市場調査レポート
商品コード
1441637

ロボティクス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Robotics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
ロボティクス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ロボティクス市場規模は2024年に458億5,000万米ドルと推定され、2029年までに959億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に15.91%のCAGRで成長します。

ロボット工学-市場

主なハイライト

  • 需要の増加により、ロボット分野への多くの投資が行われています。国際ロボット連盟は、ロボットの需要は、新しい自動車生産施設への投資と産業施設の近代化によって促進されたと報告しました。
  • たとえば、2022年 8月、現代自動車グループは、AIとロボット工学の進歩を目的としたボストンダイナミクス AIインスティテュートの設立に4億米ドルを投資しました。同社の目標は、コグニティブ AI、アスレチック AI、有機的ハードウェア設計に重点を置いたリソースにより、「AI、ロボット工学、インテリジェントマシンの根本的な進歩」を実現することであり、それぞれの分野が高度なマシンの機能の進歩に貢献します。
  • 生産性を向上させ、対応する車両の品質を向上させるために、ロボットが製造プロセスに組み込まれています。たとえば、フォードモーターカンパニーはインドのサナンド施設工場で、車の塗装や車体製造作業に約450台のロボットを雇用しています。さらに、マルチ・スズキ・インディアの工場の1つは約5,000台のロボットを雇用しています。
  • デジタル化とインダストリー4.0革命により、ロボット工学や制御システムなどのより高度な自動化ソリューションを使用して生産プロセスを強化することが業界に求められ、各業界の自動化の成長が促進されました。ロボット工学では、接続性やデータなど、インダストリー4.0のいくつかの重要な要素が利用されます。シーメンスとGoogle Cloudは最近、Google Cloudのデータクラウドおよび人工知能/機械学習テクノロジーをシーメンスのファクトリーオートメーションソリューションと統合するパートナーシップを締結しました。
  • さらに、2022年 3月には、三菱は人間と同じくらい速く作業でき、音声コマンドで制御できるロボットシステムを開発しました。新しいシステムは、高精度音声認識などの三菱電機のMaisart AI技術を使用して作業タスクを開始し、その後、オペレーターが必要に応じてロボットの動きを微調整することができます。
  • 世界中の多くの企業が、人件費を節約するためにロボットを使用して倉庫を自動化しています。例えば、近年の産業用ロボットの稼働台数は約3,800台(千台)に達しています。アリババはまた、倉庫の1つをロボット労働にアップグレードし、労働力を70%大幅に削減し、高度なスキルを持った労働力の機会を広げました。
  • COVID-19の抑制には、清掃や消毒のサービスロボットなど、さまざまなロボット技術の活用が必要だった。感染していない需要の増加により、サービスロボットに新たな居場所が生まれました。その結果、ほとんどのメーカーが新しい消毒ロボットを登録しました。さらに、複数の製造会社が産業用ロボットの導入から恩恵を受けていると報告しています。たとえば、プロクター・アンド・ギャンブルは、自社の生産ラインにロボットを導入することで、より多くの労働者を雇用し続け、より多くの商品を生産できることに気づきました。

ロボティクス市場の動向

サービスロボティクスは大幅な成長が期待される

  • 医療ロボットシステムを利用した手術が増加するにつれて、市場における製品の革新率はさらに高まるでしょう。 2022年 8月、モハリのマックススーパースペシャルティ病院は、インドで最も先進的な技術の1つであるダヴィンチXi手術ロボットを病院で導入しました。革新的なDa Vinci Xi Surgical Robotの発売は、患者が質の高いヘルスケアサービスを利用できるようにするためにヘルスケア提供者が講じた患者中心の一歩です。
  • さらに、NIOSHによれば、ヘルスケア従事者は米国で最も危険な産業上の仕事に就いており、致命的ではない職業上の傷害や疾病の数が最も多くなっています。世界中で約6,000台の手術ロボットが100万件の手術を行っていると推定されています。市場は60億米ドルの価値がありました。基本システムの費用は200万米ドルです。 MITやミシガン大学などの著名な組織は、小型でコンパクトなロボットを医療分野に提供する技術に取り組んでいます。
  • さらに、労働統計局によると、ビルの管理人および清掃員は2,384,600人います。企業は年間平均約600億米ドルを支出しています。これには、清掃業が最も多くの労働災害を記録している業界の一つであるため、高額になった保険金額は含まれていないです。このような要因により、明らかな理由から掃除ロボットの需要が高まります。
  • 人口の高齢化は、国内のヘルスケアおよび支援用途におけるロボットの導入が大幅に増加する主な要因の1つです。たとえば、国連のデータによると、世界の65歳以上の人口は181%増加すると予想され、2050年までに人口の16%を占める可能性があります。
  • 現代自動車グループは最近、産業現場の安全のためのロボット「工場安全サービスロボット」を発表し、起亜自動車の韓国工場での試験運用を発表しました。このロボットは、ボストン・ダイナミクス社のDynamics社のSpot四足歩行ロボットをベースにしており、人工知能(AI)、自律ナビゲーション、遠隔操作技術、およびさまざまな産業タスク向けに同グループのロボット研究所が開発したコンピューティングペイロードを備えています。
  • IFR 2022によると、家庭用ロボットは消費者向けロボットの最大のグループを構成しています。最近では、約1,900万台(12%増)が販売されました。現在、掃除機やその他の屋内家庭用床掃除ロボットが最も使用されている用途です。このような発展は、将来の市場の成長をさらに促進する可能性があります。
  • さらに、バンガロールを拠点とする新興企業ANSCER Roboticsは、ロボット技術を誰もが利用できるようにする世界初の自律移動ロボット(AMR)「頭脳」を開発し、インド倉庫ショー(IWS)で同社のAMRシリーズを初公開しました。ニューデリーのプラガティ・マイダンで開催されました。

アジア太平洋が大きな市場シェアを握ると予想される

  • アジア太平洋地域は、ロボットの大幅な導入により、大きな市場シェアを保持すると予測されています。さらに、電子機器および自動車製造業の大規模な展開により、韓国と中国がロボット工学の導入において優勢となっています。
  • 日本政府は、2025年までに推定約38万人の熟練労働者の不足を埋めるため、高齢者介護ロボットの開発に資金提供すると発表しました。さらに、日本政府は2050年までに、日本で販売されるすべての新車を電気自動車かハイブリッド車にすることを目指しています。同国は民間による電気自動車用バッテリーとモーターの開発を加速するため補助金を提供する予定です。これにより、近い将来、高齢者介護ロボットの住宅への導入も促進されることが予想されます。
  • さらに、2022年 10月には、Robotex IndiaがBMC Software India Pvt.と協力して、 Ltd.は、インドにおけるSTEM教育エコシステムの強化に向けた複数の取り組みを開始すると宣言しました。 BMCソフトウェアは、業界の「Build Your First Robot」で、プネーの公立学校の250人の女性学習者に、雇用の可能性を拡大し、男女格差を埋めるために必要な技術スキルを身につけることを目指しています。このような取り組みは、将来調査される市場の成長をさらに促進する可能性があります。
  • 世界の自動車市場の重要なプレーヤーである中国では、自動車産業が大幅に拡大しています。中国政府は自動車部品産業を含む自動車産業を国家の主要な柱産業の一つとみなしています。中国中央政府は、2025年までに全国で3,500万台の自動車が生産されると予測しています。
  • この地域は高齢化に直面しているため、政府機関は労働力としてのロボットへの依存度を高めることを計画しています。たとえば、住宅開発委員会(シンガポール)は、公共住宅街区のどの部分を清掃する必要があるかを特定するために、自律型ドローンまたはロボットを導入する予定です。主な目的は、汚れた部分のみを重点的に洗浄することで、洗浄に必要な水を削減することです。
  • さらに、人工知能テクノロジー企業のUbtech Roboticsは、CES 2021でAdibot UV-C消毒ロボットを発表しました。 Adibotロボット消毒システムは、Ubtechのロボット工学とAIをUV-Cと統合し、COVID-19症に対する病院グレードのソリューションを提供するように設計されました。有害な病原体のDNAとRNAを不活性化することで、対象の表面と空気を消毒する技術。

ロボティクス産業の概要

世界のロボティクス市場は比較的細分化されており、ABB Ltd.、安川電機株式会社、デンソー株式会社、ファナック株式会社、Kuka AGなどの主要な市場プレーヤーがいくつかあります。マーケットベンダーは、顧客ベースを海外に拡大することに注力しています。両社は、戦略的な協力イニシアチブを活用して、市場シェアと収益性を向上させています。

2022年 10月、ABBは史上最小の産業用ロボットを発売し、ウェアラブルインテリジェントガジェットをより速く、より柔軟に、高品質で生産するための独自の可能性を提供しました。コンパクトなサイズ、クラス最高のペイロード、比類のない精度を備えた新しいIRB 1010により、エレクトロニクスメーカーは、高度な時計、イヤホン、センサー、ヘルストラッカーなどのデバイスの自動化による生産を拡大できます。

産業用ロボットの世界最大手メーカーの1つである安川モトマンは、2022年2月に、それぞれ6軸を備えた2つの新しい協働ロボット「HC10DTP」と「HC20DTP」を発売しました。同社はこれらを「安川電機のHCシリーズラインの簡単な機能を強化した信頼性の高いロボット」と説明しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • マクロ動向が市場に与える影響
  • 産業エコシステムにおける協働ロボットの進化

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • インダストリー4.0運転自動化の到来
    • 安全性の一層の重視
    • 石油・ガス業界からの需要
  • 市場抑制要因
    • 高額な設置コスト

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 産業
    • サービス
  • エンドユーザー別
    • 産業用ロボットのエンドユーザー
      • 自動車
      • 飲食品
      • エレクトロニクス
      • 産業用ロボットのその他のエンドユーザー
    • サービスロボットのエンドユーザー
      • ロジスティクス
      • 軍事と防衛
      • 医療とヘルスケア
      • サービスロボットのその他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd
    • Yaskawa Electric Corporation
    • Denso Corporation
    • Fanuc Corporation
    • Kuka AG
    • Kawasaki Heavy Industries Ltd.
    • Toshiba Corporation
    • Panasonic Corporation
    • Staubli International AG
    • Nachi Robotic Systems Inc.
    • Yamaha Motor Co. Ltd
    • Seiko Epson Corporation
    • Comau SpA(Stellantis NV)
    • Omron Adept Technologies Inc.
    • Intuitive Surgical Inc.
    • Stryker Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 46811

The Robotics Market size is estimated at USD 45.85 billion in 2024, and is expected to reach USD 95.93 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.91% during the forecast period (2024-2029).

Robotics - Market

Key Highlights

  • Due to the increased demand, numerous investments in the robotics sector have been made. The International Federation of Robotics reported that the demand for robots was fueled by investments in new car production facilities and the modernization of industrial facilities.
  • For instance, in August 2022, Hyundai Motor Group invested USD 400 million in establishing the Boston Dynamics AI Institute to advance AI and robotics. The company's goal is to make "fundamental advances in AI, robotics, and intelligent machines," with resources focused on cognitive AI, athletic AI, and organic hardware design, with each discipline contributing to advancements in advanced machine capabilities.
  • Robots have been incorporated into manufacturing processes to increase productivity and improve the quality of the corresponding vehicles. For instance, at its Sanand facility plant in India, Ford Motor Company employs about 450 robots to paint cars and perform body construction tasks. Additionally, one of Maruti Suzuki India's plants employs about 5,000 robots.
  • Digitization and the Industry 4.0 revolution have encouraged the growth of automation among industries by requiring them to use more advanced and automated solutions, like robotics and control systems, to enhance their production processes. Robotics utilizes several key elements of Industry 4.0, including connectivity and data. Siemens and Google Cloud recently formed a partnership to integrate Google Cloud's data cloud and artificial intelligence/machine learning technologies with Siemens' factory automation solutions.
  • Further, in March 2022, Mitsubishi developed a robotics system that can work as fast as humans and be controlled via voice commands. The new system uses Mitsubishi Electric's Maisart AI technologies, such as high-precision speech recognition, to initiate work tasks, after which operators can fine-tune robot movements as needed.
  • Many businesses worldwide are automating their warehouses with robotics to save money on labor costs. For instance, in recent years, the number of operational industrial robots reached about 3800 (in thousand units). Alibaba also upgraded to robotic labor in one of its warehouses, dramatically reducing the labor workforce by 70% and opening up opportunities for a highly-skilled workforce.
  • Curbing COVID-19 involved utilizing various robot technologies, such as cleaning and disinfection service robots. Increased uninfected demands opened this new place for service robots. As a result, most manufacturers registered new disinfection robots. Further, multiple manufacturing companies reported being benefitted from adopting industrial robots. For example, Procter & Gamble found that adding robots to its production lines allowed it to keep more workers on the job and produce more goods.

Robotics Market Trends

Service Robotics is Expected to Witness Significant Growth

  • As medical Robot systems-assisted surgeries increase, product innovation rates in the market will further increase. In August 2022, Max Super Speciality Hospital, Mohali, launched one of the most advanced technologies in India, the Da Vinci Xi Surgical Robot, at its hospital. The launch of the revolutionary Da Vinci Xi Surgical Robot is yet another patient-centric step taken by healthcare providers to empower patients with access to quality healthcare services.
  • Further, according to NIOSH, healthcare workers have the most hazardous industrial jobs in the United States, with the highest number of nonfatal occupational injuries and illnesses. It is estimated that about 6,000 surgical robots perform a million operations globally. The market was worth USD 6 billion. A basic system costs USD 2 million. Reputed organizations like MIT and the University of Michigan are working on the technology to deliver small and compact robots to the medical sector.
  • Moreover, the Bureau of Labor Statistics indicates 2,384,600 building janitors and cleaners. Companies are spending about USD 60 billion on average annually. This is exclusive of the insurance amount that has become expensive as the janitorial industry records one of the highest numbers of occupational injuries. Factors like these boost the demand for cleaning robots for apparent reasons.
  • The aging population is one of the primary drivers of the significant increase in the deployment of robots in domestic healthcare and assistance applications. For instance, according to data from the United Nations, the global population of people over 65 years is expected to grow by 181% and may account for 16% of the population by 2050.
  • Hyundai Motor Group recently unveiled the Factory Safety Service Robot, a robot for industrial site safety, and announced its pilot operation at Kia'sKia's South Korean plant. The Robot is based on Dynamics' Spot quadruped robot of Boston Dynamics, with artificial intelligence (AI), autonomous navigation, teleoperation technologies, and a computing payload developed by the Group'sGroup's Robotics Lab for various industrial tasks.
  • According to IFR 2022, Robots for domestic tasks constituted the largest group of consumer robots. Almost 19 million units (+12%) were sold recently. Vacuuming and other indoor domestic floor cleaning robots are currently the most used applications. Such developments may further drive the market's growth in the future.
  • In addition, ANSCER Robotics, a Bengaluru-based startup that developed the world's first autonomous mobile robot (AMR) "brain" to democratize robotics technology for everyone, debuted its line of AMRs for the first time at the India Warehousing Show (IWS), which was held at Pragati Maidan in New Delhi.

Asia-Pacific is Expected to Hold a Major Market Share

  • The Asia-Pacific region is projected to hold a significant market share due to the considerable adoption of robots. Further, South Korea and China are dominant in adopting robotics due to the massive electronic and automotive manufacturing industry deployment.
  • The Japanese government announced funding for developing eldercare robots to fill the estimated gap of around 380,000 skilled workers by 2025. In addition, By 2050, the Japanese government aims to ensure that all new cars sold in Japan will be either electric or hybrid. The country intends to offer subsidies to accelerate the private-sector development of batteries and motors for electricity-powered vehicles. This is expected to also drive the adoption of elderly care robots at their residences in the immediate future.
  • Further, in October 2022, Robotex India, in collaboration with BMC Software India Pvt. Ltd., declared to launch multiple initiatives toward intensifying the STEM education ecosystem in India. With the industry 'Build Your First Robot,' BMC Software aims to empower 250 female learners from government schools in Pune with the technical skills required to expand their employability and bridge the gender divide. Such initiatives may further drive the growth of the market studied in the future.
  • The automotive industry has been expanding significantly in China, a significant player in the global automotive market. The Chinese government sees the nation's auto industry, including the auto parts industry, as one of the main pillar industries of the nation. By 2025, the Chinese central government projects that 35 million automobiles will be produced nationwide.
  • As the region faces an aging population, government organizations plan to rely more on robots in the workforce. For instance, the Housing Development Board (Singapore) intends to adopt autonomous drones or robots to identify which parts of public housing blocks need cleaning. The primary aim is to reduce the water required to clean by focusing only on the dirty areas.
  • Further, Artificial intelligence technology company Ubtech Robotics launched the Adibot UV-C Disinfecting Robot at CES 2021. The Adibot robotic disinfection system was designed to offer a hospital-grade solution against COVID-19, integrating the robotics and AI from Ubtech with UV-C technology that disinfected targeted surfaces and air by deactivating the DNA and RNA of harmful pathogens.

Robotics Industry Overview

The Global Robotics Market is relatively fragmented, with some major market players such as ABB Ltd., Yaskawa Electric Corporation, Denso Corporation, Fanuc Corporation, and Kuka AG. The market vendors are focusing on expanding their customer base across foreign countries. The companies are leveraging strategic collaborative initiatives to increase market share and profitability.

In October 2022, ABB launched its smallest-ever industrial robot, offering unique possibilities for faster, more flexible, and high-quality production of wearable intelligent gadgets. With its compact size, class-leading payload, and unrivaled accuracy, the new IRB 1010 allowed electronics manufacturers to expand their production of devices via automation, including advanced watches, earphones, sensors, and health trackers.

In February 2022, Yaskawa Motoman, one of the world's largest manufacturers of industrial robots, launched two new collaborative robots such as HC10DTP and HC20DTP, each with six axes. The company described them as 'highly reliable robots (that) enriched easy capability for Yaskawa's HC-series line.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Impact of Macro Trends on the Market
  • 4.5 Evolution of Collaborative Robots in the Industrial Ecosystem

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Advent of Industry 4.0 Driving Automation
    • 5.1.2 Increasing Emphasis on Safety
    • 5.1.3 Demand from the Oil & Gas Industry
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Cost of Installation

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Industrial
    • 6.1.2 Service
  • 6.2 By End-User
    • 6.2.1 End-Users of Industrial Robots
      • 6.2.1.1 Automotive
      • 6.2.1.2 Food & Beverage
      • 6.2.1.3 Electronics
      • 6.2.1.4 Other End-Users of Industrial Robots
    • 6.2.2 End-Users of Service Robots
      • 6.2.2.1 Logistics
      • 6.2.2.2 Military and Defense
      • 6.2.2.3 Medical and Healthcare
      • 6.2.2.4 Other End-Users of Service Robots
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 ABB Ltd
    • 7.1.2 Yaskawa Electric Corporation
    • 7.1.3 Denso Corporation
    • 7.1.4 Fanuc Corporation
    • 7.1.5 Kuka AG
    • 7.1.6 Kawasaki Heavy Industries Ltd.
    • 7.1.7 Toshiba Corporation
    • 7.1.8 Panasonic Corporation
    • 7.1.9 Staubli International AG
    • 7.1.10 Nachi Robotic Systems Inc.
    • 7.1.11 Yamaha Motor Co. Ltd
    • 7.1.12 Seiko Epson Corporation
    • 7.1.13 Comau SpA (Stellantis N.V)
    • 7.1.14 Omron Adept Technologies Inc.
    • 7.1.15 Intuitive Surgical Inc.
    • 7.1.16 Stryker Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET