デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1268746

協働ロボットの米国市場規模、シェア、動向分析レポート:ペイロード容量別、用途別(組立、ハンドリング、包装、品質テスト、マシンテンディング、接着・溶接)、産業別、セグメント別予測、2023~2030年

U.S. Collaborative Robots Market Size, Share & Trends Analysis Report By Payload Capacity, By Application (Assembly, Handling, Packaging, Quality Testing, Machine Tending, Gluing & Welding), By Industry, And Segment Forecasts, 2023 - 2030

出版日: | 発行: Grand View Research | ページ情報: 英文 171 Pages | 納期: 2~10営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
協働ロボットの米国市場規模、シェア、動向分析レポート:ペイロード容量別、用途別(組立、ハンドリング、包装、品質テスト、マシンテンディング、接着・溶接)、産業別、セグメント別予測、2023~2030年
出版日: 2023年04月27日
発行: Grand View Research
ページ情報: 英文 171 Pages
納期: 2~10営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 図表
  • 目次
概要

米国の協働ロボット市場の成長と動向:

Grand View Research, Inc.の最新レポートによると、米国の協働ロボットの市場規模は、予測期間中に29.9%のCAGRを示し、2030年までに13億2,910万米ドルに達すると予測されています。

米国の協働ロボット市場は、予測期間中、力強い成長を遂げています。この成長は、製造プロセスの自動化と柔軟性に対する需要の高まり、協働ロボット技術の進歩、従業員にとってより安全な労働環境の必要性などから、今後も続くと予想されます。

協働ロボットは、コボットとも呼ばれ、人間の労働者と一緒に働くように設計されており、スピード、精度、正確さが求められる作業を支援するとともに、職場全体の生産性と効率性を向上させます。低コストでシンプルなロボット技術の開発と並行して、企業はコボットを業務に組み込んでいます。この技術が広く普及し、アクセスしやすくなるにつれて、幅広い産業で広く利用されるようになるでしょう。

協働ロボットは、高度なセンサーとビジョンシステムを備えており、人間の作業者の存在をリアルタイムで検知して対応することができます。これらのシステムにより、ロボットは人間に危害や怪我を与えることなく、安全に協働することができます。これらのロボットは、機械学習とAIの機能を備えており、環境の変化に適応し、人間との相互作用から学習することが可能です。

これにより、より効率的で正確な幅広いタスクを実行することができます。モバイル協働ロボットは、工場や倉庫のさまざまな場所を移動してタスクを実行できるようになり、より一般的になっています。これらのロボットは、高度なナビゲーションと障害物回避システムを備えており、ダイナミックな環境でも安全かつ効率的に動作することができます。

クラウド接続は、市場における重要な技術的進歩であり、ロボットをインターネットに接続し、分析、機械学習、人工知能などのクラウドベースのサービスやアプリケーションにアクセスすることができます。この接続性により、メーカーはロボットからデータを収集・分析し、生産プロセスの最適化、品質管理の向上、ダウンタイムの短縮に活用することができます。

クラウド接続により、コボットは工場や倉庫内の他のロボットやシステムと通信することができ、より相互接続された効率的な生産環境を構築することができます。例えば、ロボットは自分の状態や位置に関するデータを共有できるため、より効果的に連携して作業することができ、衝突や事故のリスクを低減することができます。

また、メーカーはコボットを遠隔地から監視・制御することができます。特に、複数の拠点や施設を持つ企業にとっては、一元的にロボットを管理することができるため、非常に便利です。また、遠隔監視により、ロボットの問題を迅速に特定・診断することができ、ダウンタイムの短縮や生産性の向上につながります。

市場は多くのプレーヤーが市場シェアを争っており、競争が激しいです。各社は独自の市場戦略を持っており、競合他社との差別化を図っています。協働ロボットを含む幅広い種類の産業用ロボットを提供している企業は少ないです。各社はイノベーションを重視し、研究開発に多額の投資を行っています。また、品質と信頼性にも強いこだわりを持っています。世界な販売ネットワーク、幅広い種類のコボット、さまざまな産業向けの自動化ソリューションを提供する専門知識を有しています。

米国の協働ロボット市場レポートハイライト:

  • 接着・溶接アプリケーション分野は、2023年から2030年にかけて31%以上の最速CAGRが予想されています。これらのロボットは、作業を自動化するための費用対効果の高いソリューションであり、柔軟な作業が可能で、異なる作業に対して容易に再プログラムできるため、メーカーにとって汎用性の高いソリューションとなります。
  • 自動車産業分野は、2023年から2030年にかけて最も速いCAGRを記録すると予想されています。これらのロボットは、人間の作業者と一緒に安全に作業するために使用され、多くの手作業が自動化される自動車産業に適しています。
  • ペイロード容量5kgまでのセグメントは、自動車、エレクトロニクス、ヘルスケアなど様々な産業で自動化の需要が高まり、コボットの採用を促進しているため、2022年に高い収益シェアを獲得しました。
  • 市場の主要プレーヤーには、ユニバーサルロボット、ABB、KUKAロボティクス、ファナック株式会社などが含まれます。これらの企業は、複雑な作業をより正確かつ効率的に行うことができる、より高度で洗練された協働ロボットを開発するために、研究開発に多額の投資を行っています。

目次

第1章 調査手法と範囲

  • 市場セグメンテーションと範囲
  • 市場の定義
  • 情報調達
    • 購入したデータベース
    • Gvrの内部データベース
    • 二次情報と第三者の視点
    • 1次調査
  • 情報分析
    • データ分析モデル

第2章 エグゼクティブサマリー

  • 市場スナップショット
  • セグメントのスナップショット
  • 競合情勢

第3章 市場変数、動向、範囲

  • 市場系統の見通し
  • 協働ロボット市場-バリューチェーン分析
  • 市場力学
    • 市場促進要因の分析
      • 製造プロセスの自動化への投資の増加
      • 協働ロボットのより高い投資収益率(Roi)とより低い価格
      • 物流需要の増加により将来の需要を牽引
      • 米国地域のさまざまな業界でロボット導入の機会が拡大
    • 市場抑制要因分析
      • 多額の初期投資とトレーニング要件
      • サイクルタイムと再現性の向上に関連する機能の欠如
  • 業界分析- ポーターズ
    • サプライヤーの力:中程度
    • 買い手の交渉力:低い
    • 代替の脅威:低
    • 新規参入者からの脅威:低い
    • 競争企業間の敵対関係:高
    • PEST分析
  • 普及と成長の見通しマッピング
  • セグメント別の動向
    • ペイロード容量
    • 応用
    • 産業

第4章 ペイロード容量の推定・動向分析

  • 市場規模の推定、予測、および傾向分析、2018~2030年
  • 米国の協働ロボット市場:ペイロード容量変動分析

第5章 用途の推定・動向分析

  • 市場規模の推定、予測、および傾向分析、2018~2030年
  • 米国の協働ロボット市場:用途変動分析

第6章 産業の推定・動向分析

  • 市場規模の推定、予測、および傾向分析、2018~2030年
  • 米国の協働ロボット市場:産業変動分析

第7章 競合情勢

  • 主な参加者
    • Abb Group
    • Denso Corporation
    • Epson America Inc.
    • Aubo(Beijing)Robotics Technology Co., Ltd
    • Comau SPA
    • Energid Technologies Corporation
    • Fanuc Corporation
    • Kuka Ag
    • Rethink Robotics Gmbh
    • Robert Bosch Gmbh
    • Techman Robot Inc.
    • Universal Robots A/S
    • Yaskawa Electric Corporation
    • Precise Automation, Inc.
    • Mrk-Systems Gmbh
  • 主要市場参入企業別最近の展開と影響
  • 会社の分類
  • 参加者の概要
  • 財務実績
  • 製品のベンチマーク
  • 企業ヒートマップ分析
  • 企業の市場シェア分析、2022年
  • 戦略マッピング
    • 拡張
    • 合併と買収
    • コラボレーション
    • 新製品の発売
図表

List of Tables

  • Table 1 Collaborative robots market estimates and forecasts, 2018 - 2030 (USD Million)
  • Table 2 Key market driver impact
  • Table 3 Key market restraints impact
  • Table 4 Payload capacity analysis
  • Table 5 Application analysis
  • Table 6 Industry analysis
  • Table 7 U.S. collaborative robots market, by payload capacity, 2018 - 2030 (USD Million)
  • Table 8 U.S. collaborative robots market, by application, 2018 - 2030 (USD Million)
  • Table 9 U.S. collaborative robots market, by industry, 2018 - 2030 (USD Million)

List of Figures

  • Fig. 1 Research process
  • Fig. 2 Market formulation
  • Fig. 3 Market snapshot
  • Fig. 4 Segment snapshot
  • Fig. 5 Competitive landscape snapshot
  • Fig. 6 U.S. collaborative robots market segmentation
  • Fig. 7 U.S. collaborative robots market - value chain analysis
  • Fig. 8 Market dynamics
  • Fig. 9 PEST analysis
  • Fig. 10 Penetration & growth prospect mapping
  • Fig. 11 U.S. collaborative robots market payload capacity outlook key takeaways
  • Fig. 12 U.S. collaborative robots market: payload capacity movement analysis
  • Fig. 13 U.S. collaborative robots market: market revenue trend, 2018 - 2030
  • Fig. 14 U.S. collaborative robots market application outlook key takeaway
  • Fig. 15 U.S. collaborative robots market: application movement analysis
  • Fig. 16 U.S. collaborative robots market: market revenue trend, 2018 - 2030
  • Fig. 17 U.S. collaborative robots market industry outlook key takeaway
  • Fig. 18 U.S. collaborative robots market: industry movement analysis
  • Fig. 19 U.S. collaborative robots market: market revenue trend, 2018 - 2030
  • Fig. 20 Collaborative robots market: Key company analysis
  • Fig. 21 Company market position analysis
目次
Product Code: GVR-4-68040-061-7

U.S. Collaborative Robots Market Growth & Trends:

The U.S. collaborative robots market size is anticipated to reach USD 1,329.1 million by 2030, exhibiting a CAGR of 29.9% over the forecast period, according to a new report published by Grand View Research, Inc. The collaborative robot market in the U.S. has been experiencing strong growth in the forecast period. The growth is expected to continue due to the increasing demand for automation and flexibility in manufacturing processes, advancements in collaborative robot technology, and the need for safer working conditions for employees.

Collaborative robots, also known as cobots, are designed to work alongside human workers, assisting with tasks that require speed, precision, and accuracy while also improving overall productivity and efficiency in the workplace. Companies are incorporating cobots into their operations in parallel with the development of low-cost, simplistic robotic technology. As this technology is becoming more widely available and accessible, it will be broadly used across a wide range of industries.

A collaborative robot is equipped with advanced sensors and vision systems that allow them to detect and respond to the presence of human workers in real time. These systems ensure that the robots can collaborate safely with humans without causing harm or injuries. These robots are equipped with machine learning and AI capabilities, which enable them to adapt to changing environments and learn from their interactions with humans.

This allows them to perform a broader range of tasks more efficiently and accurately. Mobile collaborative robots are becoming more common, allowing them to move around and perform tasks in different parts of the factory or warehouses. These robots have advanced navigation and obstacle avoidance systems that allow them to operate safely and efficiently in dynamic environments.

Cloud connectivity is an important technological advancement in the market; it enables the robot to connect with the internet and access cloud-based services and applications such as analytics, machine learning, and artificial intelligence. This connectivity allows manufacturers to collect and analyze data from their robots which can be used to optimize production processes, improve quality control, and reduce downtime.

Cloud connectivity enables cobots to communicate with other robots and systems across the factory or warehouse, creating a more interconnected and efficient production environment. For example, robots can share data on their status and location, enabling them to work together more effectively and reducing the risk of collisions and accidents.

It also allows manufacturers to monitor and control their cobots remotely. This can be particularly useful for companies with multiple sites or facilities, enabling them to manage their robots from a central location. Remote monitoring also enables companies to quickly identify and diagnose problems with their robots, reducing downtime and improving productivity.

The market is competitive with many players vying for market share. The companies have a unique market strategy, which helps them differentiate themselves from their competitors. Few companies offer a wide range of industrial robots, including collaborative robots. They strongly focus on innovation and invest heavily in R&D. Alongside companies also focus strongly on quality and reliability. They have a global distribution network, a wide range of cobots, and expertise in providing automation solutions for different industries.

U.S. Collaborative Robots Market Report Highlights:

  • The gluing and welding application segment is anticipated to witness the fastest CAGR of over 31% from 2023 to 2030. These robots are a cost-effective solution for automating tasks, are flexible working, and are easily reprogrammed for different tasks making them a versatile solution for manufacturers
  • The automotive industry segment is expected to register the fastest CAGR from 2023 to 2030. These robots are used to work safely alongside human workers, making them well-suited for the automotive industry, where many manual tasks can be automated
  • The up to 5 kg payload capacity segment acquired a higher revenue share in 2022 due to the increasing demand for automation in various industries, including automotive, electronics, and healthcare, which is driving the adoption of cobots
  • The major players in the market include Universal Robots, ABB, KUKA Robotics, and FANUC Corporation, among others. These companies invest heavily in R&D to develop a more advanced and sophisticated collaborative robot that can perform complex tasks with greater precision and efficiency

Table of Contents

Chapter 1 Methodology and Scope

  • 1.1. Market Segmentation & Scope
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Information Procurement
    • 1.3.1. Purchased Database
    • 1.3.2. Gvr's Internal Database
    • 1.3.3. Secondary Sources & Third-Party Perspectives
    • 1.3.4. Primary Research
  • 1.4. Information Analysis
    • 1.4.1. Data Analysis Models

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Market Snapshot
  • 2.2 Segment Snapshot
  • 2.3 Competitive Landscape

Chapter 3 Market Variables, Trends & Scope

  • 3.1 Market Lineage Outlook
  • 3.2 Collaborative Robots Market - Value Chain Analysis
  • 3.3 Market Dynamics
    • 3.3.1 Market Driver Analysis
      • 3.3.1.1 Increasing Investments For Automation In The Manufacturing Processes
      • 3.3.1.2 Higher Return On Investment (Roi) And Lower Price Of Collaborative Robots
      • 3.3.1.3 Increasing Demand In Logistics To Drive The Demand In Future
      • 3.3.1.4 Growing Opportunities For Robot Installations In Various Industry Verticals Across The U.S. Region
    • 3.3.2 Market Restraint Analysis
      • 3.3.2.1 High Initial Investment And Training Requisites
      • 3.3.2.2 Lack Of Capabilities Related To Faster Cycle Time And Repeatability
  • 3.4 Industry Analysis - Porter's
    • 3.4.1 Supplier Power: Moderate
    • 3.4.2 Buyer Power: Low
    • 3.4.3 Substitution Threat: Low
    • 3.4.4 Threat From New Entrants: Low
    • 3.4.5 Competitive Rivalry: High
    • 3.4.6 Pest Analysis
  • 3.5 Penetration & Growth Prospect Mapping
  • 3.6 Segmental Trends
    • 3.6.1 Payload Capacity
    • 3.6.2 Application
    • 3.6.3 Industry

Chapter 4 Payload Capacity Estimates & Trend Analysis

  • 4.1 Market Size Estimates & Forecasts And Trend Analysis, 2018 - 2030 (USD Million)
  • 4.2 U.S. Collaborative Robots Market: Payload Capacity Movement Analysis
    • 4.2.1 Market Size Estimates And Forecasts, 2018 - 2030 (USD Million)

Chapter 5 Application Estimates & Trend Analysis

  • 5.1 Market Size Estimates & Forecasts And Trend Analysis, 2018 - 2030 (USD Million)
  • 5.2 U.S. Collaborative Robots Market: Application Movement Analysis
    • 5.2.1 Market Size Estimates And Forecasts, 2018 - 2030 (USD Million)

Chapter 6 Industry Estimates & Trend Analysis

  • 6.1 Market Size Estimates & Forecasts And Trend Analysis, 2018 - 2030 (USD Million)
  • 6.2 U.S. Collaborative Robots Market: Industry Movement Analysis
    • 6.2.1 Market Size Estimates And Forecasts, 2018 - 2030 (USD Million)

Chapter 7 Competitive Landscape

  • 7.1 Key Participants
    • 7.1.1 Abb Group
    • 7.1.2 Denso Corporation
    • 7.1.3 Epson America Inc.
    • 7.1.4 Aubo (Beijing) Robotics Technology Co., Ltd
    • 7.1.5 Comau S.P.A.
    • 7.1.6 Energid Technologies Corporation
    • 7.1.7 Fanuc Corporation
    • 7.1.8 Kuka Ag
    • 7.1.9 Rethink Robotics Gmbh
    • 7.1.10 Robert Bosch Gmbh
    • 7.1.11 Techman Robot Inc.
    • 7.1.12 Universal Robots A/S
    • 7.1.13 Yaskawa Electric Corporation
    • 7.1.14 Precise Automation, Inc.
    • 7.1.15 Mrk-Systems Gmbh
  • 7.2 Recent Development & Impact, By Key Market Participants
  • 7.3 Company Categorization
  • 7.4 Participant's Overview
  • 7.5 Financial Performance
  • 7.6 Product Benchmarking
  • 7.7 Company Heat Map Analysis
  • 7.8 Company Market Share Analysis, 2022
  • 7.9 Strategy Mapping
    • 7.9.1 Expansion
    • 7.9.2 Mergers & Acquisition
    • 7.9.3 Collaborations
    • 7.9.4 New Product Launches