デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444943

インテリジェントバーチャルアシスタント(IVA): 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Intelligent Virtual Assistant (IVA) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
インテリジェントバーチャルアシスタント(IVA): 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

インテリジェントバーチャルアシスタント(IVA)の市場規模は、2024年に147億7,000万米ドルと推定され、2029年までに608億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に32.72%のCAGRで成長します。

インテリジェント仮想アシスタント(IVA)- マーケット

ディープニューラルネットワーク、機械学習、その他のAIの進歩により、より多くの仮想アシスタントが可能になりました。チャットボットとスマートスピーカーは、小売、BFSI、ヘルスケアなどのエンドユーザー業界で使用される仮想アシスタントの2つの例です。パーソナルアシスタントとして機能するバーチャルアシスタントは、消費者向けの重要な形式です。 AppleのSiriを利用したり、コネクテッドホームや自動車に使いやすいインターフェイスを提供したりすることで、ユーザーがさまざまな雑用を完了できるように支援します。

主なハイライト

  • もう1つの用途として増加しているのは、カスタマーサービスエージェントの役割を担う仮想アシスタントです。企業にとって、仮想アシスタントは、より消費者に優しいアプローチで顧客とブランドのエクスペリエンスを向上させます。たとえば、クラウドコンタクトセンタープロバイダーであるFive9は、Inference Solutionsと提携してFive9バーチャルアシスタントを開始しました。このシステムは会話型人工知能を活用して手動タスクを自動化し、コンタクトセンターでの一般的な質問に答えます。
  • これらのアシスタントの機能は、エンドユーザーに基づいて変更することもできるため、特定の業界での顧客エクスペリエンスが向上します。たとえば、ヘルスケア業界では、バーチャルアシスタントは顧客が診療所を見つけたり、薬を補充したりするのに役立ちます。処方箋を受け取り、支払いの督促状を受け取ります。
  • ヘルスケア分野全体で認知度を高めている仮想パーソナルアシスタントには、AppleのSiri、MicrosoftのCortana、Googleのアシスタントなどがあります。中小企業もインテリジェント仮想アシスタントの背後にあるテクノロジーを推進しており、ヘルスインテリジェント仮想アシスタントの重要な部分となっています。たとえば、Next ITのAlme ofヘルスケアは、慢性疾患の管理に焦点を当て、患者の質問や要求に積極的に答えるバーチャルアシスタントです。これは現在、ヘルスケア提供者によって大規模に採用されています。
  • ヘルスケア以外にも、小売企業は顧客により良いエクスペリエンスを提供するために人気のメッセージングアプリでチャットボットを使用しています。ドミノピザやその他の店舗は、AIと機械学習を使用してチャットボットのような仮想アシスタントを強化し、顧客がFacebookメッセンジャーを通じて直接注文できるようにしています。
  • 2020年春のスマートオーディオレポートでは、COVID-19感染症の発生により、米国成人の約77%が通常の生活習慣を変えることになったことが確認されました。こうした変化の中で、より多くの人が音声アシスタントを使用するようになり、市場の成長には好都合でした。
  • 企業はまた、人々がこの不確実な時代を常に認識できるようにするサービスを展開しています。たとえば、会話型インターフェイスを専門とし、Wipro Venturesの支援を受けている深層学習ソフトウェア会社Avaamoは、誰でも使用でき、平易な英語で迅速に答えを見つけるのに役立つ、COVID-19バーチャルアシスタントであるProject COVIDを立ち上げました。

インテリジェントバーチャルアシスタント(IVA)市場動向

市場の成長を牽引するスマートスピーカー

  • 現在、スマートスピーカーに求められる機能としては、音楽再生やスマートホーム機器の制御などが挙げられます。スマートスピーカーの数が増加することで、接続されたユーザーの生活において音声アシスタントの有用性がさらに高まると考えられています。短期間のうちに、音声起動スピーカーは人々の日常の一部になりました。その理由としては、マルチタスクをしながらテクノロジーを使用できること、人々がタイプするよりも話す方が速いという事実(速度)、ヒューマンインターフェイスの増加などが挙げられます。
  • さらに、消費者は、手頃な価格でハイエンドの機能が満載された製品を好むことがよくあります。ホールフーズ店舗でのプロモーション戦略と、ウェブとテレビのコマーシャルの両方でのAlexaに焦点を当てた広告により、Amazon Alexaは消費者の間で大きな勢いを獲得しました。アマゾンはまた、競争力を得るためにいくつかの製品の価格を引き下げました。
  • 出版社やメディア企業は、新しいコンテンツと、スマートスピーカーがそれと対話する方法を試しています。たとえば、NPR、ロイター、ニューヨークタイムズ、CNNなどの出版社や、テネシーアン、インディスター、テキサストリビューンなどのローカルニュースプロバイダーなどです。、全員がスマートスピーカーで聞こえるように設計された短い音声ブリーフィングを作成しています。

最もよく知られているスマートスピーカーには、Amazon EchoやGoogle Nestの製品群がありますが、Sonos Oneなど、AlexaとGoogleアシスタントの両方が組み込まれたサードパーティ製スピーカーも数多くあります。これらの企業は、増大する市場の需要に応えるために新製品を展開しています。スマートスピーカーは日用消費財と食料品のeコマースの次の波を推進すると予測されています。企業は音声テクノロジーをより広範なクロスチャネル戦略に統合することを考えています。

北米が大きなシェアを握ると予想される

  • この地域のミレニアル世代の多くはセルフサービスオプションやメッセージングアプリを好むため、この地域の企業はニーズを満たすためにIVAサービスを選択する可能性が高く、これがこの地域の市場の成長につながるでしょう。
  • この地域の堅調な銀行およびヘルスケア部門は、顧客のパーソナライゼーションを目的としたチャットボットに積極的に投資しています。銀行業界におけるAI支援チャットボットの早期導入者は北米です。
  • たとえば、市場の著名なプレーヤーであるニュアンスコミュニケーションズは、米国の臨床医10,000人のうち80%が、仮想アシスタントが今後数年間でヘルスケアを劇的に変えると信じていることを明らかにしました。このようにセルフサービスオプションに対する消費者の高い傾向がメッセージングアプリケーションの成長につながり、地域全体でIVAチャットボットを導入するのに好ましい環境が整っていることを示しています。
  • また、企業は、自動化された意思決定システムをサポートするために、AIと機械学習の助けを借りてIVAテクノロジーの改善にさらに多くの資金を投入しています。これにより、この地域全体の市場が促進されると予想されます。最近、AmazonはAmazon Voice Services APIに通知機能を追加しました。したがって、この最新の音声通知機能により、Alexaはショッピングの最新情報、今後のオファー、ショッピングフェスティバルの詳細、その他多くの更新情報などの新しいコンテンツを示すことができます。これらの音声検索通知は、今後数年間で最新の動向になると予想されます。
  • 米国は依然としてスマートスピーカー採用にとって重要な市場です。 NPRの最新のスマートオーディオレポートによると、アメリカ人(18歳以上)の約24%が少なくとも1台のスマートスピーカーを所有しており、平均的な所有者は複数台持っています。アメリカ人の大多数はAlexaを所有しています。 Amazonが最初にEchoを導入して以来、米国で人気が高まり、他の上位競合他社に対抗しています。

インテリジェントバーチャルアシスタント(IVA)業界の概要

インテリジェントバーチャルアシスタント(IVA)市場は適度な競争があり、いくつかの重要なプレーヤーがいます。市場シェアの点では、現在、一部の企業が市場を独占しています。しかし、統合された音声およびジェスチャ認識テクノロジーの進歩により、新規参入企業が市場での存在感を高め、新興経済国全体で事業展開を拡大しています。市場における最近の動向には次のようなものがあります。

2022年 9月、顧客との対話を自動化するためのプラットフォームを開発するeGain Corporationは、IBM Watson Assistant用の事前構築済みコネクタが利用可能になったと発表しました。これはIBMとの提携により行われました。このコネクターは、eGain独自のBYOBTM(Bring Your Own Bot)アーキテクチャを使用して、ビジネス・ユーザーにとってWatson AssistantとeGainプラットフォームの統合をコード不要で簡単に実行できます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界関係者の分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • テクノロジーのスナップショット
  • COVID-19感染症がインテリジェントバーチャルアシスタント(IVA)市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • プロフェッショナルサービス全体での顧客エクスペリエンスの向上に重点を置く
    • 市場の成長を牽引するスマートスピーカー
  • 市場抑制要因
    • 生の人との対話に対する嗜好の増加

第6章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • チャットボット
    • スマートスピーカー
  • ユーザーインターフェース別
    • Text-to-Text
    • Text-to-Speech
    • 自動音声(Speech)認識
  • エンドユーザー別
    • チャットボット
      • 小売り
      • BFSI
      • ヘルスケア
      • 電気通信
      • 旅行とホスピタリティ
      • その他のエンドユーザー産業
    • スマートスピーカー
      • 個人
      • 商業
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第7章 競合情報

  • 企業プロファイル
    • Avaamo Inc.
    • EdgeVerve Systems Limited(An Infosys Company)
    • SMOOCH.ai
    • Inbenta Technologies Inc.
    • Creative Virtual Ltd.
    • Serviceaide Inc.
    • Ipsoft Inc.
    • Kore.ai Inc.
    • IBM Corporation
  • Smart Speaker Vendors
    • Amazon.com Inc.
    • Google LLC(Alphabet Inc.)
    • Alibaba Group
    • Sonos Inc.
    • Harman-Kardon Inc
    • Apple Inc.
    • Bose Corporation
    • Xiaomi Inc.
    • Baidu Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 65326

The Intelligent Virtual Assistant Market size is estimated at USD 14.77 billion in 2024, and is expected to reach USD 60.83 billion by 2029, growing at a CAGR of 32.72% during the forecast period (2024-2029).

Intelligent Virtual Assistant (IVA) - Market

Deep neural networks, machine learning, and other advances in AI are making more virtual assistants possible. Chatbots and smart speakers are two examples of virtual assistants that are used in retail, BFSI, and healthcare, among other end-user industries. A virtual assistant acting as a personal assistant is a significant consumer-facing form. With the aid of Apple's Siri or by providing an easy-to-use interface for connected homes or autos, it aids users in completing various chores.

Key Highlights

  • Another use on the rise is virtual assistants adopting the customer service agent role. For enterprises, virtual assistants improve customer and brand experiences with a more consumer-friendly approach. For example, Five9, a cloud contact center provider, launched Five9 Virtual Assistant in partnership with Inference Solutions. The system leverages conversational artificial intelligence to automate manual tasks and answer common questions in the contact center.
  • The capabilities of these assistants can also be changed based on the end user, which makes the customer experience better in a certain industry.For example, in the healthcare industry, a virtual assistant can help a customer find a doctor's office, fill and refill a prescription, and get payment reminders.
  • Some virtual personal assistants that have gained recognition across the healthcare sector are Apple's Siri, Microsoft's Cortana, and Google's Assistant. Small and medium-sized businesses also drive the technology behind intelligent virtual assistants, making them important parts of health-intelligent virtual assistants. For example, Next IT's Alme of Healthcare is a virtual assistant that focuses on managing chronic diseases and actively answers patients' questions and requests. This is currently being adopted on a massive scale by healthcare providers.
  • Aside from healthcare, retail companies also use chatbots in popular messaging apps to give their customers a better experience.Domino's and other stores use AI and machine learning to power virtual assistants like chatbots, which let customers place orders directly through Facebook Messenger.
  • The Spring 2020 Smart Audio Report confirmed that the COVID-19 outbreak caused about 77% of US adults to change their normal routines. During these changes, more people used voice assistants, which was good for market growth.
  • Companies are also rolling out offerings that help people stay aware of these uncertain times. For example, Avaamo, a deep-learning software company that specializes in conversational interfaces and is backed by Wipro Ventures, launched Project COVID, a COVID-19 Intelligent Virtual Assistant that can be used by anyone and helps find answers quickly in plain English.

Intelligent Virtual Assistant (IVA) Market Trends

Smart Speakers to Drive the Market Growth

  • The characteristics expected from a smart speaker nowadays include playing music and controlling smart home devices. An increasing number of smart speakers is believed to give voice assistants more utility in a connected user's life. In a short period of time, voice-activated speakers have become a part of people's routines. Reasons for this include the ability to use the technology while multitasking, the fact that people speak more quickly than they type (speed), and increasing human interfaces.
  • Further, consumers frequently like products that are both affordable and packed with high-end features. Due to its promotional tactics at a Whole Foods store and Alexa-focused advertisements on both the web and television commercials, Amazon Alexa achieved tremendous momentum among consumers. Amazon also lowered the price of several of its products to obtain a competitive edge.
  • Publishers and media companies are trying out new content and ways for smart speakers to interact with it.For instance, publishers like NPR, Reuters, the New York Times, CNN, and local news providers, such as the Tennessean, IndyStar, and Texas Tribune, are all creating short audio briefings designed to be heard on smart speakers.

Among the most well-known smart speakers are the Amazon Echo and Google Nest ranges of products, but there are plenty of third-party speakers, like the Sonos One, which come with both Alexa and Google Assistant built-in. These companies are rolling out new products to cater to the increasing market demand. Smart speakers are forecast to drive the next wave of FMCG and grocery e-commerce. Companies are thinking of integrating voice technology into a broader cross-channel strategy.

North America is Expected to Hold a Major Share

  • Since many millennials in the region prefer self-service options and messaging apps, businesses in the region are likely to choose IVA services to meet their needs, which will help the market grow in the region.
  • The region's robust banking and healthcare sectors have actively invested in chatbots for customer personalization. The early adopters of AI-assisted chatbots in the banking sector are from North America.
  • For instance, Nuance Communications, a prominent player in the market, revealed that 80% of 10,000 US clinicians believe virtual assistants will drastically change healthcare in the next few years. Such high consumer inclination toward self-service options has led to the growth of messaging applications, indicating the favorable environment for adopting IVA chatbots across regions.
  • Also, companies are putting more money into improving IVA technology with the help of AI and machine learning to support automated decision-making systems. This is expected to drive the market across the region.Recently, Amazon added a notification capability to the Amazon Voice Services API. Therefore, this latest voice notification feature allows Alexa to indicate some new content, such as shopping updates, upcoming offers, shopping festival details, and many other updates. These voice search notifications are expected to become the latest trend in the coming years.
  • The US remains an important market for smart speaker adoption. According to the latest Smart Audio Report from NPR, around 24% of Americans (18+) own at least one smart speaker, and the average owner has more than one. The majority of Americans own Alexa. Since Amazon first introduced the Echo, it has become popular in the United States, challenging other top competitors.

Intelligent Virtual Assistant (IVA) Industry Overview

The intelligent virtual assistant market is moderately competitive and has several significant players. In terms of market share, some of the players currently dominate the market. However, with the advancement of integrated speech and gesture recognition technologies, new players are increasing their market presence and expanding their business footprint across emerging economies. Some of the recent developments in the market are:

In September 2022, eGain Corporation, which makes a platform for automating customer interactions, said that a pre-built connector for IBM Watson Assistant was available. This was done in partnership with IBM. The connector uses eGain's unique BYOBTM (Bring Your Own Bot) architecture to make integrating the Watson Assistant with the eGain platform easy and code-free for business users.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Stakeholder Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis
  • 4.5 Technology Snapshot
  • 4.6 Assessment of COVID-19 Impact on the Intelligent Virtual Assistant (IVA) Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Focus to Improve Customer Experience across Professional Services
    • 5.1.2 Smart Speakers to Drive the Market Growth
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Increasing Preference for Live Person Interaction

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Product
    • 6.1.1 Chatbots
    • 6.1.2 Smart Speakers
  • 6.2 By User Interface
    • 6.2.1 Text-to-Text
    • 6.2.2 Text-to-Speech
    • 6.2.3 Automatic Speech Recognition
  • 6.3 By End-User
    • 6.3.1 Chatbots
      • 6.3.1.1 Retail
      • 6.3.1.2 BFSI
      • 6.3.1.3 Healthcare
      • 6.3.1.4 Telecom
      • 6.3.1.5 Travel and Hospitality
      • 6.3.1.6 Other End-User Industries
    • 6.3.2 Smart Speakers
      • 6.3.2.1 Personal
      • 6.3.2.2 Commercial
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
      • 6.4.1.3 Rest of North America
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 Germany
      • 6.4.2.2 United Kingdom
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Spain
      • 6.4.2.5 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 Japan
      • 6.4.3.3 India
      • 6.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
      • 6.4.4.1 Brazil
      • 6.4.4.2 Argentina
      • 6.4.4.3 Rest of Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa
      • 6.4.5.1 UAE
      • 6.4.5.2 Saudi Arabia
      • 6.4.5.3 South Africa
      • 6.4.5.4 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE INTELLIGENCE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Avaamo Inc.
    • 7.1.2 EdgeVerve Systems Limited (An Infosys Company)
    • 7.1.3 SMOOCH.ai
    • 7.1.4 Inbenta Technologies Inc.
    • 7.1.5 Creative Virtual Ltd.
    • 7.1.6 Serviceaide Inc.
    • 7.1.7 Ipsoft Inc.
    • 7.1.8 Kore.ai Inc.
    • 7.1.9 IBM Corporation
  • 7.2 Smart Speaker Vendors
    • 7.2.1 Amazon.com Inc.
    • 7.2.2 Google LLC (Alphabet Inc.)
    • 7.2.3 Alibaba Group
    • 7.2.4 Sonos Inc.
    • 7.2.5 Harman-Kardon Inc
    • 7.2.6 Apple Inc.
    • 7.2.7 Bose Corporation
    • 7.2.8 Xiaomi Inc.
    • 7.2.9 Baidu Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET OUTLOOK