市場調査レポート
商品コード
1444860

スモールセルネットワーク:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Small Cell Networks - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
スモールセルネットワーク:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

設置ベースの観点からのスモールセルネットワーク市場規模は、予測期間(2024年から2029年)中に3.61%のCAGRで、2024年の705万RUから2029年までに841万RUに成長すると予想されます。

スモールセルネットワーク-市場

高速モバイルデータ接続に対する消費者のニーズが突然高まったことにより、次世代無線アクセスネットワークの導入が拡大しています。スモールセルネットワークの設置は、より低コストでより優れたカバレッジを提供するために、商業、住宅、産業用アプリケーションにまで拡大しています。

主なハイライト

  • モバイルデータトラフィックの増加により、通信会社は大量消費者に高速容量を提供するためにネットワークの高密度化に取り組んでいます。特に米国、カナダ、シンガポール、英国、ドイツ、イタリア、フランスなどの先進国におけるスマートシティの台頭により、住宅、商業、政府、産業用にさらに多くのスモールセル5Gネットワークが設置されています。
  • さらに、急速に成長するスマートホームとコネクテッド IoTデバイスにより、インターネットのニーズが異なった形で形成されます。給水の制御、電気の監視、音声起動のセキュリティシステムなど、いくつかのスマートホーム機能は、コネクテッドデバイスでできることの始まりにすぎません。シームレスなエクスペリエンスを実現するには、これらのデバイスが常に高速でインターネットに接続されている必要があります。
  • ユーザーの行動に関する統計によると、屋内ユーザー接続では、Wi-Fiなどの従来の短距離のライセンス不要のスペクトルテクノロジーがますます使用されています。このようなデバイスは主に屋内シナリオに適用されるため、収束スペクトルを開始するのに有益です。したがって、スモールセルネットワークを介したスペクトルの収束により、ネットワーク計画が可能になり、ライセンスのないスペクトル範囲をより効率的に利用できるようになります。さらに、スモールセルのメーカーは、建物内用途での実装の増加を観察しています。たとえば、エリクソンはチャイナユニコムと協力して、北京の500以上の商業ビルおよび住宅ビルにラジオドットシステムを導入しました。
  • いくつかの重要な国は、大手通信プロバイダーによる仮想化スモールセル5Gネットワークインフラストラクチャの展開に多額の投資を行っています。たとえば、マベニアは、2022年 9月に、企業および公共エリア向けに建物内の独立したカバレッジを実現する大容量5Gスモールセルのイントロダクションを発表しました。5Gスモールセルの多用途性により、分散型および集中型の両方のエンドツーエンドのオープン無線アクセスネットワーク(ORAN)が可能になります。同社のORANテクノロジーは、製造、小売、公共スペース、および倉庫のエンド顧客に、大容量で導入が簡単で手頃な価格のソリューションを提供します。
  • 世界は依然としてCOVID-19から回復途上にあり、インターネットの利用が広範囲に行われており、まったく新しい規模のデータ転送速度が必要であることを示しています。インターネットインフラストラクチャが不足しているため、在宅勤務の概念に対する遠隔医療、オンライン教育、テレビ会議の最近の適応を修正する必要があります。 ASSIA, Inc.によると、COVID-19感染症のパンデミックにより、米国では3月初旬以来、PCとスマートフォンのアップロードトラフィックが80%増加し、ウェブカメラ、ラップトップ、PCが常にビデオストリームを実行しているとのことです。

スモールセルネットワーク市場動向

ITおよび電気通信セクターは、市場情勢において大きなシェアを占めると予想されます。

  • 増加するモバイルデータトラフィックには、高度な通信ネットワークが必要です。 5Gの導入により、増大するデータ使用が必要な効率で促進されます。最新のネットワーク開発ニーズにより、予測期間中にスモールセル5Gネットワーク市場が拡大すると予想されます。
  • 最新の環境では、接続されるデバイスの数が増加するため、帯域幅の増加が必要になります。たとえば、Cisco Systems Inc.によると、2030年までに5,000億台のデバイスがインターネットに接続されると予想されています。さらに、5G通信会社は、顧客に帯域幅の向上したサービスを提供するために、低周波数帯域でのスモールセルの展開に注力しています。
  • また、モバイルデータトラフィックは、主にデータ対応デバイスと高帯域幅アプリケーション(APP)によって加速され、急激に増加しています。 Vodafone、AT&T、Softbank、その他の大手通信事業者は、すでにマクロネットワークを活用して、スモールセルソリューションを実装することで差別化を図っています。たとえば、Verizonは、ニューヨーク、シカゴ、アトランタ、サンフランシスコなど、米国のいくつかの都市にスモールセルを展開しています。

アジア太平洋は予測期間中に最も高い成長率を維持すると予想される

  • アジア太平洋は、通信会社による5Gインフラストラクチャの導入と強化によるモバイルデバイスの採用の増加とさまざまなベンダーのパートナーシップにより、最も急速な成長率を示すと見込まれています。たとえば、昨年 1月、エリクソンはクアルコムおよびアジアパシフィックテレコム(APT)と協力して、5G New Radio Dual Connectivity(NR-DC)による台湾初のデータ通話を完了し、ミッドバンド(2.6 GHz)全体でAPTのスペクトル保有を収集しました。およびハイバンド(28 GHz、またはミリ波)周波数。この試験は台湾の5Gスタンドアロンネットワークへの移行において極めて重要であり、いくつかの新しい機会と応用が開かれます。このようなテストは、5Gスモールセルが通信業界のインフラストラクチャを提供する将来となる可能性を示しています。
  • アジア太平洋地域で増加し続けるモバイルデータトラフィックは、スモールセルネットワーク業界を強力にサポートします。たとえば、昨年 1月、Datareportalは世界中のインターネットユーザーが49億5,000万人であると報告しました。また、シスコの推計によれば、この地域には年末までに26億人のインターネットユーザーがいると予想されています。 2つの情報源が述べた事実を相関させると、アジア太平洋が世界中のユーザーの全体的なシェアを占めています。シスコはまた、ホームスポットの総数で中国が世界をリードし、米国と日本がそれに続くだろうとも述べた。この地域で増加し続けるモバイルデータトラフィックは、スモールセルネットワーク業界を強力にサポートします。
  • 昨年 3月、ZTE、AIS、およびクアルコムテクノロジーズ社は、世界初の5G NR-DC(New Radio Dual Connectivity)フィールドデモンストレーションを発表し、ピークダウンリンク速度 8.5 GB/秒とピークアップリンク速度 2.17 GBを達成しました。タイでは1台のモバイルデバイスを使用して/sを実行します。キーバンド周波数は2.6 GHz~26 GHzのスペクトル内にありました。この提携には、タイの5Gネットワークの機能を向上させ、5Gアプリケーション空間を拡大するための協力的な取り組みの一環として、Sub-6と5Gミリ波の2つの重要な5G周波数帯域が組み込まれています。
  • 主要市場プレーヤー間の提携による最近の発展は、4Gから5Gへの移行を強調し、スモールセルおよび5G通信業界のさらなる発展の強い見通しを示しています。たとえば、NokiaはTPG Telecomと提携して、アジア太平洋初のライブフェムトセルをライブネットワークに配置し、TPGの企業顧客に焦点を当て続けました。 Nokiaスマートノードの「プラグアンドプレイ」の性質により、高速4Gおよび5G接続に関して高品質、信頼性、低遅延の成果物が提供されます。

スモールセルネットワーク業界の概要

スモールセルネットワーク業界は、Nokia Networks、Qualcomm Technologies Inc.、Cisco Systems Inc.、Huawei Technologiesなどの多数の大手競合企業のせいで細分化されています。各企業は激しい競合にさらされており、競争上の優位性を獲得するために常に製品の改良を試みています。企業はまた、市場シェアを拡大するために、ベンダーやテクノロジープロバイダーと戦略的パートナーシップを形成しています。

2022年 3月、オープン通信ソリューションの世界的リーダーの1つであるRadisysiR Corporationは、韓国のスモールセルプレーヤーであるQucell Networksが、RadisysのConnect RAN gNodeBソフトウェアを活用して世界市場向けに5Gスモールセルソリューションを展開していると発表しました。世界中の複数の通信事業者のネットワークが、統合された商用グレードの5Gスモールセルソリューションをテストしています。大手企業間の世界なパートナーシップは、テクノロジーを共有することで市場の破壊に大きく貢献してきました。

2022年 3月、O2、Telefteutonica Germany、およびNEC Corporation(NEC、TSE:6701)は、ドイツ初のオープン仮想 RANアーキテクチャベースのスモールセルの立ち上げに成功したと発表しました。スモールセルサービスは、ミュンヘン市の中心部に初めて導入され、この人口密集地の現在のモバイルネットワークに容量を追加することで顧客エクスペリエンスを向上させました。 NECは、Telefteutonica SAの4か国の主要なシステムインテグレータであり、さまざまなユースケースに合わせてオープンRANアーキテクチャをさまざまな地域(都市、郊外、農村)にどのように展開できるかを調査するNECの取り組みの主要なシステムインテグレータです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19の市場への影響
  • 市場促進要因
    • ネットワーク技術と接続デバイスの進化
    • モバイルデバイスの需要の高まり
    • ITおよび通信セクターの成長が市場全体を牽引
  • 市場抑制要因
    • ネットワーク管理の必要性の増大
  • テクノロジーのスナップショット
    • フェムトセル
    • ピコセル
    • マイクロセル
    • メトロセル
    • ラジオドットシステム

第5章 市場セグメンテーション

  • 動作環境
    • 屋内
    • アウトドア
  • エンドユーザー産業
    • BFSI
    • ITとテレコム
    • ヘルスケア
    • 小売り
    • 電力とエネルギー
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • アルゼンチン
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Nokia Networks
    • American Tower Corporation
    • Qualcomm Technologies Inc.
    • ZTE Corporation
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Verizon Wireless
    • Airvana Inc.(CommScope Inc.)
    • Cisco Systems Inc.
    • Qucell Inc.
    • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • AT&T Inc.
    • Cirrus Core Networks
    • Airspan Networks Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 62366

The Small Cell Networks Market size in terms of installed base is expected to grow from 7.05 Million RUs in 2024 to 8.41 Million RUs by 2029, at a CAGR of 3.61% during the forecast period (2024-2029).

Small Cell Networks - Market

The deployment of the next-generation radio access network has expanded due to consumers' suddenly rising need for fast mobile data connectivity. Small cell network installation is expanding across commercial, residential, and industrial applications to offer better coverage at a lower cost.

Key Highlights

  • Rising mobile data traffic has caused telecom companies to move toward network densification to provide mass consumers with high-speed capacity. Due to the rise of smart cities, especially in developed economies like the U.S., Canada, Singapore, the UK, Germany, Italy, and France, more small cell 5G networks are being set up for residential, commercial, government, and industrial use.
  • Further, the rapidly growing smart home and connected IoT devices shape the need for the internet differently. Several smart home features, like controlling the water supply, keeping an eye on the electricity, and having voice-activated security systems, are just the beginning of what connected devices can do. For a seamless experience, these devices need to be connected to the internet all the time and at a high speed.
  • Statistics on user behavior have indicated that indoor user connections increasingly use traditional short-range unlicensed spectrum technologies, like Wi-Fi. Such devices are mainly applied to indoor scenarios, which makes them beneficial for starting the convergence spectrum. Thus, spectrum convergence through a small cell network allows for network planning and utilizing the unlicensed spectrum range more efficiently. Moreover, manufacturers of small cells are observing an increased implementation among in-building applications. For example, Ericsson collaborated with China Unicom to deploy the Radio Dot System at over 500 commercial and residential buildings in Beijing.
  • Several significant countries are investing heavily in the deployment of virtualized small cell 5G network infrastructure by major telecom providers. For instance, Mavenir announced the introduction of high-capacity 5G small cell in-building independent coverage for businesses and public areas in September 2022. The 5G small cell's versatility allows for both distributed and centralized end-to-end open radio access network (ORAN) architectures.The company's ORAN technology provides end customers in manufacturing, retail, public spaces, and warehouses with a high-capacity, simple-to-deploy, and affordable solution.
  • The world is still recovering from COVID-19 and has extensive internet usage, indicating the need for a whole new scale of data transfer rates. Recent adaptations of telemedicine, online education, and teleconferencing for work-from-home concepts must be fixed due to a lack of internet infrastructure. According to ASSIA, Inc., due to the COVID-19 pandemic, there was an 80% increase in PC and smartphone upload traffic since the beginning of March in the United States, with webcams, laptops, and PCs running video streams all the time.

Small Cell Networks Market Trends

IT and Telecom Sectors Expected to have Significant Share in the Market Landscape.

  • The increasing mobile data traffic demands advanced telecommunication networks. The deployment of 5G will facilitate the growing data usage with the required efficiency. The latest network development needs are expected to boost the market for small cell 5G networks over the forecast period.
  • In the modern environment, the increased number of connected devices creates the need for increased bandwidth. For instance, according to Cisco Systems Inc., 500 billion devices are expected to be connected to the internet by 2030. Furthermore, 5G telecom companies are focusing on deploying small cells in low-frequency bands to provide customers with increased bandwidth services.
  • Also, mobile data traffic is growing exponentially, primarily driven by data-capable devices and high-bandwidth applications (APPs). Vodafone, AT&T, Softbank, and other big operators have already leveraged their macro networks to create differentiation by implementing small-cell solutions. For instance, Verizon has deployed small cells in several U.S. cities, including New York, Chicago, Atlanta, and San Francisco.

Asia-Pacific Expected to Hold the Fastest Growth Rate over the Forecast Period

  • Asia-Pacific is set to depict the fastest growth rate because of the increased adoption of mobile devices and various vendor partnerships, with telecom companies introducing and strengthening 5G infrastructure. For example, in January last year, Ericsson, in association with Qualcomm and Asia Pacific Telecom (APT), completed Taiwan's first data call with 5G New Radio Dual Connectivity (NR-DC), collecting APT's spectrum holdings across mid-band (2.6 GHz) and high-band (28 GHz, or mmWave) frequencies. The trial is pivotal in Taiwan's transition to 5G standalone networks, opening several new opportunities and applications. Tests like these portray the scope for 5G small cells to be the future of the telecom industry when it comes to providing infrastructure for the same.
  • Asia Pacific's constantly increasing mobile data traffic will strongly support the small cell network industry. For instance, in January last year, Datareportal reported 4.95 billion internet users worldwide. Also, as estimated by Cisco, the region is expected to have 2.6 billion internet users by the end of the year. As we correlate the facts stated by the two sources, Asia-Pacific dominates the overall share of users worldwide. Cisco also mentioned that China would lead the world in terms of the total number of home spots, followed by the US and Japan. The region's constantly increasing mobile data traffic will strongly support the small cell network industry.
  • In March last year, ZTE, AIS, and Qualcomm Technologies, Inc. announced the world's first 5G NR-DC (New Radio Dual Connectivity) field demonstration, achieving a peak downlink speed of 8.5 GB/s and a peak uplink speed of 2.17 GB/s with a single mobile device in Thailand. The key band frequencies fell in the spectrum between 2.6 GHz and 26 GHz. This collaboration incorporates two critical 5G frequency bands, Sub-6 and 5G mmWave, as part of the cooperative effort to improve Thailand's 5G network's capabilities and expand the 5G application space.
  • Recent developments through alliances among chief market players indicate the strong prospects of further development in the small cell and 5G telecom industries, highlighting the transition from 4G to 5G. For instance, in association with TPG Telecom, Nokia placed Asia-Pacific's first live Femtocell in a live network, keeping TPG's enterprise customers in focus. The "plug and play" nature of the Nokia Smart Node provides high quality, reliability, and low latency deliverables in terms of high-speed 4G and 5G connectivities.

Small Cell Networks Industry Overview

The small cell network industry is fragmented because of numerous large competitors such as Nokia Networks, Qualcomm Technologies Inc., Cisco Systems Inc., and Huawei Technologies Co. Ltd. The companies are in intense competition and are constantly attempting to improve their products to acquire a competitive advantage. The corporations are also forming strategic partnerships with vendors and technology providers to expand their market share.

In March 2022, Radisys?iR) Corporation, one of the global leaders in open telecom solutions, announced that Qucell Networks, a Korean small cell player, is deploying 5G small cell solutions for global markets leveraging Radisys' Connect RAN gNodeB software. Multiple operators' networks worldwide are testing the integrated commercial-grade 5G small-cell solution. Global partnerships among big players have contributed significantly to market disruption by sharing technologies.

In March 2022, O2 and Telefónica Germany and NEC Corporation (NEC; TSE: 6701) announced the successful launch of Germany's first open and virtual RAN architecture-based small cells. The small cell service was first deployed in Munich's city center to improve the customer experience by adding capacity to the current mobile network in this densely populated location. NEC is the primary system integrator for Telefónica S.A.'s four nations and for NEC's effort to investigate how Open RAN architecture may be deployed in various geographies (urban, suburban, and rural) for various use cases.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.5 Market Drivers
    • 4.5.1 Evolution of Network Technology and Connectivity Devices
    • 4.5.2 Rising Demand for Mobile Devices
    • 4.5.3 Growth in IT and Telcom Sector to drive the overall market
  • 4.6 Market Restraints
    • 4.6.1 Increased Need for Managing Network
  • 4.7 Technology Snapshot
    • 4.7.1 Femtocell
    • 4.7.2 Picocell
    • 4.7.3 Microcell
    • 4.7.4 Metrocell
    • 4.7.5 Radio Dot Systems

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Operating Environment
    • 5.1.1 Indoor
    • 5.1.2 Outdoor
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 BFSI
    • 5.2.2 IT and Telecom
    • 5.2.3 Healthcare
    • 5.2.4 Retail
    • 5.2.5 Power and Energy
    • 5.2.6 Other End-user Verticals
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 UK
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Spain
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of APAC
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Mexico
      • 5.3.4.3 Argentina
      • 5.3.4.4 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 UAE
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 South Africa
      • 5.3.5.4 Rest of MEA

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Nokia Networks
    • 6.1.2 American Tower Corporation
    • 6.1.3 Qualcomm Technologies Inc.
    • 6.1.4 ZTE Corporation
    • 6.1.5 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 6.1.6 Verizon Wireless
    • 6.1.7 Airvana Inc. (CommScope Inc.)
    • 6.1.8 Cisco Systems Inc.
    • 6.1.9 Qucell Inc.
    • 6.1.10 Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • 6.1.11 AT&T Inc.
    • 6.1.12 Cirrus Core Networks
    • 6.1.13 Airspan Networks Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET