デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444829

AI画像認識の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

AI Image Recognition - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
AI画像認識の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のAI画像認識の市場規模は、2024年に25億5,000万米ドルと推定され、2029年には44億4,000万米ドルに達し、予測期間中(2024年~2029年)にCAGR11.76%で成長すると予測されています。

AI画像認識- 市場

人工知能(AI)は、テクノロジーを使用して人間の知性の認知プロセスを再現するテクノロジー分野です。画像認識は、その誕生以来、AIの最も収益性が高く有益な用途の1つとして長い間認識されてきました。画像認識は、コンピュータービジョンと密接に関連しており、画像内の素材を認識して理解するコンピューターの能力を扱うコンピューターサイエンスの学際的な分野です。

主なハイライト

  • 人工知能(AI)は、言語認識ソフトウェア、スマートフォン用のAI強化カメラ、銀行の金融取引分析、自動運転車のアルゴリズムなど、日常生活のさまざまな側面に組み込まれています。診断から治療の推奨に至るまで、数多くの用途にAIが登場することで、医療画像は根本的な変革を迎えています。
  • 操作を強化および自動化し、ユーザーエクスペリエンスを豊かにする能力により、人工知能(AI)テクノロジーの採用が増加しています。放射線診断などのヘルスケア分野でのAIの採用の増加により、予測期間中のAI市場の成長が促進されると予想されます。防衛分野は、技術開発に巨額の予算を割り当ててAIのイノベーションを推進すると予想されています。
  • ビッグデータはさまざまな業界で広く導入されています。インターネットの強力な普及と新しいテクノロジーにより、世界中で生成されるデータが大幅に増加しています。モノのインターネット、インダストリー4.0、5Gなどのテクノロジーは、AIを促進します。技術の進歩によるデータ生成の大幅な増加により、ビッグデータが生まれます。 AIは、時間と労力がかかるデータ準備、データ視覚化、予測モデリング、その他の複雑な分析操作を自動化および改善することにより、ビッグデータ分析を簡素化します。 AIは、大規模で複雑なデータセットの分析を高速化し、関連するユーザーの洞察を明らかにします。
  • AIとディープラーニングの用途がハイテク大手から中小企業に至るまで世界的に拡大するにつれ、AI技術者のニーズが大幅に増加しています。しかし、AIの専門技術者は不足しています。
  • AI導入の増加を経験した業界はほとんどなかったため、COVID-19感染症は市場にプラスの影響を与えました。しかし、他の企業は減少に直面しました。パンデミックは、企業経営者にデジタル変革に関する重要な洞察を与えました。データ分析とAIが組織にもたらす可能性は、最も説得力のある教えの1つです。たとえば、AI支援により、公共部門のプロセス、人材、サービスがオンライン化され、地方自治体、地域政府、中央政府はAIを導入せざるを得ません。数か月の間に、世界中の政府は、国民の教育や患者の検査から接触者の追跡に至るまで、ウイルスと戦うための武器としてAIを使用する方法を学びました。

AI画像認識市場動向

ヘルスケア部門は大幅な成長が見込まれる

  • CTスキャン、X線、超音波、磁気共鳴画像法などのAI画像認識技術の幅広い用途により、ヘルスケア分野におけるAI画像認識技術の導入は世界的に急速に成長しています。さらに、セキュリティと患者識別の向上から患者の監視と診断の向上に至るまで、AI画像認識テクノロジーは患者エクスペリエンスを向上させ、ヘルスケア従事者の作業負荷を軽減するのに役立っています。
  • さらに、AI画像認識モデルはさまざまな状態の診断を支援します。モデルは、MRIまたはX線装置からの画像やその他の視覚出力をスキャンするようにトレーニングおよび展開して、モデルが特定するようにトレーニングされた医療異常を検出、位置特定、フラグ立てすることができます。たとえば、画像内の腫瘍の数と正確な位置を特定できるため、医師の注意を悪性またはがん性の要素に向けることができます。
  • さらに、AI画像認識モデルは、患者の健康診断結果と密接に関連する同様の症状の情報を検索するのに役立ちます。 MRIまたはX線スキャンは、がん、骨折、その他多くの状態を含むさまざまな病気や外傷に関する洞察力に富んだ画像を医療チームに提供するために、すでに実装されています。画像類似性検索は、類似した画像を取得することでこの分野に利益をもたらします。これは、関心のある患者からの画像に類似した外観のX線またはMRI画像を提供することで、医師の正確な診断に役立ちます。
  • さらに、入退院のプロセスは、ヘルスケア現場では基本的なものです。 AI画像認識テクノロジーにより、よりアクセスしやすく、より高速になると同時に、病院スタッフの作業負荷が軽減されます。 2026年までに、世界中のヘルスケア現場でロボット支援手術を使用することで得られる潜在的な年間利益は約400億米ドルに達すると予測されています。さらに、仮想看護アシスタントAI用途の年間利用価値は200億米ドルに達すると予測されました。患者が施設に入ると、顔認識システムが患者の顔をスキャンし、病院のデータベースと照合します。患者の身元は、書類や追加の身分証明書を必要とせずにリアルタイムで確認されます。
  • さらに、いくつかの要因が同時に放射線医学へのAIの統合を推進しています。まず、多くの国で放射線科の訓練を受けた医師が不足していますが、画像診断の需要が高まっていることを考慮すると、これは作業効率と生産性の向上に役立ちます。

アジア太平洋は最も急成長する市場になると予想される

  • 中国、インド、日本などの国の製造、ヘルスケア、小売、Eコマースのエンドユーザー業界でのAI画像認識サービスの導入が、アジア太平洋での市場シェアの上昇に寄与している可能性があります。この分野における先進技術の導入は近年加速しています。コンピューティングシステムの全体的な容量は、データ処理、ストレージ、可用性とともに増加しました。
  • Center for Security and Emerging Technologies(CSET)のレポートによると、インドはAIエコシステムの重要なプレーヤーおよび不可欠なパートナーとなるのに有利な立場にあります。米国のシンクタンクが発表した調査によると、インドのAI政策は正しい軌道に乗っているといいます。さらにインドのテクノロジー新興企業6社がユニコーンクラブに参加しました。インドのユニコーン企業は2020年に7社、2019年には6社にとどまった。専門家らは、2025年までにインドのユニコーン企業は150社以上になると予想しています。
  • さらに、政府や組織はガバナンスのためのAIテクノロジーの研究開発に投資しています。中国政府は次世代AI開発計画の策定を発表し、2030年までに政策支援、中央調整、総額1,500億米ドル以上の投資を約束しています。この10年間の終わりまでに、中国のAIビジネスは年間収益1,600億米ドルを生み出し、関連産業の年間売上高は1兆6,000億米ドルに達すると予想されています。
  • アジア太平洋の市場は、中国によるセキュリティおよび監視システムにおける顔認証の利用拡大により、成長が見込まれています。その一例として、中国政府は国内で実名登録法を施行し、住民がオンラインアカウントを政府の公式IDにリンクすることを義務付けています。これらの規制により、全国的に画像認識の使用が増加しました。これにより調査対象市場が促進される見通しです。
  • Eコマース分野でもAI画像認識が活用されるようになりました。ビジュアル検索市場は過去に大幅に成長しました。今日の消費者は言葉よりも商品写真を使って商品を探す傾向にあるため、これは重要です。この地域のAI画像認識企業は新製品を開発しており、アジア太平洋の政府機関は、この地域の技術要素を強化し、デジタル変革政策を強化するために多額の投資を行っています。このような取り組みや開発は、この地域の調査対象市場を推進する見込みです。

AI画像認識業界の概要

調査対象市場における競合企業間の敵対関係は激しく、予測期間中は維持されると予想されます。この市場の主要企業は定期的に製品を革新し、持続的な競争上の優位性を獲得しています。このため、企業間では常に、新製品の革新と導入をめぐって激しい競合が繰り広げられています。激しい競合により価格が下がり、業界全体の収益性が低下します。

2022年8月、非構造化画像、ビデオ、テキスト、音声データの主要AIプラットフォームであるClarifaiは、Clarifaiのプラットフォーム上に構築された新しい無料サービス Clarifai Communityを開始しました。データサイエンティストと開発者がそれを使用します。コードを使わずにビジネスユーザーがモデルやワークフローを作成し、それらを世界中の他のユーザーと共有することが簡単になり、誰もがAIを使用してその恩恵を受けることができるという現実が前進します。

2022年9月、国際産科婦人科超音波学会(ISUOG)世界会議 2022が9月16日から9月18日まで英国のロンドンで開催される予定でした。Samsung Medison(大手医療機器メーカーであり、Samsung Electronicsの子会社)は、ハイエンドのHERA W10産科および婦人科用超音波装置のデモンストレーション機能に出席します。HERA W10システムには、インテリジェントアシスト(AI診断ソリューション)、V8・V7が搭載されています。これら2つの最高級超音波システムは、さまざまな医療専門分野のプレミアムAI診断ソリューションと併用できます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • AI導入の拡大
    • ビッグデータ分析の利用の増加
    • ハードウェアのコストの低下
  • 市場抑制要因
    • 技術的な専門知識の欠如

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 最終用途産業別
    • 自動車
    • BFSI
    • ヘルスケア
    • 小売
    • セキュリティ
    • その他の最終用途産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Amazon Web Services Inc.(Amazon.Com Inc.)
    • Google LLC(Alphabet Inc.)
    • Clarifai Inc.
    • IBM Corporation
    • Intel Corporation
    • Micron Technologies Inc.
    • Microsoft Corporation
    • Nvidia Corporation
    • Qualcomm Incorporated
    • Samsung Electronics Co. Ltd.
    • Xilinx Inc.(AMD Inc.)

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 59761

The AI Image Recognition Market size is estimated at USD 2.55 billion in 2024, and is expected to reach USD 4.44 billion by 2029, growing at a CAGR of 11.76% during the forecast period (2024-2029).

AI Image Recognition - Market

Artificial intelligence (AI) is a technology field that uses technology to replicate the cognitive processes of human intellect. Since its inception, image recognition has long been recognized as one of artificial intelligence's most lucrative and beneficial applications. Image recognition, closely related to computer vision, is an interdisciplinary area of computer science that deals with a computer's capacity to recognize and comprehend the material within images.

Key Highlights

  • Artificial intelligence (AI) has been incorporated into many aspects of daily life, including language recognition software, AI-enhanced cameras for smartphones, financial transaction analysis in banks, and self-driving car algorithms. With the emergence of AI for numerous applications, from diagnosis to therapy recommendations, medical imaging is going through a fundamental transformation.
  • The adoption of artificial intelligence (AI) technology is rising due to its ability to enhance and automate operations and enrich the user experience. The increasing adoption of AI in the healthcare sector, such as in diagnostic radiology, is expected to fuel the growth of the AI market over the forecast period. The defense sector is expected to drive innovations in AI with huge budgets allocated for technology development.
  • Big data is being adopted widely in different industries. With robust internet penetration and new technologies, there is massive growth in the data generated globally. The technologies, such as the Internet of Things, Industry 4.0, and 5G, among others, encourage artificial intelligence. Massive growth in data generation due to technological advancements results in big data. AI simplifies big data analytics by automating and improving data preparation, data visualization, predictive modeling, and other complicated analytical operations that may otherwise be time-consuming and labor-intensive. AI speeds up analyzing massive, complex datasets and surfacing relevant user insights.
  • As AI and deep learning applications expand globally, from tech giants to small and medium-sized businesses, the need for artificial intelligence technicians has increased significantly. However, there has been a shortage of expert AI technicians.
  • COVID-19 positively impacted the market as few industries witnessed an increase in AI adoption; however, others faced a decline. The pandemic educated business executives with vital insights into digital transformation. The potential that data analytics and artificial intelligence bring to an organization is one of the most compelling teachings. For instance, AI aids push processes, people, and services online in the public sector and compel local, regional, and national governments to embrace AI. In a few months, governments globally have learned to use AI as a weapon to fight against the virus, from educating the public and screening patients to tracking and tracing contacts.

Artificial Intelligence Image Recognition Market Trends

Healthcare Sector is Expected to Witness Significant Growth

  • The adoption of AI image recognition technology in the healthcare sector is rapidly growing globally, owing to a wide range of applications for artificial intelligence image recognition technology in CT scans, X-rays, ultrasound, and magnetic resonance imaging. Furthermore, from improved security and patient identification to better patient monitoring and diagnosis, AI image recognition technology has helped improve the patient experience and reduce the workload for healthcare workers.
  • Additionally, AI image recognition models can assist in diagnosing various conditions. The models can be trained and deployed to scan images from MRI or X-ray machines and other visual outputs to detect, locate, and flag up medical abnormalities the model has been trained to identify. For instance, it can identify the number and exact locations of tumors within an image, helping to direct the medical practitioner's attention to the malignant or cancerous elements.
  • Furthermore, AI image recognition models help retrieve information on similar conditions closely related to the patient's results from a medical examination. MRI or X-ray scans are already implemented to provide medical teams with insightful images for various diseases and traumas, including cancer, broken bones, and many other conditions. Image similarity search can benefit this field by retrieving similar images, which can help doctors with an accurate diagnosis by supplying X-ray or MRI images of a similar physical appearance to those from the patient of concern.
  • Additionally, check-in and check-out processes are fundamental in the healthcare setup. AI image recognition technology can make them more accessible and faster, simultaneously decreasing the workload for hospital staff. By 2026, the value of the potential annual benefits of using robot-assisted surgery in healthcare settings globally was forecast to be approximately USD 40 billion. Furthermore, it was forecast that the annual value of using virtual nursing assistant AI applications would amount to USD 20 billion. When patients enter the facility, the face recognition system scans their faces and runs them against the hospital database. The patient's identity is verified in real-time without paperwork or additional identification documents.
  • Furthermore, several factors simultaneously drive the integration of AI in radiology. First, in many countries, there is a shortage of doctors trained in radiology, which, considering the rising demand for diagnostic imaging, helps increase work efficiency and productivity.

Asia-Pacific is Expected to be the Fastest Growing Market

  • Adopting AI image recognition services in end-user industries like manufacturing, healthcare, retail, and e-commerce in nations like China, India, Japan, and others may be responsible for this market share rise in the Asian-Pacific region. The adoption of advanced technologies in this area has accelerated in recent years. The overall capacity of computing systems has increased along with data processing, storage, and availability.
  • According to a report by the Center for Security and Emerging Technologies (CSET), India is well-positioned to become a significant player and an essential partner in the AI ecosystem. According to research published by a US think tank, India's AI policy is on the right track. Six more Indian technology start-ups have joined the Unicorn Club. India only produced seven unicorns in 2020 and six in 2019. Experts believe that by 2025, India is expected to have more than 150 unicorns.
  • Furthermore, the government and organizations are investing in the research and development of AI technologies for governance. The Chinese government announced the establishment of the Next Generation Artificial Intelligence Development Plan, which promises policy support, central coordination, and investments totaling more than USD 150 billion by 2030. By the end of this decade, China's AI business is expected to produce USD 160 billion in yearly revenues, with allied industries generating USD 1.6 trillion in annual sales.
  • The Asian Pacific region's market is expected to rise due to China's expanding use of face recognition in security and surveillance systems. As an illustration, the Chinese government has implemented real-name registration laws in the nation, mandating that residents link their online accounts to their official government IDs. These regulations have increased the use of image recognition throughout the country. This will drive the study market.
  • The e-commerce sector is now using AI image recognition as well. The market for visual search has grown significantly in the past. This is significant because today's consumers are more likely to look for products using product photos than words. The AI image recognition firms in the region are developing new products, and government bodies in the Asia Pacific are investing heavily to upscale the region's technological factors and enhance their digital transformation policies. Initiatives and developments like these will drive the study market in the area.

Artificial Intelligence Image Recognition Industry Overview

The intense competitive rivalry in the market studied is high and expected to sustain itself over the forecast period. The key players in this market are innovating their products regularly, leading them to gain a sustainable competitive advantage. Due to this, there is always high competition between players to innovate and introduce new products. The intense competition will decrease prices and decrease the industry's overall profitability.

In August 2022, Clarifai, the leading AI platform for unstructured image, video, text, and audio data, launched a new free service, Clarifai Community, built on Clarifai's platform. Data scientists and developers use it. It is easy for no-code business users to create models and workflows and share them with others globally, advancing the reality that all can use and benefit from AI.

In September 2022, the International Society of Ultrasound in Obstetrics and Gynecology (ISUOG) World Congress 2022 was to take place in London, United Kingdom, from September 16 to September 18. Samsung Medison, a leading medical equipment manufacturer and a subsidiary of Samsung Electronics, will attend the function to demonstrate its high-end HERA W10 obstetric and gynecological ultrasound equipment. The HERA W10 system has Intelligent Assist (AI diagnostic solutions), V8, and V7. These two top-of-the-line ultrasound systems can be employed with premium AI diagnostic solutions in various medical specialties.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing AI Adoption
    • 5.1.2 Increasing Use of Big Data Analytics
    • 5.1.3 Declining Costs of Hardware
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of Technical Expertise

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Hardware
    • 6.1.2 Software
    • 6.1.3 Services
  • 6.2 By End-user Verticals
    • 6.2.1 Automotive
    • 6.2.2 BFSI
    • 6.2.3 Healthcare
    • 6.2.4 Retail
    • 6.2.5 Security
    • 6.2.6 Other End-user Verticals
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Amazon Web Services Inc. (Amazon.Com Inc.)
    • 7.1.2 Google LLC (Alphabet Inc.)
    • 7.1.3 Clarifai Inc.
    • 7.1.4 IBM Corporation
    • 7.1.5 Intel Corporation
    • 7.1.6 Micron Technologies Inc.
    • 7.1.7 Microsoft Corporation
    • 7.1.8 Nvidia Corporation
    • 7.1.9 Qualcomm Incorporated
    • 7.1.10 Samsung Electronics Co. Ltd.
    • 7.1.11 Xilinx Inc. (AMD Inc.)

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET