デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445943

パーソナルケア化学品:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)

Personal Care Chemicals - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
パーソナルケア化学品:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

パーソナルケア化学品市場規模は、2024年に158億米ドルと推定され、2029年までに202億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.11%のCAGRで成長します。

パーソナルケア用化学薬品-市場

COVID-19の感染拡大により、世界中で全国的なロックダウンが実施され、製造活動やサプライチェーンの混乱、生産停止、労働力の不足などが染料や顔料の市場に悪影響を及ぼしました。ただし、2021年に状況は改善し始め、予測期間中に市場の成長軌道を回復する可能性があります。化粧品およびパーソナルケア製品は、個人の外部部分を浄化し、保護し、外観を変えるように設計されています。現在、市場には数千を超える異なる化粧品があり、その製品を使用する個人が必要とする望ましい効果を提供するために、成分がさまざまに組み合わせられています。

主なハイライト

  • より多くの人が美容やスキンケア製品について学び、有効成分を含む製品を求める人が増えているため、長期的には市場は成長しています。
  • 一方で、化粧品への特定の化学物質の使用を制限する厳しい政府の規則により、市場の成長が鈍化する可能性があります。
  • 将来的には、市場は天然成分に対する顧客の需要の高まりから恩恵を受けることが予想され、技術革新の機会が生まれます。
  • アジア太平洋が市場を独占しており、予測期間中もその傾向が続く可能性があります。

パーソナルケア化学品市場動向

より高い成長の可能性を示すスキンケアの応用

  • スキンケア用途は、世界のパーソナルケア化学品市場を独占しており、推定シェアは約40%です。より豊かな生活様式への欲求、若者の数の増加、都市世帯の購買力の上昇が、スキンケア製品の世界市場を牽引する主な要因です。
  • 世界のスキンケア市場は、毎年平均約5%の割合で成長すると予想されています。業界は、年配の消費者からの需要が、成長する若い消費者ベースへ移行しているのを目の当たりにしました。人々はより自分自身を認識するようになり、その結果、老化の兆候を遅らせるために、若い年齢からスキンケアを使用し始めています。
  • 毎年、さまざまな美容ブランドが新しいスキンケア製品を発表しますが、この市場は非常に急速に成長しているため、近い将来も同様のことが起こる可能性があります。
  • スキンケア製品のブームにより、さまざまな小規模メーカーもマーケットプレースに参入し、継続的に繁栄している業界の恩恵を享受しています。過去2年間で、平均して100以上の新しいブランドが米国のデパートや専門店にデビューしました。
  • L'Orealは、2021年の世界の化粧品市場は8.2%成長し、回復の強い兆しであるとしています。
  • スキンケア製品の市場、ひいてはパーソナルケア用化学薬品の需要は、今後数年間、これらおよびその他のプラスの要因によって牽引される可能性があります。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域が市場を独占すると予想されています。この地域では、中国はGDPの点で最大の経済国です。中国とインドは世界で最も急速に発展している経済国の一つです。
  • この国の消費者は多機能製品を好みます。さらに、特に男性の間でスキンケア製品に対する意識が大幅に高まっています。ベビースキンケア製品部門は急速な成長を遂げています。中国のパーソナルヘアケア分野は、主に消費者の好みに基づいて発展を遂げています。
  • 製品安全・規制会社CIRS GROUPによると、2021年上半期の中国の化粧品小売総額は1,917億元(282億5,000万米ドル)に達し、前年比26.6%増加しました。
  • 経済環境の改善とインド国民の購買力の増加により、国内でのパーソナルケア製品の採用が増加し、それによってパーソナルケア化学物質の需要が高まることが予想されます。
  • また、国内で男性用グルーミング製品の人気が高まっていること(過去5年間で42%以上増加)も市場にとって良い影響を与える可能性が高いです。
  • インドで最も重要な業界団体の1つであるアソーチャムの調査によると、インドの美容、化粧品、グルーミング市場は2025年までに200億米ドルの価値があると予想されています。
  • 予測期間中、これらの要因により、この地域ではパーソナルケアのための化学物質の使用が促進される可能性があります。

パーソナルケア化学品業界の概要

パーソナルケア化学品市場は細分化されています。市場の主要企業には(順不同)、Dow、BASF SE、Evonik Industries AG、Nouryon、花王株式会社などが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 美容・スキンケア製品への意識の高まり
    • 有効成分を含む製品の需要の増加
  • 抑制要因
    • 特定の化粧品用化学薬品の使用を制限する厳しい政府規制
    • その他の抑制要因
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • 材料
    • 不活性成分
      • 界面活性剤
      • 乳化剤
      • エモリエント剤
      • 着色料と保存料
      • レオロジーコントロール剤
      • その他の不活性成分
    • 有効成分
      • コンディショニング剤
      • UV成分
      • アンチエイジング
      • 角質除去剤
      • その他の有効成分
  • 用途
    • スキンケア
    • ヘアケア
    • 補う
    • フレグランス
    • オーラルケア
    • バスアメニティ
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • BASF SE
    • Clariant
    • Corbion
    • Croda International PLC
    • Dow
    • Evonik Industries AG
    • Galaxy Surfactants Ltd.
    • Huntsman International LLC
    • Innospec
    • Kao Corporation
    • Lonza
    • Merck KGaA
    • Momentive
    • Nouryon
    • Sasol
    • Solvay
    • Stepan Company
    • The Lubrizol Corporation
    • Wacker Chemie AG

第7章 市場機会と将来の動向

  • 天然成分に対する顧客需要の急増技術革新の機会を開く
目次
Product Code: 61283

The Personal Care Chemicals Market size is estimated at USD 15.80 billion in 2024, and is expected to reach USD 20.28 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.11% during the forecast period (2024-2029).

Personal Care Chemicals - Market

Due to the COVID-19 outbreak, there were nationwide lockdowns around the globe, disruptions in manufacturing activities and supply chains, production halts, and labor unavailability that negatively impacted the dyes and pigments market. However, conditions began to improve in 2021, likely restoring the market's growth trajectory during the forecast period. Cosmetics and personal care products are designed to cleanse, protect, and change the appearance of the external parts of an individual. There are more than thousands of different cosmetic products on the market currently, all with different combinations of ingredients to provide the desired effect required by the individual using the product.

Key Highlights

  • Long-term, the market is growing because more people are learning about beauty and skin care products and more people want products with active ingredients.
  • On the other hand, strict government rules that limit the use of certain chemicals in cosmetics are likely to slow the growth of the market.
  • In the future, the market is expected to benefit from the growing demand from customers for natural ingredients, which creates opportunities for technical innovation.
  • Asia-Pacific dominated the market and may continue to do so during the forecast period.

Personal Care Chemicals Market Trends

Skin Care Application to Witness Higher Potential Growth

  • Skin care applications dominated the global personal care chemicals market with an estimated share of around 40%. The desire for a more affluent way of life, the increase in the number of young people, and the rising purchasing power of urban households are the main drivers of the global market for skin care products.
  • The global skincare market is expected to grow at an average rate of around 5% annually. The industry has witnessed a shift from demand from older consumers to a growing younger consumer base. People are becoming more self-aware, and as a result, they are beginning to use skin care at a younger age in order to delay the signs of aging.
  • Every year, different beauty brands come out with new skin care products, and this is likely to keep happening in the near future because this market is growing so quickly.
  • Due to the boom in skin care products, various smaller manufacturers have also ventured into the marketplace to reap the benefits of the continuously thriving industry. Through the last two years, on average, over 100 new brands have debuted in department and specialty stores in the United States.
  • L'Oreal says that the global cosmetics market grew by 8.2% in 2021, which was a strong sign of recovery.
  • The market for skin care products and, by extension, the demand for personal care chemicals are likely to be driven by these and other positive factors over the next few years.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market. In the region, China is the largest economy in terms of GDP. China and India are among the fastest-emerging economies in the world.
  • Consumers in the country prefer multifunctional products. Furthermore, there has been a significant increase in awareness of skin care products, especially among men. The baby skin care products segment has been witnessing rapid growth. China's personal hair care segment has been witnessing development, primarily based on consumer preference.
  • According to CIRS GROUP, a product safety and regulatory firm, the total retail sales of cosmetics in China in the first half of 2021 reached Yuan 191.7 billion (USD 28.25 billion), with a year-on-year increase of 26.6%.
  • Improving the economic environment and increasing the purchasing power of the Indian population are expected to increase the adoption of personal care products in the country, thereby driving the demand for personal care chemicals.
  • Also, the growing popularity of men's grooming products in the country (which has grown by more than 42% in the last five years) is likely to be good for the market.
  • According to a study by Assocham, one of India's most important trade groups, the beauty, cosmetics, and grooming market in the country will be worth USD 20 billion by 2025.
  • During the forecast period, these things are likely to drive the use of chemicals for personal care in the region.

Personal Care Chemicals Industry Overview

The personal care chemical market is fragmented. Some major players in the market (in no particular order) include Dow, BASF SE, Evonik Industries AG, Nouryon, and Kao Corporation, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Awareness of Beauty and Skin Care Products
    • 4.1.2 Increase in Demand for Products with Active Ingredients
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stringent Government Regulations Limiting the Use of Certain Cosmetic Chemicals
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Ingredients
    • 5.1.1 Inactive Ingredients
      • 5.1.1.1 Surfactants
      • 5.1.1.2 Emulsifiers
      • 5.1.1.3 Emollients
      • 5.1.1.4 Colorants and Preservatives
      • 5.1.1.5 Rheology Control Agents
      • 5.1.1.6 Other Inactive Ingredients
    • 5.1.2 Active Ingredients
      • 5.1.2.1 Conditioning Agents
      • 5.1.2.2 UV Ingredients
      • 5.1.2.3 Anti-ageing
      • 5.1.2.4 Exfoliants
      • 5.1.2.5 Other Active Ingredients
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Skin Care
    • 5.2.2 Hair Care
    • 5.2.3 Makeup
    • 5.2.4 Fragrances
    • 5.2.5 Oral Care
    • 5.2.6 Toiletries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 BASF SE
    • 6.4.2 Clariant
    • 6.4.3 Corbion
    • 6.4.4 Croda International PLC
    • 6.4.5 Dow
    • 6.4.6 Evonik Industries AG
    • 6.4.7 Galaxy Surfactants Ltd.
    • 6.4.8 Huntsman International LLC
    • 6.4.9 Innospec
    • 6.4.10 Kao Corporation
    • 6.4.11 Lonza
    • 6.4.12 Merck KGaA
    • 6.4.13 Momentive
    • 6.4.14 Nouryon
    • 6.4.15 Sasol
    • 6.4.16 Solvay
    • 6.4.17 Stepan Company
    • 6.4.18 The Lubrizol Corporation
    • 6.4.19 Wacker Chemie AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Surging Customer Demand for Natural Ingredients Opening Opportunities for Technical Innovation