デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444091

水処理・廃水処理技術:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Water And Wastewater Treatment Technologies - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
水処理・廃水処理技術:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

水処理・廃水処理技術の市場規模は、2024年に614億6,000万米ドルと推定され、2029年までに852億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6%を超えるCAGRで成長します。

水処理・廃水処理技術-市場

COVID-19のパンデミックは市場に悪影響を及ぼしました。ロックダウンや制限措置により製造施設や工場が閉鎖されたためです。サプライチェーンと輸送の混乱により、さらに市場に障害が生じました。しかし、業界は2021年に回復を見せ、調査対象市場の需要が回復しました。

主なハイライト

  • 短期的には、世界中で淡水資源が急速に減少していること、シェールガス探査活動による需要の増加、途上経済諸国における廃水の複雑さの増大などが、調査対象の市場の成長を促進する要因の一部です。
  • 反対に、水処理プラントのコストが高いため、調査対象の市場の成長が妨げられると予想されます。
  • ただし、水処理技術の革新は、調査対象の市場にとって機会として機能すると予想されます。
  • アジア太平洋は、予測期間中に最も高い成長率を示す可能性があります。

水処理・廃水処理技術の市場動向

都市用水・廃水処理セグメントが市場を独占すると予想される

  • 都市排水は、トイレ、シャワー、シンク、バスルーム、洗濯機、食器洗い機、および液体産業廃棄物から排出される水です。環境へのダメージや有害な病気の蔓延を避けるために、都市排水は環境に放出する前に処理する必要があります。
  • 処理技術の主な用途には、前処理、一次および二次処理、三次処理、生物学的栄養素除去(BNR)、資源回収、エネルギー生成などが含まれます。
  • 中国の都市部には約1,944の都市下水処理場があり、中国の各県には1,599の都市下水処理場があります。一日あたりの処理能力はそれぞれ1億4,000万立方メートルと2,900万立方メートルに相当します。第14次5か年計画(FYP)において、中国は廃水再利用に関する新しいガイドラインを発表しました。再利用基準に従って処理しなければならない下水の割合を2025年までに25%に引き上げることを義務付けました。
  • さまざまな政府の取り組みにより、水の浄化は予測期間中に大幅に増加すると予想されます。エネルギー・環境・水評議会(CEEW)は、2030年水資源グループとともに、インドの廃水管理を改善し、廃水処理施設と原料を建設するために水処理化学薬品製造会社への民間投資を増やす計画を立てています。
  • さらに、雨水処理エリア1西拡張プロジェクトは、米国フロリダ州の2,509ヘクタールの土地に1億7,000万米ドルを投資して水処理施設を建設するものです。
  • 廃水技術は主に、インド全土のさまざまな都市の自治体当局による都市下水処理に使用されています。世界銀行によると、2050年までにインド、中国、インドネシア、ナイジェリア、米国が世界の都市人口急増の先頭に立つと思われます。
  • さらに、田舎の住民に敷地内で安全で適切な飲料水へのアクセスを提供する政府の取り組みにより、国内のさまざまな自治体での都市水処理が大幅に増加しています。
  • インド政府のジャル・シャクティ省によると、2022年度には敷地内で安全で十分な飲料水を利用できる農村人口の割合は2021年度の55.23%から61.52%に増加しました。さらに、インド政府は、2024年または2025年までに敷地内で安全で十分な飲料水を国民の100%に提供することを目標としています。これにより、国内の自治体の水処理施設が増強されます。
  • イスラエル企業のIDE Technologiesはアーンドラ・プラデーシュ州政府と協力し、都市の水不足を克服するためにさまざまな州に淡水化プラントを設置しました。
  • 水不足を解消するために、エネルギー・環境・水評議会(CEEW)は、2030年水資源グループと連携して、インドにおける廃水管理を改善し、廃水処理施設の建設への民間投資を増やす計画を立てています。
  • 過去数年間で、インドの都市下水の処理能力は大幅に増加しました。この能力の拡大により、この国の革新的な水処理技術の需要が促進される可能性があります。
  • したがって、上記の要因により、予測期間中に都市用水・廃水処理技術が市場を独占する可能性があります。

アジア太平洋が市場を独占する可能性が高い

  • アジア太平洋は、中国、インド、日本などの国々からの高い需要により、水処理・廃水処理技術市場で大きなシェアを占めています。
  • 中国は最近、産業廃水よりも多くの廃水を排出しています。問題にさらに加えているのは、特に国内の主要な工業地帯における大規模な汚染問題です。現在、中国では汚泥の80%が不適正に投棄されており、都市中心部が下水処理場(下水処理場)の改善によって汚染を減らそうと躍起になっており、この環境問題はますます物議を醸しています。したがって、この国の水処理・廃水処理技術市場に上向きの需要が生まれると予想されます。
  • 化学製造用途は淡水総取水量のかなりの部分を占めます。さらに、真水の不足の増加とさまざまな環境への取り組みにより、都市廃棄物からのリサイクルと水の再利用が促進されると予想されます。
  • たとえば、2022年6月、水環境管理に重点を置く環境保護会社、中国光大水は、山東省博市にある張店東化学工業園区産業廃水処理の拡張・改修プロジェクトを確保しました。このプロジェクトはBOT(Build-Operate-Transfer)モデルで運営され、設計上の1日あたりの産業廃水処理能力は約5,000m3です。
  • 中国はまた、今後5年間で日量2,000万m3の追加の廃水処理能力を建設すると発表しました。
  • さらに、国際貿易局によると、中国は2021年から2025年の間に8万キロメートルの下水収集パイプラインネットワークを建設または改修し、下水処理能力を日量2000万立方メートル増加する計画です。したがって、上下水処理に対する上向きの需要が創出されます。テクノロジー市場。
  • 日本の下水普及率は約76%で、乾燥ベースで220万トンを超える下水汚泥が発生しています。下水汚泥には有機物が60~80%含まれており、安定したエネルギー源となります。
  • さらに、日本の食品加工産業は、幼児から高齢者向けの伝統食品から加工食品まで幅広い食品を生産しています。この国の食品加工産業は、食品・飲料製品の消費量の増加により、今後数年間で成長すると推定されています。包装食品に対する需要の高まりが、この国の食品・飲料業界を牽引しています。たとえば、ドミノ・ピザジャパンは2022年 3月に900店舗目をオープンしました。ドミノ・ピザ・エンタープライズ・リミテッドの市場では、同社の800店舗目のオープンから9か月後にこのマイルストーンに到達したのは初めてです。したがって、国内の食品・飲料産業の拡大は、国内の水処理・廃水処理技術市場に上向きの需要を生み出すと予想されます。
  • 上記の要因に基づいて、アジア太平洋は、予測期間中に世界の水処理・廃水処理技術市場を独占すると予想されます。

水処理・廃水処理技術業界の概要

水処理・廃水処理技術市場は本質的に部分的に細分化されています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 急速に減少する淡水資源
    • シェールガス探査活動による需要の増加
    • 新興経済諸国における廃水の複雑さの増大
  • 抑制要因
    • 高額な水処理技術
    • 水処理技術の適切な使用に対する意識の欠如
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • タイプ
    • 油水分離
    • 浮遊物質の除去
    • 溶解固形物の除去
    • 生物学的処理/栄養素・金属の回収
    • 消毒・酸化
    • その他
  • エンドユーザー産業
    • 都市用水処理・廃水処理
    • 食品・飲料
    • パルプ・紙
    • 石油・ガス
    • ヘルスケア
    • 家禽・水産養殖
    • 化学・石油化学
    • その他
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • ASEAN諸国
      • その他アジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • フランス
      • 英国
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)/ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • AECOM
    • Aquatech International LLC
    • Black and Veatch Holding Company
    • Doosan Heavy Industries and Construction
    • DuPont
    • Ecolab
    • Evoqua Water Technologies LLC
    • Hindustan Dorr-Oliver Ltd
    • Hitachi, Ltd.
    • ITT INC.
    • Kurita Water Industries Ltd
    • Mott MacDonald
    • REMONDIS SE and Co. KG
    • SLB
    • Siemens
    • SUEZ
    • Thermax Limited
    • VA Tech Wabag Ltd.
    • Veolia

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 51874

The Water And Wastewater Treatment Technologies Market size is estimated at USD 61.46 billion in 2024, and is expected to reach USD 85.28 billion by 2029, growing at a CAGR of greater than 6% during the forecast period (2024-2029).

Water And Wastewater Treatment Technologies - Market

The COVID-19 pandemic negatively impacted the market. It was because of the shutdown of the manufacturing facilities and plants due to the lockdown and restrictions. Supply chain and transportation disruptions further created hindrances for the market. However, the industry witnessed a recovery in 2021, thus rebounding the demand for the market studied.

Key Highlights

  • Over the short term, rapidly diminishing freshwater resources worldwide, increasing demand from shale gas exploration activities, and growing wastewater complexities in developing economies are some factors driving the market's growth studied.
  • On the flip side, the high cost of water treatment plants is expected to hinder the studied market's growth.
  • However, innovations in water treatment technologies are anticipated to act as an opportunity for the market studied.
  • Asia-Pacific is likely to witness the highest growth rate during the forecast period.

Water and Wastewater Treatment Technologies Market Trends

Municipal Water and Wastewater Treatment Segment is Expected to Dominate the Market

  • Municipal wastewater is the water draining from toilets, showers, sinks, bathrooms, washing machines, dishwashers, and liquid industrial waste. Municipal wastewater should be treated before releasing it into the environment to avoid damage to the environment and the spreading of harmful diseases.
  • The major applications of treatment technologies include preliminary treatment, primary and secondary treatment, tertiary treatment, biological nutrient removal (BNR), resource recovery, energy generation, and others.
  • There are nearly 1,944 municipal wastewater treatment plants across China's city/urban regions and 1,599 municipal wastewater treatment plants across China's counties. It accounts for daily processing capacities of 140 and 29 million cubic meters, respectively. In the 14th five-year plan (FYP), China published new guidelines for wastewater reuse. It mandated raising the proportion of sewage that must be treated to reuse standards to 25% by 2025.
  • Due to various government initiatives, water purification is expected to increase significantly during the forecast period. With the 2030 Water Resources Group, the Council on Energy, Environment, and Water (CEEW) plans to improve wastewater management in India and increase private investments in water treatment chemicals manufacturing companies to build wastewater treatment facilities and raw materials.
  • Furthermore, Stormwater Treatment Area 1 West Expansion project involves the construction of water treatment facilities on 2,509ha of land in Florida, the United States, with an investment of USD 170 million.
  • Wastewater technology is primarily used in municipal wastewater treatment by the municipal authority of various cities across India. According to the World Bank, India, China, Indonesia, Nigeria, and the United States will lead the world's urban population surge by 2050.
  • Moreover, the municipal water treatment in various municipalities in the country is observing a significant increase owing to government initiatives to provide the more rural population access to safe and adequate drinking water within their premises.
  • According to the Ministry of Jal Shakti of the Government of India, in FY 2022, the percentage of the rural population with access to safe and adequate drinking water within premises increased to 61.52% from 55.23% in FY2021. Furthermore, the Indian government aims to provide 100% of its population safe and adequate drinking water within premises by 2024 or 2025. It will boost the municipal water treatment plants in the country.
  • IDE Technologies, an Israeli firm, joined hands with the government of Andhra Pradesh to set up desalination plants in various states to overcome the water scarcity in the cities.
  • To fulfill water scarcity, the Council on Energy, Environment, and Water (CEEW), in association with the 2030 Water Resources Group, is planning to improve wastewater management in India and increase private investments in building wastewater treatment plants.
  • Over the past few years, the urban sewage capacity in India grew significantly. This growing capacity will likely drive the country's innovative water treatment technology demand.
  • Hence, owing to the abovementioned factors, municipal water, and wastewater treatment technologies will likely dominate the market during the forecast period.

Asia-Pacific is Likely to Dominate the Market

  • Asia-Pacific accounted for the major share of the water and wastewater treatment technologies market due to high demand from countries like China, India, and Japan.
  • China is discharging more wastewater than industrial wastewater in recent times. Adding to the issue is the huge pollution problem, especially in the major industrial locations of the country. Currently, 80% of sludge in China is improperly dumped, an increasingly controversial environmental issue with urban centers scrambling to decrease pollution by improving their wastewater treatment plants (WWTPs). Therefore, it is expected to create an upside demand for the country's water and wastewater treatment technologies market.
  • Chemical manufacturing applications account for a considerable share of the total freshwater withdrawal. Furthermore, increasing scarcity of fresh water and various environmental initiatives are anticipated to boost recycling and water reuse from municipal waste.
  • For instance, in June 2022, China Everbright Water, an environmental protection company that focuses on water environment management, secured the expansion and upgrading project of the ZhangdianEast Chemical Industry Park Industrial Wastewater Treatment in Zibo City, Shandong Province. This project will be operated on a BOT (Build-Operate-Transfer) model, with a designed daily industrial wastewater treatment capacity of around 5,000 m3.
  • China also announced the construction of 20 million m3/d of additional wastewater treatment capacity over the next 5 years.
  • Moreover, according to International Trade Administration, China plans to build or renovate 80,000 km of sewage collection pipeline networks and increase sewage treatment capacity by 20 million cubic meters/day between 2021 and 2025. Therefore, creating an upside demand for the water and wastewater treatment technologies market.
  • The sewage penetration rate in Japan is ~76%, with the country generating more than 2.2 million tons of sewage sludge on a dry basis. Sewage sludge contains 60-80% organic matter and constitutes a stable energy source.
  • Furthermore, the Japanese food processing industry produces a wide range of foods, from traditional to processed food, for infants and older people. The food processing industry in the country is estimated to grow in the coming years, owing to the higher consumption of food and beverage products. The rising demand for packaged food is driving the food and beverage industry in the country. For instance, in March 2022, Domino's Japan opened its 900th store. It is the first Domino's Pizza Enterprises Ltd market to reach the milestone nine months after opening the Company's 800th store. Therefore, the expansion of the food and beverage industry in the country is expected to create an upside demand for the water and wastewater treatment technologies market in the country.
  • Based on the above factors, Asia-Pacific is expected to dominate the global water and wastewater treatment technologies market during the forecast period.

Water and Wastewater Treatment Technologies Industry Overview

The Water and Wastewater Treatment Technologies Market is partially fragmented in nature. The major players in this market (not in any particular order) include Veolia, SUEZ, Evoqua Water Technologies LLC, DuPont, and Kurita Water Industries Ltd., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rapidly Diminishing Freshwater Resources
    • 4.1.2 Increasing Demand from Shale Gas Exploration Activities
    • 4.1.3 Growing Wastewater Complexities in Developing Economies
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 High Cost of Water Treatment Technology
    • 4.2.2 Lack of Awareness on Appropriate Usage of Water Treatment Techniques
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Oil/Water Separation
    • 5.1.2 Suspended Solids Removal
    • 5.1.3 Dissolved Solids Removal
    • 5.1.4 Biological Treatment/Nutrient and Metals Recovery
    • 5.1.5 Disinfection/Oxidation
    • 5.1.6 Other Types
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Municipal Water and Wastewater Treatment
    • 5.2.2 Food and Beverage
    • 5.2.3 Pulp and Paper
    • 5.2.4 Oil and Gas
    • 5.2.5 Healthcare
    • 5.2.6 Poultry and Aquaculture
    • 5.2.7 Chemical and Petrochemical
    • 5.2.8 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 ASEAN Countries
      • 5.3.1.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 France
      • 5.3.3.3 United Kingdom
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 AECOM
    • 6.4.2 Aquatech International LLC
    • 6.4.3 Black and Veatch Holding Company
    • 6.4.4 Doosan Heavy Industries and Construction
    • 6.4.5 DuPont
    • 6.4.6 Ecolab
    • 6.4.7 Evoqua Water Technologies LLC
    • 6.4.8 Hindustan Dorr-Oliver Ltd
    • 6.4.9 Hitachi, Ltd.
    • 6.4.10 ITT INC.
    • 6.4.11 Kurita Water Industries Ltd
    • 6.4.12 Mott MacDonald
    • 6.4.13 REMONDIS SE and Co. KG
    • 6.4.14 SLB
    • 6.4.15 Siemens
    • 6.4.16 SUEZ
    • 6.4.17 Thermax Limited
    • 6.4.18 VA Tech Wabag Ltd.
    • 6.4.19 Veolia

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Innovations in Water Treatment Technologies
  • 7.2 Shifting Focus Toward Green Chemicals