デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1308707

産業用IoTプラットフォーム市場の2030年までの予測- 製品別、技術別、用途別、エンドユーザー別、地域別の世界分析

Industrial IoT Platform Market Forecasts to 2030 - Global Analysis By Product, Technology, Application, End User and By Geography

出版日: | 発行: Stratistics Market Research Consulting | ページ情報: 英文 175+ Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.16円
産業用IoTプラットフォーム市場の2030年までの予測- 製品別、技術別、用途別、エンドユーザー別、地域別の世界分析
出版日: 2023年07月01日
発行: Stratistics Market Research Consulting
ページ情報: 英文 175+ Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 図表
  • 目次
概要

Stratistics MRCによると、世界の産業用IoTプラットフォーム市場は2023年に100億2,000万米ドルを占め、予測期間中のCAGRは17.2%で成長し、2030年には304億5,000万米ドルに達すると予測されています。

産業用モノのインターネットは、一般的にマシン間通信、ビッグデータ、MLに焦点を当て、より良い信頼性と効率性を提供し、企業や産業の運営をサポートします。産業用モノのインターネットは、医療機器、ソフトウェア定義の生産プロセス、ロボットなどの産業用アプリケーションを提供します。産業用モノのインターネットは、価値ある新しい洞察を提供、交換、監視、分析、提供するのに役立ちます。

Consumer Technology Associationによると、2021年には米国におけるコネクテッドデバイスの出荷台数は2016年の6億2,100万台から7億9,100万台になると推測されます。

市場力学:

促進要因

産業界における自動化需要の高まり

産業界は、自動化によってリソースの利用を改善し、手作業を減らし、プロセスを合理化することができます。産業界は、IIoTプラットフォームを活用することで、リアルタイムのデータを収集し、オペレーションを監視し、意思決定プロセスを自動化することができます。IIoTプラットフォームは、いくつかの産業における産業オートメーションの改善に不可欠です。産業分野で使用されるアクチュエータ、ロボット、分析装置は、IIoTプラットフォームのおかげで協調的な通信と相互作用を提供できます。これらのプラットフォームは、製造と柔軟性の向上を促進します。

抑制要因:

IoTプロトコルの標準化の欠如

IIoTプラットフォームには、接続された機器間の相互運用性の問題に対処するための有望なアーキテクチャ・ソリューションや世界標準が欠けています。IIoTプラットフォームは、機械、人、ソフトウェアを含むインターネットに接続されたデバイスのネットワーク以上のもので構成されているため、接続性とデータのフォーマットのための世界な標準やプロトコルが必要です。しかし、IIoTプラットフォームのこの異種エコシステムは、世界なIoT標準がないため、より効果的でスケーラブルになることを制約されています。

チャンス:

オンプレミスからクラウドベースのデータ管理戦略へのシフト

リアルタイムのデータ管理、分析、保存はすべてIoT技術の一部です。大量のデータをオンプレミスで保存・管理しなければならないため、拡張性、セキュリティ、ITインフラの安全性、有能なIT人材、導入・管理費用などの問題が生じる。クラウドプラットフォームは、データ保存のための完全に手頃な価格で迅速な導入が可能な代替手段を提供するため、もはやオンプレミスのデータセンターを建設する必要はないです。クラウドプラットフォームは、膨大な量のデータを生成するリンクされたデバイスがすべてであるIoTであっても、データから価値を引き出すのに役立つ分析を可能にします。

脅威

レガシーなインフラと通信ネットワークの相互運用性の問題

最新のテクノロジーを導入しても、レガシー・システムは時代遅れのコンピューター・ソフトウェアとハードウェアのまま運用されています。これらはビジネスに不可欠な機能を提供しているため、レガシー・システムは企業にとって重要です。ベンダーがサービスを終了したシステムの保守が難しくなるにつれ、企業はレガシー・システムをアップグレードしなければならなくなります。レガシー・システムの大半は、スマート・デバイスや改良された通信ネットワークに接続するために必要なコンフィギュレーションを備えていないです。企業は、このような時代遅れのシステムを置き換えるために、多額の費用を費やさなければならないかもしれないです。市場のベンダーは、これらのレガシーシステムをIIoTプラットフォームのさまざまなエコシステム部分と統合するのに苦労しています。

COVID-19の影響:

COVID-19パンデミックの流行は、製造業、政府、産業部門を含む多くの組織に大惨事をもたらしました。世界中のさまざまな地域で封鎖制限が解除されたため、さまざまな産業分野の企業が最近操業を再開しました。IoTデバイスの使用は、製造、ヘルスケア、公益事業、輸送、物流など、パンデミックの間、多くのセクターで増加しました。組織は、アラートと通知、遠隔サービスと制御、遠隔監視、予測分析、予防保守のために、履歴とリアルタイムのデータ分析に基づくインテリジェント資産管理ソリューションを考慮に入れ始めています。

予測期間中、医療機器セグメントが最大となる見込み:

医療機器分野は、日常生活で消費者の間で需要が増加していることから、市場で最大のシェアを占めています。ウェアラブル、持続血糖モニター、血圧モニターなどの医療機器は、患者データを収集し、IIoTプラットフォームに送信することができます。これにより、患者の遠隔モニタリングが可能になり、ヘルスケアプロバイダーはバイタルサインを追跡し、異常を検知し、リアルタイムで介入することができます。IIoTプラットフォームは、複数の医療機器からのデータを統合・分析し、包括的な患者モニタリングとプロアクティブなヘルスケア管理を可能にします。ヘルスケア業界がデジタルトランスフォーメーションを取り入れる中、IIoTプラットフォームにおける医療機器の役割は拡大し続けています。

予測期間中、ディスクリート産業セグメントのCAGRが最も高くなると予想される:

予測期間中、ディスクリート産業セグメントのCAGRが最も高くなると予想されます。ディスクリート産業は、自動車、家具、玩具、スマートフォン、航空機など、個別のユニットの製造と生産に関係しています。ディスクリート産業は、自動車、機械製造、半導体・エレクトロニクス、医療機器、物流、輸送など、さまざまな業種で構成されています。IIoTプラットフォームは、予測管理、作業員追跡、物流・サプライチェーン管理などのソリューションを提供することで、これらの産業を支援し、組織の業務効率の改善、資産寿命の向上、ダウンタイムの削減を可能にします。

最大のシェアを占める地域:

北米地域市場は、予測期間中、世界の産業用IoTプラットフォーム市場で最も高いシェアを占めると予測されます。IIoTプラットフォームは、米国とカナダを含む北米で着実に成長している市場です。これには、技術の進歩、効率向上とコスト削減のための産業オートメーション導入の増加、情報に基づいた意思決定のためのデータ分析とAIへの注目、規制遵守と安全対策の必要性、産業システムを保護するためのサイバーセキュリティ重視の高まり、北米全域の様々な産業におけるIIoTプラットフォームの開発と導入を支援する政府の取り組みと資金提供などが含まれます。

CAGRが最も高い地域:

予測期間では、アジア太平洋地域の成長率が最も高くなると予想されます。大手EVメーカーが生産拠点をこの地域に移していることがその要因です。同市場は、ローコードIoTプラットフォームやIoTノードに対する需要の高まりにより、過去数年間で収益の伸びを示しています。さらに、IoTアプリの開発に必要な時間を短縮できるIoTプラットフォームの採用が拡大していることも、市場の収益を支えています。さらに、インドIoTプラットフォーム市場はアジア太平洋地域で最も速いペースで拡大しており、中国IoTプラットフォーム市場は最大の市場シェアを占めています。

主な発展:

2023年3月、アクセンチュアはモノのインターネット(IoT)とデータサイエンスのサービス企業であるFluturaを非公開の金額で買収し、Applied Intelligence傘下で販売する産業用AIサービスを強化しました。

2023年1月、PTCはサービス実行管理企業のサービスマックスを買収しました。この買収により、PTCのクローズドループ製品ライフサイクル管理(PLM)とデジタルスレッド製品に、重要なフィールドサービス管理(FSM)機能が加わる。

2022年2月、ソフトウェアAGは、最新のデータスタック向けデータ統合のリーダーであるtreamSetsを買収しました。この買収により、Software AGは、急成長している大規模なSaaSとサブスクリプションビジネスを追加しました。

レポート内容

  • 地域および国レベルセグメントの市場シェア評価
  • 新規参入企業への戦略的提言
  • 2021年、2022年、2023年、2026年、2030年の市場データを網羅
  • 市場動向(市場促進要因・阻害要因・機会・脅威・課題・投資機会・提言)
  • 市場推定に基づく主要ビジネスセグメントにおける戦略的提言
  • 主要な一般的動向をマッピングした競合情勢
  • 詳細な戦略、財務、最近の動向を含む企業プロファイル
  • 最新の技術動向をマッピングしたサプライチェーン動向

無料カスタマイズサービス:

本レポートをご購読のお客様には、以下のいずれかの無料カスタマイズオプションをご提供いたします:

  • 企業プロファイル
    • 追加市場プレイヤーの包括的プロファイリング(3社まで)
    • 主要企業のSWOT分析(3社まで)
  • 地域セグメンテーション
    • 顧客の関心に応じた主要国の市場推計・予測・CAGR(注:フィージビリティチェックによる)
  • 競合ベンチマーキング
    • 製品ポートフォリオ、地理的プレゼンス、戦略的提携に基づく主要企業のベンチマーキング

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 序文

  • 概要
  • ステークホルダー
  • 調査範囲
  • 調査手法
    • データマイニング
    • データ分析
    • データ検証
    • 調査アプローチ
  • 調査ソース
    • 1次調査ソース
    • 2次調査ソース
    • 前提条件

第3章 市場動向分析

  • 促進要因
  • 抑制要因
  • 機会
  • 脅威
  • アプリケーション分析
  • エンドユーザー分析
  • 新興市場
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響

第4章 ポーターのファイブフォース分析

  • 供給企業の交渉力
  • 買い手の交渉力
  • 代替品の脅威
  • 新規参入業者の脅威
  • 競争企業間の敵対関係

第5章 世界の産業用IoTプラットフォーム市場:タイプ別

  • ハードウェア
    • ネットワークコンポーネント
    • センサーとアクチュエーター
  • プラットフォーム
    • デバイス管理プラットフォーム
    • アプリケーション有効化プラットフォーム
    • 接続管理プラットフォーム
  • サービス
    • コンサルティングサービス
    • システムの統合と展開
    • サポートとメンテナンス

第6章 世界の産業用IoTプラットフォーム市場:用途別

  • 資産運用管理
  • サプライチェーンと管理
  • ビジネスプロセスの最適化
  • 従業員管理
  • 自動化制御
  • 緊急事態およびインシデント管理
  • その他の用途

第7章 世界の産業用IoTプラットフォーム:エンドユーザー別

  • プロセス産業
  • エネルギーと公共事業
  • 化学物質と材料
  • 飲食品
  • ディスクリート産業
  • 自動車
  • 機械製造
  • 半導体とエレクトロニクス
  • 医療機器
  • 物流と輸送
  • その他のエンドユーザー

第8章 世界の産業用IoTプラットフォーム市場:地域別

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • イタリア
    • フランス
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋地域
    • 日本
    • 中国
    • インド
    • オーストラリア
    • ニュージーランド
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • 南米
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • チリ
    • その他南米
  • 中東とアフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • カタール
    • 南アフリカ
    • その他中東とアフリカ

第9章 主な発展

  • 契約、パートナーシップ、提携、合弁事業
  • 買収と合併
  • 新製品の発売
  • 事業拡大
  • その他の主要戦略

第10章 企業プロファイル

  • Accenture
  • Altizon
  • Amazon Web Services
  • Atos
  • Augury
  • Bosch.IO
  • Braincube
  • Cisco
  • Davra Networks
  • Hitachi
  • IBM
  • Intel
  • Litmus Automation
  • Microsoft
  • Oracle
  • QiO Technologies
  • Schneider Electric
  • Siemens AG
  • Software AG
図表

List of Tables

  • Table 1 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Region (2021-2030) ($MN)
  • Table 2 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Type (2021-2030) ($MN)
  • Table 3 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Hardware (2021-2030) ($MN)
  • Table 4 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Network Components (2021-2030) ($MN)
  • Table 5 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Sensors & Actuators (2021-2030) ($MN)
  • Table 6 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Platforms (2021-2030) ($MN)
  • Table 7 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Device Management Platform (2021-2030) ($MN)
  • Table 8 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Application Enablement Platform (2021-2030) ($MN)
  • Table 9 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Connectivity Management Platform (2021-2030) ($MN)
  • Table 10 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Services (2021-2030) ($MN)
  • Table 11 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Consulting Services (2021-2030) ($MN)
  • Table 12 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By System Integration and Deployment (2021-2030) ($MN)
  • Table 13 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Support and Maintenance (2021-2030) ($MN)
  • Table 14 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Application (2021-2030) ($MN)
  • Table 15 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Asset Management (2021-2030) ($MN)
  • Table 16 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Supply Chain and Management (2021-2030) ($MN)
  • Table 17 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Business Process Optimization (2021-2030) ($MN)
  • Table 18 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Workforce Management (2021-2030) ($MN)
  • Table 19 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Automation Control (2021-2030) ($MN)
  • Table 20 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Emergency and Incident Management (2021-2030) ($MN)
  • Table 21 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Other Applications (2021-2030) ($MN)
  • Table 22 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By End User (2021-2030) ($MN)
  • Table 23 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Process Industry (2021-2030) ($MN)
  • Table 24 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Energy and Utilities (2021-2030) ($MN)
  • Table 25 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Chemical and Materials (2021-2030) ($MN)
  • Table 26 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Food and Beverages (2021-2030) ($MN)
  • Table 27 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Discrete Industry (2021-2030) ($MN)
  • Table 28 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Automotive (2021-2030) ($MN)
  • Table 29 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Machine Manufacturing (2021-2030) ($MN)
  • Table 30 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Semiconductor and Electronics (2021-2030) ($MN)
  • Table 31 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Medical Devices (2021-2030) ($MN)
  • Table 32 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Logistics and Transportation (2021-2030) ($MN)
  • Table 33 Global Industrial IoT Platform Market Outlook, By Other End Users (2021-2030) ($MN)

Note: Tables for North America, Europe, APAC, South America, and Middle East & Africa Regions are also represented in the same manner as above.

目次
Product Code: SMRC23407

According to Stratistics MRC, the Global Industrial IoT Platform Market is accounted for $10.02 billion in 2023 and is expected to reach $30.45 billion by 2030 growing at a CAGR of 17.2% during the forecast period. The Industrial internet of things is commonly focused on machine-to-machine communication, big data, and ML to deliver better reliability and efficiency to support businesses and industries in their operations. The industrial internet of things provides industrial applications such as medical devices, software-defined production processes, and robotics. The industrial internet of things helps to deliver, exchange, monitor, analyze and deliver valuable new insights.

According to Consumer Technology Association, in 2021, the connected device shipments will be 791 million units in the United States from 621 million units in 2016.

Market Dynamics:

Driver:

Growing demand for automation in industries

Industries can improve resource use, decrease manual involvement, and streamline their processes through automation. Industries may collect real-time data, monitor operations, and automate decision-making processes by utilizing IIoT platforms, which will increase operational efficiency. The IIoT platform is crucial for improving industrial automation in several industries. Actuators, robots, and analyzers used in the industrial area can provide cooperative communications and interaction thanks to IIoT platforms. These platforms promote increased manufacturing and flexibility.

Restraint:

Absence of standardization in IoT protocols

The IIoT platform lacks a promising architectural solution or a global standard to address the interoperability problems among connected devices, nevertheless, in the technical and market scenarios related to it. Because the IIoT platform consists of more than just a network of internet-connected devices including machines, people, and software it needs a global standard or protocol for connectivity and data is formatting. But this heterogeneous ecosystem of IIoT platform is constrained from becoming more effective and scalable due to the lack of a global IoT standard.

Opportunity:

Shift from on-premises to cloud-based data management strategy

Real-time data management, analysis, and storage are all part of the IoT technology. The massive amount of data that must be stored and managed on-premises creates problems with scalability, security, IT infrastructure security, a competent IT personnel, and implementation and management expenses. There is no longer a need to construct on-premises data centers because cloud platforms provide a completely affordable and quickly deployable alternative for data storage. The cloud platform enables analytics to help extract value from the data, even if IoT is all about linked devices that generate enormous amounts of data.

Threat:

Legacy infrastructure and communication network interoperability difficulties

Even after the installation of contemporary technology, legacy systems outdated computer software and hardware remain in operation. Because they provide some essential business functions, legacy systems are important to enterprises. As it becomes more challenging to maintain systems whose services are discontinued by vendors, organizations must upgrade their legacy systems. The majority of legacy systems lack the configuration necessary to connect to smart devices and improved communication networks. Companies may have to spend a lot of money replacing these outdated systems. Vendors in the market have trouble integrating these legacy systems with different ecosystem parts of the IIoT platform.

COVID-19 Impact:

The COVID-19 pandemic epidemic has created catastrophe on a number of organizations, including those in the manufacturing, government, and industrial sectors. Because lockdown limitations have been lifted in various regions throughout the world, businesses in a variety of industrial sectors have recently resumed operations. The use of IoT devices has increased across a number of sectors during the pandemic, including manufacturing, healthcare, utilities, transportation, and logistics. Organizations have begun to take into account intelligent asset management solutions, based on historical and real-time data analysis, for alerts and notifications, remote services and control, remote monitoring, predictive analytics, and preventative maintenance.

The medical devices segment is expected to be the largest during the forecast period:

The medical devices segment held the largest share in the market owing to their increasing demand among the consumers, in everyday life. Medical devices such as wearables, continuous glucose monitors, and blood pressure monitors can collect patient data and transmit it to an IIoT platform. This enables remote patient monitoring, allowing healthcare providers to track vital signs, detect anomalies, and intervene in real-time. IIoT platforms integrate and analyze data from multiple medical devices, enabling comprehensive patient monitoring and proactive healthcare management. As the healthcare industry embraces digital transformation, the role of medical devices within IIoT platforms continues to expand.

The discrete industry segment is expected to have the highest CAGR during the forecast period:

During the projection period, the discrete industry segment is expected to have the greatest CAGR. The discrete industry is concerned with the manufacturing and production of distinct units, such as automobiles, furniture, toys, smartphones, and airplanes. The discrete industry comprises a variety of verticals, such as automotive, machine manufacturing, semiconductors and electronics, medical devices, logistics, and transportation. IIoT platforms help these industries by offering solutions, such as predictive management, workforce tracking, and logistics and supply chain management, that enable organizations to improve operational efficiency, enhance asset life, and reduce downtime.

Region with largest share:

The North America region market is estimated to witness the highest share of the global Industrial IoT Platform market during the forecast period, IIoT platform is a steady-growing market in North America, which includes the US and Canada. These include technological advancements, the increasing adoption of industrial automation to enhance efficiency and reduce costs, the focus on data analytics and AI for informed decision-making, the need for regulatory compliance and safety measures, the growing emphasis on cybersecurity to protect industrial systems, and government initiatives and funding that support the development and implementation of IIoT platforms in various industries throughout North America.

Region with highest CAGR:

The projection period is expected to have the highest growth rate in the Asia-Pacific region. Leading EV producers moving their production base to the area is to blame for this. The market has shown increasing revenue growth over the past few years due to the rising demand for low-code IoT platforms and IoT nodes. Furthermore, the growing adoption of IoT platforms that can shorten the time needed to develop IoT apps supports market revenues. Additionally, the India IoT Platform market was expanding at the fastest rate in the Asia-Pacific region, while the China IoT Platform market had the greatest market share.

Key players in the market

Some of the key players in Industrial IoT Platform market include Accenture, Altizon, Amazon Web Services, Atos, Augury, Bosch.IO, Braincube, Cisco, Davra Networks, Hitachi, IBM, Intel, Litmus Automation, Microsoft, Oracle, QiO Technologies, Schneider Electric, Siemens AG and Software AG.

Key Developments:

In March 2023, Accenture acquired Flutura, an internet of things (IoT) and data science services firm, for an undisclosed sum to boost the industrial AI services it sells under Applied Intelligence's umbrella.

In January 2023, PTC acquired ServiceMax a Service Execution Management company. The acquisition adds important field service management (FSM) capabilities to PTC's closed-loop product lifecycle management (PLM) and digital thread offerings.

In February 2022, Software AG acquired treamSets, a leader in data integration for the modern data stack. With this acquisition, Software AG adds a sizeable and fast-growing SaaS and subscription business that is growing rapidly.

Types Covered:

  • Hardware
  • Platforms
  • Services

Applications Covered:

  • Asset Managament
  • Supply Chain and Management
  • Business Process Optimization
  • Workforce Management
  • Automation Control
  • Emergency and Incident Management
  • Other Applications

End Users Covered:

  • Process Industry
  • Energy and Utilities
  • Chemical and Materials
  • Food and Beverages
  • Discrete Industry
  • Automotive
  • Machine Manufacturing
  • Semiconductor and Electronics
  • Medical Devices
  • Logistics and Transportation
  • Other End Users

Regions Covered:

  • North America
    • US
    • Canada
    • Mexico
  • Europe
    • Germany
    • UK
    • Italy
    • France
    • Spain
    • Rest of Europe
  • Asia Pacific
    • Japan
    • China
    • India
    • Australia
    • New Zealand
    • South Korea
    • Rest of Asia Pacific
  • South America
    • Argentina
    • Brazil
    • Chile
    • Rest of South America
  • Middle East & Africa
    • Saudi Arabia
    • UAE
    • Qatar
    • South Africa
    • Rest of Middle East & Africa

What our report offers:

  • Market share assessments for the regional and country-level segments
  • Strategic recommendations for the new entrants
  • Covers Market data for the years 2021, 2022, 2023, 2026, and 2030
  • Market Trends (Drivers, Constraints, Opportunities, Threats, Challenges, Investment Opportunities, and recommendations)
  • Strategic recommendations in key business segments based on the market estimations
  • Competitive landscaping mapping the key common trends
  • Company profiling with detailed strategies, financials, and recent developments
  • Supply chain trends mapping the latest technological advancements

Free Customization Offerings:

All the customers of this report will be entitled to receive one of the following free customization options:

  • Company Profiling
    • Comprehensive profiling of additional market players (up to 3)
    • SWOT Analysis of key players (up to 3)
  • Regional Segmentation
    • Market estimations, Forecasts and CAGR of any prominent country as per the client's interest (Note: Depends on feasibility check)
  • Competitive Benchmarking
    • Benchmarking of key players based on product portfolio, geographical presence, and strategic alliances

Table of Contents

1 Executive Summary

2 Preface

  • 2.1 Abstract
  • 2.2 Stake Holders
  • 2.3 Research Scope
  • 2.4 Research Methodology
    • 2.4.1 Data Mining
    • 2.4.2 Data Analysis
    • 2.4.3 Data Validation
    • 2.4.4 Research Approach
  • 2.5 Research Sources
    • 2.5.1 Primary Research Sources
    • 2.5.2 Secondary Research Sources
    • 2.5.3 Assumptions

3 Market Trend Analysis

  • 3.1 Introduction
  • 3.2 Drivers
  • 3.3 Restraints
  • 3.4 Opportunities
  • 3.5 Threats
  • 3.6 Application Analysis
  • 3.7 End User Analysis
  • 3.8 Emerging Markets
  • 3.9 Impact of Covid-19

4 Porters Five Force Analysis

  • 4.1 Bargaining power of suppliers
  • 4.2 Bargaining power of buyers
  • 4.3 Threat of substitutes
  • 4.4 Threat of new entrants
  • 4.5 Competitive rivalry

5 Global Industrial IoT Platform Market, By Type

  • 5.1 Introduction
  • 5.2 Hardware
    • 5.2.1 Network Components
    • 5.2.2 Sensors & Actuators
  • 5.3 Platforms
    • 5.3.1 Device Management Platform
    • 5.3.2 Application Enablement Platform
    • 5.3.3 Connectivity Management Platform
  • 5.4 Services
    • 5.4.1 Consulting Services
    • 5.4.2 System Integration and Deployment
    • 5.4.3 Support and Maintenance

6 Global Industrial IoT Platform Market, By Application

  • 6.1 Introduction
  • 6.2 Asset Management
  • 6.3 Supply Chain and Management
  • 6.4 Business Process Optimization
  • 6.5 Workforce Management
  • 6.6 Automation Control
  • 6.7 Emergency and Incident Management
  • 6.8 Other Applications

7 Global Industrial IoT Platform Market, By End User

  • 7.1 Introduction
  • 7.2 Process Industry
  • 7.3 Energy and Utilities
  • 7.4 Chemical and Materials
  • 7.5 Food and Beverages
  • 7.6 Discrete Industry
  • 7.7 Automotive
  • 7.8 Machine Manufacturing
  • 7.9 Semiconductor and Electronics
  • 7.10 Medical Devices
  • 7.11 Logistics and Transportation
  • 7.12 Other End Users

8 Global Industrial IoT Platform Market, By Geography

  • 8.1 Introduction
  • 8.2 North America
    • 8.2.1 US
    • 8.2.2 Canada
    • 8.2.3 Mexico
  • 8.3 Europe
    • 8.3.1 Germany
    • 8.3.2 UK
    • 8.3.3 Italy
    • 8.3.4 France
    • 8.3.5 Spain
    • 8.3.6 Rest of Europe
  • 8.4 Asia Pacific
    • 8.4.1 Japan
    • 8.4.2 China
    • 8.4.3 India
    • 8.4.4 Australia
    • 8.4.5 New Zealand
    • 8.4.6 South Korea
    • 8.4.7 Rest of Asia Pacific
  • 8.5 South America
    • 8.5.1 Argentina
    • 8.5.2 Brazil
    • 8.5.3 Chile
    • 8.5.4 Rest of South America
  • 8.6 Middle East & Africa
    • 8.6.1 Saudi Arabia
    • 8.6.2 UAE
    • 8.6.3 Qatar
    • 8.6.4 South Africa
    • 8.6.5 Rest of Middle East & Africa

9 Key Developments

  • 9.1 Agreements, Partnerships, Collaborations and Joint Ventures
  • 9.2 Acquisitions & Mergers
  • 9.3 New Product Launch
  • 9.4 Expansions
  • 9.5 Other Key Strategies

10 Company Profiling

  • 10.1 Accenture
  • 10.2 Altizon
  • 10.3 Amazon Web Services
  • 10.4 Atos
  • 10.5 Augury
  • 10.6 Bosch.IO
  • 10.7 Braincube
  • 10.8 Cisco
  • 10.9 Davra Networks
  • 10.10 Hitachi
  • 10.11 IBM
  • 10.12 Intel
  • 10.13 Litmus Automation
  • 10.14 Microsoft
  • 10.15 Oracle
  • 10.16 QiO Technologies
  • 10.17 Schneider Electric
  • 10.18 Siemens AG
  • 10.19 Software AG