市場調査レポート
商品コード
635805

ダッシュボードカメラ市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Dashboard Camera Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
ダッシュボードカメラ市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ダッシュボードカメラ市場は、2020年に23億1,200万米ドル、2026年には75億8,230万米ドルに達し、予測期間(2021-2026年)のCAGRは21.9%で成長すると予測されています。過去数年間、事故や盗難の件数が大幅に増加し、様々な政府がダッシュカムの設置を義務付けたため、欧州地域で市場が急拡大しています。

主なハイライト

  • ダッシュボードカメラは、1980年代後半に初めてパトカーに搭載されたカメラから発展してきました。当時はメモリーカードを持たず、VHSカセットに記録するアナログカメラが主流だっています。1990年代に入ると、市民がダッシュカムを設置し、運転中の様子を記録するようになり、業界は大きく変貌を遂げました。技術の進歩により、ダッシュカムは高画質化、コストパフォーマンスの向上など多くの改良がなされた
  • 運転支援システムは、過去10年間に報告された事故死者数の急激な増加により、人気を博しています。自動車業界では、危険予知や促進要因の誘導を行う運転支援システムの需要が高まっています。現在、運転支援システムは、主に高級車セグメントで使用されています。多くのコネクテッドカーベンダーが運転支援技術の開発を進めており、予測期間中に実用化されると予想されます。
  • 保険情報研究所(Ⅲ)の推計によると、毎年、損害保険会社は平均340億米ドルを詐欺で失っています。米国保険犯罪局(NICB)によると、自動車保険の不正行為がその損失の最も大きな割合を占めています。さらに、オーストラリアなど自動車保険詐欺が多発している国では、ダッシュボードカメラの普及を支援することで、数十億米ドルを節約することができます。例えば、オーストラリアでは2019年に58,285台の車両が盗まれ、2018年から9 %上昇しました。
  • さらに、ダッシュカムの一貫した価格下落は、世界中で、調査された市場の急成長を可能にしました。YI Technologiesなどの企業は、50米ドルという低価格のスマートダッシュカムを開発しました。このような低価格と設置に伴うメリットが、エンドユーザーの自動車への搭載を促しました。
  • 調査対象市場の拡大は、2019年末まで世界的に、自動車販売台数の増加によってさらに後押しされました。2020年第1四半期以降、コロナウイルスの大流行が世界中に広がったため、停滞気味になっています。これは、工場が閉鎖され、自動車の生産がストップしたことと、贅沢品にお金をかけるのではなく、必需品を買うように消費者の行動が変化したことが原因です。しかし今後は、社会的距離を保つために、カーヘイリングや相乗りよりも自動車を好むようになることが予想されます。これは、ダッシュボードカメラの成長に貢献する可能性があります。

主な市場動向

デュアルチャンネルカメラが大きく伸びる

  • マルチレンズダッシュボードカメラは、ダッシュボードカメラメーカーにとって投資効果の高いセグメントです。ダッシュボードカメラでは、シングルチャネルよりもデュアルチャネルが好まれる傾向にあります。
  • これらのカメラは、自家用車や商用車の所有者の間で人気を博しています。デュアルチャネルダッシュカメラシステムは、フロントとリアのビデオ録画用高解像度フィードを備えた2台のカメラで構成されています。
  • さらに、各社が革新的な技術アプリケーションを導入したことが、市場の成長を促進しています。例えば、Thinkware社は、F800モデルよりも機能を向上させたデュアルチャンネルダッシュカムF800 Proを発売しました。この新しいダッシュカムは、ビジネスにおける最高のナイトキャプチャを維持しながら、ハードワイヤー設置のための優れた電力管理や異なる配色などの機能拡張を提供しています。
  • 世界的に交通事故による死亡者数が増加していることから、同市場は積極的な成長を遂げると予想されています。

北米が大幅な成長を遂げる見込み

  • 北米は、米国のさまざまな企業や新興企業が、自社のプレゼンスを高め、同地域の普及率を向上させるために大規模な投資を開始したことに伴い、大きな成長を遂げると予想されます。一方、既存企業は、市場牽引力と市場シェア拡大のために、製品ポートフォリオを拡大する新製品を開発しています。
  • 例えば、ガーミン・インターナショナル社は、人気の高いダッシュボードカメラのラインアップに新たに「Dash Cam 46/56/66W」と「Dash Cam Mini」を追加して発売しました。新シリーズは、超小型デザイン、高解像度ビデオ、超ワイドビュー、GPS、音声コントロールなどを備えており、促進要因は自分のニーズに合ったガーミン社のダッシュカムを簡単に見つけることができます。
  • 同様に、米国の新興企業グループは、ダッシュボードカメラを車に設置することで、促進要因に金銭的な報酬を与えるという革新的なビジネスモデルを開発しました。その結果、LyftやUberといった北米全域のライド・サービス・プロバイダーが、ライドを記録するために車載DVRの配備を開始するところが増えています。
  • その上、現状ではダッシュカム設置による保険会社からの直接割引がないことが、米国の消費者の関心の低さに影響していると推測されます。しかし、米国での事故件数の増加により、政府によって義務付けられた厳しい規制が成長を促進すると予想されます。

競合情勢

ダッシュボードカメラ市場は競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。国内外に多数の大小のプレーヤーが存在するため、市場の集中度は緩やかなようです。市場の主要企業は、市場シェアと収益性を高めるために、戦略的な協力体制を活用しています。主なプレイヤーとしては、Garmin Ltd、Panasonic Corporation、Harman International Industries Inc.、HP Development Company LPなどが挙げられます。

  • 2020年3月にGarmin LTDは、同社初のデュアルカメラダッシュカムの発売を発表しました。Nextbaseシリーズ2台のダッシュカムに搭載された「キャビンビューカメラ」とも呼ばれるこのレンズは、180度の非常に広い角度で車内の様子を記録することができます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 産業バリューチェーン分析
  • 市場促進要因
    • 交通事故・盗難の増加
    • 有利な保険政策
  • 市場抑制要因
    • 信頼性とプライバシーの問題

第5章 市場セグメンテーション

  • 技術別
    • ベーシック
    • スマート
  • 製品タイプ別
    • シングルチャンネル
    • デュアルチャンネル
    • リアビュー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • ロシア
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • アルゼンチン
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他のラテンアメリカ地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Garmin Ltd
    • Panasonic Corporation
    • Aiptek Inc.
    • ABEO Company Co. Ltd
    • Samsung Electronics Co., Ltd.(Harman International Industries, Inc.)
    • DOD Tech
    • Papago Inc.
    • Steelmate Automotive(UK)Ltd
    • HP Development Company LP
    • LG Electronics Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 58821

The dashboard camera market was valued at USD 2312 million in 2020 and expected to reach USD 7582.3 million by 2026 and grow at a CAGR of 21.9% over the forecast period (2021-2026). The market studied expanded rapidly across the European region, over the past few years, due to a considerable rise in the number of accidents and thefts, resulting in various governments mandating the installation of dash cams.

Key Highlights

  • Dashboard cameras have evolved from the first cameras installed on police cars, in the late 1980s. They were primarily analog cameras that did not have memory cards and recorded on VHS cassettes. The industry transformed drastically in the 1990s when citizens began to install dash cams and used them to record driving instances. The advancements in technology have led to many improvements in the dash cams, such as high-quality video output and cost-effectiveness
  • Driving assistance systems have gained popularity, owing to the drastic rise in the number of accidental fatalities reported in the last decade. The demand for better assistance systems, categorically judging imminent dangers and guide drivers, is increasing, as these systems have emerged as a viable product in the automotive sector. Currently, driver assistance systems are predominantly being used in the luxury cars segment. Many connected car vendors are developing driver assistance technology, which is expected to be commercialized during the forecast period.
  • According to the estimations by Insurance Information Institute (III), each year, the property and casualty insurance companies lose an average of USD 34 billion to fraud. As per the National Insurance Crime Bureau (NICB), auto insurance fraud makes up the largest share of that loss. Further, the countries, such as Australia, witnessed large magnitudes of auto insurance frauds, could save billions by supporting the proliferation of dashboard cameras. For instance, 58,285 vehicles were stolen in Australia in 2019, a 9 % rise from 2018.
  • Further, the consistent drop in prices of dash cams, worldwide, has enabled the rapid growth of the market studied. Companies, such as YI Technologies, have developed smart dashcam priced as low as USD 50. The lower cost of acquiring the system, along with the benefits associated with their installation, has encouraged end-users to install them in their automobiles.
  • The expansion of the market studied was further supported by the increase in automobile sales, globally until the end of 2019. As the coronavirus pandemic has spread over the world since the first quarter of 2020, it has become stagnant. This is due to the shutting down of factories, causing a stop in automobile production and changed consumer behavior towards buying essentials rather than spending on luxuries. However, in the future, it is expected that to maintain social distancing, people prefer their vehicles rather than car-hailing or carpooling. This could help to aid in the growth of dashboard cameras.

Key Market Trends

Dual-channel Cameras to Witness Major Growth

  • Multi-lens dashboard cameras represent a lucrative segment to invest in for dashboard camera manufacturers. There has been an increasing preference for dual-channel dashboard cameras over single-channel dashboard cameras.
  • These cameras are gaining popularity among private and commercial vehicle owners. Dual-channel dashcam systems comprise of two cameras with high-resolution feed, for front and rear video recording.
  • Further, the introduction of innovative technology applications by the companies is driving the growth of the market. For instance, Thinkware launched its dual-channel Dash Cam F800 Pro, which has improved features over the F800 model. The new dashcam offers enhancements, such as better power management for hard -wired installations and a different color scheme, while retaining the best -in -the - business night capture
  • With the increasing traffic-related fatalities across the globe, the market is expected to witness positive growth.

North America to Register Significant Growth

  • North America is expected to witness significant growth led by various companies and startups in the United States starting to make substantial investments to increase their presence and aid the region's adoption rate. Whereas the existing companies are innovating new products to expand the product portfolio to gain market traction and increase their market share.
  • For instance, Garmin International Inc., launched the new Dash Cam 46/56/66W and the Dash Cam Mini, the latest additions to its popular dashboard camera lineup. The new series includes an ultra-compact design, high-resolution video, an extra-wide view, GPS, and voice control; the drivers can easily find a Garmin dash cam that is tailored to their specific needs
  • Similarly, a group of startups in the United States have developed an innovative business model, wherein the drivers are offered monetary rewards for installing dashboard cameras in their vehicles. As a result, an increasing number of ride service providers across North America, such as Lyft and Uber, have started deploying in-car DVRs to record their rides.
  • Besides, the current lack of direct discounts from insurance companies for the installation of dashcams is estimated to impact the low interest of US consumers. However, stringent regulations mandated by the government, due to the growing number of accidents in the United States, are expected to propel the growth.

Competitive Landscape

The dashboard camera market is highly competitive and consists of several major players. The market appears to be moderately concentrated due to the presence of many small and large players in the market operating in domestic and international markets. The major players in the market are leveraging strategic collaborative initiatives to increase their market shares and profitability. Some of the major players in the market are Garmin Ltd, Panasonic Corporation, Harman International Industries Inc., HP Development Company LP, among others.

  • March 2020: Garmin LTD announced the launch of its first dual-camera dashcam. This lens also called a 'cabin view camera' on the Nextbase series two dashcams, allows users to record what's going on inside the car with its extremely wide 180-degree angle.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness- Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Increase in the Number of Road Accidents and Thefts
    • 4.4.2 Favorable Insurance Policies
  • 4.5 Market Restraints
    • 4.5.1 Reliability and Privacy Issues

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Technology
    • 5.1.1 Basic
    • 5.1.2 Smart
  • 5.2 By Product Type
    • 5.2.1 Single-channel
    • 5.2.2 Dual-channel
    • 5.2.3 Rear-view
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Russia
      • 5.3.2.5 Italy
      • 5.3.2.6 Spain
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Argentina
      • 5.3.4.2 Brazil
      • 5.3.4.3 Mexico
      • 5.3.4.4 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 United Arab Emirates
      • 5.3.5.4 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Garmin Ltd
    • 6.1.2 Panasonic Corporation
    • 6.1.3 Aiptek Inc.
    • 6.1.4 ABEO Company Co. Ltd
    • 6.1.5 Samsung Electronics Co., Ltd. (Harman International Industries, Inc.)
    • 6.1.6 DOD Tech
    • 6.1.7 Papago Inc.
    • 6.1.8 Steelmate Automotive (UK) Ltd
    • 6.1.9 HP Development Company LP
    • 6.1.10 LG Electronics Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS