デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1495566

スーパージャンクションMOSFET市場- 用途別、タイプ別& 2024~2032年予測

Super Junction MOSFET Market - By Application (Energy and Power, Consumer Electronics, Inverter and UPS, Electric Vehicle, Industrial System, Others), By Type (Through Hole Type, Surface Mount Type) & Forecast 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 220 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
スーパージャンクションMOSFET市場- 用途別、タイプ別& 2024~2032年予測
出版日: 2024年03月28日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 220 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スーパージャンクションMOSFETの市場規模は2024年から2032年にかけて11.5%以上のCAGRを記録すると予想され、自動車、家電、産業オートメーションなどさまざまな産業でエネルギー効率の高い電子機器への需要が高まっていることがその要因となっています。

これらのMOSFETは、低オン抵抗、高速スイッチング、電力損失の低減といった優れた性能特性を備えており、高効率と信頼性が求められるアプリケーションに最適です。例えば、2024年1月、Alpha and Omega Semiconductor Limited(AOS)は、aMOS5(TM)600V FRD Super Junction MOSFETを発表しました。

セル構造の最適化、炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)などの先端材料の使用など、デバイス設計における技術革新の高まりにより、より高い電力密度と熱性能の向上を実現したMOSFETの製造が可能になった。その結果、高性能パワー半導体ソリューションに対する需要の高まりに対応するため、メーカーはスーパージャンクションMOSFETの採用を増やしており、市場の成長を牽引しています。

スーパージャンクションMOSFET産業は、産業別にアプリケーション、タイプ、地域に分けられます。

産業システム・アプリケーション分野の市場シェアは、2032年まで大幅な成長が見込まれます。産業プロセスの自動化とデジタル化が進むにつれ、効率的で信頼性の高いパワー半導体デバイスの使用が必要となっています。また、産業運営におけるエネルギー効率と持続可能性の重視の高まりも、電力変換を最適化してエネルギー消費を削減するスーパージャンクションMOSFETの採用を促進しています。これらのMOSFETは頑丈で耐久性に優れているため、厳しい条件下でも信頼性の高い性能を発揮し、過酷な産業環境に最適です。

タイプ別に見ると、表面実装タイプ(SMT)セグメントのスーパージャンクションMOSFET市場は、2024~2032年にCAGR 10.5%以上で顕著な収益を上げると思われます。SMTベースのMOSFETは、小型でスペース効率が高く、組み立てが容易なため、基板スペースが限られ、設計が複雑な最新の電子機器に適しています。また、表面実装パッケージ形式は、効率的な放熱を可能にし、厳しい環境での信頼性の高い動作を保証しながら熱性能を向上させます。

北米のスーパージャンクションMOSFET産業は、2032年まで12.5%以上の成長率を記録すると予測されています。堅調な自動車および産業セクターと、電気自動車(EV)、再生可能エネルギー、スマートグリッドインフラへの投資の増加が、高性能パワー半導体ソリューションの需要を後押ししています。各社は、MOSFETの性能向上、製造コスト削減、新規アプリケーション開発のための研究開発活動に継続的に投資しています。さらに、半導体企業、自動車メーカー、研究機関のコラボレーションは、この地域の製品採用をさらに加速させると思われます。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
  • ベンダー・マトリックス
  • テクノロジーとイノベーションの展望
  • 特許分析
  • 主要ニュースとイニシアチブ
  • 規制状況
  • 影響要因
    • 促進要因
      • エネルギー効率に対する需要の増加
      • パワーエレクトロニクス・アプリケーションの急成長
      • 半導体技術の進歩
      • 自動車部門の成長と再生可能エネルギー・システムへのシフト
      • 無停電電源システムの生産拡大
    • 業界の潜在的リスク&課題
      • 技術の複雑さ
      • コスト圧力
  • 成長可能性分析
  • ポーター分析
  • PESTEL分析

第4章 競合情勢

  • 企業シェア分析
  • 競合のポジショニング・マトリックス
  • 戦略展望マトリックス

第5章 市場推計・予測:用途別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • エネルギー・電力
  • 家電
  • インバーターとUPS
  • 電気自動車
  • 産業システム
  • その他

第6章 市場推計・予測:タイプ別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • スルーホールタイプ
  • 表面実装タイプ

第7章 地域別市場推計・予測:地域別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • 韓国
    • ニュージーランド
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • アラブ首長国連邦
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • その他中東・アフリカ

第8章 企業プロファイル

  • Alpha and Omega Semiconductor
  • Fuji Electric Co., Ltd.
  • IceMOS Technology Ltd.
  • Infineon Technologies AG
  • Magnachip
  • ON Semiconductor Corporation
  • PANJIT
  • ROHM Co., Ltd.
  • STMicroelectronics N.V.
  • Toshiba Corporation
  • Vishay Intertechnology, Inc.
目次
Product Code: 8758

Super junction MOSFET market size will register over 11.5% CAGR between 2024 and 2032, driven by the increasing demand for energy-efficient electronic devices across various industries, including automotive, consumer electronics, and industrial automation. These MOSFETs offer superior performance characteristics, such as low on-resistance, high-speed switching, and reduced power losses, making them ideal for applications requiring high efficiency and reliability. For instance, in January 2024, Alpha and Omega Semiconductor Limited (AOS) unveiled aMOS5(TM) 600V FRD Super Junction MOSFETs.

Rising innovations in device designs, such as the optimization of cell structure and the use of advanced materials like silicon carbide (SiC) and gallium nitride (GaN) have enabled the production of MOSFETs with higher power density and improved thermal performance. As a result, manufacturers are increasingly adopting Super Junction MOSFETs to meet the growing demand for high-performance power semiconductor solutions, driving the market growth.

The super junction MOSFET industry is divided into industry into application, type, and region.

The market share from the industrial system application segment is anticipated to witness substantial growth through 2032. The increasing automation and digitization of industrial processes is necessitating the use of efficient and reliable power semiconductor devices. The growing emphasis on energy efficiency and sustainability in industrial operations is also driving the adoption of super junction MOSFETs to optimize power conversion and reduce energy consumption. The ruggedness and durability of these MOSFETs further makes them ideal for harsh industrial environments for ensuring reliable performance under challenging conditions.

Based on type, the super junction MOSFET market from the surface mount type (SMT) segment will generate notable revenue at over 10.5% CAGR during 2024-2032. Driven by their compactness, space efficiency, and ease of assembly, SMT-based MOSFETs are well-suited for modern electronic devices with limited board space and complex designs. The surface mount packaging format also enables efficient heat dissipation and enhances thermal performance while ensuring reliable operations in demanding environments.

North America super junction MOSFET industry is slated to record over 12.5% growth rate through 2032. The robust automotive and industrial sectors, coupled with increasing investments in electric vehicles (EVs), renewable energy, and smart grid infrastructure are propelling the demand for high-performance power semiconductor solutions. Companies are continuously investing in R&D activities to improve MOSFET performance, reduce production costs, and develop new applications for these devices. Additionally, collaborations between semiconductor companies, automotive manufacturers, and research institutions will further accelerate the regional product adoption.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definition
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Forecast parameters
  • 1.4 Data sources
    • 1.4.1 Primary
    • 1.4.2 Secondary
      • 1.4.2.1 Paid sources
      • 1.4.2.2 Public sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis, 2018 - 2032
  • 2.2 Business trends
    • 2.2.1 Total addressable market (TAM), 2024-2032

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Vendor matrix
  • 3.3 Technology & innovation landscape
  • 3.4 Patent analysis
  • 3.5 Key news and initiatives
  • 3.6 Regulatory landscape
  • 3.7 Impact forces
    • 3.7.1 Growth drivers
      • 3.7.1.1 Increasing demand for energy efficiency
      • 3.7.1.2 Rapid growth in power electronics applications
      • 3.7.1.3 Advancements in semiconductor technology
      • 3.7.1.4 Growing automotive sector and shift towards renewable energy system
      • 3.7.1.5 Expansion in the production of uninterruptible power systems
    • 3.7.2 Industry pitfalls & challenges
      • 3.7.2.1 Technological complexity
      • 3.7.2.2 Cost pressure
  • 3.8 Growth potential analysis
  • 3.9 Porter's analysis
    • 3.9.1 Supplier power
    • 3.9.2 Buyer power
    • 3.9.3 Threat of new entrants
    • 3.9.4 Threat of substitutes
    • 3.9.5 Industry rivalry
  • 3.10 PESTEL analysis

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Company market share analysis
  • 4.2 Competitive positioning matrix
  • 4.3 Strategic outlook matrix

Chapter 5 Market Estimates & Forecast, By Application, 2018 - 2032 (USD Million)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Energy and power
  • 5.3 Consumer electronics
  • 5.4 Inverter and UPS
  • 5.5 Electric vehicle
  • 5.6 Industrial system
  • 5.7 Others

Chapter 6 Market Estimates & Forecast, By Type, 2018 - 2032 (USD Million)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Through hole type
  • 6.3 Surface mount type

Chapter 7 Market Estimates & Forecast, By Region, 2018 - 2032 (USD Million)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 North America
    • 7.2.1 U.S.
    • 7.2.2 Canada
  • 7.3 Europe
    • 7.3.1 UK
    • 7.3.2 Germany
    • 7.3.3 France
    • 7.3.4 Italy
    • 7.3.5 Spain
    • 7.3.6 Rest of Europe
  • 7.4 Asia Pacific
    • 7.4.1 China
    • 7.4.2 India
    • 7.4.3 Japan
    • 7.4.4 South Korea
    • 7.4.5 ANZ
    • 7.4.6 Rest of Asia Pacific
  • 7.5 Latin America
    • 7.5.1 Brazil
    • 7.5.2 Mexico
    • 7.5.3 Rest of Latin America
  • 7.6 MEA
    • 7.6.1 UAE
    • 7.6.2 Saudi Arabia
    • 7.6.3 South Africa
    • 7.6.4 Rest of MEA

Chapter 8 Company Profiles

  • 8.1 Alpha and Omega Semiconductor
  • 8.2 Fuji Electric Co., Ltd.
  • 8.3 IceMOS Technology Ltd.
  • 8.4 Infineon Technologies AG
  • 8.5 Magnachip
  • 8.6 ON Semiconductor Corporation
  • 8.7 PANJIT
  • 8.8 ROHM Co., Ltd.
  • 8.9 STMicroelectronics N.V.
  • 8.10 Toshiba Corporation
  • 8.11 Vishay Intertechnology, Inc.