デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445940

クエン酸カルシウム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)

Calcium Citrate - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 155 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
クエン酸カルシウム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 155 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クエン酸カルシウム市場規模は、2024年に8億9,000万米ドルと推定され、2029年までに10億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.54%のCAGRで成長します。

クエン酸カルシウム- 市場

この市場は、食品および飲料における酸性度調整剤、乳化剤、防腐剤としての役割から、医薬品における利尿剤および痰止め剤としての役割に至るまで、いくつかのエンドユーザー産業におけるその多様な用途によって推進されています。クエン酸カルシウムは業界で幅広く応用されており、ほとんどの地域で使用されています。カルシウムベースのサプリメントを選ぶミレニアル世代が増えています。特に団塊の世代の間でのサプリメントや栄養素の需要の増加により、クエン酸カルシウムの市場が拡大すると予想されています。クエン酸カルシウムは主に粉末で存在します。しかし、微粉化粉末はその特性により大幅な成長を遂げました。

先進国および新興諸国では、消費者の購買力の上昇とペースの速いライフスタイルが、加工食品の売上を押し上げています。ビジネス・スタンダードの記事によると、人口ボーナス、eコマースブーム、経済成長のすべてがインドのパック食品産業の規模を今後5~10年で倍増させる可能性があるといいます。多くの加工食品において、クエン酸カルシウムは遍在する食品添加物です。より健康的な食生活への動向により、クエン酸カルシウムを使用して包装から湿気を取り除き、食品の保存期間を延長する包装食品の人気も高まっています。これは、予測期間中にクエン酸カルシウム市場の成長を促進する可能性があります。

生活習慣病の発生率の増加により、製薬部門は大幅な成長を遂げています。例えば、国家投資促進・円滑化庁が発行した報告書によると、インドの製薬部門は2022年までに39%のCAGRで3,720億米ドルに達すると予想されています。がん、HIV、エイズ、結核などの病気の出現により、クエン酸カルシウムが利尿剤や痰止め剤として製剤開発に使用される高効率医薬品の開発研究開発活動が急増しています。このような要因により、予測期間中に市場の需要が促進されると予想されます。

クエン酸カルシウムの市場動向

サプリメントの需要の増加

クエン酸カルシウム市場は主に、骨損傷や骨折を非常に受けやすい高齢化人口に依存しています。世界の骨や関節の健康補助食品メーカーにとって、高齢化または高齢者人口は最も重要なターゲットセグメントの1つです。健康的なライフスタイルを維持し、特に高齢者において加齢に伴う骨疾患を予防することは、人体の特定の部分の治療を対象として健康上の利点をもたらすため、消費者はこれらのサプリメントに割高な価格を支払うことになります。世界銀行のデータによると、2021年には人口の17.04%が65歳以上で、64.72%が15~64歳でした。世界保健機関(WHO)によると、2021年には欧州で約2,200万人、米国で1,400万人が骨粗鬆症に罹患していました。国立医学図書館によると、2021年には10億3,300万人以上が骨粗鬆症であることが観察されました。これらの憂慮すべき数字は、調査対象の市場に大きな勢いを与えました。

カルシウムベースのサプリメントを選ぶミレニアル世代が増えています。特に30代半ばの女性は、骨の健康を維持するためにカルシウムベースのサプリメントに大きな関心を示しており、クエン酸カルシウム市場はさらに加速しています。クエン酸カルシウムベースのサプリメントを支持する主な技術的利点は、その高い吸収効率です。クエン酸カルシウムは、吸収のために余分な胆汁酸(消化中に分泌される)を必要としません。最近、市場では、骨劣化や骨粗鬆症などの病気のため、錠剤、カプセル、咀嚼、液体、粉末など、さまざまな形態のクエン酸カルシウムサプリメントが登場しています。グラフからも明らかなように、骨と関節の健康サプリメントの需要が高まっています。、かなりの成長率を示す予定です。骨や関節の健康によく知られているように、カルシウムは主な成長促進因子です。

アジア太平洋が依然として最大の市場

アジア太平洋地域は、中国やインドなどの主要経済国があるため、顕著な市場です。中国は依然としてこの地域におけるクエン酸カルシウムの最大の消費国および輸出国であり、国内の小規模企業数社が競争力のある価格で複数のグレードのクエン酸カルシウムを提供しています。国内でクエン酸カルシウムを製造する新規参入企業の数は年々増加しており、これは市場でのこの化合物に対する需要の高まりを反映しています。飲食品、医薬品、動物飼料などのさまざまな産業におけるクエン酸カルシウムの幅広い用途が、国内のクエン酸カルシウム市場を牽引しています。この化合物は粉末、固体、液体、粒状の形態で入手できるため、あらゆるエンドユーザー業界に適しており、長年にわたる市場の成長につながります。この地域には、食品および飲料業界の添加物および保存料として、この化合物に対する大きな潜在的な需要があります。化粧品やパーソナルケア製品の需要の増加により、この地域でのクエン酸カルシウムの需要が高まる可能性があります。

クエン酸カルシウム業界の概要

クエン酸カルシウム市場は非常にダイナミックで細分化されています。市場の著名な企業には、Adani Pharmachem Private Limited、Aditya Chemicals Limited、Gadot Biochemical Industries Ltd、Jungbunzlauer、Jost Chemical、Dr. Paul Lohmann GmbH KGなどがあります。市場には、クエン酸カルシウムの生産ブームに集合的に貢献する多くのプライベートブランドブランドが展示されており、クエン酸カルシウムの生産ブームは、業界の細分化に大きく寄与する要因の一つとなっています。吸収性と保存安定性の点で製品の高効率を実現するハイエンド技術を使用した製品革新は、業界の主要な推進力となっており、JungbunzlauerやJost Chemicalなどの主要企業が採用しています。パートナーシップは、企業が市場シェアを獲得するために採用する2番目に一般的な戦略です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 形状
    • 微粉化粉末
    • 粒状
  • 用途
    • 農業
    • 食品および飲料
    • ヘルスケア
    • その他の用途
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米
    • 欧州
      • ドイツ
      • イタリア
      • 英国
      • フランス
      • ロシア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • オーストラリア
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 市場シェア分析
  • 最も採用されている戦略
  • 企業プロファイル
    • Adani Pharmachem Private Limited
    • Aditya Chemicals Limited
    • Dr. Paul Lohmann GmbH KG
    • Daffodil Pharmachem Private Limited
    • Jungbunzlauer Suisse AG
    • Jost Chemical Co.
    • Gadot Biochemical Industries Ltd
    • Sucroal SA
    • Nantong Feiyu Food Technology Co. Ltd
    • Panvo Organics Pvt. Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 61034

The Calcium Citrate Market size is estimated at USD 0.89 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.06 billion by 2029, growing at a CAGR of 3.54% during the forecast period (2024-2029).

Calcium Citrate - Market

The market is driven by its varied application in several end-user industries, ranging from its role as an acidity regulator, emulsifier, and preservative in food and beverage to its role as a diuretic and phlegm agent in pharmaceuticals. Calcium citrate has wide industry applications, and it is being used in most regions. An increasing number of millennials are opting for calcium-based supplements. The growth in the demand for supplements and nutrients, particularly among the baby boomer population, is expected to augment the market for calcium citrate. Calcium citrate is mostly found in powder. However, micronized powder witnessed significant growth due to its properties.

In established and developing countries, the rise in consumer purchasing power and fast-paced lifestyles drive the sales of packaged food products. According to a Business Standard article, the demographic dividend, e-commerce boom, and economic growth may all contribute to India's packed food industry doubling in size over the next 5-10 years. In many packaged food items, calcium citrate is a ubiquitous food additive. The popularity of packaged foods, which use calcium citrate to remove moisture from the packaging and extend the shelf life of food products, has also increased due to trends toward healthier eating habits. This may propel the growth of the calcium citrate market during the forecast period.

The growing incidence of lifestyle diseases has led the pharmaceutical sector to witness significant growth. For instance, according to a report published by the National Investment Promotion & Facilitation Agency, the Indian pharmaceutical sector was expected to reach USD 372 billion by 2022, at a CAGR of 39%. The emergence of diseases such as cancer, HIV or AIDS, and tuberculosis have surged the R&D activities for developing highly efficient drugs where calcium citrate is used as a diuretic and phlegm agent for pharmaceutical formulation development. Such factors are anticipated to foster the demand for the market during the forecast period.

Calcium Citrate Market Trends

Increased Demand for Supplements

The calcium citrate market primarily depends on the aging population that is highly susceptible to bone injuries and fractures. The aging or geriatric population is one of the most significant target segments for global bone and joint health supplement manufacturers. Maintaining a healthy lifestyle and preventing age-related bone diseases, particularly at an older age, is making consumers pay premium prices for these supplements, as they impart health benefits, targeting treatment of a specific segment of the human body. According to World Bank data, in 2021, 17.04% of the population was over 65 years old, while 64.72% were between the ages of 15 and 64. According to the World Health Organization (WHO), in 2021, almost 22 million individuals in Europe and 14 million in the United States had osteoporosis. According to the National Library of Medicine, in 2021, it was observed that more than 1033 million people had osteoporosis. These alarming figures have given significant momentum to the market studied.

An increasing number of millennials are opting for calcium-based supplements. Women, especially in their mid-30s, have shown greater interest in calcium-based supplements to maintain their bone health, further fueling the calcium citrate market. The major technological advantage in favor of calcium citrate-based supplements is their high absorption efficiency - calcium citrate does not require any extra bile acids (secreted during digestion) for its absorption. The market has recently witnessed the emergence of calcium citrate supplements in various forms, including tablets, capsules, chews, liquids, and powders due the diseases such as bone deterioration and osteoporosis, The demand for bone and joint health supplements, as evident from the graph, is set to witness a decent growth rate. As it is well-known for bone and joint health, calcium is a main growth-promoting factor.

Asia-Pacific Remains the Largest Market

The Asia-Pacific region is a prominent market due to major economies such as China and India. China remains the largest consumer and exporter of calcium citrate in the region, with several small domestic players offering calcium citrate in multiple grades at competitive pricing. The number of new entrants producing calcium citrate in the country has been increasing over the years, which reflects the growing demand for the compound in the market. The broad spectrum of applications of calcium citrate in various industries, such as food and beverages, pharmaceutical, and animal feed, is driving the market for calcium citrate in the country. The compounds' availability in powder, solid, liquid, and granular forms suits well with every end-user industry, leading to market growth over the years. The region offers huge potential demand for the compound as an additive and preservative in the food and beverage industry. The increasing demand for cosmetics and personal care products is likely to propel the demand for calcium citrate in the region.

Calcium Citrate Industry Overview

The calcium citrate market is highly dynamic and fragmented. Some of the prominent players in the market include Adani Pharmachem Private Limited, Aditya Chemicals Limited, Gadot Biochemical Industries Ltd, Jungbunzlauer, Jost Chemical, and Dr. Paul Lohmann GmbH KG. The market exhibits many private-label brands that collectively contribute to the production boom of calcium citrate, which is one of the major contributing factors to the fragmented nature of the industry. Product innovation, using high-end technology that results in high efficiency of the product in terms of absorption and storage stability, has been the major driving force for the industry, adopted by key players like Jungbunzlauer and Jost Chemical. Partnership is the second-most common strategy players are adopting to gain market share.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Form
    • 5.1.1 Micronized Powder
    • 5.1.2 Powder
    • 5.1.3 Granular
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Agriculture
    • 5.2.2 Food and Beverage
    • 5.2.3 Healthcare
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 Italy
      • 5.3.2.3 United Kingdom
      • 5.3.2.4 France
      • 5.3.2.5 Russia
      • 5.3.2.6 Spain
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Australia
      • 5.3.3.4 Japan
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Market Share Analysis
  • 6.2 Most Adopted Strategies
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Adani Pharmachem Private Limited
    • 6.3.2 Aditya Chemicals Limited
    • 6.3.3 Dr. Paul Lohmann GmbH KG
    • 6.3.4 Daffodil Pharmachem Private Limited
    • 6.3.5 Jungbunzlauer Suisse AG
    • 6.3.6 Jost Chemical Co.
    • 6.3.7 Gadot Biochemical Industries Ltd
    • 6.3.8 Sucroal SA
    • 6.3.9 Nantong Feiyu Food Technology Co. Ltd
    • 6.3.10 Panvo Organics Pvt. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS