表紙:KINTOモビリティの戦略的プロファイル
市場調査レポート
商品コード
1415522

KINTOモビリティの戦略的プロファイル

Strategic Profile of KINTO Mobility

出版日: | 発行: Frost & Sullivan | ページ情報: 英文 62 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
KINTOモビリティの戦略的プロファイル
出版日: 2023年12月14日
発行: Frost & Sullivan
ページ情報: 英文 62 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

KINTOブランドの核となる資産活用の最大化と車両の長期的価値の向上

従来とは異なる自動車保有モデルを扱う100%子会社のスピンオフは、2015年にプレミアム自動車メーカーから始まりました。トレンドは変わり、量販OEMメーカーが主導権を握るようになり、トヨタのKINTOは市場で受け入れられるブランドとなりました。トヨタのシェアモビリティ領域における戦略は、2015年以降、より受動的なものからより積極的な役割を担うものへと大きく進化しています。2015年当時、トヨタはカーシェアリング分野で複数のパイロット事業を同時に展開し、UberやGetaroundといった他の事業者といくつかの提携関係を結んでいました。しかし現在では、独立した子会社が、数分から数時間、数ヶ月に至るまで、あらゆる使用事例をカバーするサービスを提供し、ユーザーシップからオーナーシップへのビジネスモデルの全幅をカバーしています。加えて、トヨタは車両サプライヤーの役割も果たし続けています。特に、共有フリートにおける持続可能な車両の普及が進んでいる現在(ハイブリッド車と水素自動車の両方)。トヨタは2040年までに、カーシェアリング、サブスクリプション、マイクロモビリティサービスを通じてMaaSエコシステムを拡大し、事故の減少、渋滞や公害の減少という全体的な戦略に結びつけていく計画です。

本分析の目的は以下の通りである

  • 世界のモビリティ市場におけるKintoのプレゼンスを戦略的に概観
  • モビリティ分野におけるKintoの活動と、新しいモビリティ製品やサービスを含むポートフォリオの拡大について紹介
  • 2023年および将来のモビリティ分野におけるキントーの活動を比較分析
  • 自動車業界に革命をもたらす新しいモビリティ製品とサービスを理解
  • 戦略的結論・提言

目次

戦略的インペラティブ

  • なぜ成長が難しくなっているのか?
  • The Strategic Imperative 8(TM)
  • KINTOモビリティにおける戦略的インペラティブの影響
  • 成長機会がGrowth Pipeline Engine(TM)を促進

成長機会分析

  • 分析範囲
  • トヨタグループのシェアードモビリティへの取り組み:概要
  • 成長促進要因
  • 成長阻害要因
  • トヨタグループの構造とモビリティの位置づけ
  • 競合情勢
  • OEM各社のモビリティサブブランドと戦略
  • OEMのモビリティへの取り組み
  • 地域別シェアード・モビリティ
  • OEMとドライブ・ユアセルフ・セグメント:ヒートマップ
  • OEMとBe:drivenおよびMaaSセグメント:ヒートマップ
  • クルマの所有から利用へ:KINTOのUSP

成長機会分析:KINTOモビリティ

  • KINTOモビリティのビジョンと戦略
  • KINTOの地域概要
  • KINTOモビリティのカバー範囲:欧州
  • KINTOモビリティカバレッジ:APAC
  • KINTOモビリティ:アメリカ、中東、南アフリカ地域カバー率

KINTOモビリティのシェアード・モビリティ・ソリューション

  • ライドシェア:KINTO Join
  • カーシェアリング:KINTO Share
  • ライドヘイリングとデマンド・レスポンシブ・トランジット:KINTO Ride
  • MaaS:KINTO Go
  • マイルートアプリ:日本(KINTO Go)
  • KINTOモビリティの競合情勢

KINTOモビリティの長期的モビリティ・ソリューション

  • KINTO One:サービスと特徴
  • KINTO Oneの主なハイライト
  • KINTOレント&フレックス
  • トヨタウォレットの特徴
  • KINTOモビリティのその他のサービス
  • 日本におけるその他のKINTOサービス

トヨタ:フューチャー・モビリティ・ソリューション

  • ウーブンプラネットホールディングス
  • ウーブンシティの概要
  • Woven City:開発テーマ
  • トヨタグループ:シェアード自律型モビリティ

おわりに

  • 進むべき道

成長機会ユニバース

  • 成長機会1:車両利用モデル
  • 成長機会2:シェアード・フリート向け車両サプライヤー
  • 成長機会3:PBVとVaaSモデル
  • 図表一覧
  • 免責事項
目次
Product Code: PFC8-44

Maximizing Asset Utilization and Enhancing the Long-term Value of Vehicles, Central to the KINTO Brand

Spinning off wholly owned subsidiaries to handle nontraditional car ownership models started in 2015 with premium automakers. The trend has shifted, with volume OEMs taking the lead, and Toyota's Kinto has become a well-accepted brand in the market. Toyota's strategy in the shared mobility space has evolved quite a lot since 2015, from being more passive to taking on a more active role now. In 2015, Toyota had several pilots running simultaneously in the car-sharing space and had several partnerships with other operators such as Uber and Getaround. But now, its stand-alone subsidiary offers services covering all use cases, ranging from a few minutes to hours or months, covering the entire breadth of usership-to-ownership business models. In addition, Toyota continues to play the role of a vehicle supplier, especially now that the penetration of sustainable vehicles in shared fleets is increasing (both hybrid and hydrogen vehicles). By 2040, Toyota plans to expand its MaaS ecosystem through car-sharing, subscription, and micromobility services, tying in with the overall strategy of fewer accidents and lesser congestion and pollution.

The following are the objectives of the analytics:

  • To provide a strategic overview of Kinto's presence in the global mobility market.
  • To profile the activities of Kinto in the mobility space and its portfolio expansion to include new mobility products and services.
  • To provide a comparative analysis of Kinto's activity in the mobility space in 2023 and the future.
  • To understand the new mobility products and services revolutionizing the automotive industry.
  • To provide strategic conclusions and recommendations.

Table of Contents

Strategic Imperatives

  • Why is it Increasingly Difficult to Grow?
  • The Strategic Imperative 8™
  • The Impact of the Top 3 Strategic Imperatives on KINTO Mobility
  • Growth Opportunities Fuel the Growth Pipeline Engine™

Growth Opportunity Analysis

  • Scope of Analysis
  • Toyota Group's Shared Mobility Initiatives-An Overview
  • Growth Drivers
  • Growth Restraints
  • The Toyota Group Structure and Where Mobility Fits In
  • Competitive Landscape
  • OEMs' Mobility Sub-brands and Strategies
  • OEMs' Mobility Initiatives
  • Shared Mobility by Region
  • OEMs and the Drive-yourself Segment-Heatmap
  • OEMs and the Be-driven and MaaS Segment-Heatmap
  • From Car Ownership to Usership-KINTO's USP

Growth Opportunity Analysis-KINTO Mobility

  • KINTO Mobility-Vision and Strategy
  • KINTO Regional Summary
  • KINTO Mobility Coverage-Europe
  • KINTO Mobility Coverage-APAC
  • KINTO Mobility Coverage-Americas, Middle East and South Africa Coverage

KINTO Mobility's Shared Mobility Solutions

  • Ride-sharing-KINTO Join
  • Car-sharing-KINTO Share
  • Ride-hailing and Demand Responsive Transit-KINTO Ride
  • MaaS-KINTO Go
  • My Route App-Japan (KINTO Go)
  • The Competitive Landscape for KINTO Mobility

KINTO Mobility's Long term Mobility Solutions

  • KINTO One-Services and Features
  • KINTO One-Key Highlights
  • KINTO Rent and Flex
  • Toyota Wallet Features
  • Other Services in Japan-KINTO Mobility Market
  • Other KINTO Services in Japan

Toyota- Future Mobility Solutions

  • Woven Planet Holdings
  • Woven City Overview
  • Woven City-Development Themes
  • The Toyota Group-Shared Autonomous Mobility

Conclusion

  • The Way Forward

Growth Opportunity Universe

  • Growth Opportunity 1-Vehicle Usership Models
  • Growth Opportunity 2-Vehicle Suppliers for Shared Fleet
  • Growth Opportunity 3-PBV and VaaS Models
  • List of Exhibits
  • Legal Disclaimer