デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
850292

軍用レーダー市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Military Radars Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 166 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.25円
軍用レーダー市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 166 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

軍用レーダー市場は、2020年に136億6000万米ドルとなり、予測期間(2021年~2030年)にCAGR5.15%を記録し、2030年には225億8000万米ドルに達すると予想されます。

世界の航空宇宙・防衛(A&D)製造部門は、COVID-19の大流行により、かつてないほどの混乱に見舞われています。しかし、ほとんどの国が国防予算を削減せず、軍事力の維持に努めていることから、防衛分野は安定した成長を維持すると予想されます。供給サイドのショックは、パンデミックの防衛部門への影響として最も目に見えるもの一部です。COVID-19の影響を大きく受けた国にある企業や、影響を受けた国にあるサプライチェーンに依存している企業は、パンデミックの直接的な犠牲者となっています。したがって、サプライチェーンの広範な混乱により、一部の防衛計画は短期的に軽微なコスト増と遅れに直面する可能性があります。

レーダーは、いくつかの防衛システムにおいて不可欠な要素です。領土紛争の拡大と敵対国の脅威により、いくつかの国は依存度を減らし、侵入を検知して迅速に対応するために、監視システムに多額の投資を行うようになっています。

無人航空機(UAV)、ステルス機、極超音速ミサイル、電子戦システムの使用増加により、いくつかの国がレーダー能力を強化することを余儀なくされています。レンジ、検出、識別、他のセンサーとの統合、新しいミッション、プラットフォーム、環境への適応などの進歩が、世界規模での新しい軍事レーダーに対する需要を喚起し、市場を牽引しています。

主な市場動向

予測期間中に最も高いCAGRで推移すると予想される航空機セグメント

現代の軍用航空機は、個別の任務プロファイルを実行するように設計されています。したがって、搭載されるレーダーシステムは、指定された任務プロファイルに従って特別に実行できる能力が必要です。例えば、戦闘機では、敵機の発見、空対空ミサイル、ロケット、その他の搭載兵器の制御にレーダーが使用されています。同様に、爆撃機では、固定または移動する地表の目標を発見し、障害物を回避するためにレーダーが使用されます。世界の航空機保有台数の増加により、航空レーダーの需要が高まり、ステルス技術を搭載した戦闘機に対して効果的に使用できる高度なレーダーシステムの開発に向けた大規模な投資が促進されています。さらに、有人プラットフォームと比較した場合の無人プラットフォームの費用対効果や運用の容易さにより、防衛用途(監視および攻撃作戦の両方)におけるUAVの急速な普及を後押ししています。無人プラットフォームは、世界各地の紛争地域の軍事組織に多く配備されています。米国陸軍は、小型UASに地中レーダーを搭載し、環境中の物体の形状、大きさ、特徴を示すデジタル地図を提供することを計画しています。地中レーダー技術は、サイズ、重量、電力(SWaP)の制約から、UASには普及していないです。そこで米国陸軍は、100MHzから5GHzの間で動作するチップ上のレーダーを無人システムに取り付けて、不活性な不発弾(UXO)、合成トレーサー物質、動植物のデータを収集し、システムの実現可能性を検証する計画です。また、テザー式エアロスタットレーダーシステムは、低空飛行の地上監視システムとして、いくつかの国で利用されています。これらの要因は、予測期間中、市場のエアボーン・レーダー・セグメントに明るい見通しをもたらしています。

予測期間中、アジア太平洋地域が最も高い成長を遂げる見込み

中国やインドなどのアジア太平洋地域の国々は、防衛力の強化に向けて多額の投資を行っており、予測期間中も同様の投資を継続すると予想されます。2021年1月現在、中国はF-22やF-35などのステルス機を探知することができると広く推測されているKJ-600偵察機の試験を行っています。同機は、人民解放軍(PLA)の空母艦載早期警戒システムとして就役することが想定されています。インド空軍は、戦闘機隊の戦力が枯渇している今、大規模な艦隊の拡張と近代化を重視しています。2021年3月現在、インド空軍は42飛行隊の制式戦力に対し、戦闘機飛行隊戦力は31飛行隊です。2021年1月、インドはHindustan Aeronautics(HAL)のTejas Mk-1A軽戦闘機83機の受注に調印しました。受注内容は、単座のTejas Mk-1A73機と2座の訓練機10機です。64億米ドル相当です。2017年から韓国は、輸送可能な地上型ミサイル防衛システム「THAAD(Terminal High Altitude Area Defense)」を運用しています。2020年5月、韓国は実戦配備されたTHAADシステムに対して、新たな高性能迎撃ミサイルを採用することを発表しました。THAADシステムでは、飛来するミサイルをレーダーで迎撃し、その脅威をシステムに携わる者が確認し、迎撃ミサイルと呼ばれるトラックからミサイルに向けて発射します。一方、日本は2021年末までに新たなミサイル防衛システムを開発し、現在配備されているイージスシステムを置き換えるために、新たな防衛大綱を考案しようとしていると伝えられています。こうした動きは、予測期間中にアジア太平洋地域の市場の急成長を促進するものと思われます。

競合情勢

軍用レーダー市場は競争が激しく、多くの有力企業がより大きな市場シェアを獲得しようと競い合っていることが特徴です。Lockheed Martin Corporation、Northrop Grumman Corporation、Israel Aerospace Industries、Leonardo SpA、Raytheon Technologies Corporationなどが主要企業として挙げられます。防衛分野では、安全性や規制が厳しいため、新規参入が制限されることが予想されます。敵対する航空プラットフォームや兵器へのステルス技術の導入が進む中、市場参加者は、レーダー断面積の小さいターゲットを効果的に検出できる高度なレーダーシステムの開発に注力しています。また、AESAレーダー、パッシブレーダー、3Dレーダー、デュアルバンドレーダーなど、従来のレーダーと比較していくつかの利点がある新世代のレーダーの開発にも投資しています。また、新興諸国では国産化に向けた動きが活発化しており、レーダーシステムの開発への投資も進んでいます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース)

  • プラットフォーム
    • 地上型
    • 艦艇
    • 航空宇宙
    • 宇宙
  • 応用分野
    • 航空・ミサイル防衛
    • 情報・監視・偵察(ISR)
    • ナビゲーションと武器誘導
    • 宇宙状況認識
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • ロシア
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • その他のラテンアメリカ地域
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他の中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Thales Group
    • Raytheon Technologies Corporation
    • BAE Systems PLC
    • Lockheed Martin Corporation
    • Israel Aerospace Industries
    • Northrop Grumman Corporation
    • Saab AB
    • Leonardo SpA
    • Airbus SE
    • FLIR Systems Inc.
    • HENSOLDT
    • QinetiQ Group PLC

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55075

The military radars market was valued at USD 13.66 billion in 2020, and it is expected to reach USD 22.58 billion by 2030, registering a CAGR of 5.15% during the forecast period (2021 - 2030).

The global aerospace and defense (A&D) manufacturing sector has been undergoing an unprecedented disruption due to the COVID-19 pandemic. However, the defense sector is expected to remain stable and grow as most countries have not reduced their defense budgets and remain committed to sustaining their military capabilities. Supply-side shocks are some of the most visible effects of the pandemic's impact on the defense sector. Firms located in countries badly affected by COVID-19 or those that are dependent on supply chains located in affected countries have been the immediate victims of the pandemic. Thus, due to the widespread disruption in the supply chain, some of the defense programs could face minor cost escalations and delays in the short term.

Radar is an essential component of several defense systems. The growing territorial disputes and threats from adversaries are propelling several countries to invest heavily in their surveillance systems to reduce dependency and detect intrusion and respond quickly.

The increasing use of unmanned aerial vehicles (UAVs), stealth aircraft, hypersonic missiles, and electronic warfare systems have forced several countries to enhance their radar capabilities. The market is driven by the advancements in range, detection, identification, and integration with other sensors and adaptability to new missions, platforms, and environments that are driving the demand for new military radars on a global scale.

Key Market Trends

Airborne Segment is Expected to Register the Highest CAGR During the Forecast Period

A modern military aircraft is designed to perform distinct mission profiles; hence, the onboard radar systems must be capable of performing specifically as per the designated mission profiles. For instance, radars are used in combat aircraft to find hostile aircraft, control air-to-air missiles, rockets, and other onboard weapons. Similarly, in a bomber aircraft, radar is used to find surface targets, fixed or moving, and to navigate and avoid obstacles. An increase in the global aerial fleet has led to a rise in the demand for airborne radar and has fostered significant investments toward the development of advanced radar systems that can effectively be used against stealth technology-enabled combat aircraft. Moreover, the cost-effectiveness and ease of operations of unmanned platforms, when compared to manned platforms, have aided the rapid adoption of UAVs in defense applications (for both surveillance and attack operations). Unmanned platforms are largely being deployed by military organizations in conflict regions across the world. The US Army is planning to integrate ground-penetrating radar onboard small UAS to deliver a digital map that shows the shapes, sizes, and features of objects in the environment. Ground-penetrating radar technology has not proliferated into UAS due to size, weight, and power (SWaP) constraints. Hence, the US Army plans to test the feasibility of the system by collecting data on inert unexploded ordnance (UXO), synthetic tracer material, and flora and fauna using radar on a chip operating between 100MHz and 5GHz attached to an unmanned system. Additionally, the tethered aerostat radar systems are being used as a low-level airborne ground surveillance system in few countries. These factors render a positive outlook for the airborne radar segment of the market during the forecast period.

Asia-Pacific is Expected to Witness the Highest Growth During the Forecast Period

Countries in the Asia-Pacific region, such as China and India, are investing heavily toward strengthening their defense capabilities, and they are expected to continue the same during the forecast period. As of January 2021, China was testing the KJ-600 surveillance aircraft that is widely speculated to be capable of detecting stealth aircraft such as the F-22 and the F-35. The aircraft is envisioned to be commissioned as the People Liberation Army's (PLA's) carrier-based early warning system. The Indian Air Force is emphasizing a large-scale fleet expansion and modernization at a time when its fighter aircraft squadron's strength is depleting. As of March 2021, the Indian Air Force had a fighter aircraft squadron strength of 31 against a sanctioned strength of 42 squadrons. In January 2021, India signed an order for 83 Hindustan Aeronautics' (HAL) Tejas Mk-1A Light Combat Aircraft. The order covers 73 single-seat Tejas Mk-1As and 10 two-seat trainers. It is worth USD 6.4 billion. Since 2017, South Korea has been operating the Terminal High Altitude Area Defense (THAAD), a transportable, ground-based missile defense system. In May 2020, South Korea announced the adoption of new, advanced interceptor missiles for the fielded THAAD systems. In the THAAD system, the radar intercepts an incoming missile, and the threat is identified by those manning the system, who then fire a projectile from a truck called the interceptor at the missiles. On the other hand, Japan is reportedly seeking to devise a new National Defense Program to develop new missile defense systems and replace the currently fielded Aegis systems by the end of 2021. Such developments are likely to foster the rapid growth of the market in Asia-Pacific during the forecast period.

Competitive Landscape

The military radars market is highly competitive and is marked by the presence of many prominent players competing for a larger market share. Lockheed Martin Corporation, Northrop Grumman Corporation, Israel Aerospace Industries, Leonardo SpA, and Raytheon Technologies Corporation are some of the major players in the market. The stringent safety and regulatory policies in the defense segment are expected to restrict the entry of new players. With the growing implementation of stealth technologies in adversary aerial platforms and weapons, market players are focusing on the development of sophisticated radar systems that can effectively detect targets with lower radar cross-sections. Also, players are investing in the development of several newer generation radars like the Active Electronically Scanned Array (AESA) Radars, Passive Radars, 3D Radars, Dual Band Radars, etc., which offer several advantages as compared to their conventional counterparts. With the growing focus on indigenization, several countries are investing in the development of Radar systems locally, which is expected to make the market more competitive in the years to come.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD billion)

  • 5.1 Platform
    • 5.1.1 Ground-based
    • 5.1.2 Naval
    • 5.1.3 Airborne
    • 5.1.4 Space
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Air and Missile Defense
    • 5.2.2 Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance (ISR)
    • 5.2.3 Navigation and Weapon Guidance
    • 5.2.4 Space Situational Awareness
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 France
      • 5.3.2.3 Germany
      • 5.3.2.4 Russia
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Thales Group
    • 6.2.2 Raytheon Technologies Corporation
    • 6.2.3 BAE Systems PLC
    • 6.2.4 Lockheed Martin Corporation
    • 6.2.5 Israel Aerospace Industries
    • 6.2.6 Northrop Grumman Corporation
    • 6.2.7 Saab AB
    • 6.2.8 Leonardo SpA
    • 6.2.9 Airbus SE
    • 6.2.10 FLIR Systems Inc.
    • 6.2.11 HENSOLDT
    • 6.2.12 QinetiQ Group PLC

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS