無料レポート プレゼントキャンペーン 実施中 : メールサービスに新規登録いただいた方にご用意した無料レポートをご提供

株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102

委託調査 - 調査例

当社がお取り扱いしております調査を数例紹介しております。下記項目以外の調査も承っております。
お客さまの目的に合う項目をクリックしてをお選びください。

海外進出したい

市場動向調査と将来性調査

課題 : 新規参入を検討している対象国で、自社製品が受け入れられるか、対象セグメントの市場の有望性を知りたい。

調査の種類(例)

市場規模調査 – 参入可能性のある市場セグメントの市場規模、将来予測。

調査手法(例)

政府発行資料、競合各社のデータなどに関する各種文献や、調査会社保有の情報などを総合的に分析し、現在の市場規模や将来性に関する仮説を立てる。その後、ユーザー、販売業者、製造業者などにインタビュー(電話/面談)を行い、仮説を検証する。

 


法制度調査

課題 : 新規参入を検討している対象国の法制度を調査し、海外進出戦略を検討したい。

調査の種類(例)

  • 判例調査 – 対象国における、対象製品が起こした事故に関する裁判例を収集し、傾向を分析する。
  • 法制度比較分析 – 対象製品に関する法制度を数カ国分収集し、比較分析する。

調査手法(例)

文献調査により、既存のデータを収集し、傾向を分析する。必要であればインタビュー調査を行い、法制度の運用面について関係者に聴取する。

 


最新技術動向調査

課題 : 新製品を開発するに当たり、最新の技術動向を把握し、自社保有の技術が通用するか検討したい。

調査手法(例)

競合各社や業界団体などが発信している情報、既存文献の収集や、業界関係者へのインタビュー、関係する展示会への参加など、様々な方法で情報収集を行う。今後の動向については技術面だけでなく市場要因も考慮した予測を行う。

 

Back to Top

エンドユーザーの意見を知りたい

自社製品の評価調査

課題 : 自社製品に対する客観的な評価が知りたい。

調査手法(例)

  1. 1. ウェブアンケート調査 – 特定の回答者を選別した上で、予め決められたアンケート項目に従い、ウェブサイト上でアンケートを実施する。 アンケートには動画などのメディアを挿入し、ウェブ上で製品コンセプトを伝える。
  2. 2. インタビュー調査 – アナリストが電話もしくは直接ユーザーを訪問し、インタビュー調査を行う。インタビュー概要は予め策定したガイドラインに従うが、詳細はアナリストの自由裁量に任せる。
 


潜在ニーズ調査

課題 : ユーザーの潜在的なニーズを調査し、開発・販売戦略の改良に役立てたい。

調査手法(例)

  1. 1. ウェブアンケート調査 – ユーザーにアンケートを行い、ターゲット顧客の嗜好性を明らかにする。
  2. 2. エンドユーザーの意見に加え、商品の販売方法、競合他社のポジショニング、市場の将来の見通しなどを総合的に評価し、有望な領域の割出しを行う。

海外医療従事者アンケートについて

 

Back to Top

新しい市場セグメントに進出したい


アプリケーション別市場規模、有望性調査

課題 : 現在製造・販売している製品のアプリケーションごとの市場規模や将来性を評価したい。

調査手法(例)

各種アプリケーションごとに、市場動向、技術動向、政府の規制の動向、ユーザーの考え、販売業者の考え、競合他社の動向などの情報を収集した上で、総合的な評価を行い、将来的に有望な領域を選定する。

 


潜在ニーズ調査

課題 : ユーザーの潜在的なニーズを調査し、開発・販売戦略の改良に役立てたい。

調査手法(例)

  1. 1. ウェブアンケート調査 – ユーザーにアンケートを行い、ターゲット顧客の嗜好性を明らかにする。
  2. 2. エンドユーザーの意見に加え、商品の販売方法、競合他社のポジショニング、市場の将来の見通しなどを総合的に評価し、有望な領域の割出しを行う。
 


法制度調査

課題 : 新規参入を検討している対象国の法制度を調査し、海外進出戦略を検討したい。

調査の種類(例)

  • 判例調査 – 対象国における、対象製品が起こした事故に関する裁判例を収集し、傾向を分析する。
  • 法制度比較分析 – 対象製品に関する法制度を数カ国分収集し、比較分析する。

調査手法(例)

文献調査により、既存のデータを収集し、傾向を分析する。必要であればインタビュー調査を行い、法制度の運用面について関係者に聴取する。

 

Back to Top

流通経路、販路、代理店について知りたい


対象国の市場/流通構造調査

課題 : 海外進出を検討しているが、流通構造が分からず、販売戦略が策定できない。

調査手法(例)

既存の文献や関係者へのインタビューを元に全体の市場規模を推定する。その後、輸入業者や販売業者の業績データや、業界関係者やユーザーへのインタビュー調査などを総合的に評価し、企業シェアの推定及び流通構造を推定する。

 


対象国におけるパートナー探し

課題 :
海外でも通用する技術を持っているが販売基盤が無い。
技術提携を通じて製品の改良を行いたい。

調査手法(例)

  • 1. (販売提携) 対象国において販売業者をリストアップ。それぞれの販売業者の業績、販売戦略や他社との競合状況などを鑑み、パートナーとなりうる企業の絞込みを行う。

  • 2. (技術提携) 対象領域において関連技術を研究開発中の企業をリストアップし、有望な技術を保持している企業を絞り込む。その後、お客様の保持する技術とのシナジー効果の評価やそれぞれの対象領域の将来性の評価などを通じて、ターゲット企業のさらなる絞込みを行う。
 

Back to Top

仕入先を探したい


価格動向調査

課題 : 各社の価格動向や、将来的にどのように価格が変化する可能性があるか検討したい。

調査手法(例)

各社が現在保持している技術や研究開発動向を調査。各社の財務状況、販売戦略、市場全体など様々な情報も考慮し、今後の技術展開や価格動向について予測を立てる。

 


参入対象国におけるパートナー探し

課題 : 海外において、自社の技術が生かせる企業と提携を行い、製品の提供を受けたい。

調査手法(例)

対象国において関連製品を販売している企業をリストアップ。リストアップされた企業の製品開発戦略や、販売実態、今後の業績予測などを踏まえ、将来的に高いシナジー効果が得られると推測される企業の絞込みを行う。

 


参入対象国の市場規模、将来性調査

課題 : 新規参入を検討している対象国で、自社製品が受け入れられるか、対象セグメントの市場の有望性を知りたい。

調査の種類(例)

市場規模調査 – 参入可能性のある市場セグメントの市場規模、将来予測。

調査手法(例)

政府発行資料、競合各社のデータなど、各種文献や調査会社保有の情報などを総合的に分析し、現在の市場規模や将来性に関する仮説を立てる。その後、ユーザー、販売業者、製造業者などにインタビュー(電話/面談)を行い、仮説を検証する。

 

Back to Top

競合について知りたい

主要顧客調査

課題 : 競合企業の主要顧客について知りたい。

調査手法(例)

  • 1. アンケート (B2Cの場合) – 消費者に対してアンケート調査を行い、消費者のブランド選好性やニーズなどを明らかにする。

  • 2. 関係者へのインタビュー – ユーザーや販売業者などの関係者に対しインタビュー調査を行い、主要顧客を推定する
 


経営戦略、技術動向調査

課題 : 競合他社の経営戦略や技術動向の評価は自社内で行うとバイアスがかかってしまい、客観的に行うことが難しいので、第3者に評価をして欲しい。

調査手法(例)

競合各社の情報収集を行う。この段階では財務面や研究開発動向、ユーザーや販売業者からの評価、市場全体の将来性などを含め幅広く収集する。次に収集した情報を基にアナリストの見解により経営の様々な側面について評価を行う。

 

Back to Top

お問い合わせ

調査内容、予算等、調査の詳細について御打ち合わせさせて頂きます。
また当サービスへのご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。


Back to Top