市場調査レポート
商品コード
1443946

クレーン:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Crane - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 158 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
クレーン:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 158 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クレーン市場規模は2024年に426億4,000万米ドルと推定され、2029年までに577億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.26%のCAGRで成長します。

クレーン- 市場

メーカーは、自動車産業の重要な分野で顧客との継続性を維持するために、将来のビジネスの不確実性を軽減する緊急時対応計画を実施しています。

主なハイライト

  • 2020年、Liebeherr Groupは代替ドライブトレイン技術に研究開発の取り組みを集中させました。当グループは、世界初のバッテリー駆動のクローラークレーンとアンプラグドのLR 1250.1を発売しました。同グループはまた、2020年5月の通常生産に対するロックダウンの影響を軽減するために、ドイツから操作されるリープヘルリモートサービスアプリを通じてアルゼンチンでLHM 420タイプのモバイルハーバークレーンを遠隔で組み立てることにより、シジュウカラクレーンの遠隔生産にも注力しました。
  • 予測期間中、クレーン業界は、製造施設やオフィスでの人的関与を減らすための自動化技術の展開から恩恵を受けると予想されます。インフラストラクチャーおよび建築業界がさまざまな新規建設および修復プロジェクトに急速に拡大しているため、この種の機器に対する強い需要が生み出されています。
  • クレーン業界は、インフラ設備の改善を目的とした新規建設および開発プロジェクトに対する政府および民間支出の増加により拡大しています。電気通信、石油・ガス、製造などのいくつかの業界における構造改善の要求も、マーケティングを支援します。これらのマシンは、従来の製品に比べて優れたパフォーマンスと効率を備えているため、さまざまな分野で人気を集めています。また、サウジアラビアのthe Jeddah Towerやマレーシアの the Merdeka 118 Towerなどの高層ビルの建設により、市場は健全な成長を示すと予想されています。
  • 2022年 10月:Liebherr Groupは、ファイバーロープを備えた新しい520 EC-Bクレーンを発売しました。このクレーンの吊り上げ能力は20トンで、フラットなトップ設計により、さまざまな用途に多用途に使用できます。
  • 2022年 10月:Manitowoc Company Inc.の子会社であるManitowoc Cranesは、オランダのクレーン製造、販売、レンタル会社Montarentから、Potain Igo MA 21 12台とIgo 32自動起立クレーン3台を受注しました。
  • アジア太平洋は、建設中の高層ビルの数、急速なインフラ開発、港の数の多さ、および多くのクレーンOEMの存在により、世界最大の自動車市場になると予測されています。

クレーン市場の動向

オールテレーンクレーンセグメントが市場を独占すると予想される

オールテレーンクレーンは、さまざまな気象状況で動作するように作られています。建設分野の台頭と産業の拡大により、オールテレーンクレーンは世界中で大きな注目を集めると予想されています。建設およびその他のエンドユーザー部門は、オールテレーンクレーンに大きく依存しています。従来の吊り上げおよび建設機械はオールテレーンクレーンに置き換えられており、予測期間を通じてオールテレーンクレーン市場を牽引すると予想されます。

オールテレーンクレーンは、高強度の出力と不利な地形や気象条件でも動作できる能力により、建設の新時代においてますます人気が高まっており、近い将来の拡張に役立つことが期待されています。近年、高層ビル建設、鉱山、電力資源開発の人気の高まりにより、オールテレーンクレーンのニーズが飛躍的に高まっています。

市場の主要企業も、競合他社に対する競争力を高めるために、新しい製品ポートフォリオを立ち上げています。

  • 2022年 5月:Sany Indiaは、EXCON 2022でSRC 400C CEV IV準拠のラフテレーンクレーンを含む、インド市場向けに特別に設計された22台の新しい機械を発表しました。
  • 2022年11月:XCMGは、BAUMA 2022で世界初のプラグインハイブリッドクレーンであるXCA60EVを含む10台の新しい電気機械を発表しました。

したがって、上記のすべての要因の組み合わせにより、オールテレーンクレーンセグメントが今後5年間市場を独占すると予測されます。

アジア太平洋は最も急速に成長する地域になると予想されている

公共インフラと住宅ユニットの成長により、アジア太平洋地域のクレーン市場が牽引されると予想されます。建設機械の最大の製造業者および消費者の1つは中国にあります。建設市場ではクレーンが大きな市場シェアを占めており、中国はアジア太平洋地域で最大のクレーン市場となっています。インドでは、政府は2021年から2022年の連邦予算で国内のインフラを改善するためにいくつかの発表を行いました。例えば、2022年7月:インド政府は、2022~23年度連合予算において、国内の複合輸送物流ハブや港湾などの統合インフラ開発を加速するため、1,000万ルピー(1,307億米ドル)を割り当てました。

さらに、肉体的な作業に対する人間の介入が減り、建設作業中の労働災害の減少につながり、建設活動を効果的に進めるためにクレーンの導入が増加すると予想されます。これは、アジア太平洋のクレーン市場、特に建設部門が大幅な規模拡大を経験している日本とインドの市場全体の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

アジア太平洋では、都市化の進行、大都市における深刻な住宅不足、高い人口増加を背景に、高層ビルの建設も急速に進んでいます。 2022年には、世界で最も高い建物25棟のうち23棟がアジア太平洋に建設されます。クレーンは、高層ビルの建設などで重量のある建設資材を吊り上げて輸送するために使用されます。したがって、高層ビルの建設の増加も、今後5年間でアジア太平洋のクレーン市場を牽引すると予想されます。

同様に、政府が取り組んでおり、近い将来完了する予定の新幹線のイントロダクションは、インドのクレーン市場に収益性の高いチャンスをもたらすと期待されています。新幹線の高度な建設により、列車構造の開発中に重量物を持ち上げるためのクレーン機械が必要になります。これにより、今後数年間で国内でクレーン機械に対する大幅な需要予測が生まれ、地域のクレーン市場に利益をもたらすことが予想されます。予測期間中に世界のクレーン市場にプラスの影響を与えると予想されます。

主要なOEMによる製品の発売により、アジア太平洋地域のクレーン市場も拡大しています。

  • 2022年 4月:Tadano Limitedは、2030年までに製品使用による炭素排出量の25%削減を達成するというカーボンニュートラル目標を達成するための取り組みの一環として、世界初の電動オールテレーンクレーンを開発中であると発表しました。 2023年後半までに発売される予定です。
  • 2022年 3月:XCMGは、全地形クレーンのWindflex XCA1800シリーズを発売しました。このクレーンは、最大吊り上げ高さ140メートルで吊り上げ重量148トン、最大登坂性27%、最大重荷重移行能力284トンを備えています。

クレーン業界の概要

クレーン市場は高度に統合されており、少数の大手企業によって支配されています。調査対象となっている市場の主要企業には、Manitowoc、Tadano、Kobelco、Cargotec、Kone Cranes、Liebherr、SANY Global、Palfinger、Zoomlion、XCMGなどがあります。

これらの企業は、建設、鉱業、産業分野の主要企業からの信頼できるクレーンに対する大きな需要をうまく利用しています。

この地域の主要企業は、新製品の研究開発と世界中へのクレーンの納入に多額の費用を費やしています。また、新製品の発売や自社の地位を強化するための大型受注の確保などの成長戦略にも注力しています。

  • 2022年 10月:Terex CranesはCTT 222-10フラットトップタワークレーンを導入しました。安全性を維持するために、調整可能な旋回シートと統合された冷暖房システムにより、オペレーターは快適で生産性が高く、仕事に集中できます。このモデルの最大積載量は10トン、最大ジブ長さは65m、最大自立高さ(C25)は54.35m、72.95m、67.85mです。
  • 2022年 10月:Zoomlion Heavy Industry Science &Technologyは、BAUMA 2022で欧州市場向けに特別に開発されたR世代タワークレーンを発表しました。
  • 2022年 5月:Tadano Demag Cranes GmbHは、サウジアラビアの専門契約会社からDemag AC cranesを79台の注文を獲得しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 移動式クレーン
      • オールテレーンクレーン
      • ラフテレーンクレーン
      • クローラークレーン
      • トラック搭載クレーン
      • その他の移動式クレーン
    • 固定クレーン
      • モノレールとアンダーハング
      • 天井軌道クレーン
      • タワークレーン
    • 海洋および海洋クレーン
      • 移動式港湾クレーン
      • 固定港湾クレーン
      • オフショア
      • 船舶用クレーン
  • 用途の種類別
    • 建設と鉱業
    • 海洋および海洋
    • 産業用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • ブラジル
      • 他の国々

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Konecranes PLC
    • Cargotec OYJ
    • Manitowoc
    • Terex Corporation
    • Tadano Limited
    • Kobelco Cranes Co. Ltd
    • Palfinger AG
    • Liebherr-International AG
    • Zoomlion Heavy Industry Science and Technology Co. Ltd
    • Favelle Favco Group
    • Hitachi Sumitomo Heavy Industries Construction Cranes Co. Ltd
    • XCMG Group
    • SANY Group
    • Shanghai Heavy Industries Co. Ltd(ZPMC)

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 49399

The Crane Market size is estimated at USD 42.64 billion in 2024, and is expected to reach USD 57.76 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.26% during the forecast period (2024-2029).

Crane - Market

Manufacturers are implementing contingency plans to mitigate future business uncertainties to retain continuity with clients in the critical sectors of the automobile industry.

Key Highlights

  • In 2020, Liebeherr Group focussed its R&D efforts on alternative drivetrain technologies. The Group launched the world's first battery-powered crawler cranes and the LR 1250.1 unplugged. The Group also focused on the remote production of tits cranes by remotely assembling a mobile harbor crane of the LHM 420 type in Argentina through Liebherr Remote Service App operated from Germany to mitigate the effects of the lockdown on its regular production in May 2020.
  • Over the forecast period, the crane industry is expected to benefit from automated technology deployment to decrease human involvement in manufacturing facilities and offices. The fast expansion of the infrastructure and building industry to various new construction and restoration projects creates strong demand for these types of equipment.
  • The crane industry is expanding due to increased government and private expenditures on new construction and development projects to offer improved infrastructural amenities. The requirement for improved structures in several industry verticals, such as telecommunications, oil and gas, and manufacturing, also supports marketing. These machines are gaining popularity in various sectors due to their superior performance and efficiency over traditional choices. The market is also anticipated to display healthy growth due to the construction of high-rise buildings like the Jeddah Tower in Saudi Arabia and the Merdeka 118 Tower in Malaysia.
  • October 2022: Liebherr Group launched a new 520 EC-B crane with fiber rope. The crane has a lifting capacity of 20 ton, and its flat top design makes it versatile for many applications.
  • October 2022: Manitowoc Cranes, a subsidiary of Manitowoc Company Inc., won an order for 12 Potain Igo MA 21 and three Igo 32 self-erecting cranes from Dutch crane manufacturing, sales, and rental company Montarent.
  • Asia-Pacific is predicted to be the largest market for cars in the world due to the large number of high-rise buildings under construction, rapid infrastructure development, high number of ports, and presence of many crane OEMs.

Crane Market Trends

The All-terrain Crane Segment is Expected to Dominate the Market

All-terrain cranes are built to work in a variety of weather situations. All-terrain cranes are expected to acquire substantial traction around the world, owing to the rising construction sector and industrial expansion. Construction and other end-user sectors rely heavily on all-terrain cranes. Traditional lifting and construction equipment are being replaced by all-terrain cranes, which is expected to drive the market for all-terrain cranes throughout the forecast period.

Due to their high-intensity output and capacity to operate in unfavorable terrains and weather conditions, all-terrain cranes are becoming increasingly popular in the new age of construction, which is anticipated to help in their expansion in the near future. In recent years, the need for all-terrain cranes has risen dramatically due to the growing popularity of tall building construction, mining, and power resource development.

The major players in the market are also launching new product portfolios to gain a competitive edge over their competitors. For instance-

  • May 2022: Sany India launched 22 new machines which are specifically designed for Indian market including SRC 400C CEV IV compliant rough terrain crane at EXCON 2022.
  • November 2022: XCMG launched 10 new electric machines including XCA60EV, world's first plug-in hybrid crane at BAUMA 2022.

Thus it is predicted that the combination of all the above factors will see All-terrain Crane segment to dominate the market for next five years.

Asia-Pacific is anticipated to be the Fastest-growing Region

The growth of public infrastructure and housing units is expected to drive the crane market in the Asia-Pacific region. One of the largest manufacturers and consumers of construction equipment is in China. In the construction market, cranes hold a large chunk of the market share, making China the largest market for cranes in the Asia-Pacific region. In India, the government made several announcements in the Union Budget 2021-2022 to improve the infrastructure in the country. For instance-

  • July 2022: The Indian government allocated INR 10 lakh crore (USD 130.7 billion) to accelerate the development of integrated infrastructure like multi-modal logistics hubs and ports in the country during the Union Budget 2022-23.

Moreover, less human intervention with physical work, which leads to decreased labor injuries during construction work, is expected to increase the adoption of cranes for carrying forward construction activities effectively. It is expected to positively impact the overall market growth in the Asia-Pacific crane market, particularly in Japan and India, where the construction sector is experiencing significant scaling development.

The construction of high-rise buildings is also gaining rapid pace in Asia-Pacific due to growing urbanization, the acute housing shortage in major cities, and high population growth. In 2022, 23 of 25 world's highest bulidings are constructed in Asia-Pacific. Cranes are used to lift and transport heavy construction materials in the construction of high-rise buildings. Thus the rise in the construction of high-rise buildings is also anticipated to drive the crane market in Asia-Pacific over the next five years.

Similarly, the introduction of bullet trains, a project the government is working on and will complete in the near future, is expected to provide profitable chances in the Indian crane market. The high degree of construction of bullet trains necessitates crane machines to lift heavy objects during the development of train structures, which is expected to generate significant demand projections for crane machines in the country in the coming years, benefiting the region's crane market, which is also expected to have a positive impact on the global crane market during the forecast period.

Product launches by key OEMs are also expanding the market for cranes in Asia-Pacific. For instance

  • April 2022: Tadano Limited announced that it is developing the world's first electric all-terrain crane as a part of its initiative to meet its carbon neutrality goals of achieving a 25% reduction in carbon emissions from product use by 2030. The crane is expected to be launched by late 2023.
  • March 2022: XCMG launched the Windflex XCA1800 series of all-terrain cranes. The crane has a lifting weight of 148 ton at the 140m maximum lifting height, a maximum gradeability of 27% and a maximum heavy-load transition capability of 284 ton.

Crane Industry Overview

The crane market is highly consolidated and dominated by a few major players. Some of the leading players in the market studied are Manitowoc, Tadano, Kobelco, Cargotec, Kone Cranes, Liebherr, SANY Global, Palfinger, Zoomlion, and XCMG.

These players have successfully capitalized on the significant demand for reliable cranes from key players in the construction, mining, and industrial sectors.

The major players in the region are spending heavily on the research and development of new products and delivering cranes globally. They also focus on growth strategies, such as new product launches and securing major orders to strengthen their positions.

  • October 2022: Terex Cranes introduced CTT 222-10 Flat Top Tower Crane. To maintain safety, the adjustable slewing seat and integrated heating and cooling system keep operators comfortable, productive, and focused on their work. The maximum capacity of this model is 10 ton, the maximum jib length is 65 m, and the maximum free-standing height (C25) is 54.35 m, 72.95 m, and 67.85 m.
  • October 2022: Zoomlion Heavy Industry Science & Technology Co., Ltd. launched R-generation tower cranes specifically developed for the European market at BAUMA 2022.
  • May 2022: Tadano Demag Cranes GmbH secured the biggest order from Expertise Contracting Company of Saudi Arabia for 79 Demag AC cranes.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Challenges
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Mobile Crane
      • 5.1.1.1 All-terrain Crane
      • 5.1.1.2 Rough Terrain Crane
      • 5.1.1.3 Crawler Crane
      • 5.1.1.4 Truck-mounted Crane
      • 5.1.1.5 Other Mobile Cranes
    • 5.1.2 Fixed Crane
      • 5.1.2.1 Monorail and Underhung
      • 5.1.2.2 Overhead Track-mounted Crane
      • 5.1.2.3 Tower Crane
    • 5.1.3 Marine and Offshore Crane
      • 5.1.3.1 Mobile Harbor Crane
      • 5.1.3.2 Fixed Harbor Crane
      • 5.1.3.3 Offshore
      • 5.1.3.4 Ship Crane
  • 5.2 By Application Type
    • 5.2.1 Construction and Mining
    • 5.2.2 Marine and Offshore
    • 5.2.3 Industrial Applications
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Australia
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World
      • 5.3.4.1 United Arab Emirates
      • 5.3.4.2 Saudi Arabia
      • 5.3.4.3 South Africa
      • 5.3.4.4 Brazil
      • 5.3.4.5 Other Countries

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Konecranes PLC
    • 6.2.2 Cargotec OYJ
    • 6.2.3 Manitowoc
    • 6.2.4 Terex Corporation
    • 6.2.5 Tadano Limited
    • 6.2.6 Kobelco Cranes Co. Ltd
    • 6.2.7 Palfinger AG
    • 6.2.8 Liebherr-International AG
    • 6.2.9 Zoomlion Heavy Industry Science and Technology Co. Ltd
    • 6.2.10 Favelle Favco Group
    • 6.2.11 Hitachi Sumitomo Heavy Industries Construction Cranes Co. Ltd
    • 6.2.12 XCMG Group
    • 6.2.13 SANY Group
    • 6.2.14 Shanghai Heavy Industries Co. Ltd (ZPMC)

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS