デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440532

二次要素肥料:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2030年)

Global Secondary Macronutrients Fertilizer - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2030)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 80 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
二次要素肥料:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2030年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 80 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の二次要素肥料市場規模は、2024年に364億5,000万米ドルと推定され、2030年までに497億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2030年)中に5.32%のCAGRで成長します。

世界の二次要素肥料- 市場

主なハイライト

  • タイプ別の最も成長が早いセグメント-硫黄: 土壌の健全性の低下、土壌のpHの不均衡、およびネギ属およびアブラナ科のグループの作物の集中的な栽培方法により、土壌中の硫黄の利用可能性が制限されます。
  • 作物タイプ別の最大セグメント-畑作物: 畑作物は世界中で広く栽培されており、世界の多くの地域で主食となっています。ほとんどの農業国では、それらが面積当たり最大のシェアを占めています。
  • 施用モード別の最大セグメント-土壌: 土壌施用は、設備を必要とせずに肥料を施用する便利な方法です。この施用方法は、植物の健康と土壌の肥沃度の両方を改善するのに役立ちます。
  • 国別最大のセグメント-インド:インドの土壌ではSが41%欠乏しており、CaとMgの欠乏も顕著になってきています。生産性を最大化するために、これらの肥料の適用が増加しています。

二次要素肥料市場動向

硫黄は製品別の最大のセグメントです。

  • 2021年、硫黄は世界の二次要素肥料市場の50.6%を占めました。 2021年の南米硫黄市場の価値は約12億7,000万米ドルでした。この市場では、特殊硫黄肥料が最大約62.7%の市場シェアを占め、従来型硫黄肥料が約37.2%を占めています。特殊硫黄肥料の採用は、他の二次要素よりも多く行われています。特殊硫黄肥料市場は、予測期間終了までに22億6,000万米ドルに達すると予想されます。
  • マグネシウムは、2021年の世界の二次要素肥料市場の42.8%を占めました。畑作物が最大シェア92.3%を占め、続いて芝作物と観賞用作物、園芸作物がそれぞれ7.4%と0.3%のシェアを占めました。肥料を最も多く消費する作物は小麦とトウモロコシで、国土面積の合計 40.0%を占めます。
  • カルシウムは、世界の二次要素肥料市場の総額の6.1%を記録し、2021年には約4億6,970万米ドルを占めました。アジア太平洋地域はカルシウム肥料市場を独占し、世界のカルシウム肥料市場の価値の約35.2%を占め、記録を残しています。 2021年には1億9,240万米ドル。カルシウム肥料市場におけるアジア太平洋地域の優位性は主に土壌の酸性化によるもので、これはカルシウムやマグネシウムなどの塩基性陽イオンが失われ、鉄などの酸性元素に置き換わることを意味します。そしてアルミニウム複合体。
  • 作物栽培面積の減少により、より高い生産性へのニーズが高まっているため、二次多量栄養素肥料の需要は予測期間中に増加すると予想されます。

アジア太平洋は地域別で最大のセグメントです。

  • 二次要素を含む施肥は、作物の収量にプラスの効果をもたらします。今日の高収量作物システムからの需要により、カルシウム、マグネシウム、硫黄の必要性が高まっており、これらは植物の生産性に不可欠です。
  • アジア太平洋地域は世界の二次多量栄養素肥料市場を独占しており、2021年の市場価値の33.3%を占めています。アジア太平洋地域では、硫黄が最大市場シェアの47.5%を占め、次にマグネシウムが45.7%を占めています。 %、カルシウムは二次要素市場全体の6.7%を占めています。各国の中でインドが市場を独占し、2021年には39.7%のシェアを占めました。
  • 2021年、欧州は世界の二次微量栄養素肥料市場で2番目に大きなシェア(25.0%)を占めました。硫黄は二次要素肥料市場で最大のシェアを占め、2021年には総額の約61.9%を占めました。ロシアは欧州市場を独占し、2021年の市場シェアの17.7%を占めました。
  • 南米の二次要素肥料市場は、2021年の世界の二次要素肥料市場の約17.8%を占めました。ブラジルは二次要素肥料市場を独占し、地域全体の市場価値の約67.6%を占め、その額は9億4,780万米ドルに達しました。これは主に、全国的に栽培面積が広いためです。ブラジルは2021年に同地域の総農業面積の約61.8%を占めました。
  • 二次要素はバランスのとれた植物栄養にとって不可欠です。各栄養素は植物の代謝を決定する上で特定の役割を持っています。この状況は、予測期間中に市場を牽引すると予想されます。

二次要素肥料業界の概要

世界の二次要素肥料市場は適度に統合されており、上位5社が54.07%を占めています。この市場の主要企業は、Coromandel International、Israel Chemicals Ltd.、K+S AKTIENGESELLSCHAFT、The Mosaic Company、Yara International(アルファベット順)です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 エグゼクティブサマリーと主要な調査結果

第2章 レポートの提供

第3章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲
  • 調査手法

第4章 主要な業界動向

  • 主要な作物の作付面積
  • 平均栄養素適用率
  • 規制の枠組み
  • バリューチェーンと流通チャネルの分析

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • ストレート
      • 二次要素
      • カルシウム
      • マグネシウム
      • 硫黄
  • 使用方法
    • 施肥
    • 土壌
  • 作物タイプ
    • 畑の作物
    • 園芸作物
    • 芝生と観賞用
  • 地域
    • アジア太平洋
      • オーストラリア
      • バングラデシュ
      • 中国
      • インド
      • インドネシア
      • 日本
      • パキスタン
      • フィリピン
      • タイ
      • ベトナム
      • その他アジア太平洋地域
    • 欧州
      • フランス
      • ドイツ
      • イタリア
      • オランダ
      • ロシア
      • スペイン
      • ウクライナ
      • 英国
      • その他欧州
    • 中東とアフリカ
      • ナイジェリア
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • トルコ
      • その他中東とアフリカ
    • 北米
      • カナダ
      • メキシコ
      • 米国
      • 北米のその他の地域
    • 南米
      • アルゼンチン
      • ブラジル
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 主要な戦略的動き
  • 市場シェア分析
  • 会社の情勢
  • 企業プロファイル
    • Compo Expert
    • Coromandel International
    • Deepak Fertilisers and Petrochemicals
    • Haifa Group
    • Israel Chemicals Ltd.
    • K+S AKTIENGESELLSCHAFT
    • Koch Industries
    • The Mosaic Company
    • Yara International

第7章 CEOへの主戦略的な質問

第8章 付録

  • 世界の概要
    • 概要
    • ポーターのファイブ・フォース・フレームワーク
    • 世界バリューチェーン分析
    • 市場力学(DRO)
  • 出典と参考文献
  • 表と図のリスト
  • 主な洞察
  • データパック
  • 用語集
目次
Product Code: 92584

The Global Secondary Macronutrients Fertilizer Market size is estimated at USD 36.45 billion in 2024, and is expected to reach USD 49.76 billion by 2030, growing at a CAGR of 5.32% during the forecast period (2024-2030).

Global Secondary Macronutrients Fertilizer - Market

Key Highlights

  • Fastest growing segment by Type - Sulfur : Depleting soil health, imbalances in the soil pH, and intensive cultivating methods of crops from allium and cruciferous groups limit the availability of sulfur in the soil.
  • Largest Segment by Crop Type - Field Crops : Field crops are widely cultivated worldwide and are a staple food in many parts of the world. They account for a maximum share by area in most agricultural countries.
  • Largest Segment by Application Mode - Soil : Soil application is a convenient way of applying fertilizers without any equipment. This method of application helps in improving both plant health and soil fertility.
  • Largest segment by Country - India : Indian soils are deficient in S by 41%, and Ca and Mg deficiencies are also becoming prominent. The application of these fertilizers is increasing to maximize productivity.

Secondary Macronutrients Fertilizer Market Trends

Sulfur is the largest segment by Product.

  • In 2021, sulfur accounted for 50.6% of the global secondary macronutrient fertilizer market. In 2021, the value of the South American sulfur market was about USD 1.27 billion. In this market, specialty sulfur fertilizer accounted for a maximum market share of approximately 62.7%, and conventional sulfur fertilizer accounted for about 37.2%. The adoption of specialty sulfur fertilizer is more than other secondary macronutrients. The specialty sulfur fertilizer market is anticipated to reach USD 2.26 billion by the end of the forecast period.
  • Magnesium accounted for 42.8% of the global secondary macronutrient fertilizer market in 2021. Field crops accounted for a maximum share of 92.3%, followed by turf and ornamental crops and horticulture crops, holding shares of 7.4% and 0.3%, respectively. The largest fertilizer-consuming crops are wheat and corn, accounting for a total of 40.0% of the land area.
  • Calcium recorded 6.1% of the total value of the global secondary macronutrient fertilizer market, accounting for about USD 469.7 million in 2021. The Asia-Pacific region dominated the calcium fertilizer market and accounted for about 35.2% of the global calcium fertilizer market's value, registering USD 192.4 million in 2021. The dominance of the Asia-Pacific region in the calcium fertilizer market is mainly due to the acidification of soils, which means the loss of base cations, such as calcium and magnesium, and replacement with acidic elements, like iron and aluminum complexes.
  • The demand for secondary macronutrient fertilizer is anticipated to grow during the forecast period, as the need for higher productivity is increasing due to the decline in the area under the cultivation of crops.

Asia-Pacific is the largest segment by Region.

  • Fertilizing with secondary macronutrients has a positive effect on crop yields. The need for calcium, magnesium, and sulfur has increased due to the demands from today's high-yielding crop systems, and they are essential for plant productivity.
  • The Asia-Pacific region dominates the global secondary macronutrient fertilizer market, having accounted for 33.3% of the market value in 2021. In the Asia-Pacific region, sulfur accounts for the maximum market share of 47.5%, followed by magnesium, accounting for 45.7%, and calcium, accounting for 6.7% of the total secondary macronutrient market. Among all the countries, India dominated the market, accounting for a share of 39.7% in 2021.
  • In 2021, Europe accounted for the second-largest share (25.0%) of the global secondary micronutrient fertilizer market. Sulfur occupies the largest share in the secondary macronutrient fertilizer market, having accounted for about 61.9% of the total value in 2021. Russia dominated the European market, accounting for 17.7% of the market share in 2021.
  • The South American secondary macronutrient fertilizer market accounted for about 17.8% of the value of the global secondary macronutrient fertilizer market in 2021. Brazil dominated the secondary macronutrient fertilizer market and accounted for about 67.6% of the total regional market value, amounting to USD 947.8 million in 2021. This was mainly due to the large cultivational area across the country. Brazil accounted for about 61.8% of the total agricultural area in the region in 2021.
  • Secondary macronutrients are essential for balanced plant nutrition. Each nutrient has a specific role in determining the metabolism of plants. This situation is expected to drive the market during the forecast period.

Secondary Macronutrients Fertilizer Industry Overview

The Global Secondary Macronutrients Fertilizer Market is moderately consolidated, with the top five companies occupying 54.07%. The major players in this market are Coromandel International, Israel Chemicals Ltd., K+S AKTIENGESELLSCHAFT, The Mosaic Company and Yara International (sorted alphabetically).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 EXECUTIVE SUMMARY & KEY FINDINGS

2 REPORT OFFERS

3 INTRODUCTION

  • 3.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 3.2 Scope of the Study
  • 3.3 Research Methodology

4 KEY INDUSTRY TRENDS

  • 4.1 Acreage Of Major Crop Types
  • 4.2 Average Nutrient Application Rates
  • 4.3 Regulatory Framework
  • 4.4 Value Chain & Distribution Channel Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Straight
      • 5.1.1.1 Secondary Macronutrients
      • 5.1.1.1.1 Calcium
      • 5.1.1.1.2 Magnesium
      • 5.1.1.1.3 Sulfur
  • 5.2 Application Mode
    • 5.2.1 Fertigation
    • 5.2.2 Foliar
    • 5.2.3 Soil
  • 5.3 Crop Type
    • 5.3.1 Field Crops
    • 5.3.2 Horticultural Crops
    • 5.3.3 Turf & Ornamental
  • 5.4 Region
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 Australia
      • 5.4.1.2 Bangladesh
      • 5.4.1.3 China
      • 5.4.1.4 India
      • 5.4.1.5 Indonesia
      • 5.4.1.6 Japan
      • 5.4.1.7 Pakistan
      • 5.4.1.8 Philippines
      • 5.4.1.9 Thailand
      • 5.4.1.10 Vietnam
      • 5.4.1.11 Rest Of Asia-Pacific
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 France
      • 5.4.2.2 Germany
      • 5.4.2.3 Italy
      • 5.4.2.4 Netherlands
      • 5.4.2.5 Russia
      • 5.4.2.6 Spain
      • 5.4.2.7 Ukraine
      • 5.4.2.8 United Kingdom
      • 5.4.2.9 Rest Of Europe
    • 5.4.3 Middle East & Africa
      • 5.4.3.1 Nigeria
      • 5.4.3.2 Saudi Arabia
      • 5.4.3.3 South Africa
      • 5.4.3.4 Turkey
      • 5.4.3.5 Rest Of Middle East & Africa
    • 5.4.4 North America
      • 5.4.4.1 Canada
      • 5.4.4.2 Mexico
      • 5.4.4.3 United States
      • 5.4.4.4 Rest Of North America
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Argentina
      • 5.4.5.2 Brazil
      • 5.4.5.3 Rest Of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Key Strategic Moves
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Landscape
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Compo Expert
    • 6.4.2 Coromandel International
    • 6.4.3 Deepak Fertilisers and Petrochemicals
    • 6.4.4 Haifa Group
    • 6.4.5 Israel Chemicals Ltd.
    • 6.4.6 K+S AKTIENGESELLSCHAFT
    • 6.4.7 Koch Industries
    • 6.4.8 The Mosaic Company
    • 6.4.9 Yara International

7 KEY STRATEGIC QUESTIONS FOR FERTILIZER CEOS

8 APPENDIX

  • 8.1 Global Overview
    • 8.1.1 Overview
    • 8.1.2 Porter's Five Forces Framework
    • 8.1.3 Global Value Chain Analysis
    • 8.1.4 Market Dynamics (DROs)
  • 8.2 Sources & References
  • 8.3 List of Tables & Figures
  • 8.4 Primary Insights
  • 8.5 Data Pack
  • 8.6 Glossary of Terms