デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444394

生物製剤 - 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Biologics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 145 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.96円
生物製剤 - 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 145 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

生物製剤市場規模は2024年に4,295億米ドルと推定され、2029年までに6,012億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.96%のCAGRで成長します。

生物製剤- 市場

COVID-19のパンデミックは市場に大きな影響を与えました。パンデミック中に生物製剤に対する大きな需要があり、それが市場の成長に大きく貢献しました。たとえば、2020年5月、カナダ国立調査評議会と中国に拠点を置くCanSino Biologicsは、カナダでのCOVID-19ワクチンの臨床開発で協力しました。COVID-19の治療のために行われた広範な研究開発活動は、パンデミック中の生物製剤市場の成長に大きく貢献しました。パンデミックは終息しましたが、さまざまな治療法において生物学的製剤の重要性が高まっているため、生物学的製剤の需要は今後数年間で増加すると予想されます。

この市場は主に、主要企業からの資本投資の増加、慢性疾患の負担の増加、主要な生物学的製剤の特許独占権の喪失、革新的な治療法に対する需要の高まりと受け入れられるようになったことによって動かされています。

WHOによると、非感染性疾患(NCD)は年間4,100万人の死亡を引き起こしており、これは総死亡率の71%に相当します。毎年、30歳から69歳までの1,500万人以上が非感染性疾患で亡くなっています。これらの「早期」死亡の約85%は低・中所得国で発生しています。また、非感染性疾患による死傷者全体の77%は低所得国および中所得国で発生しています。年間の非感染性疾患による死亡のほとんどは心血管疾患によるものであり(1,790万人)、続いてがん(930万人)、呼吸器疾患(410万人)、糖尿病(150万人)となっています。慢性疾患の症例が増加しているため、慢性疾患の治療における生物学的製剤の需要はさらに増加すると予想されます。

投資の増加も市場全体の成長に貢献しています。 2021年1月、Biocon Ltdは、子会社Biocon Biologics Ltdの取締役会がアブダビ最大の持ち株会社の1つであるADQによるプライマリーエクイティ投資を承認したと報告しました。契約条件に従い、ADQはバイオシミラー事業の少数株式1.80%に5億5500万ルピーを投資し、Biocon Biologicsの評価額はポストマネー評価額41億7,000万米ドルとなります。このような投資は、今後数年間で市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、生物製剤の研究開発活動の増加が市場の成長を支えています。たとえば、TXBioパイロット助成プログラムは、テキサス大学オースティン自然科学大学とコックレル工学部が主導する調査イニシアチブであり、大学全体で開発された生物学的療法の発見、早期開発、臨床応用に焦点を当てています(UTオースティン)。 TXBio(Texas Biologics)は、生物製剤の発見と翻訳に関連するテキサス大学オースティン校の知的環境とインフラストラクチャを改善するために使用されている慈善寄付によって資金提供されています。

さらに、主要な市場プレーヤーによる生物学的製品の発売が市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2021年10月、キャディラ・ファーマシューティカルズ(キャディラ)はインド市場で2つの同様の生物学的製剤、すなわちテリパラチド生物学的製剤であるNuPTHと、自己免疫治療薬アダリムマブの同様の生物学的製剤であるカダリマブを発売しました。さらに、アムジェンは2021年5月、提携先のアストラゼネカが重度喘息のファーストインクラス薬となる可能性があるテゼペルマブの生物製剤ライセンス申請書(BLA)を米国食品医薬品局(FDA)に提出したと報告しました。

したがって、上記の要因が今後5年間の市場の成長を促進すると予想されます。しかし、厳格な規制プロセス、多額の資本投資、特許独占権の喪失により、市場の成長が抑制される可能性があります。

生物製剤市場動向

がん分野がアプリケーション分野を支配すると予想される

がんの負担は世界中で増加しており、がん治療は地域および国家の優先順位に応じて変更される可能性があります。がんの生物学的療法は、免疫系を誘導してがん細胞を認識して殺すことを目的としています。

グロボカンレポート2020によると、世界中で約19,292,789人の新たながん症例と9,958,133人が報告されました。乳がん、肺がん、結腸直腸がん、および前立腺がんが最も罹患率の高いがんです。生物学的療法は、腫瘍の増殖を予防または遅らせ、がんの広がりを防ぐために、さまざまながんの治療に使用されます。生物学的療法は、多くの場合、他のがん治療法に比べて有毒な副作用が少ないです。がんの生物学的療法は、免疫系を誘導してがん細胞を認識して殺すことを目的としています。

各国政府は、人々ががんを早期に発見できるよう、がんとその診断についての意識を高める取り組みを行っています。例えば、2022年2月、インドのタミル・ナドゥ州保健大臣は、タミル・ナドゥ州政府は、適切な治療を提供するために、2030年までに第1段階と第2段階のがん患者の66%を特定する政策の策定に熱心に取り組んでいると述べた。このような政策は市場の成長を促進すると予想されます。

市場関係者はまた、がん治療のための新しい生物学的治療薬の開発に継続的に注力しており、研究開発活動に投資しています。たとえば、2022年5月にBiocon BiologicsとViatris(旧Mylan)は、カナダでAbevmyというブランド名で抗がん剤ベバシズマブを発売しました。アベブミーは、BiologicsとViatrisの2社によって開発されました。したがって、上記の要因は、市場のがんセグメントの成長に貢献しました。

北米が最大の市場シェアを保持しており、予測期間中同じ傾向をたどると考えられています

北米の生物製剤市場は世界の生物製剤市場を独占しており、今後数年間同様の傾向を示すと推定されています。市場を牽引する主な要因は、慢性疾患の発生率の増加、確立された製薬会社の存在、バイオテクノロジー企業の数の増加です。

米国がん協会によると、2022年には米国で約1,918,030人が新たにがんに罹患し、609,360人ががんで死亡すると推定されています。さらに、国立がん研究所によると、がん生存者の数は2030年までに2,220万人に増加すると予想されています。米国で最も一般的ながんは、乳がん、肺がん、前立腺がん、結腸直腸がん、膀胱がん、皮膚がんです。したがって、がんの罹患率の上昇によりその治療の需要が高まり、それによって市場の成長が促進されると予想されます。

市場の主要企業による新しい生物学的製品の発売は、米国の市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2021年5月、モデルナとサムスンバイオロジクスは、サムスンバイオロジクスがモデルナのCOVID-19ワクチンmRNA-1273の大規模商業充填/仕上げ製造を提供する製造サービスおよび供給契約を締結したと発表しました。したがって、上記の要因は、北米で調査されている市場の成長を促進すると予想されます。

生物製剤業界の概要

生物製剤市場は適度な競争があり、いくつかの主要企業で構成されています。企業は、市場での地位を強化するために、合併、新製品の発売、買収、パートナーシップなどの特定の戦略的取り組みを実施しています。生物製剤のコストは非常に高いため、これらの企業は生物製剤の研究開発に巨額の設備投資を行ってきました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 主要市場企業からの資本投資の増加
    • 慢性疾患の有病率の増加
    • 革新的な治療に対する需要の高まりと受け入れられるようになる
  • 市場抑制要因
    • 厳格な規制プロセスと初期の多額の資本投資
    • 生物製剤を入手するための管理とコストの上昇
    • 主要な生物製剤の特許独占権の喪失
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション(金額別の市場規模)

  • 製品別
    • モノクローナル抗体
    • ワクチン
    • 組換えホルモン/タンパク質
    • 細胞ベースの生物製剤
    • 遺伝子ベースの生物製剤
    • その他の製品
  • 用途別
    • がん
    • 感染症
    • 自己免疫疾患
    • その他の用途
  • 原材料別
    • 微生物
    • 哺乳類
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AbbVie Inc.
    • Amgen Inc.
    • Eli Lilly and Company
    • F. Hoffmann-La Roche AG
    • GlaxoSmithKline PLC
    • Johnson &Johnson
    • Merck &Co.
    • Pfizer Inc.
    • Sanofi SA
    • Bayer AG
    • AstraZeneca PLC
    • Novartis AG

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 56982

The Biologics Market size is estimated at USD 429.5 billion in 2024, and is expected to reach USD 601.26 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.96% during the forecast period (2024-2029).

Biologics - Market

The COVID-19 pandemic had a significant impact on the market. There was a huge demand for biologics during the pandemic, which contributed largely to the growth of the market. For instance, in May 2020, the National Research Council of Canada and China-based CanSino Biologics collaborated on the clinical development of a COVID-19 vaccine in Canada. The extensive research and development activities that took place for the treatment of COVID-19 contributed significantly to the biologics market growth during the pandemic. Although the pandemic is over, the demand for biologics is expected to grow in the coming years as its significance is increasing for various therapeutics.

The market is majorly driven by growing capital investment from key players, the rise in the burden of chronic diseases, the loss of patent exclusivity of the leading biologic drugs, and growing demand and higher acceptability for innovative therapies.

According to the WHO, non-communicable diseases (NCDs) cause 41 million deaths yearly, equivalent to 71% of the total death rate. More than 15 million people die each year from non-communicable diseases between the ages of 30 and 69. About 85% of these "premature" deaths occur in low- and middle-income countries. Also, 77% of all non-communicable disease casualties are in low- and middle-income countries. Cardiovascular diseases account for most non-communicable disease deaths annually (17.9 million), followed by cancer (9.3 million), respiratory diseases (4.1 million), and diabetes (1.5 million). The increasing cases of chronic diseases are expected to increase the demand for biologics further in treating chronic diseases.

The increasing investments have also contributed to the overall growth of the market. In January 2021, Biocon Ltd reported that the board of its subsidiary Biocon Biologics Ltd had approved a primary equity investment by ADQ, one of the largest holding companies in Abu Dhabi. As per the terms of the agreement, ADQ will invest INR 555 crore for a 1.80% minority stake in the biosimilar business, valuing Biocon Biologics at a post-money valuation of USD 4.17 billion. Such investments are expected to bolster the growth of the market over the coming years.

Additionally, the rising research and development activities in biologics support the market's growth. For instance, the TXBio Pilot Grant Program is a research initiative led by the University of Texas at Austin's College of Natural Sciences and Cockrell School of Engineering that focuses on the discovery, early development, and clinical translation of biological therapies developed across the university (UT Austin). TXBio (Texas Biologics) is funded by philanthropic gifts that are being used to improve the intellectual environment and infrastructure at UT Austin that is relevant to biologics discovery and translation.

Furthermore, biologic product launches by the key market players are anticipated to drive the market's growth. For instance, in October 2021, Cadila Pharmaceuticals (Cadila) launched two similar biologics in the Indian market, namely NuPTH, a teriparatide biologic, and Cadalimab, a similar biologic of the auto-immune treatment adalimumab. Additionally, in May 2021, Amgen reported that its partner AstraZeneca had submitted a Biologics License Application (BLA) to the US Food and Drug Administration (FDA) for tezepelumab, a potential first-in-class medicine for severe asthma.

Thus, the above-mentioned factors are anticipated to drive the growth of the market during the next five years. However, the stringent regulatory processes, high capital investment, and loss of patent exclusivity are likely to restrain the growth of the market.

Biologics Market Trends

The Cancer Segment is Expected to Dominate the Application Segment

The cancer burden is increasing across the world, and cancer therapies may be modified according to regional and national priorities. Biological therapy for cancer aims to induce the immune system to recognize and kill cancer cells.

According to the Globocan Report 2020, around 19,292,789 new cancer cases and 9,958,133 were reported globally. Breast, lung, colorectum, and prostate cancers are the most prevalent cancers. Biological therapy is used in the treatment of various cancers to prevent or slow the growth of the tumor and prevent the spread of cancer. Biological therapy often causes fewer toxic side effects than other cancer treatments. Biological therapy for cancer aims to induce the immune system to recognize and kill cancer cells.

Governments of different countries are taking initiatives to increase awareness about cancer and its diagnosis to help people detect cancer early. For instance, in February 2022, the Health Minister of Tamil Nadu, India, stated that the Government of Tamil Nadu is indulged in framing the policy to identify 66% of cancer patients in the first and second stages by 2030 to provide proper treatment. Such policies are expected to drive the growth of the market.

Market players are also continuously focusing on developing novel biologic therapeutics for cancer treatment and are investing in research and development activities. For instance, in May 2022, Biocon Biologics and Viatris (formerly Mylan) launched the cancer drug Bevacizumab under the brand name Abevmy in Canada. The Abevmy was developed by the two companies Biologics and Viatris. Hence, the above-mentioned factors contributed to the growth of the cancer segment of the market.

North America Holds the Largest Market Share and is Believed to Follow the Same Trend over the Forecast Period

The North American biologics market dominates the global biologics market, and it is estimated to show a similar trend over the coming years. The primary factors driving the market are the increasing incidences of chronic diseases, the presence of well-established pharmaceutical companies, and an increase in the number of biotech companies.

According to the American Cancer Society, the United States is estimated to have about 1,918,030 new cancer cases and 609,360 cancer deaths in 2022. Furthermore, according to the National Cancer Institute, the number of cancer survivors is expected to rise to 22.2 million by 2030, up from 17 million in 2020. The most common cancers in the United States are breast, lung, prostate, colorectum, bladder, and skin cancer. Thus, rising cancer prevalence is anticipated to drive the demand for its treatment, thereby boosting the growth of the market.

New biologic products launches by key players in the market are expected to fuel the market's growth in the United States. For instance, in May 2021, Moderna and Samsung Biologics announced that they had entered into a manufacturing service and supply agreement under which Samsung Biologics will provide large-scale, commercial fill/finish manufacturing for mRNA-1273, Moderna's COVID-19 vaccine. Hence, the above-mentioned factors are expected to boost the growth of the market studied in North America.

Biologics Industry Overview

The biologics market is moderately competitive and consists of several major players. The companies are implementing certain strategic initiatives such as mergers, new product launches, acquisitions, and partnerships that help them strengthen their market positions. These companies have made huge capital investments in the research and development of biologics, as the cost of biologics is quite high.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Capital Investment from Key Market Players
    • 4.2.2 Rise in the Prevalence of Chronic Diseases
    • 4.2.3 Growing Demand and Higher Acceptability for Innovative Therapies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulatory Process and Initial High Capital Investment
    • 4.3.2 Rising Control and Cost for Accessing Biologics
    • 4.3.3 Loss of Patent Exclusivity of the Leading Biologic Drugs
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Monoclonal Antibodies
    • 5.1.2 Vaccines
    • 5.1.3 Recombinant Hormones/Proteins
    • 5.1.4 Cellular-based Biologics
    • 5.1.5 Gene-based Biologics
    • 5.1.6 Other Products
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Cancer
    • 5.2.2 Infectious Diseases
    • 5.2.3 Autoimmune Diseases
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 By Source
    • 5.3.1 Microbial
    • 5.3.2 Mammalian
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 AbbVie Inc.
    • 6.1.2 Amgen Inc.
    • 6.1.3 Eli Lilly and Company
    • 6.1.4 F. Hoffmann-La Roche AG
    • 6.1.5 GlaxoSmithKline PLC
    • 6.1.6 Johnson & Johnson
    • 6.1.7 Merck & Co.
    • 6.1.8 Pfizer Inc.
    • 6.1.9 Sanofi SA
    • 6.1.10 Bayer AG
    • 6.1.11 AstraZeneca PLC
    • 6.1.12 Novartis AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS