デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445803

冷凍調理済みレディミール:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Frozen-cooked Ready Meals - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
冷凍調理済みレディミール:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

冷凍調理済みレディミール市場規模は、2024年に410億7,000万米ドルと推定され、2029年までに522億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.95%のCAGRで成長します。

冷凍調理済食品-マーケット

この市場は主に、急速な都市化、特に都市部における消費者のペースの速いライフスタイル、可処分所得の増加、消費者の利便性と調理時間を節約するための調理済み食品の需要の増加などの要因によって動かされています。消費者がインスタント食品から調理済み冷凍食品に移行し、手作りのピザ、餃子、ケサディーヤなどのグルメな冷凍調理済みレディミールへの需要が高まっていることが、調査対象市場における冷凍調理済み調理済み食品の成長を支えています。食生活とライフスタイルの変化に加えて、すぐに食べられる文化的な料理への需要の高まりと、さまざまな冷凍調理済みレディミールの簡単な入手が、市場の成長をさらに促進しています。さらに、消費者が冷凍調理済みレディミールを選択する意欲が高まっているのは、賞味期限が長いこと、冷凍調理済みレディミールの魅力的な価格設定、消費者からの需要の高まりに応えるために新製品を革新するメーカーの数が増加していることによるものです。

便利ですぐに食べられる製品への嗜好が高まっているため、市場では冷凍調理済みの調理済み食品の需要が高まっています。さらに、世界中のさまざまな先進国および発展途上国でベジタリアンやビーガンの数が増加しているため、ベジタリアン食事の需要が市場で増加しています。たとえば、倫理的消費者調査協会によると、英国におけるベジタリアンおよび植物ベースの代替食品および飲料の売上収益は、2018年の10億ポンドから2021年には14億9,000万ポンドに増加しました。

冷凍調理済みレディミール市場動向

便利で健康的な調理済み食事の需要が急増

便利なインスタント食品、特に冷凍調理済みの食品に対する需要は、社会経済パターンの変化、飲食費の増加、健康食品への意識、食事パターンの変化、および健康食品への意識の変化などにより、より速いペースで成長しています。既存の食習慣、地域全体での外国人定住人口の増加、そして新製品を味わいたいという欲求。 Z世代とミレニアル世代の消費者は、日常の料理を補い、多忙なスケジュールに対処するために、健康的で栄養価が高く、便利なオプションに目を向けています。若い消費者の購買力の増加と可処分所得の増加により、消費者がインスタント食品により多く支出できるようになり、調査対象期間における市場の成長が推進されています。さらに、持ち運び可能な食品のコンセプトは、調理済みの食事が提供できる製品の消費と取り扱いの容易さと密接に関連しています。したがって、消費の利便性と使い捨て包装の助けにより、冷凍調理済みレディミールの需要が増加しています。

同様に、これらの冷凍調理済みの食事は、食べる前に最小限の準備を必要とするか、それ以上の準備を必要としません。食品業界の技術革新により、インスタント食品には、冷凍、分量管理、保存可能、電子レンジ対応、調理済みミックス形式のインスタントミールが含まれます。したがって、保存安定性と利便性を求める消費者の要求に応えるために、製造業者は、こぼれずにどこにでも持ち運べて、保存期間が長い製剤の面で革新を行っています。さらに、市場におけるこれらの製品の浸透の増加により、人口のかなりの部分がこれらの調理済み食品のオプションを利用できるようになりました。消費者の習慣の変化により、食事の頻度が少なくなるため、消費者はこれらの調理済み食品をより頻繁に購入する傾向があり、これが近いうちに市場を推進すると予想されます。

北米が過半数のシェアを握る

北米の消費者は、肉、鶏肉、魚の調理の容易さ、栄養損失の少なさ、製品寿命の延長などの理由から、冷凍調理済みレディミールを消費する傾向にあり、広大な消費者層を誇るこの国全体で人気が高まっています。米国の労働人口の増加は、冷凍調理済みレディミールに対する消費者の信頼性に影響を与えています。たとえば、米国労働統計局によると、2021年 5月の雇用人口比率は58.0%であったのに対し、2022年 5月には60.1%でした。多忙で慌ただしいライフスタイルの増加は、予測期間中、国内での冷凍調理済みレディミールの成長を加速させると予想されます。

同様に、消費者は、より優れた栄養プロファイルを持ち、オーガニックおよび天然原料を使用して作られた、新しく革新的な健康食品やビーガン食品の消費に注目しています。さらに、アジア料理や地中海料理などは、肉中心の西洋料理と比較して、ベジタリアンで栄養価の高い食事の選択肢が豊富にあります。北米の消費者は、より高価な食品にお金を費やし、高級な冷凍調理済みの食事を選択しています。 2021年2月、米国冷凍食品協会(American Frozen Food Institute)は、2020年の冷凍食品の売上高が21%増加したと報告しました。米国では、いくつかのブランドが冷凍調理済みレディミール市場でニッチな市場を開拓し、アフリカ大陸の料理を紹介する食事を販売しています。

冷凍調理済みレディミール業界の概要

冷凍調理済みレディミール市場は、多くの国際的、地域的、地元の企業が市場に存在するため、非常に競争が激しいです。市場で活動している主要企業は、Campbell Soup Company、Conagra Brands Inc.、Tyson Foods Inc.、Nomad Foods、Ajinomoto Co. Inc.などです。市場関係者は、冷凍調理済みレディミール事業を強化するための重要な戦略として拡大を採用しています。消費者の間でブランドの存在感を高めるために大手企業が採用する戦略的アプローチとして、企業の合併、拡大、買収、および新製品開発との提携が重視されています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • ベジタリアンミール
    • ベジタリアン以外の食事
      • チキンミール
      • 牛肉料理
      • その他のベジタリアン以外の食事
  • 流通チャネル
    • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
    • コンビニエンスストア
    • オンライン小売業者
    • その他の流通チャネル
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • スペイン
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 有力企業が採用した戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Campbell Soup Company
    • Ajinomoto Co. Inc.
    • General Mills Inc.
    • Hellofresh Group
    • Conagra Brands Inc.
    • Hormel Foods Corporation
    • Mars Incorporated
    • Ebro Foods SA
    • Nestle SA
    • The Kraft Heinz Company

第7章 市場機会と将来の動向

第8章 出版社について

目次
Product Code: 92248

The Frozen-cooked Ready Meals Market size is estimated at USD 41.07 billion in 2024, and is expected to reach USD 52.29 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.95% during the forecast period (2024-2029).

Frozen-cooked Ready Meals - Market

The market is primarily driven by factors such as rapid urbanization, the fast-paced lifestyle of consumers, especially in urban areas, rising disposable income, and growing demand for precooked food for convenience and to save cooking time among consumers. Consumers' shift from instant food products to precooked frozen food, and growing demand for gourmet frozen ready meals such as artisanal pizzas, dumplings, quesadillas, and others, are supporting the growth of the frozen-cooked ready meals in the market studied. The change in dietary habits and lifestyle, along with the rising demand for ready-to-eat cultural cuisines and the easy accessibility of a wide range of frozen, pre-cooked meals, are further fueling the growth of the market. In addition, the increased consumer willingness to opt for frozen ready meals is due to their longer shelf life, attractive pricing of frozen-cooked ready meal products, and the rising number of manufacturers innovating new products to cater to the growing demand from consumers.

The rising preference for convenient and ready-to-eat products is increasing the demand for frozen and cooked ready meals in the market. Further, the demand for vegetarian meals is increasing in the market owing to the rising number of vegetarians and vegans in different developed and developing nations worldwide. For instance, according to the Ethical Consumer Research Association Ltd, the sales revenue of vegetarian and plant-based food and beverage alternatives in the United Kingdom increased from GBP 1000 million in 2018 to GBP 1490 million in 2021.

Frozen-cooked Ready Meals Market Trends

Surge in Demand for Convenient and Healthy Ready Meals

The demand for convenient and instant food, particularly frozen-cooked ready meals, is growing at a faster pace due to changes in social and economic patterns, as well as increased expenditure on food and beverage, awareness about healthy foods, changes in meal patterns and existing food habits, increasing settlement of ex-pat population across the regions and the desire to taste new products. Gen Z and millennial consumers are turning toward healthy, nutritious, as well as convenient options to supplement their cooking routines and cope with their hectic schedules. The increasing purchasing power of young consumers, along with rising disposable income allowing consumers to spend more on convenience food products, is propelling the growth of the market in the studied period. Moreover, the on-the-go food concept is closely associated with easy consumption and handling of products, which ready meals can offer. Thus, the demand for frozen-cooked ready meals is increasing due to the linked convenience of consumption and aided by disposable packaging simultaneously.

Similarly, these frozen-cooked ready meals require minimum or no further preparation before consumption. With technological innovations in the food industry, convenience food includes ready meals in frozen, portion-controlled, shelf-stable, microwaveable, and prepared-mixes formats. Therefore, to cater to the consumers' demand for shelf-stability and convenience, manufacturers are innovating in terms of formulation, which may be carried everywhere without spilling and has a long shelf life. Moreover, a significant portion of the population has access to these ready-meal options due to the increased penetration of these products in the market. Since the transforming consumer habits promote smaller frequent meals, consumers tend to buy these ready meals more often, which is expected to propel the market shortly.

North America holds the majority share

Consumers in North America are inclined towards consuming frozen ready meals due to the ease of preparation, low nutrition loss, and the extended product life of meat, poultry, and fish, which are gaining popularity across the vast consumer base country. The rising working population in the United States has influenced the consumer's reliability of frozen-cooked ready meals. For instance, according to the US Bureau of Labor Statistics, the employment-population rate stood at 60.1% in May 2022, compared with 58.0% in May 2021. Thus, the growing busy and hectic lifestyle is expected to accelerate the growth of frozen-cooked ready meals during the forecast period in the country.

Similarly, consumers are focusing on consuming new and innovative healthy and vegan food products that have a better nutritional profile and have been made using organic and natural ingredients. Moreover, Asian and Mediterranean cuisines, among others, offer a plethora of food options that are both vegetarian and high in nutrition, as compared to meat-intensive western cuisine. North American consumers are spending on more expensive food items and opting for premium frozen-cooked ready meals. In February 2021, the American Frozen Food Institute reported that frozen food sales were up 21% in 2020. In the United States, several brands are carving out their niches in the frozen-cooked ready meals market and selling meals showcasing dishes from the African continent.

Frozen-cooked Ready Meals Industry Overview

The frozen-cooked ready meals market is highly competitive owing to the presence of many international, regional, and local players in the market. The key players operating in the market are Campbell Soup Company, Conagra Brands Inc., Tyson Foods Inc., Nomad Foods, and Ajinomoto Co. Inc., among others. The market players are adopting expansion as a key strategy to strengthen their Frozen-Cooked Ready Meals business. Emphasis is given to the merger, expansion, acquisition, and partnership of the companies along with new product development as strategic approaches adopted by the leading companies to boost their brand presence among consumers. For instance, in June 2022, Campbell Soup launched Chunky innovation under its meal and beverage segment. Its offering includes spicy chicken and sausages combo, spicy steak, and potato.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Vegetarian Meals
    • 5.1.2 Non-Vegetarian Meals
      • 5.1.2.1 Chicken Meals
      • 5.1.2.2 Beef Meals
      • 5.1.2.3 Other Non-Vegetarian Meals
  • 5.2 Distribution Channel
    • 5.2.1 Supermarkets/Hypermarkets
    • 5.2.2 Convenience Stores
    • 5.2.3 Online Retailers
    • 5.2.4 Other Distribution Channels
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 Spain
      • 5.3.2.4 France
      • 5.3.2.5 Italy
      • 5.3.2.6 Russia
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Campbell Soup Company
    • 6.3.2 Ajinomoto Co. Inc.
    • 6.3.3 General Mills Inc.
    • 6.3.4 Hellofresh Group
    • 6.3.5 Conagra Brands Inc.
    • 6.3.6 Hormel Foods Corporation
    • 6.3.7 Mars Incorporated
    • 6.3.8 Ebro Foods SA
    • 6.3.9 Nestle SA
    • 6.3.10 The Kraft Heinz Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

8 ABOUT US