デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444199

製造業におけるデジタルトランスフォーメーション:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Digital Transformation In Manufacturing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 137 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
製造業におけるデジタルトランスフォーメーション:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 137 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの市場規模は、2024年に3,676億米ドルと推定され、2029年までに8,761億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に19.40%のCAGRで成長します。

製造業におけるデジタル変革-市場

主なハイライト

  • 製造部門のデジタル化は、業務とサプライチェーンのあらゆる側面に影響を与えます。それは機器の設計から始まり、製品設計、生産プロセスの開発、そして最後にエンドユーザーエクスペリエンスのモニタリングと改善へと続きます。デジタル変革は、国境を越えたコラボレーションを通じて、メーカーがクラウド上で製品やエンジニアリングの設計仕様を伝達および維持する方法に革命をもたらしています。
  • さらに、モノのインターネット(IoT)デバイスの普及により、産業プロセスが変革され、生産性が向上しています。 IoTデバイスにより、さまざまな産業プロセスに関するデータをリアルタイムで監視、収集、分析できます。これにより、予防メンテナンスが可能になり、エネルギー使用量が削減され、全体的な生産性が向上します。
  • これらのツールを利用すると、利害関係者、システム、マシンがより簡単に通信して連携できるようになり、プロセスが合理化され、ダウンタイムが減少します。 IoTデバイスを統合することで、メーカーは品質管理を改善し、リアルタイムで在庫を管理し、サプライチェーンの可視性を向上させることができます。
  • ただし、デジタル変革に関連して多額の先行費用がかかります。 IoTガジェットや自動化システムなどの新しいテクノロジーの導入には、ハードウェア、トレーニング、ソフトウェア、インフラストラクチャに多額の支出が必要となることが多く、特定の企業にとっては財務的に困難となり、市場の拡大を妨げる可能性があります。
  • COVID-19の感染拡大により、製造業界のデジタル移行が加速しました。サプライチェーンと労働者の確保が混乱したため、企業はリスクを軽減し、業務効率を向上させるための技術的ソリューションを模索しました。自動化、遠隔監視、データ分析は、製造手順の合理化、在庫の管理、作業者の安全の確保に不可欠でした。メーカーは、リアルタイムのデータ分析、リモートコラボレーション、予知保全を促進するために回復力と俊敏性を強化するとともに、今後の課題に直面してクラウドベースのプラットフォーム、IoTガジェット、人工知能を実装しました。この急速なデジタル化により、パンデミック後の期間において、よりスマートでより統合された工場が効率と創造性を高める道も開かれました。

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの市場動向

モノのインターネット(IoT)が主要な市場シェアを維持

  • モノのインターネットは、物理的なデバイスやセンサーをインターネットに接続し、スマートで接続されたシステムを構築するデジタル変革の主要な推進力です。この接続により、リアルタイムのデータ収集と分析が可能になり、さまざまな業界にわたる業務効率の向上、意思決定の改善、新しいビジネスモデル、自動化の強化が可能になります。
  • 製造業は、デジタル変革を強化し、業務効率を高めるための重要な要素としてIoTに注力しています。リアルタイムデータの収集と分析が容易になり、組織が情報に基づいた意思決定を行い、製造および関連プロセスを最適化できるようになります。
  • モノのインターネットは、新たな投資機会の創出、顧客エクスペリエンスの向上、生産性の向上、運用コストと効率の削減、ビジネスモデルの強化により、組織のデジタル変革に影響を与えます。今後数年間の競争要因として機能する可能性のある数多くの利点により、ヘルスケア、政府および教育、セキュリティ、通信などの業界にとって不可欠なものとなりました。
  • 製造業におけるIoT技術の活用が進む中、市場は順調に拡大しています。従来の製造部門がデジタル的に変革する中、モノのインターネット(IoT)はインテリジェントな接続という次の産業革命を推進しています。生産性を向上させ、ダウンタイムを最小限に抑えるために、企業が使用するますます複雑化するシステムやマシンを処理する方法が変わりつつあります。エリクソンによると、IoT接続は2022年の132億米ドルから2028年までに347億米ドルまで18%以上のCAGRで増加すると予想されています。
  • 全体として、メーカーはIoTテクノロジーを活用することでプロセスを最適化し、生産性を向上させ、コストを削減しています。それは、世界中で急速に関与する製造業において競争力を獲得し、製造部門のデジタル変革を推進することです。予測期間中、製造業の発展とIoTの導入により、市場の成長は続くと考えられます。

アジア太平洋が最も急速な成長を記録

  • 中国の製造業では近年、デジタル革命が起きています。中国政府は、生産、効率、イノベーションを向上させるために、従来の製造プロセスにおけるデジタル技術を積極的に支援しています。
  • 中国は、ロボット工学、IoT、ビッグデータ分析、AI、スマート製造のためのクラウドコンピューティングテクノロジーなどの革新的なテクノロジーに多額の投資を行っています。これらのテクノロジーの助けにより、産業プロセスが最適化され、予防保守が可能になります。これにより、生産性が大幅に向上し、コストが削減され、市場の成長機会が高まります。
  • 日本はロボティクスとオートメーションの重要なプロバイダーであり、デジタル変革によりその導入がさらに促進されています。高度なロボットは、梱包、組み立て、マテリアルハンドリングなどのさまざまな製造プロセスで使用されています。自動化は、効率を向上させ、エラーを減らし、職場の安全性を高めるのに役立ちます。
  • さらに、日本は近年、デジタルツイン技術の創出と応用において世界のリーダーとなっています。デジタルツインは、分析、シミュレーション、最適化に使用できる実際の物体、システム、または手順の仮想表現です。製品設計を強化し、コストを削減し、製造効率を高めることができます。この技術は製造業をはじめ日本の多くの産業で使われています。
  • インド政府は製造業のデジタル変革を促進するために「Make in India」と「Digital India」を導入しました。これらの取り組みは、ビジネスを容易にし、インフラストラクチャとテクノロジーへの投資を促進し、製造におけるデジタルテクノロジーの使用を促進するための法的支援とインセンティブを提供することを目指しています。また、インドの製造業ではIIoTの導入が加速しています。 IIoTは、機械、センサー、デバイスを統合することにより、リアルタイムのデータ収集、リモート監視、予知保全を提供します。生産者が業務を合理化し、ダウンタイムを短縮し、全体的な機器のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。
  • アジア太平洋地域では、ロボット工学とオートメーション技術が製造業で急速に広く導入されています。効率、生産性、製品品質を向上させるために、組立ライン、マテリアルハンドリング、その他の反復作業で高度なロボットの使用が増えています。自動化により、産業は人件費を削減し、精度を向上させながら、市場の需要の変化に迅速に対応できるようになります。

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの概要

デジタルトランスフォーメーションにおける競合は、多くのソリューションプロバイダーの利用可能性と業界の技術向上により、かなり激化しています。特に、企業は市場シェアを維持し、新規および既存の消費者を維持するために価格設定方法を調整することが多く、他の企業に価格設定の圧力をかけ、市場の競争力を高めます。さらに、企業は買収や競争力のある価格での新製品の生産などの技術を継続的に追求しており、組織間の競合が激化しています。市場における重要なプレーヤーとしては、Cisco Systems Inc.、Microsoft Corporation、Intel Corporation、IBM Corporation、Siemens AGなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • テクノロジーのスナップショット

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 製造業者のコスト効率の高いプロセスへの傾向
    • IoTの普及
  • 市場抑制要因
    • 技術的な専門知識の欠如

第6章 市場セグメンテーション

  • テクノロジー別
    • ロボット工学
    • IoT
    • 3Dプリンティングと積層造形
    • サイバーセキュリティ
    • その他の技術
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc.
    • Microsoft Corporation
    • Intel Corporation
    • IBM Corporation
    • Siemens AG
    • SAP SE
    • Nortonlifelock Inc.
    • Oracle Corporation
    • Schneider Electric SE
    • Mitsubishi Electric Corporation
    • General Electric Company
    • ABB Ltd

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 53746

The Digital Transformation In Manufacturing Market size is estimated at USD 367.60 billion in 2024, and is expected to reach USD 876.10 billion by 2029, growing at a CAGR of 19.40% during the forecast period (2024-2029).

Digital Transformation In Manufacturing - Market

Key Highlights

  • The digitalization of the manufacturing sector impacts every aspect of operations and the supply chain. It begins with the design of the equipment and continues with the product design, production process development, and, finally, the monitoring and improvement of the end-user experience. Through cross-border collaboration, digital transformation is revolutionizing how manufacturers communicate and maintain product and engineering design specifications on the cloud.
  • In addition, the widespread use of Internet of Things (IoT) devices is transforming industrial processes and increasing productivity. IoT devices enable real-time monitoring, gathering, and analyzing data on various industrial processes. It enables preventative maintenance, reduces energy use, and boosts overall productivity.
  • With the help of these tools, stakeholders, systems, and machines can communicate and work together more easily, streamlining processes and decreasing downtime. By integrating IoT devices, manufacturers can improve quality control, manage inventories in real-time, and improve supply chain visibility.
  • However, there are significant up-front expenses related to digital transformation. Implementing new technologies, including IoT gadgets and automation systems, frequently necessitates large expenditures in hardware, training, software, and infrastructure, which can be financially challenging for certain businesses, impeding market expansion.
  • The COVID-19 outbreak expedited the manufacturing industry's digital transition. As supply chains and worker availability were disrupted, businesses sought technological solutions to reduce risks and improve operational effectiveness. Automation, remote monitoring, and data analytics were essential for streamlining manufacturing procedures, controlling inventory, and guaranteeing worker safety. Along with enhancing resilience and agility to facilitate real-time data analysis, remote collaboration, and predictive maintenance, manufacturers implemented cloud-based platforms, IoT gadgets, and artificial intelligence in the face of upcoming challenges. This rapid digitization also cleared the way for smarter, more integrated factories to boost efficiency and creativity in the post-pandemic period.

Digital Transformation in Manufacturing Market Trends

Internet-of-Things (IoT) to Hold Major Market Share

  • The Internet of Things is a key driver of digital transformation that connects physical devices and sensors to the Internet, creating smart and connected systems. This connection enables real-time data collection and analysis, improving operational efficiency, better decision-making, new business models, and increased automation across various industries.
  • Manufacturing businesses are concentrating on IoT as the critical enabler to augment digital transformation and unlock operational efficiencies. It facilitates the collection and analysis of real-time data, enabling organizations to make informed decisions and optimize manufacturing and related processes.
  • The Internet of Things impacts organizations' digital transformation by creating new investment opportunities, improving customer experience, increasing productivity, lowering operational costs and efficiency, and empowering business models. It became essential for industries, including healthcare, government and education, security, communication, and others, owing to numerous benefits that could act as a competitive factor in the coming years.
  • The market is expanding positively as IoT technology is increasingly used in manufacturing. The Internet of Things (IoT) is driving the next industrial revolution of intelligent connectivity as the traditional manufacturing sector transforms digitally. It is transforming how businesses handle the increasingly complex systems and machines they use to increase productivity and minimize downtime. According to Ericsson, ioT connections are anticipated to increase from USD 13.20 billion in 2022 to USD 34.70 billion by 2028 at a CAGR of over 18%.
  • Overall, manufacturers are optimizing processes, improving productivity, and reducing costs by leveraging IoT technologies. It is to gain a competitive edge in the rapidly involving manufacturing industry across the globe and driving digital transformation in the manufacturing sectors. The market's growth is likely to continue with the development of the manufacturing industry and the adoption of IoT over the forecast period.

Asia-Pacific to Register Fastest Growth

  • China's manufacturing sector saw a digital revolution in recent years. The Chinese government actively supports digital technologies in traditional manufacturing processes to increase production, efficiency, and innovation.
  • China invested significantly in innovative technologies like robotics, IoT, Big Data Analytics, AI, and cloud computing technologies for smart manufacturing. With the help of these technologies, industrial processes can become optimized, and preventative maintenance is made possible. It significantly boosts productivity and lowers costs, boosting the market's growth opportunities.
  • Japan is a significant provider of robotics and automation, and digital transformation is further driving their adoption. Advanced robots are used in various manufacturing processes for packaging, assembly, and material handling tasks. Automation helps improve efficiency, reduce errors, and enhance workplace safety.
  • Moreover, Japan became a global leader in digital twin technologies creation and application in recent years. Digital twins are virtual representations of actual things, systems, or procedures that can be used for analysis, simulation, and optimization. They can enhance product design, lower costs, and boost manufacturing effectiveness. This technique is used in many industries in Japan, including manufacturing.
  • The Indian government introduced "Make in India" and "Digital India" to encourage the manufacturing sector's digital transformation. These initiatives seek to make doing business easier, promote infrastructure and technology investments, and offer legislative support and incentives to hasten the use of digital technologies in manufacturing. Also, IIoT adoption is accelerating in the Indian manufacturing sector. IIoT offers real-time data collection, remote monitoring, and predictive maintenance by integrating machines, sensors, and devices. It aids producers in streamlining operations, decreasing downtime, and enhancing overall equipment performance.
  • In the Asia-Pacific region, robotics and automation technologies are rapidly being widely adopted in the manufacturing industry. Advanced robots are increasingly used in assembly lines, material handling, and other repetitive operations to increase efficiency, productivity, and product quality. Automation enables industries to respond rapidly to shifting market demands while lowering labor costs and improving precision.

Digital Transformation in Manufacturing Industry Overview

The competition in digital transformation is considerable due to the availability of many solution providers and technological improvements in the industry. Notably, firms often adjust their pricing methods to maintain market share and retain new and existing consumers, placing pricing pressure on other companies and boosting market competitiveness. Furthermore, firms are continually pursuing techniques such as acquisitions and the production of new goods at competitive prices, increasing competition among organizations. Some significant players in the market are Cisco Systems Inc., Microsoft Corporation, Intel Corporation, IBM Corporation, and Siemens AG.

  • In March 2023, Mitsubishi Electric launched a free mobile application for iOS and Android platforms. It is for searching and comparing its factory automation products to make it easier to identify relevant products to aid digital manufacturers quickly.
  • In February 2023, Oracle declared plans to open a third public cloud region, especially in Saudi Arabia, to fulfill the rapidly growing demand for its cloud services. Located in Riyadh, the new cloud region will be part of a planned USD 1.5 billion investment by Oracle to expand its overall cloud infrastructure capabilities in the Kingdom. Oracle Cloud delivers pioneering innovation in key technologies like Machine Learning, AI, and IoT. It will help fuel economic growth and digital transformation, an integral part of Saudi Vision 2030.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Technology Snapshot

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Inclination of Manufacturers Toward Cost-efficient Processes
    • 5.1.2 Proliferation of IoT
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of Technical Expertise

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Technology
    • 6.1.1 Robotics
    • 6.1.2 IoT
    • 6.1.3 3D Printing and Additive Manufacturing
    • 6.1.4 Cybersecurity
    • 6.1.5 Other Technologies
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
      • 6.2.1.1 United States
      • 6.2.1.2 Canada
    • 6.2.2 Europe
      • 6.2.2.1 Germany
      • 6.2.2.2 United kingdom
      • 6.2.2.3 France
      • 6.2.2.4 Rest of Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
      • 6.2.3.1 China
      • 6.2.3.2 Japan
      • 6.2.3.3 India
      • 6.2.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 6.2.4 Latin America
    • 6.2.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.2 Microsoft Corporation
    • 7.1.3 Intel Corporation
    • 7.1.4 IBM Corporation
    • 7.1.5 Siemens AG
    • 7.1.6 SAP SE
    • 7.1.7 Nortonlifelock Inc.
    • 7.1.8 Oracle Corporation
    • 7.1.9 Schneider Electric SE
    • 7.1.10 Mitsubishi Electric Corporation
    • 7.1.11 General Electric Company
    • 7.1.12 ABB Ltd

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET