デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1317045

ヘッドレスシステム:モジュラー・アプリケーションで構成されるシステムのアーキテクチャ・スタイルを理解する- ビジネス・ユーザーの視点から

Headless Systems: Understanding Architectural Styles for Composed Systems of Modular Applications - Business User Perspective

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 17 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
ヘッドレスシステム:モジュラー・アプリケーションで構成されるシステムのアーキテクチャ・スタイルを理解する- ビジネス・ユーザーの視点から
出版日: 2023年07月28日
発行: IDC
ページ情報: 英文 17 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

このIDC Perspectiveは、モノリシック、ヘッドレス、コンポーザブル・アプリケーションのシステム設計コンセプトと技術的なデプロイメント間の基本的な用語と区別について読者をガイドします。モジュール、マイクロサービス、およびAPIインターフェイスを使用してヘッドレスシステムと相互作用し、接続するコンポーネントの違いについて概説します。IDCのデジタルエクスペリエンス戦略担当リサーチ・バイスプレジデントであるマーシ・マドックス(Marci Maddox)氏は述べています。「モジュラーシステムにおけるデジタル成熟への道のりは、ダイナミックかつ多面的です。競合企業は、デジタル成熟度を、モノリシック、フルスタック、ハイブリッドヘッドレス、ヘッドレスなど、組織の目標を成功裏に達成する適切なシステムに合わせなければなりません」

エグゼクティブスナップショット

状況の概要

  • コンポーザブルビジネスソフトウェアの統合システムの言語についての混乱
  • ヘッドレス:ヘッドレスシステムではプレゼンテーションを他のすべてから切り離す必要がある
  • フロントエンドのためのバックエンド:野心的なマルチヘッドエクスペリエンスの配信には、多くの場合、複数のバックエンドが必要
  • ほとんどの「ヘッドレス」アプリケーションには、すぐに使用できるオペレーターユーザーインターフェイスが付属しており、運用およびプロセス計画中に興味深い課題が生じる
  • ヘッドレスシステムのインターフェイスの抽象化:APIとコマンドラインインターフェイスの役割
  • ヘッドレスシステムにおけるAPIファーストの設計
  • 分離と分解への推進の説明
  • 純粋なモノリシックシステムからほぼ自律性まで、システム全体の導入オプション
  • デジタルビジネスに万能のシステムなど存在しない
    • ステージ 1:開発者の制約を伴うデジタル成熟度の進化
    • ステージ 2:シンプルなルールベースのワークフローでの作曲
    • ステージ 3:最善のアーキテクチャへの移行
    • ステージ 4:最小限のリスクで世界クラスのCXとAIの機会を開拓する
    • ステージ 5:システムが自動化され、(ほぼ)自ら実行できるようになる

テクノロジー購入者へのアドバイス

参考資料

  • 関連調査
  • 要約
目次
Product Code: US51005323

This IDC Perspective will guide readers through the basic terminology and distinctions between systems design concepts and technical deployments of monolithic, headless, and composable applications. It outlines the differences between modules, microservices, and components that use API interfaces to interact with and connect to headless systems. Readers will learn the level of digital maturity needed to successfully realize the benefits of modular systems."The journey toward digital maturity in modular systems is dynamic and multifaceted," says Marci Maddox, research vice president, Digital Experience Strategies at IDC. "Competitive enterprises must align their digital maturity to the appropriate system - monolithic, full stack, hybrid headless, or headless - that will successfully achieve the goals of the organization."

Executive Snapshot

Situation Overview

  • Confused About the Language of Integrated Systems of Composable Business Software? You're Not Alone
  • Off with the Head: The Presentation Needs to Be Decoupled from Everything Else in a Headless System
  • Back End for Front End: Ambitious Multihead Experience Delivery Often Requires More than One Back End
  • Most "Headless" Applications Will Come with an Operator User Interface Out of the Box, Presenting an Interesting Challenge During Operations and Process Planning
  • Abstracting Interfaces in Headless Systems: The Role of APIs and Command-Line Interfaces
  • API-First Design in Headless Systems
  • The Push to Decouple and Decompose Explained
  • Deployment Options for Entire Systems from Pure Monolithic Systems to Approximate Autonomy
  • There's No Such Thing as a One-Size-Fits-All System for Digital Business
    • Stage 1: Evolving Digital Maturity with Developer Constraints
    • Stage 2: Composing with Simple Rules-Based Workflows
    • Stage 3: Easing into a Best-of-Breed Architecture
    • Stage 4: Unlocking World-Class CX and AI Opportunities with Minimal Risk
    • Stage 5: Systems So Automated They Can (Almost) Run Themselves

Advice for the Technology Buyer

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis