市場調査レポート
商品コード
1333816

遠隔操作とテレロボティクス市場:現状分析と予測(2022-2028年)

Teleoperation and Telerobotics Market: Current Analysis and Forecast (2022-2028)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 152 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
遠隔操作とテレロボティクス市場:現状分析と予測(2022-2028年)
出版日: 2023年07月30日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 152 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

遠隔操作とテレロボティクス市場は、5Gネットワークの成長とクラウドロボティクス技術の利用の増加により、予測期間中にCAGR 21.8%の力強い成長が見込まれています。さらに、M2M(Machine to Machine)センサーやブロードバンド通信の採用拡大、安全性への懸念とともに、モノのインターネット技術の利用需要が高いことも、この市場の急成長を後押しする主な要因となっています。例えば、2022年8月、Hyundai Motor Groupは、AIとロボット工学を発展させるために、ボストン・ダイナミクスAI研究所を設立するために4億米ドルを投資しました。

コンポーネントに基づき、市場はハードウェア、ソフトウェア、サービスに区分されます。このうち、ハードウェア・セグメントが市場を独占しています。これは、ハードウェア・コンポーネントがロボットの性能効率を大きく左右するという明白な理由による。例えば、センサー、ジョイント、モーターのセットは、与えられたタスクを解決するために必要な動きを作り出し、制御するために使用されます。

ロボットの種類によって、市場は産業用ロボット{自動車、飲食品、エレクトロニクス、その他}、コボット、サービスロボット{物流、軍事・防衛、医療・ヘルスケア、その他}に二分されます。このうち、産業用ロボットが遠隔操作とテレロボティクス市場の大半のシェアを占めています。世界的に商品やサービスの需要が増加しているため、その需要を満たすために高度な技術やロボットが使用されています。例えば、食品産業、製造業などです。

用途別に見ると、市場は製造、宇宙・科学、ヘルスケア、航空宇宙・防衛、メディア・娯楽、物流、その他に二分されます。2020年の遠隔操作とテレロボティクス市場では、宇宙・科学分野が大きなシェアを占めており、予測期間中も大幅なCAGR成長が見込まれています。宇宙探査の大半は遠隔ロボット宇宙探査機によって行われており、宇宙ベースの天文学も遠隔ロボット望遠鏡によって行われています。

スマートホーム産業の市場導入に関する理解を深めるため、市場は北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、イタリア、スペイン、その他欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、その他アジア太平洋地域)、その他世界の国々における世界の存在に基づいて分析されています。アジア太平洋地域は、ロボットの導入が増加しているため、遠隔操作とテレロボティクス市場をリードすると予想されます。同地域はあらゆる面で急成長が見込まれており、その主な要因は産業、医療、その他の分野における良好な開発状況にあります。また、高齢化により、政府機関も労働力としてロボットに頼るようになっています。

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目的
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 世界の遠隔操作とテレロボティクス市場の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響

第6章 世界の遠隔操作とテレロボティクス市場収益、2020-2028年

第7章 コンポーネント別の市場洞察

  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • サービス

第8章 ロボットの種類別の市場洞察

  • 産業用ロボット
  • コボット
  • プロフェッショナルサービスロボット

第9章 エンドユーザー別の市場洞察

  • 業界
    • 自動車
    • 食品・飲料
    • エレクトロニクス
    • その他
  • サービス
    • 輸送
    • 軍事と防衛
    • 医療とヘルスケア
    • その他

第10章 アプリケーション別の市場洞察

  • 製造業
  • ヘルスケア
  • 航空宇宙と防衛
  • メディア・エンターテイメント
  • 輸送
  • その他

第11章 地域別の市場洞察

  • 北米の遠隔操作とテレロボティクス市場
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州の遠隔操作とテレロボティクス市場
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋の遠隔操作とテレロボティクス市場
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • APACのその他諸国
  • その他地域の遠隔操作とテレロボティクス市場

第12章 遠隔操作とテレロボティクス市場ダイナミクス

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第13章 遠隔操作とテレロボティクス市場機会

第14章 遠隔操作とテレロボティクス市場動向

第15章 需要側と供給側の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第16章 バリューチェーン分析

第17章 価格分析

第18章 戦略的洞察

第19章 競合シナリオ

  • 競合情勢
    • ポーターのファイブフォース分析

第20章 企業プロファイル

  • ABB ltd.
  • Yaskawa Electronics Corporation
  • Kawasaki Robotics
  • Denso Corporation
  • Fanuc Corporation
  • Kuka AG
  • Mitsubishi Electric Corporation
  • Omron Corporation
  • Seiko Epson Corporation
  • Staubli International AG

第21章 免責事項

目次
Product Code: UMTI211987

Teleoperation and telerobotics are basically similar in terms which simply means remote controlling robots or computers from a distance. This makes the human users able to perform complex tasks from a distance or inaccessible environment. For example, remotely operated vehicles. It is basically a combination of human skills with the physical strength, precison and durability of robots. For instance, a human operator who repairs an undersea cable using a robot. Telerobotic devices are generally built for situations that are too dangerous, unconfortable, limiting or costly for humans to perform. Therefore, majorly the growing security concers paired with the advancement in the technology is driving this industry. Some of the applications like, underwater inspection, maintenance, costruction mining, exploration, research and recovery , science and surveying.

The Teleoperation and Telerobotics Market is expected to grow at a strong CAGR of 21.8% during the forecast period owing to the increasing usage of cloud robotics technology paired with growing 5G network. Moreover, the high demand of use of Internet of things technologies along with the machine to machine (M2M) sensors and growing adoption of broadband communication and safety concerns are some major factors which are helping this market to grow rapidly. For instance, in August 2022, Hyundai Motor Group invested USD 400 million in manifesting the Boston Dynamics AI Institute to advance AI and robotics.

Based on components, the market is segmented into hardware, software and services. Amongst these, the hardware segment is dominating the market. This is due to the obvious reason that hardware components majorly derive the efficiency of the robots performance, the stronger or advance the hardware is the more work load it can handle. For example, sensors , joints and a set of motors are used to create and control movement required to solve a given task.

By robot type, the market is bifurcated into industrial robots {automotive, food & beverages, electronics, others} , cobots and service robots {logistics, military & defence, medical & healthcare, others}. Among these, industrial robots have captured the majority share of the teleoperation and telerobotic market. The increasing demands of good and services globally is growing the industries and therefore to full fill those demands the advanced technologies and robots are being used. For example, food industry, manufacturing industry or etc.

On the basis of applications, the market is bifurcated into manufacturing, space & science, healthcare, aerospace & defence, media & entertainment, logistics and others. The space & science segement held a major share of the teleoperation and telerobotics market in 2020 and are expected to grow at a substantial CAGR during the forecasted period. Most of the space explorations are being done by telerobotic space probes also space based astronomy is been conducted with telerobotic telescopes because its cheaper to send robots instead of human in space for all the operations.

For a better understanding of the market adoption of the Smart Home industry, the market is analyzed based on its worldwide presence in the countries such as North America (U.S., Canada, and the Rest of North America), Europe (Germany, UK, France, Italy, Spain, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, India and Rest of Asia-Pacific), Rest of World. Asia Pacific is expected to lead the teleoperation and telerobotics market in due to the increased adoption of use of robots. Considering the rapid growth prospects of the region in every aspect, growth is mainly attributed to favorable conditions of development in industrial, health or other sectors. The aging population is also leading the government organisations to rely more on robots in the workforce.

Some of the major players operating in the market include: ABB ltd.; Yaskawa Electronics Corporation; Kawasaki Robotics; Denso Corporation; Fanuc Corporation; Kuka AG; Mitsubishi Electric Corporation; Omron Corporation; Seiko Epson Corporation; Staubli International AG

TABLE OF CONTENTS

1 MARKET INTRODUCTION

  • 1.1. Market Definitions
  • 1.2. Main Objective
  • 1.3. Stakeholders
  • 1.4. Limitation

2 RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1. Research Process of the Teleoperation and Telerobotics Market
  • 2.2. Research Methodology of the Teleoperation and Telerobotics Market
  • 2.3. Respondent Profile

3 MARKET SYNOPSIS

4 EXECUTIVE SUMMARY

5 GLOBAL TELEOPERATION AND TELEROBOTICS MARKETCOVID-19 IMPACT

6 GLOBAL TELEOPERATION AND TELEROBOTICS MARKETREVENUE, 2020-2028F

7 MARKET INSIGHTS BY COMPONENT

  • 7.1. Hardware
  • 7.2. Software
  • 7.3. Services

8 MARKET INSIGHTS BY ROBOT TYPE

  • 8.1. Industrial Robots
  • 8.2. Cobots
  • 8.3. Professional service robots

9 MARKET INSIGHTS BY END-USERS

  • 9.1. Industry
    • 9.1.1. Automotive
    • 9.1.2. Food & Beverages
    • 9.1.3. Electronics
    • 9.1.4. Others
  • 9.2. Service
    • 9.2.1. Logistics
    • 9.2.2. Military & Defence
    • 9.2.3. Medical & Healthcare
    • 9.2.4. Others

10 MARKET INSIGHTS BY APPLICATIONS

  • 10.1. Manufacturing
  • 10.2. Healthcare
  • 10.3. Aerospace & Defence
  • 10.4. Media & Entertainment
  • 10.5. Logistics
  • 10.6. Others

11 MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 11.1. North America Teleoperation and Telerobotics Market
    • 11.1.1. U.S.
    • 11.1.2. Canada
    • 11.1.3. Rest of North America
  • 11.2. Europe Teleoperation and Telerobotics Market
    • 11.2.1. Germany
    • 11.2.2. UK
    • 11.2.3. France
    • 11.2.4. Italy
    • 11.2.5. Spain
    • 11.2.6. Rest of Europe
  • 11.3. Asia-Pacific Teleoperation and Telerobotics Market
    • 11.3.1. China
    • 11.3.2. Japan
    • 11.3.3. India
    • 11.3.4. Rest of APAC
  • 11.4. Rest of the World Teleoperation and Telerobotics Market

12 TELEOPERATION AND TELEROBOTICS MARKETDYNAMICS

  • 12.1. Market Drivers
  • 12.2. Market Challenges
  • 12.3. Impact Analysis

13 TELEOPERATION AND TELEROBOTICS MARKETOPPORTUNITIES

14 TELEOPERATION AND TELEROBOTICS MARKETTRENDS

15 DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 15.1. Demand Side Analysis
  • 15.2. Supply Side Analysis

16 VALUE CHAIN ANALYSIS

17 PRICING ANALYSIS

18 STRATEGIC INSIGHTS

19 COMPETITIVE SCENARIO

  • 19.1. Competitive Landscape
    • 19.1.1. Porters Fiver Forces Analysis

20 COMPANY PROFILED

  • 20.1. ABB ltd.
  • 20.2. Yaskawa Electronics Corporation
  • 20.3. Kawasaki Robotics
  • 20.4. Denso Corporation
  • 20.5. Fanuc Corporation
  • 20.6. Kuka AG
  • 20.7. Mitsubishi Electric Corporation
  • 20.8. Omron Corporation
  • 20.9. Seiko Epson Corporation
  • 20.10. Staubli International AG

21 DISCLAIMER