デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444247

板紙包装 - 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Paperboard Packaging - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 101 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
板紙包装 - 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 101 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

板紙包装市場規模は、2024年に3億7,342万米ドルと推定され、2029年までに4億6,624万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.54%のCAGRで成長します。

板紙包装- 市場

市場は、予測期間中にeコマースと化粧品およびパーソナルケア包装部門の拡大によって牽引されると予想されます。紙製パッケージの需要は、非耐久製品のかなりの部分を占める医療産業の拡大の結果として増加すると予測されています。

主なハイライト

  • 板紙は、包装によく使用される厚い紙ベースの素材です。木材パルプを主原料として作られています。森林伐採と廃棄物を削減するために、かなりの量の板紙がリサイクルされています。板紙は主に食品および飲料の包装、医療用包装、耐久財および非耐久財の包装、工業用包装、および化粧品の包装に使用されます。
  • 現在、消費者は重要な梱包パラメータとして、再利用可能性よりもリサイクル可能性と生分解性を好みます。これは、将来の包装廃棄物が環境に与える影響について消費者の懸念が高まっていることを浮き彫りにしています。米国のすべての地域社会の60%以上が、板紙の包装材を回収し、リサイクルしています。さらに、企業はリサイクル可能な板紙製品の導入にも力を入れています。カスケードは最近、リサイクル可能な繊維で作られた段ボールトレイを発売しました。 SIGは、使用済み廃棄物を使用したリサイクルポリマーから作られたカートンも発見しました。
  • デジタル印刷板紙などの先進技術が多額の投資を集めており、消費者の注目を集めるインタラクティブでカラフルなデザインを提供するソリューションにより、製品流通業者はこの技術の導入を進めています。さらに、さまざまな国で施行されている政府規制により、紙器のような、より持続可能で環境に優しい包装ソリューションの需要も高まっています。
  • さらに、小売用途におけるPOSディスプレイとしての発展と、小型フルートと高品質グラフィックボードの継続的な開発動向により、段ボール包装は重要な市場推進力として浮上しています。これにより、段ボール箱は従来の紙器用途と競合できるようになりました。
  • ただし、高性能の代替品の入手可能性が市場の成長を妨げると予想されます。板紙包装は、環境に優しい包装ソリューションの中で最もよく使用されているもの1つです。このパッケージ形式は、他の大型のパッケージオプションと比較して、小さな設置面積でさまざまなサイズで製造できるため、ほぼすべてのエンドユーザー産業での使用が可能になります。
  • 包装業界は、COVID-19感染症のパンデミックにより、ロックダウンの影響、企業が中国から調達先を変更すること、包装に使用される材料の見直しなど、いくつかの重大な問題を目の当たりにしました。紙包装の供給側は大きな影響を受けていますが、一部の用途におけるエンドユーザーの需要の大幅な増加により、紙包装の範囲が大幅に拡大しました。

板紙包装市場の動向

食品および飲料分野からの需要の増加

  • 食品および飲料業界は板紙包装の最大のエンドユーザーであり、世界市場シェアの半分以上を占めています。食品および飲料業界では、飲料の包装にはコーティングされた未漂白の板紙が、果物、野菜、食品の包装には段ボール板が使用されています。冷凍食品の普及が加速すると、紙器の需要も高まると考えられます。
  • 一方、持続可能な強化プロセスを使用すると、紙代替品はプラスチック(水性コーティングなど)と同じ強度、耐湿性、耐久性を達成できます。プラスチック製のストローやカトラリーも、紙や木製の代替品を支持して、包装済み食品業界から段階的に廃止されつつあります。
  • ライフスタイルの変化と若年人口の増加により、ブランド化されたパッケージ化された物質に対する需要が高まっています。フレキシブル・パッケージング・アソシエーションによると、米国の飲料部門はパッケージング市場のほぼ50%を占めています。アメリカ人の30%以上が週に2回食べ物を注文しており、今後数年間で3%増加すると予想されています。
  • さらに、環境に優しい包装オプションの急増は、広範囲にわたる関心の急速な波によって引き起こされています。 Food Diveによると、世界中の顧客の67%が、購入する商品がリサイクル可能な包装で提供されることが重要であると考えており、54%が購入時にそれを考慮する要素であると回答しています。また、若い購入者の83%は、持続可能な方法で梱包された商品により多くのお金を費やす用意があります。
  • さらに、インド、中国、日本などの国々では外出先での消費が需要をさらに加速させています。中国やインドなどの国では、食品および飲料の需要が常に高く、その後、板紙包装市場を牽引しています。食品・飲料業界のこのようなプラスの成長により、予測期間中に板紙包装の需要が増加すると予想されます。
  • さらに、重要な食料生産国の1つである米国では、板紙包装の成長が見られる可能性があります。 BLSによると、2021年の全消費者単位の規模別支出は、家庭内で消費される食品で6.4%、家庭外で消費される食品で27.6%の年間変化率で増加しました。 5人以上の世帯を除くすべての消費者単位では、規模に関係なく、家庭での食料への支出が増加しました。一方、外出先での食料への支出はすべての消費者部門で増加しました。自宅での食費(+12.1%)と外出先での食費(+39.1%)は、個人が3人の消費者単位で最も高い増加率を示しました。前述したように、外出先での食料への支出が2番目に大きく増加した(+31%)にもかかわらず、5人以上の消費者ユニットのみが自宅での食料への支出が減少しました(-3%)。家庭外での食品の急速な増加により、板紙包装会社が持続可能で環境に優しい包装配送を提供する機会が増える可能性があります。

北米は大幅な成長を遂げる

  • 北米は、国内で活動する多数の企業の存在により、引き続き板紙包装製品の主要市場の1つです。米国における包装食品の需要の高まりと、消費者の嗜好が飲食品製品にシフトしていることにより、大きな機会が生まれると予想されます。
  • 米国は北米地域の折り畳みカートン包装市場を独占しており、食品は今後も折り畳みカートンの主要エンドユーザーとして期待されています。たとえば、包装加工技術協会によると、米国の食品産業は2022年までCAGR 2.9%の安定した速度で成長すると予想されています。
  • さらに、ITCの統計によると、2021年の米国の段ボール紙と板紙の輸入額は約7,473万5,000米ドルとなり、前年の2020年(約5,172万2,000米ドル)と比べて44.5%増加しました。このような輸入量の大幅な増加は、板紙の需要の増加を示しています。
  • さらに、プラスチックの使用に関する環境への懸念の高まりやさまざまな組織、政府が持続可能な包装材料の開発に注力していることも、予測期間中に対象市場の成長をさらに促進すると予想されるその他の要因です。
  • さらに、市場の企業は、M&A活動やR&D戦略の増加を通じて、高度でカスタマイズされたパッケージングソリューションへの投資を増やしています。さらに、市場では新たな情勢の参入も見られます。たとえば、EdelmannUSAは最近PPCのメンバーになりました。これは、欧州に拠点を置く同社がこの市場での拡大に一層注力していることを示しています。

板紙包装業界の概要

世界の板紙包装市場は非常に細分化されています。市場で活動する主要企業は、市場での存在感を強化するために新製品の革新と戦略的買収に注力しています。市場で活動している主要企業には、日本製紙、Mondi、Metsa Board、WestRock Company、およびITC Limitedなどが含まれます。

  • 2022年4月:ブルゴ・グループは、トリエステ(イタリア)のドゥイーノ工場を総額4,000万ユーロ(4,081万5,000米ドル)でMondi plcに売却することに合意しました。この工場では現在、薄塗工機械紙を生産する1台の抄紙機を稼働させています。モンディは、この抄紙機の改造に約2億ユーロ(2億407万6,000米ドル)を投資し、高品質の再生段ボール原紙を年間42万トン生産する予定です。段ボール原紙機械は、段ボール包装における後方統合を改善し、顧客への対応を強化するための供給の安全性を企業に提供します。
  • 2022年5月:International Paper社が所有するフランス事業(フランス西部にあるSociete Normande de Carton Ondule SA、SNCO、およびEmballages Laurent SAS)は、生産能力を拡大するための総額2,300万ユーロ(2,419万1,000米ドル)近くの投資から利益を得る予定eコマース業界の拡大に対応し、より環境に優しい包装オプションをお客様に提供します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競争企業間の敵対関係の脅威
  • COVID-19感染症が市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • eコマース分野からの強い需要
    • 軽量素材の採用拡大と印刷革新の余地がエレクトロニクスおよびパーソナルケア部門の成長を推進
  • 市場抑制要因
    • 森林伐採が紙包装に及ぼす影響
    • 運用コストの増加
  • カートンボード EXIMシナリオ
    • 段ボールの輸出額と量
    • 値と量による段ボールのインポート

第6章 市場セグメンテーション

  • グレード別
    • ダンボール紙
    • 段ボール原紙
    • その他のグレード
  • 製品タイプ別
    • 紙器
    • 段ボール箱
    • その他のタイプ
  • エンドユーザー業界別
    • 食品
    • 飲料
    • ヘルスケア
    • パーソナルケア
    • 家事介護
    • 電気製品
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • メキシコ
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • International Paper Company
    • Mondi Plc
    • Smurfit Kappa Group
    • DS Smith Plc
    • WestRock Company
    • Packaging Corporation of America
    • Cascades Inc.
    • Oji Holdings Corporation
    • Nippon Paper Industries Co., Ltd.
    • Rengo Co. Ltd
    • Graphic Packaging International
    • Metsa Board Oyj
    • Sonoco Products Company
    • Visy Industries
    • Seaboard Folding Box Company Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 54828

The Paperboard Packaging Market size is estimated at USD 373.42 million in 2024, and is expected to reach USD 466.24 million by 2029, growing at a CAGR of 4.54% during the forecast period (2024-2029).

Paperboard Packaging - Market

The market is expected to be driven by the expansion of e-commerce and the cosmetic and personal care packaging sectors during the forecast period. The demand for paper packaging is predicted to rise as a result of the expansion of the medical industry also, which accounts for a significant portion of non-durable products.

Key Highlights

  • Paperboard is a thick paper-based material that is commonly used in packaging. It is made from wood pulp as the primary material. A significant amount of paperboard is recycled to reduce deforestation and waste. Paperboards are primarily utilized in food and beverage packaging, medical packaging, durable and non-durable goods packaging, industrial packaging, and cosmetics packaging.
  • Currently, consumers prefer recyclability and biodegradability as important packaging parameters over reusability. It underlines consumers' growing concerns about future packaging waste's environmental impact. More than 60% of all communities in the United States collect and recycle paperboard packaging. Furthermore, companies are also focusing on introducing recyclable paperboard products. The Cascades recently launched a cardboard tray made from recyclable fibers. SIG has also found cartons made from recycled polymers using post-consumer waste.
  • With advanced technologies like digitally printed paperboard attracting high investments, the product distributors are increasingly adopting the technology due to the solution offering interactive and colorful designs for the consumers to notice. Furthermore, government regulations being enforced by various countries are also leading to the demand for more sustainable and eco-friendly packaging solutions, like folding cartons.
  • Further, due to its development as a point-of-sale display in retail applications and ongoing development trends in small flutes and high-quality graphics boards, corrugated packaging has emerged as a crucial market driver. It has allowed corrugated boxes to compete with traditional folding carton applications.
  • However, the availability of high-performance substitutes is expected to hinder the market's growth. Paperboard packaging is one of the most used eco-friendly packaging solutions. The ability of this packaging format to be produced in many sizes with a small footprint, compared to the other bulkier packaging options, makes it feasible for use in almost all end-user industries.
  • The packaging industry witnessed some significant issues due to the COVID-19 pandemic, including the effects of the lockdown, companies moving to source away from China, and reconsidering materials used in packaging. Although the supply side of paper packaging has witnessed a significant impact, a drastic increase in the end-user demand in some applications has significantly expanded the scope of paper packaging.

Paperboard Packaging Market Trends

Increasing Demand from Food and Beverage Segment

  • The food and beverage industry is the largest end-user of paperboard packaging and accounts for more than half of the global market share. The food and beverage industry utilizes coated, unbleached boards for packaging beverages and corrugated container boards for packaging fruits, vegetables, and food products. The acceleration of frozen foods will likely drive the demand for folding carton packaging.
  • Meanwhile, using sustainable strengthening processes, paper substitutes can attain the same strength, moisture resistance, and durability as plastic (e.g., water-based coatings). Plastic straws and cutlery are also being phased out of the pre-packaged food industry in favor of paper/wooden alternatives.
  • Changes in lifestyle and a growing young population lead to a higher demand for branded and packaged substances. According to the Flexible Packaging Association, the beverage sector in the United States accounted for nearly 50% of the packaging market. Over 30% of Americans order food twice a week, which is expected to grow by 3% in the coming years.
  • Furthermore, the surge in ecological packaging options has been driven by a rapid wave of widespread interest. According to Food Dive, 67% of customers worldwide believe it is critical that the items they buy come in recyclable packaging, with 54% indicating it is a factor they consider when purchasing. Also, 83% of younger buyers are prepared to spend more on products that are packed sustainably.
  • Moreover, on-the-go consumption in countries like India, China, and Japan further fuels the demand. In countries such as China and India, the food and beverage demand is always on the higher side, subsequently driving the paperboard packaging market. Such positive growth in the food and beverage industry is expected to increase the demand for paperboard packaging during the forecast period.
  • Further, the United States, one of the significant food production countries, may witness growth in paperboard packaging. According to BLS, in 2021, spending by the size of all consumer units increased by an annual percent change of 6.4% for food consumed at home and 27.6% for food consumed away from home. For all consumer units, regardless of size, except those with five or more persons, spending on food at home increased. Meanwhile, expenditure on food away from home climbed for all consumer units. Spending on food at home (+12.1%) and food away from home (+39.1%) increased at the highest rates among consumer units with three individuals. As previously mentioned, only consumer units with five or more persons had a decline in spending on food at home (-3%) even though they witnessed the second-largest increase in spending on food away from home (+31%). The rapid growth in food away from home may increase the opportunities for paperboard packaging firms to serve sustainable, eco-friendly packaging delivery.

North America to Witness Significant Growth Rate

  • North America continues to be one of the leading markets for paperboard packaging products, owing to the presence of a large number of players operating in the country. Rising demand for packaged food in the U.S. and shifting consumer preference towards food & beverage products are expected to create significant opportunities.
  • The United States dominates the folding carton packaging market in the North American region, where food is expected to continue as the primary end-user of folding cartons. For instance, according to the Association for Packaging and Processing Technologies, the United States food industry is expected to proliferate at a steady rate of 2.9% CAGR through 2022.
  • Further, According to ITC statistics, the United States, in 2021, imported corrugated paper and paperboard valued at around USD 74.735 million, a 44.5% increase in imports from the previous year, 2020, which was reported at about USD 51.722 million. Such a significant rise in imports indicates the increase in demand for paperboard.
  • In addition, increasing environmental concerns regarding the use of plastics and various organizations and governments' focus on the development of sustainable packaging materials are other factors expected to further fuel the growth of the target market over the forecast period.
  • Furthermore, players in the market are increasingly investing in advanced and customized packaging solutions through increased M&A activities or R&D strategies. Moreover, the market is also witnessing new players entering the landscape. For instance, EdelmannUSA recently became a member of the PPC. This is indicative of the increased focus of the Europe-based company to expand in this market.

Paperboard Packaging Industry Overview

The global paperboard packaging market is highly fragmented. The major players operating in the market are focusing on innovating new products and entering into strategic acquisitions to strengthen their market presence. Some of the major players operating in the market include Nippon Paper Industries Co. Ltd, Mondi, Metsa Board, WestRock Company, and ITC Limited, among others.

  • April 2022: The Burgo Group has agreed to sell the Duino mill in Trieste (Italy) to Mondi plc for a total price of EUR 40 million (USD 40.815 million). The mill now runs a single paper machine that produces thin-coated mechanical paper. Mondi intends to invest around EUR 200 million (USD 204.076 million) in this paper machine's conversion to produce 420,000 tonnes of high-quality recycled containerboard annually. The containerboard machine will improve backward integration in Corrugated Packaging and give the company supply security to better cater to its clients.
  • May 2022: The French businesses owned by International Paper (Societe Normande de Carton Ondule SA, SNCO, and Emballages Laurent SAS, located in Western France) will profit from investments totaling nearly EUR 23 million (USD 24.191 million) to expand their capacity for production in response to the expansion of the e-commerce industry and provide customers with even more environmentally friendly packaging options.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.3.5 Threat of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Strong demand from the e-commerce sector
    • 5.1.2 Growing adoption of light weighting materials and scope for printing innovations propelling growth in the electronics & personal care segment
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Effects of Deforestation on Paper Packaging
    • 5.2.2 Increasing Operational Costs
  • 5.3 Cartonboard EXIM Scenario
    • 5.3.1 Cartonboard Exports By Value and Volume
    • 5.3.2 Cartonboard Import By Value and Volume

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Grade
    • 6.1.1 Cartonboard
    • 6.1.2 Containerboard
    • 6.1.3 Other Grades
  • 6.2 By Product Type
    • 6.2.1 Folding Cartons
    • 6.2.2 Corrugated Boxes
    • 6.2.3 Other Types
  • 6.3 By End-User Industry
    • 6.3.1 Food
    • 6.3.2 Beverage
    • 6.3.3 Healthcare
    • 6.3.4 Personal Care
    • 6.3.5 Household Care
    • 6.3.6 Electrical Products
    • 6.3.7 Other End-User Industries
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 Germany
      • 6.4.2.2 United Kingdom
      • 6.4.2.3 Italy
      • 6.4.2.4 France
      • 6.4.2.5 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 Japan
      • 6.4.3.3 India
      • 6.4.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
      • 6.4.4.1 Brazil
      • 6.4.4.2 Argentina
      • 6.4.4.3 Mexico
      • 6.4.4.4 Rest of Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa
      • 6.4.5.1 Saudi Arabia
      • 6.4.5.2 South Africa
      • 6.4.5.3 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 International Paper Company
    • 7.1.2 Mondi Plc
    • 7.1.3 Smurfit Kappa Group
    • 7.1.4 DS Smith Plc
    • 7.1.5 WestRock Company
    • 7.1.6 Packaging Corporation of America
    • 7.1.7 Cascades Inc.
    • 7.1.8 Oji Holdings Corporation
    • 7.1.9 Nippon Paper Industries Co., Ltd.
    • 7.1.10 Rengo Co. Ltd
    • 7.1.11 Graphic Packaging International
    • 7.1.12 Metsa Board Oyj
    • 7.1.13 Sonoco Products Company
    • 7.1.14 Visy Industries
    • 7.1.15 Seaboard Folding Box Company Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET