デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
393763

地理空間アナリティクス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年~2026年)

Geospatial Analytics Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2021 - 2026)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 143 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
地理空間アナリティクス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年~2026年)
出版日: 2021年01月01日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 143 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

地理空間分析市場は、2020年に220億米ドルと評価され、予測期間(2021年~2026年)にCAGR7.2%で2026年までに331億9000万米ドルの値に達すると予測されています。地域分析とは、地理的または空間的な特徴からなるデータに様々な技術を適用することに重点を置いた幅広い活動を指します。

  • 地理空間分析市場の成長を促す主な要因としては、GPSデバイスの利用拡大、GIS技術分野の技術的進歩、地理空間技術の統合と融合に関する最近の動向、地理空間情報の需要を活用することを目的とした新しいビジネスモデルの出現、都市計画や街づくりにおける地理空間分析の適用拡大などがあります。
  • 最近では、地理空間業務の収束につながる動きも出てきています。例えば、オタワに拠点を置き、リアルタイムでミッションクリティカルな地理空間可視化ソフトウェアを開発するKongsberg Geospatial社と、海・陸・空の環境における状況認識ソリューションのリーディングプロバイダーであるCarteNav Solutions社は、最近、CarteNav社の新世代ミッションシステムソフト「AIMS」に地理空間機能を提供するにあたり、同社のTerraLensプラットフォームが採用されたと発表しています。
  • 現在、スマートシティへの投資は急速に拡大しており、位置情報ソリューションを利用したサービスの需要が高まると予想されます。また、Consumer Technology Associationの報告によると、2015年のスマートシティへの支出は148億5000万米ドルで、2020年には343億5000万米ドルに達すると予想されています。
  • また、高いコストと運用上の懸念もあります。しかし、地理空間分析ツールは機械学習モデルの強みをさらに活用し、情報に基づいた予測を行い、現実世界の問題の中でも重要なパターンを解き明かすことができるようになっています。

主な市場動向

地理空間アナリティクス市場において、防衛と諜報が最大のアプリケーションとなっています。

  • これまで防衛・情報分野のエンドユーザーは、大量の画像やその他のデータから実用的な情報を収集するための地理空間分析の採用において、先駆者の1人でした。
  • NATOは平和維持活動や安全保障活動において、正確かつ最新の地理情報に迅速かつ容易にアクセスできることを必要としています。こうして得られたデータは、地形、船舶、その他の船舶の航行やロジスティクス管理を評価するために分析されます。
  • この領域で事業を展開する企業は、戦略的な意思決定に対応できる、専門性の高いソリューションを開発するためにM&Aを実施しています。2017年10月以降、地理空間解析・地理情報システム企業内では7件の買収が行われています。高解像度の光学衛星画像を提供するDigitalGlobeは、MacDonald, Dettwiler and Associates'(MDA's)に35億米ドルという巨額の金額で買収されました。
  • 犯罪率の増加により、政府は犯罪の発生源を追跡したり、犯罪が発生する前に阻止できるような情報を提供するソリューションの導入を進めています。このため、予測期間中に地理空間分析の採用が進むと予想されます。

アジア太平洋地域が地理空間アナリティクス市場で最も高い成長率を記録

中国政府は、国家、地域、世界の緊急事態への対応能力を向上させ、人々の健康、安全、幸福を増進させるため、宇宙航空観測システムの開発に投資しています。

政府からのイニシアチブは、同国の地理空間アナリティクス成長のための成長も促進しています。2018年、中国政府は初の地理的条件の包括的な調査を開始しました。地理的な調査について処理し、国全体の状況や土地や土壌、水、農業に関するデータを報告し、政策立案のための第一の参考資料とする予定です。

インドでは、物流業界におけるモビリティ・アズ・ア・サービスの新たな潮流が大きく成長しています。Morgan Stanleyによると、インドでは走行距離の35%がシェアードマイルでカバーされると予想されています。これは、電化、共有、接続性の面で進行中の大規模な変革とともに、モビリティビジネスにおける新しいビジネスモデルの大きな推進力の一つとなっています。

また、インドネシアの企業は、LiDARなどの先端技術を活用し、同国の地理空間技術の新たな機会を開拓しています。例えば、テラドローン株式会社のグループ会社であるテラドローンインドネシアは、建設会社向けにLiDARに基づくドローン測量・マッピングサービスのデモンストレーションを行いました。

競合情勢

主な市場プレイヤーは、General Electric(GE)、ESRI Inc.、MDA Corporation、Hexagon AB、Trimble Geospatial、Bentley Systems, Inc.などです。これらの大手企業が市場を牽引しており、市場を独占しています。したがって、市場は統合されています。したがって、市場の集中度は高いです。

  • 2018年9月-Hexagon ABは、特定の問題の解決をターゲットとした軽量かつダイナミックなアプリケーションを構築するためのプラットフォームであるSmart M Appポートフォリオを展示します。このソリューションは、コンテンツ、ビジネスワークフロー、ジオプロセシングを1つのアプリケーションに統合し、地理空間分析をサービスとして提供するものです。
  • 2019年3月-Esriは、インドのニューデリーに、最新の研究開発センターを開設しました。この新拠点では、データサイエンス、ディープラーニング、地理空間人工知能(GeoAI)ソリューションに注力する予定。

本レポートを購入する理由

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と抑制要因のイントロダクション
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 市場促進要因
    • 地理空間実務の収束に向けた最近の動向
    • 新しいアプリケーションにおける地理空間サービスの採用の増加
  • 市場の課題
    • 高コストと運用コスト高コストと運用面での懸念
    • 法的ハードル
  • 技術スナップショット
    • GIS
    • GPS
    • リモートセンシング

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • サーフェス解析
    • ネットワーク解析
    • ジオビジュアライゼーション
  • 業界別
    • 農業
    • ユーティリティと通信
    • 防衛・情報
    • 政府機関
    • 天然資源
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ESRI Inc.
    • MDA Corporation
    • Hexagon AB
    • Trimble Geospatial
    • Bentley Systems, Inc.
    • Fugro NV
    • Harris Corporation
    • Atkins PLC
    • General Electric(GE)
    • Critigen LLC
    • Intermap Technologies Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 47895

The geospatial analytics market was valued at USD 22 billion in 2020 and is expected to reach a value of USD 33.19 billion by 2026, at a CAGR of 7.2%, over the forecast period (2021 - 2026). Geospatial analysis refers to a broad range of activities, which emphasize on applying various techniques to data, comprising of geographical or space-related characteristics.

  • Some of the key factors driving the growth of the geospatial analytics market include the growing use of GPS devices, technological advancements in the field of GIS technology, recent trends in integration and convergence of geospatial technologies, advent of new business models aimed at leveraging the demand for geospatial information, and increased application of geospatial analytics in city and town planning.
  • There have been recent developments leading to the convergence of geospatial practices. For instance, Kongsberg Geospatial, an Ottawa-based developer of real-time, mission-critical, geospatial visualization software, and CarteNav Solutions, a leading provider of situational awareness solutions for the maritime, land, and air environments, recently declared that their TerraLens platform was selected by CarteNav to provide geospatial capabilities for its new generation of CarteNav's mission system software called AIMS.
  • The smart city investments have escalated rapidly in the present days and are expected to boost the demand for services that use location-based solutions. Further, the Consumer Technology Association reported that the smart city spending to be USD 14.85 billion in 2015, and is anticipated to reach USD 34.35 billion by 2020.
  • There are also high costs and operational concerns. However, geospatial analytics tools are further leveraging the strengths of machine learning models, for making informed predictions and unlocking key patterns, among the real-world problems.

Key Market Trends

Defense and Intelligence has Seen the Maximum Application in Geospatial Analytics Market

  • Historically, the defense and intelligence end-user vertical has been one of the forerunners, in terms of geospatial analytics adoption for gathering actionable intelligence from massive amounts of imagery and other data.
  • NATO, for its peacekeeping and security missions, need fast and easy access to accurate and up-to-date geographic information. Data, thus available, is analyzed to evaluate terrains, ship, and other vessels navigation and logistics management
  • Companies operating in this space are involved in M&A activity to develop highly specialized solutions, capable of handling strategic decisions. Since October 2017, there have been seven acquisitions within geospatial analytics and geographic information system companies. DigitalGlobe, a provider of high-resolution optical satellite imagery, was acquired by MacDonald, Dettwiler and Associates' (MDA's) for a whopping USD 3.5 billion.
  • The increasing crime rates have propelled the governments to deploy solutions that enable them to track the source of crimes or provides them with the intel that would allow them to stop the crime even before it occurs. This is expected t boost the adoption of the geospatial analytics over the forecast period.

Asia-Pacific to Have the Highest Growth in Geospatial Analytics Market

Chinese government is investing in developing a spaceborne-airborne observation system to improve the national, regional, and global ability in responding to emergencies, and to enhance human health, security, and well-being.

The initiative from the government is also driving the growth for the geospatial analytics growth in the country. In 2018, the Chinese government initiated its first comprehensive survey of geographical conditions. It is going to be processed on the geographic investigation to report on the country's overall situation and data on land and soil, water, and agriculture, which serves as a firsthand reference for policymaking.

The emerging trend of mobility as a service in the logistics industry is growing significantly in India. According to Morgan Stanley, it is expected that 35% of every mile traveled in India will be covered by shared miles. This is one of the major driving opportunities for the new business models in the mobility businesses, along with an ongoing massive transformation in terms of electrification, shared, and connectivity.

Also, Indonesian companies are developing new opportunities for geospatial technologies in the country, by using advanced technologies, like LiDAR. For instance, Terra Drone Indonesia, a group company of Terra Drone Corporation, demonstrated its drone surveying and mapping services, based on LiDAR, for the construction companies.

Competitive Landscape

Key Market Players are General Electric (GE), ESRI Inc., MDA Corporation, Hexagon AB, Trimble Geospatial, Bentley Systems, Inc., and others. The market is led by these giants and they dominate the market. Hence the market is consolidated. Therefore, market concentration is high.

  • September 2018 - Hexagon AB will be displaying its Smart M App portfolio, a simple to use the platform to build lightweight and dynamic applications targeted to solve a specific problem. The solution combines content, business workflows, and geoprocessing into a single application to deliver geospatial analytics as a service.
  • March 2019 - Esri opened its latest research and development center, in New Delhi, India. The new location will focus on data science, deep learning, and geospatial artificial intelligence (GeoAI) solutions.

Reasons to Purchase this report:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Recent Developments Leading to Convergence of Geospatial Practices
    • 4.4.2 Increased Adoption of Geospatial Services in Novel Applications
  • 4.5 Market Challenges
    • 4.5.1 High Costs and OperatiHigh Costs and Operational Concernsonal Concerns
    • 4.5.2 Legal Hurdles
  • 4.6 Technology Snapshot
    • 4.6.1 GIS
    • 4.6.2 GPS
    • 4.6.3 Remote Sensing

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Surface Analysis
    • 5.1.2 Network Analysis
    • 5.1.3 Geovisualization
  • 5.2 By End-user Vertical
    • 5.2.1 Agriculture
    • 5.2.2 Utility and Communication
    • 5.2.3 Defense and Intelligence
    • 5.2.4 Government
    • 5.2.5 Natural Resources
    • 5.2.6 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
    • 5.3.5 Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 ESRI Inc.
    • 6.1.2 MDA Corporation
    • 6.1.3 Hexagon AB
    • 6.1.4 Trimble Geospatial
    • 6.1.5 Bentley Systems, Inc.
    • 6.1.6 Fugro NV
    • 6.1.7 Harris Corporation
    • 6.1.8 Atkins PLC
    • 6.1.9 General Electric (GE)
    • 6.1.10 Critigen LLC
    • 6.1.11 Intermap Technologies Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS