デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440397

自動販売機:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Vending Machine - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
自動販売機:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の自動販売機市場規模は、2024年に215億7,000万米ドルと推定され、2029年までに277億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.18%のCAGRで成長します。

世界自動販売機- マーケット

都市部の人々のライフスタイルの変化による軽食や食品、飲料の持ち運び需要の増加や、自動販売機技術の進歩などにより、商品を迅速に届けることが可能となり、非常に便利になっています。消費者にとって、調査対象市場の成長を推進しています。

主なハイライト

  • 世界各地での小売業界の成長は、調査対象の市場の成長にとって好ましい市場シナリオを生み出しています。たとえば、米国国勢調査局によると、2022年第1四半期の小売総売上高は1兆7,473億米ドルと推定され、2021年第4四半期から3.7%増加しました。
  • 製品の入手しやすさを向上させ、場所の清潔さと美観を維持するために、商業地や企業オフィスでの自動販売機の使用が増えています。これらのシステムは自動化されているため、製品を入手するまでにかかる時間が大幅に短縮されます。
  • さらに、自動販売機メーカーは、需要の高まりを考慮して、AI、生体認証、IoTなどの先進技術を活用し、高効率、使いやすさ、安全性を高めた新しい自動販売機の開発にますます注力しています。たとえば、2022年 3月、自動販売機メーカーのDigital Media Vending Internationalは、AI対応自動販売機の開発に、SECO MIND USA LLCのCLEAを活用した自動販売システム管理ソリューションであるVending Trackerを選択しました。
  • ただし、設置コストや運営コストが高いことや、公共施設や商業施設での不健康なジャンクフード製品の販売に関するいくつかの規制などの要因が、調査対象市場の成長に悪影響を与える可能性があります。
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの初期発生時には、さまざまな制限的な規制や公共の場所やオフィスの閉鎖により自動販売機の需要が減少したため、自動販売機の需要に大きな影響が見られました。ただし、パンデミックにより、衛生の重要性について消費者の意識が高まり、予測期間中の調査対象市場の成長をサポートすると予想されます。

自動販売機市場動向

商業施設で自動販売機の設置が増加

  • CCPIAによると、商業用不動産とは、特に事業目的に使用され、利益を生み出すことを目的とした建物、構造物、および改良物を指します。
  • 近年、世界各地で商業スペースの拡大が進んでおり、自動販売機に対する大きな需要が生じています。自動販売機が増加傾向にある最も一般的な商業施設には、小売店、ホテルや宿泊施設、製造施設などが含まれます。
  • たとえば、大手日用消費財ブランドであるヒンドゥスタン・ユニリーバ(HUL)は2021年7月、ホームケア製品向けの店内自動販売機「スマート・フィル」を発売しました。同社は、試験プロジェクトとしてムンバイのリライアンススマートアクメモールにこれらのマシンを設置しました。
  • ユースケースと需要の増加を考慮して、自動販売機プロバイダーは革新的な製品の開発にも注力しています。たとえば、2022年 3月に、米国ニュージャージー州ニューポートセンターマリンに最初の「ロボバーガー」店舗が設置されました。最近設置された店舗は、わずか6分で新鮮なビーフバーガーを調理して顧客に提供するロボットシステムを備えた12フィート四方のボックスです。

アジア太平洋地域が高い成長を記録

  • アジア太平洋地域の急速に成長する商業および企業部門は、調査対象市場の成長に大きな機会を生み出しています。さらに、都市化の進行と西洋文化に触れたことによる若者のライフスタイルの変化により、インスタント食品の需要が大幅に増加しました。
  • 例えば、中国国家改革発展委員会によると、この国では農村部の住民が都市に移住する増加傾向が見られます。さらに、2021年から2025年までの第14次5カ年計画によれば、中国は都市化率を65%に引き上げることを目標としています。
  • さらに、インド、フィリピン、中国などの国々におけるICTセクターの成長がオフィススペースの需要を大幅に押し上げており、この地域の自動販売機市場の成長に前向きな見通しが生まれています。例えば、全米ソフトウェア・サービス企業協会(Nasscom)によると、インドのIT業界の収益は、21年度の1,960億米ドルから22年度には2,270億米ドルに増加すると予想されています。

自動販売機業界の概要

世界の自動販売機市場は適度な競争があり、自動販売機の需要の増加により、予測期間中に競合が激化すると予想されており、新たなプレーヤーを引き付けることが予想されます。市場で活動するベンダーは、競争力を高めるために自社の製品にイノベーションをもたらすことに重点を置いています。市場で活動している主要企業には、Westomatic Vending Services Ltd.、Fuji Electric Company Ltd.、Seaga Manufacturing Inc.、Royal Vendors Inc.などがあります。

  • 2022年 5月- スウェーデンの自動販売機会社RVM Systemsは、100個のコンテナを同時に消費できる一連のリバース自動販売機をシンガポールに設置すると発表しました。これらの機械の主な目的は、人々が不要なペットボトルや飲料缶を責任を持って処分するよう奨励することです。これらのマシンは、ショッピング特典、ActiveSGクレジット、その他のインセンティブも提供します。
  • 2022年 3月- アンドゥイエット、フォアグラ、さらにはリ・ド・ヴォー- フランスのシャラント町にあるレストランは、顧客が新鮮なグルメ料理を購入できるように自動販売機を設置しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の市場への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ペースの速いライフスタイルによる包装食品の需要の増加
    • 障害のある人々と新規ユーザーへのサポートを強化するための技術投資
  • 市場の課題
    • 設置とメンテナンスのコストが高い

第6章 市場セグメンテーション

  • テクノロジー別
    • 自動販売機
    • 半自動販売機
  • タイプ別
    • 加工食品
    • 飲料
    • その他のタイプ
  • 用途別
    • 商業施設
    • 企業オフィス
    • その他(遊園地、スポーツ施設、ヘルスケア施設、交通施設等)
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Westomatic Vending Services Ltd.
    • Fuji Electric Company Ltd.
    • Seaga Manufacturing, Inc.
    • Royal Vendors, Inc.
    • Azkoyen Vending Systems
    • Crane Merchandising Systems Inc
    • Vending.com
    • JOFEMAR SA
    • EVOCA Group
    • GUANGZHOU BAODA INTELLIGENT TECHNOLOGY CO., LTD
    • Armark Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 90997

The Global Vending Machine Market size is estimated at USD 21.57 billion in 2024, and is expected to reach USD 27.77 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.18% during the forecast period (2024-2029).

Global Vending Machine - Market

Factors such as growing demand for on-the-go snacks, food, and drinks due to changing lifestyle of the urban populations, along with the advancement in vending machine technology, which is enabling them to deliver products quickly, making it an extremely convenient option for consumers, are driving the growth of the studied market.

Key Highlights

  • The growth of the retail industry across various parts of the world is creating a favorable market scenario for the studied market growth. For instance, according to the US Census Bureau, the total retail sales for the first quarter of 2022 were estimated at USD 1,747.3 billion, an increase of 3.7% from the fourth quarter of 2021.
  • Vending machines are increasingly being used in commercial places and corporate offices to enhance the accessibility of products and maintain the place's cleanliness and aesthetics. As these systems are automated, they significantly reduce the time it takes to get a product.
  • Furthermore, considering the growing demand, vending machine manufacturers are increasingly focusing on developing new vending machines that use advanced technologies such as AI, biometrics, and IoT to make them highly efficient, user-friendly, and secure. For instance, in March 2022, Digital Media Vending International, a vending machine manufacturer, selected Vending Tracker, a Vending System Management Solution powered by CLEA from SECO MIND USA LLC, to develop AI-enabled vending machines.
  • However, factors such as high installation and operating costs along with several regulations pertaining to the sales of unhealthy junk food products in public and commercial places may negatively impact the growth of the studied market.
  • A significant impact on the demand for vending machines was observed during the initial outbreak of the COVID-19 pandemic as various restrictive regulations, and the closure of public places and offices reduced its demand. However, the pandemic has raised awareness among consumers regarding the importance of hygiene which is expected to support the growth of the studied market during the forecast period.

Vending Machine Market Trends

Commercial Places to Witness Increased Installation of Vending Machines

  • According to CCPIA, commercial property is a building, structure, and improvements used specifically for business purposes and intended to generate a profit.
  • The recent growth in the expansion of commercial spaces across various parts of the world is creating significant demand for vending machines. Some of the most common commercial places where vending machines have witnessed an upward trend include retail, hotels & lodging, and manufacturing facilities, among others.
  • For instance, in July 2021, Hindustan Unilever (HUL), a major FMCG brand, launched an in-store vending machine, Smart Fill, for its home care products. The company has installed these machines at Reliance Smart Acme Mall in Mumbai as a pilot project.
  • Considering the increasing use cases and demand, the vending machine providers are also focusing on developing innovative products. For instance, in March 2022, Newport Centre Mallin, New Jersey, in the United States, installed the first 'RoboBurger outlet. The recently installed outlet is a 12ft-square box containing a robotic system that'll cook and serve customers fresh beef burgers in just six minutes.

Asia-Pacific Region to Register High Growth

  • The fast-growing commercial and corporate sector of the Asia Pacific region is creating significant opportunities for the growth of the studied market. Furthermore, changing lifestyles of youth owing to growing urbanization and exposure to western culture has significantly driven the demand for Ready-to-Eat meals.
  • For instance, according to the National Reform and Development Commission of China, the country is witnessing an upward trend of rural residents moving to cities. Furthermore, according to its 14th Five-Year Plan for 2021-2025, China aims to raise its urbanization rate to 65%.
  • Additionally, the growth of the ICT sector in countries such as India, the Philippines, and China is significantly driving the demand for office spaces, creating a positive outlook for the growth of vending machines market in the region. For instance, according to the National Association of Software and Service Companies (Nasscom), the Indian IT industry's revenue is expected to increase to USD 227 billion in FY22 from USD 196 billion in FY21.

Vending Machine Industry Overview

The Global Vending Machine Market is moderately competitive and is expected to grow in competition during the forecast period owing to increasing demand for vending machines, which is expected to attract new players. Vendors operating in the market focus on bringing innovation to their products to gain a competitive edge. Some major players operating in the market include Westomatic Vending Services Ltd., Fuji Electric Company Ltd., Seaga Manufacturing Inc., and Royal Vendors Inc.

  • May 2022 - RVM Systems, a Swedish vending machine company, announced that it would install a range of reverse vending machines that can consume 100 containers simultaneously in Singapore. The primary objective of these machines is to encourage people to dispose of unwanted plastic bottles and responsibly drink cans. These machines also dispense shopping rewards, ActiveSG credits, and other incentives.
  • March 2022 - Andouillette, foie gras, or even ris de veau - a restaurant in France's Charente town had set up a vending machine to enable customers to buy fresh gourmet dishes.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Demand for Packaged Food Products Due to Fast-Paced Lifestyle
    • 5.1.2 Technological Investments To Enable Greater Support For The Differently Abled Populace & New Users
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Installation and Maintenance Cost

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Technology
    • 6.1.1 Automatic Vending Machines
    • 6.1.2 Semi-Automatic Vending Machines
  • 6.2 By Type
    • 6.2.1 Packaged Food
    • 6.2.2 Beverages
    • 6.2.3 Other Types
  • 6.3 By Application
    • 6.3.1 Commercial Places
    • 6.3.2 Corporate Offices
    • 6.3.3 Others (Amusement Parks, Sports Venues, Healthcare Facilities, Transport Facilities, etc.)
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Westomatic Vending Services Ltd.
    • 7.1.2 Fuji Electric Company Ltd.
    • 7.1.3 Seaga Manufacturing, Inc.
    • 7.1.4 Royal Vendors, Inc.
    • 7.1.5 Azkoyen Vending Systems
    • 7.1.6 Crane Merchandising Systems Inc
    • 7.1.7 Vending.com
    • 7.1.8 JOFEMAR SA
    • 7.1.9 EVOCA Group
    • 7.1.10 GUANGZHOU BAODA INTELLIGENT TECHNOLOGY CO., LTD
    • 7.1.11 Armark Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET