デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1441570

海中ケーブルシステム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Submarine Cabling Systems - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 129 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
海中ケーブルシステム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 129 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

海中ケーブルシステム市場規模は、2024年に135億米ドルと推定され、2029年までに219億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に10.20%のCAGRで成長します。

海中ケーブルシステム-市場

主なハイライト

  • 海中ケーブルシステムは通常、データと電力の両方の伝送に光ファイバーケーブルを利用します。これらのシステムは海底に敷設され、さまざまな場所にあるケーブル陸揚げ局(CLS)を接続して、広大な海洋に通信と電力信号を伝送します。海中ケーブルシステムは、世界中の国間に信頼性が高く、安全で、大容量の通信リンクを提供します。
  • 海中ケーブルシステム市場の成長を促進する主な要因の1つは、高速インターネットインフラストラクチャへの投資の増加です。さらに、世界のデータ生成と送信の継続的な拡大により、市場の成長が大幅に促進されると予想されます。その結果、多数のインターネットバックボーン事業者が、予測期間を通じて海中ケーブルシステム市場に投資すると予想されます。
  • インターネットアクセスが新興諸国で拡大するにつれて、ネットワーク改善の次の段階は世界中の新興市場に焦点を当てる可能性があります。その結果、政府機関を含む多くの企業は、海中ケーブルシステム市場を有利な見通しであると認識しています。さらに、モバイルブロードバンドの導入の急速な増加は、業界の成長に大きく貢献しています。
  • さらに、可処分所得の増加、5Gのイントロダクション、通信インフラの進歩など、さまざまな要因により、世界的にスマートフォンの需要が増加しています。 Ericssonの報告によると、世界のスマートフォン加入者数は2021年に62億6,000万人で、2027年には76億9,000万人に達すると予測されています。これらの動向は引き続き調査対象市場の成長の主要な推進力となると予想されます。
  • 世界経済と通信にとって極めて重要な海底ケーブルは、国家による妨害行為やスパイ行為など、地政学的、物理的、サイバー上の脅威にますますさらされる環境で運用されています。公式情報筋によると、海底通信ケーブルはサイバー攻撃者にとってますます標的となっており、事件が発生すると世界規模でインターネットに重大な混乱を引き起こす可能性があり、調査対象の市場の成長にさらに影響を与える可能性があります。
  • COVID-19の期間中、ロックダウンのため、かなりの数の住宅所有者が非接触型の掃除や高齢家族の在宅介護のために自律型ロボットなどの先進的な電子機器を導入し始め、その後インターネット消費が増加しました。また、パンデミックは、より広範な人々の消費パターンに大きな変化をもたらし、人々がこれまで以上に新しいテクノロジーに対してオープンになった。この変化により、ポストコロナ期間における海底ケーブルネットワークへの投資が促進されると予想されます。

海中ケーブルシステム市場動向

市場の成長を牽引する乾燥植物製品

  • ドライプラントは、ビーチのマンホールからケーブル陸揚げステーションまで延びる、陸上の海底ケーブルネットワークセグメントで構成されます。これには、給電装置(PFE)、海底回線終端装置、ネットワーク管理システム、陸上ケーブルセグメントが含まれます。
  • ブロードバンドサービスとネットワークパフォーマンスの向上に対する顧客の需要に応えて、世界の通信トラフィックは急速に拡大しています。たとえば、ITUによると、住民100人あたりの固定ブロードバンド契約数は、2022年に欧州で35.4件、南北アメリカで25.4件でした。その結果、海底通信システムの需要は、新しいケーブルシステムの構築だけでなく、既存のケーブルシステムの容量を増強するためにも着実に増加しています。いくつかの企業が、この需要の高まりに応えるために、光技術を活用した海底回線端末装置(SLTE)を開発しています。
  • たとえば、2023年 10月には、Google Equianoケーブルのセントヘレナ支線が開通し、高速海底光ファイバーケーブルを通じた島のインターネットへの初の接続を表しました。 2023年 6月までに、ケーブルの海底線端末装置の設置と統合が完了し、ローカル地上光ファイバーネットワークの工事の開始が促されました。
  • 陸上ケーブルセグメントは、海底線端末とケーブル陸揚げ局の給電設備およびその他のシステムを接続します。ネットワーク管理システムは、海中ケーブルシステム内のすべての機器を管理する統合プラットフォームとして機能し、日常のメンテナンスおよび運用中の湿式プラント、給電機器(PFE)、オープンケーブルアクセス機器(OCAE)、およびネットワーク操作を監視します。
  • 乾燥植物製品は通常、強風、塩水噴霧、極端な温度などの過酷な沿岸環境条件に耐えるように設計されています。乾式プラントに障害が発生すると、海中ケーブルシステム全体のサービス停止につながる可能性があるため、その設計は高い信頼性を優先しています。

環太平洋が大きな市場シェアを握る

  • 太平洋地域では、1960年代に最初の太平洋横断海中ケーブルシステム(TPC-1(Trans-Pacific Cable 1))が運用されました。これは、日本、グアム、ハワイ、そしてハワイを経由して米国本土を結ぶ、128回線という控えめな回線容量から始まった海底同軸ケーブルでした。それ以来、多数の太平洋横断海中ケーブルシステムが継続的に建設され、この地域の容量は大幅に拡大しました。
  • 海底ケーブルは世界のインターネットトラフィックの97%以上を処理しており、これは日常業務におけるインターネットへの依存度の広さを反映しています。世界中の人々を繋ぐインターネットの機能により、国際トラフィックは増加し続けています。アジア太平洋地域は世界のインターネットトラフィックの約半分を占めており、海底通信ケーブルの需要を促進しています。この地域の特定の国ではこれらのシステムが不足しているため、太平洋地域ではより高速なインターネットサービスの必要性が高まっており、世界銀行やアジア開発銀行などの組織から新しいケーブルシステムへの資金提供が促されています。
  • NTT Ltd.株式会社、三井物産株式会社、ピーシーランディング株式会社、JA三井リース株式会社は、2022年7月に「JUNO」の構築・運営を目的とした新会社「セレンジュノネットワーク(以下、セレン)」の設立を発表しました。
  • さらに2022年8月、日本電気株式会社は、米国米国と日本の千葉県と三重県を結ぶ太平洋横断海底光ファイバーケーブル「JUNOケーブルシステム」の建設にセレン・ジュノ・ネットワーク社を選定したことを明らかにしました。このケーブルは全長10,000 kmを超え、2024年までに完成する予定です。
  • とりわけ日本やオーストラリアを含むこの地域の主要国は、海中ケーブルシステムが自国の経済成長にとって不可欠であると考えており、海底ケーブルネットワークへの投資を強化しており、調査対象市場に機会を創出しています。たとえば、2023年 7月に日本政府は、日本と世界のその他の地域海底ケーブルネットワークを拡大するためにデジタルインフラストラクチャ開発基金を増強する計画を発表しました。

海中ケーブルシステム業界の概要

海中ケーブルシステム市場には、NTTコミュニケーションズ株式会社、Nexans SA、富士通株式会社、日本電気株式会社、アルカテル海底ネットワークスなど、さまざまな主要企業が参加しています。これらの企業は、収益の成長を促進し、世界のプレゼンスを拡大するために、共同事業、長期的なパートナーシップ、合併や買収などの戦略的取り組みに取り組んでいます。

2023年 10月、NECはインドネシアにおけるPatara-2海底ケーブルネットワークの完成と稼働を開始しました。このネットワークは、国内最大のデジタル通信プロバイダーであるPT Telkomインドネシアが所有しており、インドネシアの多様な島々でデジタル化の取り組みを進める上で極めて重要なステップとなります。

同様に、Google LLCは、同月にSouth Pacific Connectイニシアチブの計画を明らかにしました。この構想には、ホノモアナとタブアという2本の新しい太平洋横断海底ケーブルの導入が伴います。これらのケーブルは、太平洋地域全体のデジタル接続の信頼性と回復力を大幅に強化することを目的としています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競合の程度
  • 業界のバリューチェーン分析
  • マクロ動向が業界に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • コンテンツプロバイダーからのインターネット帯域幅の需要の増加
    • 新興地域における海底ケーブル接続の増加
    • 洋上風力発電への投資の拡大
  • 市場抑制要因
    • データプライバシーとローカリゼーションへの取り組み
    • 地政学的緊張によりプロジェクトが制限される

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 乾燥プラント製品
    • 湿潤プラント製品
  • 所有タイプ別
    • 複数所有制度
    • シングルオーナーシップシステム
    • 国際開発金融機関
  • 地域別
    • 太平洋横断
    • 大西洋横断
    • 米国-ラテンアメリカ
    • アジア内
    • 欧州-アジア
    • 欧州-サハラ以南のアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Alcatel Submarine Networks
    • NEC Corporation
    • Nexans SA
    • Fujitsu Ltd
    • NTT Communications Corporation
    • Google LLC
    • SubCom LLC
    • Sumitomo Electronics Industries Ltd
    • JDR Cable Systems LLC
    • PT Communication Cable System Indonesia Tbk

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 93337

The Submarine Cabling Systems Market size is estimated at USD 13.5 billion in 2024, and is expected to reach USD 21.93 billion by 2029, growing at a CAGR of 10.20% during the forecast period (2024-2029).

Submarine Cabling Systems - Market

Key Highlights

  • Submarine cable systems typically utilize optical fiber cables for transmitting both data and power. These systems are laid on the seabed, connecting cable landing stations (CLS) at different locations to carry telecommunication and power signals across vast expanses of the ocean. Submarine cabling systems offer highly reliable, secure, and high-capacity telecommunication links between countries worldwide.
  • One primary factor driving the growth of the submarine cabling system market is the increased investment in high-speed internet infrastructure. Additionally, the continuous expansion in data generation and transmission globally is anticipated to significantly boost market growth. Consequently, numerous internet backbone operators are expected to invest in the submarine cabling system market throughout the forecast period.
  • As Internet access expands in developing countries, the next phase of network improvement may focus on emerging markets worldwide. Consequently, many businesses, including government entities, perceive the submarine cabling system market as a lucrative prospect. Moreover, the rapid increase in mobile broadband adoption significantly contributes to industry growth.
  • Furthermore, the global demand for smartphones has been on the rise due to various factors, including increasing disposable income, the introduction of 5G, and telecom infrastructure advancements. Ericsson reports that the global number of smartphone subscribers was 6.26 billion in 2021, predicted to reach 7.69 billion in 2027. These trends are expected to remain key drivers of the studied market's growth.
  • Submarine cables, crucial to the global economy and telecommunications, operate in an environment increasingly exposed to geopolitical, physical, and cyber threats, including nation-state sabotage and spying. According to official sources, submarine communication cables are a growing target for cyber-threat actors, with incidents capable of causing substantial global internet disruption, further impacting the studied market's growth.
  • During the COVID-19 period, a significant number of homeowners began implementing advanced electronic devices, such as autonomous robots, for contact-free cleaning and home care of elderly family members due to lockdowns, subsequently increasing internet consumption. The pandemic also led to a significant change in consumption patterns among broader populations, making them more open than ever to new technologies. This shift is expected to drive investments in the subsea cable network in the post-COVID period.

Submarine Cabling Systems Market Trends

Dry Plant Products to Drive the Market's Growth

  • The dry plant comprises the subsea cable network segment on land, extending from the beach manhole to the cable landing station. This encompasses power feeding equipment (PFE), submarine line terminal equipment, network management systems, and land cable segments.
  • Global telecommunications traffic is rapidly expanding in response to customer demands for broadband services and enhanced network performance. For instance, according to ITU, the number of fixed broadband subscriptions per 100 inhabitants was 35.4 in Europe in 2022 and 25.4 in the Americas. Consequently, the demand for submarine telecommunication systems is steadily increasing, not only for constructing new cable systems but also for augmenting the capacity of existing ones. Several companies are developing Submarine Line Terminal Equipment (SLTE) utilizing optical technologies to meet this rising demand.
  • For instance, in October 2023, the Saint Helena branch of the Google Equiano cable was activated, representing the island's inaugural connection to the internet through high-speed subsea fiber optic cables. By June 2023, the installation and integration of the cable's Submarine Line Terminal Equipment had concluded, prompting the commencement of work on the local terrestrial fiber optic network.
  • The land cable segments link the submarine line terminals to the power-feeding equipment and other systems at the cable landing station. The Network Management System serves as the unified platform managing all equipment in the submarine cable system, overseeing the wet plant, Power Feeding Equipment (PFE), Open Cable Access Equipment (OCAE), and network operations during routine maintenance and operation.
  • Dry plant products are typically engineered to withstand harsh coastal environmental conditions, including high winds, salt spray, and extreme temperatures. Their design prioritizes high reliability, as any disruption to the dry plant can result in a service outage for the entire submarine cable system.

Trans-Pacific to Hold a Significant Market Share

  • In the transpacific region, the first Trans-Pacific submarine cable system (TPC-1 (Trans-Pacific Cable 1)) operated during the 1960s. It was a submarine coaxial cable that began with a modest 128-phone line capacity, linking Japan, Guam, Hawaii, and the mainland United States via Hawaii. Since then, numerous transpacific submarine cable systems have continuously been constructed, significantly expanding the region's capacity.
  • Submarine cables handle over 97% of global Internet traffic, reflecting the widespread reliance on the Internet for daily tasks. The Internet's capability to connect people globally has led to a continuous rise in international traffic. The Asia Pacific region contributes approximately half of the world's internet traffic, driving the demand for submarine communication cables. The lack of these systems in certain countries within this region has spurred the need for faster internet services in the Transpacific region, prompting funding from organizations like the World Bank and the Asia Development Bank for new cable systems.
  • In July 2022, NTT Ltd Japan Corporation, Mitsui & Co. Ltd, PC Landing Corp., and JA Mitsui Leasing, Ltd. announced the formation of a new company, Seren Juno Network Co., Ltd. ("Seren"), established to construct and operate "JUNO," the most extensive trans-Pacific submarine cable system linking Japan and the United States.
  • Moreover, in August 2022, NEC Corporation revealed that Seren Juno Network had selected them to build the trans-Pacific subsea fiber-optic cable, the "JUNO Cable System," connecting California in the United States with Chiba and Mie prefectures in Japan. This cable, spanning over 10,000 km, is projected to be completed by 2024.
  • Key countries in the region, including Japan and Australia, among others, consider submarine cabling systems vital for their economic growth and are intensifying their investments in submarine cable networks, creating opportunities in the studied market. For instance, in July 2023, the Japanese government unveiled plans to augment the Digital Infrastructure Development Fund to expand the submarine cable networks linking Japan with the rest of the world.

Submarine Cabling Systems Industry Overview

The submarine cable systems market features various key players, including NTT Communications Corporation, Nexans SA, Fujitsu Ltd, NEC Corporation, and Alcatel Submarine Networks. These companies engage in collaborative ventures, long-term partnerships, and strategic initiatives like mergers and acquisitions to bolster revenue growth and expand their global presence.

In October 2023, NEC Corporation marked the completion and activation of the Patara-2 submarine cable network in Indonesia. This network, owned by PT Telkom Indonesia, the country's largest digital telecommunications provider, stands as a pivotal step in advancing digitization efforts across Indonesia's diverse islands.

Similarly, Google LLC revealed plans for the South Pacific Connect initiative during the same month. This initiative entails the implementation of two new transpacific subsea cables-Honomoana and Tabua. These cables aim to significantly enhance the reliability and resilience of digital connectivity across the Pacific region.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Degree of Competition
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Impact of Macro-trends on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Demand for Internet Bandwidth from Content Providers
    • 5.1.2 Increasing Submarine Cable Connectivity in Emerging Regions
    • 5.1.3 Growing Investments in Offshore Wind Farms
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Data Privacy and Localization Initiatives
    • 5.2.2 Geopolitical Tensions Limiting Projects

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Dry Plant Products
    • 6.1.2 Wet Plant Products
  • 6.2 By Ownership Type
    • 6.2.1 Multiple Ownership System
    • 6.2.2 Single Ownership System
    • 6.2.3 Multilateral Development Banks
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 Trans - Pacific
    • 6.3.2 Trans - Atlantic
    • 6.3.3 US - Latin America
    • 6.3.4 Intra Asia
    • 6.3.5 Europe - Asia
    • 6.3.6 Europe - Sub-Saharan Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Alcatel Submarine Networks
    • 7.1.2 NEC Corporation
    • 7.1.3 Nexans SA
    • 7.1.4 Fujitsu Ltd
    • 7.1.5 NTT Communications Corporation
    • 7.1.6 Google LLC
    • 7.1.7 SubCom LLC
    • 7.1.8 Sumitomo Electronics Industries Ltd
    • 7.1.9 JDR Cable Systems LLC
    • 7.1.10 PT Communication Cable System Indonesia Tbk

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET