デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1461380

グリーン水素市場:現状分析と予測(2023-2030年)

Green Hydrogen Market: Current Analysis and Forecast (2023-2030)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 132 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
グリーン水素市場:現状分析と予測(2023-2030年)
出版日: 2024年03月01日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 132 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のグリーン水素市場はここ数年、大きな市場需要に対応しています。その成長を後押ししている要因は、再生可能エネルギーへの移行を促進するため、世界各国が2030年に設定したネット・ゼロ・エミッション目標です。さらに、政府の支援政策、スキーム、補助金、グリーン水素製造プラントへの投資が、世界中でグリーン水素の市場規模をさらに加速させています。再生可能エネルギー分野の様々な主要企業が、電解液の価格を下げるために協力しており、最終的にはグリーン水素製造の総コストを下げることになるみ見込みです。

グリーン水素市場は使用される電解槽技術に基づき、プロトン交換膜、アルカリ電解槽、その他の3つのセグメントに分けられます。中でもアルカリ電解槽は、グリーン水素の製造に使用される最も一般的で成熟した技術であるため、市場シェアが最も高いです。さらに、アルカリ性電解槽はコスト効率が高く、運転寿命も長いです。

グリーン水素市場は、供給源に基づき、太陽エネルギー、風力エネルギー、その他の3つのカテゴリーに分けられます。太陽エネルギーはグリーン水素の生産プロセスに大きく寄与しており、その生産は太陽エネルギーを利用し、化石燃料の燃焼による気候変動に対抗する有望な方法と考えられています。

グリーン水素市場はエンドユーザーに基づき、精製、アンモニア、その他に分類されます。精製部門が最大のシェアを獲得したのは、精製所が水素の大口産業消費者であり、そのほとんどが現在化石燃料によって供給されているからです。ネット・ゼロ・エミッション目標を達成する必要性の高まりにより、二酸化炭素排出量を削減するための産業におけるグリーン水素の需要が高まっています。さらに、政府は製油所でグリーン水素を使用するインセンティブを提供し、グリッド料金、税金、課税から電解槽を免除することで、製油所の市場シェアをさらに加速させています。

グリーン水素業界の市場導入に関する理解を深めるため、市場は北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、その他欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、オーストラリア、その他アジア太平洋地域)、世界のその他の地域における世界の存在に基づいて分析されています。北米のグリーン水素市場は、近年著しい成長を遂げています。その主な理由は、グリーン水素の需要を満たすことを目的としたグリーン水素工場が、特に輸送用途で稼動しているためです。例えば2024年、国際的なグリーン水素メーカーであるH2B2 Electrolysis Technologies社が、北米最大の再生可能エネルギーによるグリーン水素生産工場であるSoHyCalの操業を開始しました。さらに、この地域の主要企業は、グリーン水素プラントの開発を支援するために協力しています。例えば2024年、Hy Stor EnergyとSchneider Electricは、統合型オフグリッドグリーン水素生産と規模別エネルギー貯蔵を推進するために協力しました。

市場に参入している主要企業には、NEL ASA、ITM Power、Engie、Seimens、Air Products Inc.、Messer Group GMBH、Plug Power Inc.、Cummins Inc.、Air Liquide、Lindeなどがあります。

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目標
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提条件

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 グリーン水素市場収益 、2020-2030年

第6章 電解装置別市場洞察

  • プロトン交換膜電解装置
  • アルカリ電解装置
  • その他

第7章 ソース別の市場洞察

  • 太陽光エネルギー
  • 風力エネルギー
  • その他(水力、地熱、太陽光と風力のハイブリッド)

第8章 エンドユーザー別市場分析

  • 精製
  • アンモニア
  • その他(メタノール、鉄鋼等)

第9章 地域別市場分析

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • オーストラリア
    • その他アジア太平洋地域
  • 世界のその他の地域

第10章 グリーン水素市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第11章 グリーン水素市場機会

第12章 グリーン水素市場動向

第13章 需要と供給の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第14章 バリューチェーン分析

第15章 競争シナリオ

  • 競合情勢
    • ポーターのファイブフォース分析

第16章 会社概要

  • NEL ASA
  • ITM Power
  • ENGIE
  • SEIMENS
  • Air Products Inc.
  • Messer Group GMBH
  • Plug Power Inc.
  • Cummins Inc.
  • Air LIQUIDE
  • LINDE

第17章 免責事項

目次
Product Code: UMEP212685

The Global green hydrogen market caters to significant market demand in the past few years. Factors that are driving its growth are the net zero emissions targets set by countries across the globe for 2030 to stimulate the renewable energy transition. Moreover, the supportive government policies, schemes, subsidies, and investment in green hydrogen production plants are further accelerating the market size of green hydrogen across the globe. In addition, various key players in the renewable sector are collaborating to reduce the price of electrolyzes which will eventually reduce the overall cost of green hydrogen production. For instance: In 2024, Schneider Electric partnered with Hy Stor Energy to support the development of the Mississippi Clean Hydrogen Hub (MCHH) and its wider U.S. development platform. This collaboration between Schneider Electric and Hy Stor Energy aims to tackle large-scale energy and sustainability challenges that are necessary for transitioning to a renewable and fossil-free energy system. Schneider Electric will provide automation and safety solutions, AVEVA process operation, AI optimization software, weather analysis, predictive operations, digital energy management solutions, commissioning, operational analytical tools, and support for Hy Stor Energy.

Based on the electrolyzer, the green hydrogen market is divided into three segments based on the electrolyzer technology used - proton exchange membranes, alkaline electrolyzers, and others. Amongst these, alkaline electrolyzers have the highest market share as it is the most common and mature technology used for green hydrogen production. Additionally, alkaline electrolyzers are cost-effective and have a long operational life.

Based on source, the green hydrogen market is divided into three categories based on source: solar energy, wind energy, and others. Solar energy contributes significantly to the green hydrogen production process, and its production is considered a promising way to use solar energy and combat climate change caused by the burning of fossil fuels.

Based on end-user, the green hydrogen market is categorized into refining, ammonia, and others. The refining segment acquired the largest share as the refinery is the large industrial consumer of hydrogen, most of which is currently supplied by fossil fuels. The rising need to meet the net zero emissions targets has escalated the demand for green hydrogen in industries to reduce carbon emissions. Moreover, the government provides incentives to use green hydrogen in refineries, and exempting electrolyzers from grid fees, taxes, and levies is further accelerating the market share of refineries.

For a better understanding of the market adoption of the green hydrogen industry, the market is analyzed based on its worldwide presence in countries such as North America (U.S., Canada, and the Rest of North America), Europe (Germany, U.K., France, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, India, Japan, Australia, and Rest of Asia-Pacific), Rest of World. The Green Hydrogen market in North America has been witnessing significant growth in recent years. It is mainly due to the ongoing operational green hydrogen plant that aims to fufill the demand for green hydrogen, particularly for transportation applications. For instance: In 2024, H2B2 Electrolysis Technologies, an international green hydrogen producer, started operations of SoHyCal, the largest green hydrogen production plant powered entirely by renewable energy in North America. Furthermore, key players in the region are collaborating to support the development of green hydrogen plants. For instance: In 2024, Hy Stor Energy and Schneider Electric collaborated to Advance Integrated, Off-Grid Green Hydrogen Production and Energy Storage at Scale.

Some of the major players operating in the market include NEL ASA, ITM Power, Engie, Seimens, Air Products Inc., Messer Group GMBH, Plug Power Inc., Cummins Inc., Air Liquide, And Linde.

TABLE OF CONTENTS

1.MARKET INTRODUCTION

  • 1.1.Market Definitions
  • 1.2.Main Objective
  • 1.3.Stakeholders
  • 1.4.Limitation

2.RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1.Research Process of the Green Hydrogen Market
  • 2.2.Research Methodology of the Green Hydrogen Market
  • 2.3.Respondent Profile

3.MARKET SYNOPSIS

4.EXECUTIVE SUMMARY

5.GREEN HYDROGEN MARKET REVENUE (USD BN), 2020-2030F

6.MARKET INSIGHTS BY ELECTROLYZER

  • 6.1.Proton Exchange Membrane Electrolyzer
  • 6.2.Alkaline Electrolyzer
  • 6.3.Others

7.MARKET INSIGHTS BY SOURCE

  • 7.1.Solar Energy
  • 7.2.Wind Energy
  • 7.3.Others (hydropower, geothermal, and hybrid of solar & wind)

8.MARKET INSIGHTS BY END-USER

  • 8.1.Refining
  • 8.2.Ammonia
  • 8.3.Others (Methanol, Iron & Steel and others)

9.MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 9.1.North America
    • 9.1.1.U.S.
    • 9.1.2.Canada
    • 9.1.3.Rest of North America
  • 9.2.Europe
    • 9.2.1.Germany
    • 9.2.2.U.K.
    • 9.2.3.France
    • 9.2.4.Rest of Europe
  • 9.3.Asia-Pacific
    • 9.3.1.China
    • 9.3.2.Japan
    • 9.3.3.India
    • 9.3.4.Australia
    • 9.3.5.Rest of Asia-Pacific
  • 9.4.Rest of World

10.GREEN HYDROGEN MARKET DYNAMICS

  • 10.1.Market Drivers
  • 10.2.Market Challenges
  • 10.3.Impact Analysis

11.GREEN HYDROGEN MARKET OPPORTUNITIES

12.GREEN HYDROGEN MARKET TRENDS

13.DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 13.1.Demand Side Analysis
  • 13.2.Supply Side Analysis

14.VALUE CHAIN ANALYSIS

15.COMPETITIVE SCENARIO

  • 15.1.Competitive Landscape
    • 15.1.1.Porters Fiver Forces Analysis

16.COMPANY PROFILED

  • 16.1.NEL ASA
  • 16.2.ITM Power
  • 16.3.ENGIE
  • 16.4.SEIMENS
  • 16.5.Air Products Inc.
  • 16.6.Messer Group GMBH
  • 16.7.Plug Power Inc.
  • 16.8.Cummins Inc.
  • 16.9.Air LIQUIDE
  • 16.10.LINDE

17.DISCLAIMER