デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1441678

分子診断:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Molecular Diagnostics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 198 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
分子診断:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 198 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

分子診断市場規模は、2024年に130億1,000万米ドルと推定され、2029年までに202億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.22%のCAGRで成長します。

分子診断-市場

世界中で流通チャネルの混乱により、ヘルスケア分野全体でのより良い品質、安全性、革新的な流通アプローチを保証する統合サプライチェーンが多大な影響を受けています。COVID-19は、ウイルスの蔓延を抑制するために、診断薬の急速な開発、規制当局の認可の迅速化、さまざまな地域での流通の強化により、世界中の分子診断業界に注目を集めています。

COVID-19による診断製品の需要は、主にポリメラーゼ連鎖反応検査、次世代シーケンシング(NGS)、血清学ベースの迅速検査製品の需要の増加、対象患者数の急増により増加すると予想されています。たとえば、2022年 2月にロシュは、Cobas 5800システムのCOVID-19のPCRポートフォリオを拡張することで、COVID-19との戦いにおいて、より多くの人々に正確、迅速、信頼性の高い診断へのアクセスを提供し続けました。したがって、このような事例は、 COVID-19の分子診断検査の採用増加につながり、パンデミック後の市場の成長を促進する可能性があります。

市場の成長に寄与する要因には、世界における細菌およびウイルスの流行の大規模発生、ポイントオブケア診断の需要の増加、薬理ゲノミクスの最近の進歩、急速に進化する技術などが含まれます。インドの結核報告書2022によると、2021年にインドで報告された結核発症患者(新規および再発)の総数は19,33,381人で、2020年の結核患者数は1,628,161人でした。このため、有病率は増加し、患者数は増加しています。分子診断の需要が増加し、市場を牽引すると予想されます。

さらに、世界的にはHIVなどの感染症の発生率が増加しています。たとえば、2022年 8月のUNAIDSの最新情報によると、2021年には世界のHIV感染者数は約3,840万人でした。このうち3,670万人が成人、170万人が子供でした。したがって、HIVなどの感染症の発生率が高いため、HIVの分子診断の採用の増加により市場の成長が促進されると予想されます。

分子診断は、微生物を特定し特徴付けるための最良の方法であると考えられています。効果的な検査は正確かつ迅速であり、さらに感染負荷を測定できなければなりません。より優れた検査により、微生物の菌株と薬剤感受性が迅速に特定され、適切な抗生物質を見つけるまでの遅れが軽減されます。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)などの技術の進歩により、抗菌薬耐性遺伝子を特定し、遺伝子型別による菌株の特徴付けなどの公衆衛生情報を提供することも可能になりました。したがって、上記の要因から、市場は予測期間中に大幅な成長を遂げると推定されます。

しかし、研究開発や景気減速のための限られた予算、および高度に複雑なテストセンターの必要性が市場の成長を妨げると予想されます。

分子診断市場の動向

機器セグメントは予測期間中にかなりの市場シェアを保持すると予想される

分子診断は、疾患の予後と治療反応の評価、さらには最小限の残存疾患の検出において重要な役割を果たします。過去10年間、自動化、統合、スループット、ランダムアクセスモードでの機器の使用機能など、化学と機器の進歩により、分子診断が成長してきました。

分子診断の機器に対するCOVID-19の影響は、分子診断機器の開発と製造のために市場関係者が採用した重要な戦略により、パンデミック中およびパンデミック後にプラスの影響を及ぼします。たとえば、2021年 12月、FINDは、Biomeme、Bioneer、Qlife、SD Biosensorなどの企業に総額 2,100万米ドルを投資し、以下を含む手頃な価格のポイントオブケア分子診断プラットフォームの開発、製造、発売を加速します。携帯性に優れ、使いやすいCOVID-19用器具。このような投資は、これらの手段の採用の増加により市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、主要な市場プレーヤーによる分子診断システムの発売の増加は、技術的に高度な機器の採用の増加により、市場の成長をさらに推進すると予想されます。たとえば、ロシュは2021年11月に、分子検査へのアクセスを拡大し、患者ケアを改善するための新しい分子診断システムであるCobas 5800を発売しました。この機器は、あらゆる規模の研究室に効率性、シンプルさ、タイムリーな結果を提供するため、臨床医は患者にとって最適な治療戦略を迅速に決定できます。

さらに、体外診断における多大な機会により、多くの市場プレーヤーがコラボレーション、買収、新製品の発売、拡張などのさまざまな戦略を採用しており、機器セグメントの市場の成長を推進しています。たとえば、2021年 8月、Mylab Discovery Solutionsは、ポイントオブケア(POC)検査用の次世代診断ソリューションを作成するために、米国に拠点を置く医療診断機器会社Hemex Healthと提携しました。技術契約の一環として、HemexはGazelle POC検査プラットフォームと専門知識を提供し、Mylabは検査アッセイを設計します。このような取り組みは、分子診断機器の採用の増加により市場の成長を促進すると予想されます。

したがって、上記の要因は、予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。

北米は市場で主要なシェアを占めており、予測期間中も同様に成長すると予想

この地域の市場成長を牽引する要因には、細菌やウイルスの流行の大規模発生、ポイントオブケア診断の需要の増加、急速に進化する技術、この地域の主要市場プレーヤーの強力な足場などが含まれます。

分子診断は、病気の診断の様相を変え、重症患者の迅速な検出と正確な治療を保証する上で重要な役割を果たしてきました。米国における一人当たりの医療費の増加、医療インフラの進歩、感染症とがんの症例数の増加により、従来の診断方法から分子診断への傾向の変化が生じています。たとえば、ACSの「Cancer Facts & Figures 2022」によると、2022年に米国で約1,918,030人の新たながん症例とがんによる死亡者数609,360人が報告されると推定されています。この地域でのがんの発生率がこれほど高いのは、がん診断における分子診断の採用が増加し、この地域の腫瘍の分子診断市場の成長を促進すると予想されています。

さらに、体外診断における多大な機会により、多くの市場プレーヤーがコラボレーション、買収、新製品の発売、拡張などのさまざまな戦略を採用しており、機器セグメントの市場の成長を推進しています。たとえば、2021年 8月、Mylab Discovery Solutionsは、ポイントオブケア(POC)検査用の次世代診断ソリューションを作成するために、米国に拠点を置く医療診断機器会社Hemex Healthと提携しました。技術契約の一環として、HemexはGazelle POC検査プラットフォームと専門知識を提供し、Mylabは検査アッセイを設計します。このような取り組みは、分子診断機器の採用の増加により、POC分子診断市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、2021年 10月には、迅速、正確、信頼性の高いリアルタイムPCR検査結果を提供する分子診断会社Cepheidがカナダで直接商業事業を開始しました。 Cepheid Canadaの業務には、直接サービス、注文管理、技術サポートが含まれます。カナダでの分子診断検査の採用の増加により、このような取り組みは北米での市場の成長を促進すると予想されます。

したがって、上記の要因を考慮すると、予測期間中に北米地域の市場の成長を促進すると予想されます。

分子診断業界の概要

分子診断市場は競争が激しく、いくつかの主要企業で構成されています。しかし、技術の進歩と製品の革新に伴い、中規模から小規模の分子診断会社は、より低価格の新しい分子診断システムを導入することで市場での存在感を高めています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 世界における細菌性およびウイルス性の流行の大規模発生
    • ポイントオブケア診断に対する需要の増加
    • 急速に進化するテクノロジーと薬理ゲノミクスの最近の進歩
  • 市場抑制要因
    • 研究開発と経済減速のための限られた予算
    • 非常に複雑なテストセンターの必要性
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 技術別
    • In situハイブリダイゼーション
    • チップとマイクロアレイ
    • 質量分析(MS)
    • シーケンシング
    • PCR
    • その他
  • 用途別
    • 感染症
    • 腫瘍
    • 薬理ゲノミクス
    • 微生物
    • 遺伝病スクリーニング
    • HLAタイピング
    • 血液検査
  • 製品別
    • 機器
    • 試薬
    • その他
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 研究室
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • F Hoffmann-la Roche Ltd
    • Illumina Ltd
    • Hologic Corporation
    • Agilent Technologies Inc.
    • Qiagen NV
    • Myriad Genetics
    • Becton, Dickinson and Company
    • Abbott Laboratories
    • Biomerieux SA
    • Bio-Rad Laboratories Inc.
    • Sysmex Corporation
    • Danaher Corporation(Beckman Coulter Inc.)
    • Thermo Fisher Scientific Inc.

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 47536

The Molecular Diagnostics Market size is estimated at USD 13.01 billion in 2024, and is expected to reach USD 20.22 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.22% during the forecast period (2024-2029).

Molecular Diagnostics - Market

Globally, the integrated supply chains that ensure better quality, safety, and innovative approaches for distribution across the healthcare sector are tremendously impacted due to the disruption in the distribution channels across the world. COVID-19 has turned a spotlight on the molecular diagnostics industry across the world, with the rapid development of diagnostics, fast-tracked regulatory clearances, and ramped-up distribution in various regions to help curb the spread of the virus.

The demand for diagnostic products due to COVID-19 is expected to increase mainly due to rising demand for polymerase chain reaction tests, next-generation sequencing (NGS), serology-based rapid-test products, and a sharp rise in the target patient population. For instance, in February 2022, Roche continued to provide more people with access to accurate, rapid, and reliable diagnostics in the fight against COVID-19 by expanding the COVID-19 PCR portfolio on the Cobas 5800 System. Such instances may therefore lead to increased adoption of COVID-19 molecular diagnostic testing, driving the market growth post-pandemic.

Some of the factors responsible for the growth of the market include large outbreaks of bacterial and viral epidemics in the world, increasing demand for point-of-care diagnostics, recent advancements in pharmacogenomics, and rapidly evolving technology. According to the India TB report 2022, the total number of incident TB patients (new and relapse) notified in India during 2021 was 19,33,381, as opposed to that of 16,28,161 in 2020. Thus, increasing the prevalence and rising patient pool is expected to increase the demand for molecular diagnostics driving the market.

Furthermore, globally, there is an increasing incidence of infectious diseases such as HIV. For instance, according to the UNAIDS update in August 2022, there were approximately 38.4 million people in the world with HIV in 2021. Of these, 36.7 million were adults, and 1.7 million were children. Therefore, the high incidence of infectious diseases such as HIV is anticipated to boost market growth due to the rise in the adoption of molecular diagnostics for HIV.

Molecular diagnostics is considered to be the best method to identify and characterize a microorganism. An effective test must be precise, rapid, and also be able to measure the infectious burden. Better testing quickly identifies the organism's strain and drug susceptibility, thus, reducing the delay in finding the right antibiotic. Technological advancements, like a polymerase chain reaction (PCR), have also made it possible to identify antimicrobial resistance genes and provide public health information, such as strain characterization by genotyping. Hence, from the abovementioned factors, the market is estimated to witness significant growth over the forecast period.

However, the limited budgets for R&D and economic slowdown, and the need for high-complexity testing centers are expected to hinder market growth.

Molecular Diagnostics Market Trends

Instruments Segment is Expected to Hold Significant Market Share Over the Forecast Period

Molecular diagnostics plays a vital role in the assessment of disease prognosis and therapy response, as well as in the detection of minimal residual disease. In the past decade, molecular diagnostics has grown, due to advances in chemistries and instrumentation, including automation, integration, throughput, and the ability to use the instrumentation in a random-access mode.

The impact of COVID-19 on molecular diagnostics instruments is positive during the pandemic and post-pandemic due to the key strategies adopted by the market players for the development and manufacture of molecular diagnostic instruments. For instance, in December 2021, FIND is investing a total of USD 21 million in companies such as Biomeme, Bioneer, Qlife, and SD Biosensor to accelerate the development, manufacturing, and launch of affordable point-of-care molecular diagnostic platforms that include highly portable, easy-to-use instruments for COVID-19. Such investments are expected to drive market growth due to the rise in the adoption of these instruments.

In addition, the rise in the launch of molecular diagnostic systems by the key market players is further expected to propel the market growth due to the rise in the adoption of technologically advanced instruments. For instance, in November 2021, Roche launched Cobas 5800, a new molecular diagnostics system to expand access to molecular testing and improve patient care. This instrument provides efficiency, simplicity, and timely results to laboratories of all sizes so clinicians can quickly determine the best treatment strategies for their patients.

Furthermore, with the tremendous opportunity in invitro diagnostics, many market players are adopting various strategies, such as collaborations, acquisitions, new product launches, and expansions, driving the market growth for the instruments segment. For instance, in August 2021, to create next-generation diagnostic solutions for the Point-of-Care (POC) testing, Mylab Discovery Solutions partnered with Hemex Health, a medical diagnostic device company based in the United States. As part of the technical agreement, Hemex will contribute its Gazelle POC testing platform and expertise, while Mylab will design test assays. Such initiatives are expected to bolster market growth due to the rise in the adoption of molecular diagnostic instruments.

Thus, the abovementioned factors are expected to drive market growth over the forecast period.

North America Holds a Major Share in the Market and is Expected to do the Same over the Forecast Period.

Some of the factors driving the market growth in this region include large outbreaks of bacterial and viral epidemics, increasing demand for point-of-care diagnostics, rapidly evolving technology, and the strong foothold of key market players in the region.

Molecular diagnostics has played a vital role in changing the face of disease diagnostics and assuring speedy detection and accurate care for critically ill patients. The increase in per capita health expenditures, the advancement in healthcare infrastructure, and the increase in the number of infectious diseases and cancer cases in the United States have led to a shift in trend from traditional diagnostic methods to molecular diagnostics. For instance, according to the ACS 'Cancer Facts & Figures 2022', around 1,918,030 new cancer cases and 609,360 deaths due to cancers are estimated to be reported in the United States in the year 2022. Such a high incidence of cancers in this region is anticipated to increase the adoption of molecular diagnostics for the diagnosis of cancer, driving oncology molecular diagnostics market growth in this region.

Furthermore, with the tremendous opportunity in invitro diagnostics, many market players are adopting various strategies, such as collaborations, acquisitions, new product launches, and expansions, driving the market growth for the instruments segment. For instance, in August 2021, to create next-generation diagnostic solutions for the Point-of-Care (POC) testing, Mylab Discovery Solutions partnered with Hemex Health, a medical diagnostic device company based in the United States. As part of the technical agreement, Hemex will contribute its Gazelle POC testing platform and expertise, while Mylab will design test assays. Such initiatives are expected to bolster POC molecular diagnostics market growth due to the rise in the adoption of molecular diagnostic instruments.

In addition, in October 2021, Cepheid, a molecular diagnostics company that delivers fast, accurate, and reliable real-time PCR test results, launched its direct commercial operations in Canada. Cepheid Canada's operations will include direct service, order management, and technical support. Such initiatives are expected to drive market growth in North America due to the rise in the adoption of molecular diagnostic testing in Canada.

Thus, considering above mentioned factors, it is expected to fuel the market growth in the North American region over the forecast period.

Molecular Diagnostics Industry Overview

The molecular diagnostics market is highly competitive and consists of several major players. However, with technological advancements and product innovations, mid-size to small molecular diagnostic companies are increasing their market presence by introducing new molecular diagnostics systems at fewer prices. Some market players in this market include Abbott Laboratories, F Hoffmann-la Roche Ltd, Hologic Corporation, Danaher Corporation, and Agilent Technology, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Large Outbreaks of Bacterial and Viral Epidemics in the World
    • 4.2.2 Increasing Demand for Point-of-Care Diagnostics
    • 4.2.3 Rapidly Evolving Technologies and Recent Advancements in Pharmacogenomics
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Limited Budgets for R&D and Economic Slowdown
    • 4.3.2 Need for High-complexity Testing Centers
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Technology
    • 5.1.1 In Situ Hybridization
    • 5.1.2 Chips and Microarrays
    • 5.1.3 Mass Spectrometry (MS)
    • 5.1.4 Sequencing
    • 5.1.5 PCR
    • 5.1.6 Other Technologies
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Infectious Disease
    • 5.2.2 Oncology
    • 5.2.3 Pharmacogenomics
    • 5.2.4 Microbiology
    • 5.2.5 Genetic Disease Screening
    • 5.2.6 Human Leukocyte Antigen Typing
    • 5.2.7 Blood Screening
  • 5.3 By Product
    • 5.3.1 Instruments
    • 5.3.2 Reagents
    • 5.3.3 Other Products
  • 5.4 By End User
    • 5.4.1 Hospitals
    • 5.4.2 Laboratories
    • 5.4.3 Other End Users
  • 5.5 By Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle East and Africa
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 F Hoffmann-la Roche Ltd
    • 6.1.2 Illumina Ltd
    • 6.1.3 Hologic Corporation
    • 6.1.4 Agilent Technologies Inc.
    • 6.1.5 Qiagen NV
    • 6.1.6 Myriad Genetics
    • 6.1.7 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.8 Abbott Laboratories
    • 6.1.9 Biomerieux SA
    • 6.1.10 Bio-Rad Laboratories Inc.
    • 6.1.11 Sysmex Corporation
    • 6.1.12 Danaher Corporation (Beckman Coulter Inc.)
    • 6.1.13 Thermo Fisher Scientific Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS