デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1442037

グリッドの近代化と柔軟性における成長機会トップ10

Top 10 Growth Opportunities in Grid Modernization and Flexibility

出版日: | 発行: Frost & Sullivan | ページ情報: 英文 17 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
グリッドの近代化と柔軟性における成長機会トップ10
出版日: 2024年01月24日
発行: Frost & Sullivan
ページ情報: 英文 17 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

脱炭素化と発電の分散化が電力ネットワークへの大規模投資を促進

2023年、送配電(T&D)機器の旺盛な需要に対応するのに苦労した業界全体に、サプライチェーンと物流の問題の波及効果が響き、業界は大きな課題に直面しました。サプライチェーンの課題と経済の不確実性にもかかわらず、分散化が進む送電網の要件を満たすための送電網近代化の差し迫った必要性から、2023年の投資額は1,744億2,000万米ドルとなり、2022年の1,624億3,000万米ドルから増加しました。中国、インド、南アジア、欧州、北米がT&D送電網設備市場収益の約80%を占めています。

化石エネルギーから再生可能エネルギーへの移行が加速し、2023年の再生可能エネルギーへの投資額は記録的となり、太陽光発電と風力発電を合わせた投資額は5,670億米ドルに達しました。気候変動へのコミットメントと支持的な規制は、発電産業へのさらなる投資と、新旧の送電網に関連するT&D機器需要を促進すると思われます。中国は近年、再生可能エネルギー目標を大幅に引き上げています(国内の技術企業を支援する目的もある)。米国では2022年にインフレ抑制法が成立し、かつてないほどの投資が行われ、国内サプライチェーンへの投資も促進されました。ロシアとウクライナの戦争は、エネルギー安全保障が世界のメガ動向となったことから、欧州の行動を活発化させました。

送電網の柔軟性と回復力の強化は、電力会社にとって重要な優先事項となっており、分散型エネルギー資源管理システム(DERMS)や仮想発電所(VPP)などの効果的なエネルギー管理システムは、予測可能で信頼性の高い送電網を確保するのに役立つと思われます。エネルギー貯蔵もまた、極めて重要な技術となり、T&D投資をある程度先延ばしできるようになると思われます。

目次

2024年のトップ成長機会

  • 戦略的インペラティブ
  • 成長機会トップ10
  • 成長機会1:配電網機器
  • 成長機会2:送電網機器
  • 成長機会3:環境に優しいソリューション
  • 成長機会4:グリッド管理のためのスマートメーター
  • 成長機会5:需要管理と仮想発電所
  • 成長機会6:グリッドのデジタル化と分散型インテリジェンス
  • 成長機会7:マイクログリッド
  • 成長機会8:ビークル・トゥ・グリッド
  • 成長機会9:需要予測、分析、AI
  • 成長機会10:直流配電網
  • 次のステップ
  • 免責事項
目次
Product Code: PFCB-27

Decarbonization and Decentralization of Power Generation to Drive Massive Investment in the Electricity Network

The industry faced significant challenges in 2023, as the ripple effect of supply chain and logistical issues echoed throughout the industry, which struggled to meet the strong demand for transmission and distribution (T&D) equipment. Despite supply chain challenges and economic uncertainty, the pressing need for grid modernization to meet the requirements of an increasingly decentralized grid resulted in an investment of $174.42 billion in 2023, up from $162.43 billion in 2022. China, India and South Asia, Europe, and North America account for approximately 80% of the T&D grid equipment market revenues.

The transition from fossils to renewable energy gains pace with record investment in renewables in 2023; solar PV and wind power combined accounted for $567.00 billion. Climate commitments and supportive regulations will drive further investment in the power generation industry and the associated T&D equipment demand for new and aging grids. China has significantly increased its renewable targets in recent years (in part to support domestic technology companies). The Inflation Reduction Act passed in 2022 in the United States provides a degree of investment certainly never seen before and incentives for investment in domestic supply chains. The Russo-Ukrainian war has galvanized Europe to act, as energy security has become a global Mega Trend.

Greater grid flexibility and resilience have become a key priority for utilities and effective energy management systems such as distributed energy resource management systems (DERMS) and virtual power plants (VPP) will help ensure a predictable and reliable grid. Energy storage will also be a pivotal technology and allow some deferral of T&D investment.

Table of Contents

Top Growth Opportunities for 2024

  • Strategic Imperatives
  • Top 10 Growth Opportunities
  • Growth Opportunity 1: Distribution Grid Equipment
  • Growth Opportunity 2: Transmission Grid Equipment
  • Growth Opportunity 3: Eco-friendly Solutions
  • Growth Opportunity 4: Smart Metering for Grid Management
  • Growth Opportunity 5: Demand Management and Virtual Power Plants
  • Growth Opportunity 6: Grid Digitalization and Distributed Intelligence
  • Growth Opportunity 7: Microgrids
  • Growth Opportunity 8: Vehicle to Grid
  • Growth Opportunity 9: Demand Forecasting, Analytics, and AI
  • Growth Opportunity 10: DC Distribution Network
  • Next Steps
  • Legal Disclaimer