上昇の主な要因は、ユーザーがオリジナルで高品質のコンテンツに外出先から無制限にアクセスできることです。
  • さらに、価格革新、バンドル、オリジナルのプレミアムコンテンツにアクセスできることが、OTTプラットフォームが提供する定額制ビデオオンデマンド(SVOD)サービスの採用を増加させています。
  • インドでは、上位5つの都市がOTTビデオプラットフォームユーザーの55%を占め、Tier1都市がさらに36%を占めています。調査によると、インドのOTTビデオコンテンツ市場はHotstarがリードしており、各プラットフォームへの加入者の割合では、AmazonのPrime Video、SonyLIV、Netflix、Voot、Zee5、ALTBalaji、ErosNowと続いています。ErosNowのユーザーは最も熱心なユーザーで、68%のユーザーが毎日コンテンツを視聴していると回答しています。同プラットフォームは、パートナーシップを通じて成長を続けています。インドでは、Xiaomiと提携し、スマートTVにプリインストールしています。
  • 米国のような国では、The Walt Disney Companyが初回起動時に加入者が1000万人に達したと発表し、同社のDisney+サービスが4位となっています。また、Netflixの米国加入者数は6,997万人でした。米国の加入者数は、Netflixの全世界のストリーミング配信加入者数の約3分の1を占めています。
  • メッセージングサービスの提供とともに、一部のOTTアプリは、放送チャンネルが顧客に提供するような機能性をも提供しています。高い普及率で、ユーザーは娯楽性の高い動画や音楽、国内外のニュースなどを多くのユーザーに配信しています。このような応用範囲の広さが、OTTアプリの普及を加速させています。

北米が大きな市場シェアを占める

  • 米国では、6400万世帯がOTTに慣れており、家庭での平均視聴時間は1ヶ月で86時間と推定されています。また、約66%の家庭がWi-Fiを利用しており、OTTコンテンツのジャンルは主にスポーツ、教育、エンターテイメントに関するものが増えてきています。
  • スポーツのOTTはますます魅力的になってきています。この分野でのコンテンツ獲得に向けた投資の増加は、多くの企業がOTTの領域に参入していることを浮き彫りにしています。例えば、2020年8月、Amazon Primeは、Prime Gamingというサービスを開始し、ゲーマー向けのサービスを発表しました。
  • Twitch Prime/Prime Gamingは、これまでの映画やテレビ番組のストリーミングサービスに基づき、通常のPrime会員になると、無料のゲームやゲームコンテンツ、Twitchチャンネルの無料視聴を提供する予定です。同社はさらに、この措置について、北米でゲーム用の新しいコンテンツ市場が拡大しているためとしています。
  • 同様に、テレビを取り巻く環境では、放送局、有料放送事業者、コンテンツ所有者が課題であると同時にチャンスでもあります。これらの業界関係者は、断片化した視聴者にコンテンツを提供し、視聴者を惹きつけ、維持するための新たな方法をますます求めています。
  • リニアとOTTのプロバイダーが急速に混在する中、米国のメディア業界は、消費者直販(DTC)チャンネルに提供するコンテンツをより多様化する必要に迫られています。例えば、ディズニーはESPN+とHuluをバンドルした後、模索していました。

競合情勢

OTT(Over the Top)市場は断片的です。多くのメディアやコンテンツ企業がストリーミングTVの流れに乗り、マーケットプレースはますます競争力を増し、視聴者を夢中にさせる高品質のコンテンツを求めてさらに競争が激しくなっています。各社は消費者の注目を集めるため、製品のイノベーションに注力しています。主要プレイヤーは、Netflix Inc.、Amazon.comなど。

  • 2021年12月-NetflixはインドでSVODの利用料金を60%値下げしました。モバイル専用プランは月額2.62米ドルから1.96米ドルに、スタンダードプランは月額6.58米ドルに、プレミアムプランは月額10.59米ドルから8.55米ドルに引き下げられました。
  • 2021年9月- ケニアでは、Netflixが新しい無料のAndroidモバイルプランをリリースし、特定の番組のフルシーズンを含むレパートリーの限定セレクションを視聴することができるようになります。Android向けNetflixモバイルプランでは、ユーザーは金銭的な情報を提出することなく加入することができます。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業エコシステム分析
  • 産業の魅力度-ファイブフォース分析分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • スマートデバイスの普及と高速インターネットへのアクセスの拡大
    • スポーツ・エンターテイメントサービスのコモディティ化の進行とOTTプロバイダー間の競争の激化
    • 新興市場におけるSVOD(定額制サービス)の採用拡大
  • 市場抑制要因
    • 映像コンテンツの違法コピーやスパイウェアによるユーザーデータベースへのセキュリティ脅威の増大
  • COVID-19によるOTTおよびTV業界への影響

第6章 市場セグメンテーション

  • サービスタイプ別
    • SVOD
    • TVOD
    • AVOD
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Netflix, Inc.
    • Amazon.com Inc.(Prime Video)
    • The Walt Disney Company(Hulu)
    • Tencent Holdings Ltd
    • Roku Inc.
    • Google LLC(YouTube)
    • DAZN Group Limited
    • NBC Universal(Hayu)
    • PCCW Media Group(Viu)

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 66482

The Over the Top (OTT) Market is expected to register a CAGR of 14.23% during the forecast period. The onset of the COVID-19 pandemic positively impacted the OTT landscape, with audiences consuming more content at home via OTT devices. This is likely to accelerate the growth of this format. The OTT opportunity is further deep when looking at the region's mobile-first economy, combined with the rising OTT subscription rate. An increasing number of consumers have a digital TV in their pocket, which presents an exciting opportunity for media buyers looking to take advantage of changing consumer trends.

Key Highlights

  • Over the top (OTT) is a film and television content platform provided via a high-speed internet connection instead of a cable or satellite provider-based platform. OTT adoption has significantly aided the video, music, podcast, and audio streaming category. Increasing adoption can be attributed to narrow genre choices, packaging flexibility, wider device availability, internet penetration, and lower costs. Furthermore, the rising demand for customized content led to significant adoption rates of OTT devices.
  • Further, players offering OTT platform services are no longer interested in being viewed as platforms just for accessing movies and TV shows but are also investing in the production and licensing of their content. Such a scenario has resulted in direct competition with traditional TV and the OTT industry. The competition is further heightened with the deployment of advanced technologies within the platforms.
  • Increasing adoption of OTT can be attributed to the narrow genre choices, flexibility, wider device availability, internet penetration, and overall lower costs. Furthermore, the rising demand for customized content led to significant adoption rates of OTT devices. This offered the users the flexibility to view varied content. Also, affordable rates of high-speed internet across emerging economies led to a massive increase in the adoption rates of subscription services, according to user convenience.
  • This reflects key consumer behavior in terms of smaller size and narrower content of OTT services, leading to wallet fragmentation (flexible payment models), thereby pushing buying decisions flexibly from the household to the individual level.
  • The onset of the COVID-19 pandemic positively impacted the OTT landscape, with audiences consuming more content at home via OTT devices. As per Zuora's Subscription Economy Index Report, trends of the COVID-19 impact on subscriber acquisition rates from March 1-31, 2020, in comparison to the last 12 months, suggested that the global subscription growth rate for OTT Video Streaming companies grew 7x in March 2020, as compared to the growth rate over the previous 12 months.

Key Market Trends

Increasing Adoption of Subscription video-on-demand (SVOD) Due to Smart TV Penetration

  • Subscription video-on-demand (SVOD) stands for subscription video-on-demand: SVOD, like standard pay-TV packages, allows customers to access an entire catalog of programming for a fixed monthly fee. The main factor responsible for the surge in the popularity of SVOD streaming platforms, like Netflix, Amazon Prime Video, Hulu, HBO, and Disney+, is that the user gets unlimited access to original and high-quality content on the go.
  • Further, the pricing innovation, bundling, and availability of original premium content for access to users in the country have increased the adoption of subscription video-on-demand (SVOD) services offered by the OTT platforms.
  • In India, the top 5 metro cities account for 55% of OTT video platform users, while Tier one cities account for another 36%. As per the survey, Hotstar leads the Indian OTT video content market, followed by Amazon's Prime Video, SonyLIV, Netflix, Voot, Zee5, ALTBalaji, and ErosNow in terms of the percentage of respondents subscribed to each platform. ErosNow users were the most engaged users, with 68% of its users indicating that they watched content daily. The platform continues to thrive through partnerships. In India, it partnered with Xiaomi for pre-installation on smart TVs.
  • In a country like the United States, The Walt Disney Company announced it had reached 10 million subscribers upon initial launch, putting its Disney+ service fourth on the list. Also, Netflix had 69.97 million U.S. subscribers. The subscriber base in the United States accounts for around a third of Netflix's worldwide streaming subscriber base.
  • Along with providing messaging services, some OTT apps also provide the functionalities that a broadcast channel provides to its customers. With a high adoption rate, users broadcast entertaining videos, music, and local or international news to many other users. This wide range of applicabilities is accelerating its adopted growth.

North America Accounts for the Significant Market Share

  • In the United States, 64 million homes are accustomed to OTT, with the average home viewing value estimated at 86 hours of OTT content in a month. Furthermore, nearly 66% reach homes with Wi-Fi, with OTT content genres primarily related to sports, education, and entertainment witnessing increasing developments.
  • OTT for sports is becoming increasingly attractive. Growing investments in content acquisition across this domain highlight how numerous companies are entering the OTT space. For instance, as of August 2020, Amazon Prime announced its offerings for gamers via the launch of a service called Prime Gaming.
  • Based on its earlier streaming services for movies and TV shows, Twitch Prime/Prime Gaming is expected to provide free games, game content, and a free Twitch channel subscription, as a part of its standard Prime membership. The company additionally attributed this action to the growing market for new content for games in North America.
  • Similarly, broadcasters, pay-TV operators, and content owners in the TV environment represent both a challenge and an opportunity. These industry players are increasingly looking for new ways to reach, engage, and retain fragmented audiences for their content.
  • With a rapid mix of linear and OTT providers, the US media industry has been on the edge of diversifying more of its content offerings across its direct-to-consumer (DTC) channels. Like, Disney sought after bundling its ESPN+ and Hulu.

Competitive Landscape

The Over the Top (OTT) Market is fragmented. With many media and content companies jumping on the streaming TV bandwagon, the marketplace is becoming increasingly competitive, creating even more competition for high-quality content to keep viewers hooked. The companies are focusing on product innovation to gain consumer attention. Key players are Netflix Inc., Amazon.com, etc.

  • December 2021 - Netflix slashed its SVOD subscription price by 60% in India. The mobile-only plan was reduced to USD 1.96 per month from USD2.62, 2 dollars decreased the standard plan to USD 6.58 per month, and the premium plan was reduced to USD 8.55 from USD 10.59 per month.
  • September 2021 - In Kenya, Netflix is releasing a new free Android mobile plan that will allow users to watch a limited selection of its repertoire, including full seasons of certain shows. The Netflix mobile plan for Android enables users to join without submitting any financial information.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Ecosystem Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growth in the adoption of smart devices & greater access to higher internet speeds
    • 5.1.2 Ongoing shift towards commoditization of sporting & entertainment services coupled with growing competition among OTT providers
    • 5.1.3 Increasing adoption of SVOD (subscription - based services) in emerging markets
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Growing Threat of Video Content Piracy and Security Threat of User Database Due to Spyware
  • 5.3 Impact of COVID -19 on the OTT and TV industry

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type of Service
    • 6.1.1 SVOD
    • 6.1.2 TVOD
    • 6.1.3 AVOD
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
    • 6.2.2 Europe
    • 6.2.3 Asia Pacific
    • 6.2.4 Latin America
    • 6.2.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Netflix, Inc.
    • 7.1.2 Amazon.com Inc. (Prime Video)
    • 7.1.3 The Walt Disney Company (Hulu)
    • 7.1.4 Tencent Holdings Ltd
    • 7.1.5 Roku Inc.
    • 7.1.6 Google LLC (YouTube)
    • 7.1.7 DAZN Group Limited
    • 7.1.8 NBC Universal (Hayu)
    • 7.1.9 PCCW Media Group (Viu)

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET