デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440304

パッケージング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Packaging - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 105 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
パッケージング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 105 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

パッケージング市場規模は2024年に1兆1,400億米ドルと推定され、2029年までに1兆3,800億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.89%のCAGRで成長します。

包装- 市場

世界のパッケージングビジネスは、基材の選択の変化、新しい市場の拡大、所有権の関係の変化により、過去10年間にわたって一貫した成長を遂げてきました。従来の包装は今後も軟包装、高バリアフィルムに置き換えられる可能性があり、スタンドアップレトルトパウチは幅広い食品の金属缶やガラス瓶などの硬質パック形式に対抗する可能性があります。

主なハイライト

  • お菓子や菓子類の消費量の増加に伴い、いくつかの軟質プラスチック包装プロバイダーが特にこの需要に応える包装ソリューションを提供し、売上と収益をさらに押し上げています。たとえば、米国国勢調査局によると、米国の菓子類製造業の収益は2023年度までに108億9,000万米ドルに達すると予想されています。
  • フレキシブルパッケージング協会によると、フレキシブルパッケージングは主に食品向けに使用されており、市場全体の6割以上を占めています。さまざまな包装問題に対する新しいソリューションを組み込むことができるため、軟パッケージング業界は堅調な成長を遂げています。さらに、IBEFによれば、インドの食品・食料品市場は世界で6番目に大きく、小売が売上高の70%を占めています。インドの食品加工産業は、国の食品市場全体の32%を占め、生産、消費、輸出において第5位にランクされており、同国の最も重要な産業の1つです。
  • PETのリサイクルや生分解性形態の使用を含む持続可能性の動向は、予測期間中に高まると予想されます。ある点では、その生産の性質上、常に持続可能性の問題に直面することになります。しかし、リサイクルの流れと開発は、そのような持続可能性の問題を中和するのに役立ちます。例えば、コカ・コーラの欧州パートナーは、2025年までに西欧で包装材の100%を回収し、ペットボトルに再生プラスチックを50%使用することを約束しました。ペプシコは、2025年までに欧州地域全体でボトルに再生プラスチックを50%使用することを目指しています。 2030年、暫定目標は2025年までに約45%です。また、さまざまな大手食品メーカーは活動家や消費者からの圧力を受けており、現在プラスチック包装を見直し、循環経済に向けて移行するという使命を担っています。たとえば、ネスレとモンデリーズは最近、欧州プラスチック協定に署名しました。この取り組みは、2025年までに包装材を100%リサイクルまたは再利用可能にし、バージンプラスチックの使用量を削減することを目指しています。
  • 調査対象市場で重要な地位を占めるために、さまざまな企業が製品イノベーションに注力しています。たとえば、2021年 2月、コンスタンシアフレキシブルズは、医薬品向けのリサイクル可能な高バリア性ポリマーモノマテリアル包装ソリューションである新製品 Perpetuaを発表しました。同社によれば、このソリューションは医薬品包装用途に幅広く対応しており、現在世界中で利用可能であるとのことです。
  • さまざまなベンダーが、紙包装用の新しい生産施設を建設することで市場での存在感を拡大することに注力しています。たとえば、2021年12月、ルーマニアの工業用包装会社プロマテリスは、国内に生産施設を建設し、2022年に紙包装分野に参入すると発表しました。このプロジェクトは2023年に完了する予定です。さらに、同社は2022年にコーンスターチをベースとした生分解性で堆肥化可能な原材料の生産を開始する予定であり、東欧でこれを行う最初の企業となります。
  • しかしその一方で、リサイクル不可能で生分解性のないプラスチック包装ソリューションの全体的な使用が拡大しており、その結果、環境中の炭素排出量が増加しています。これが市場の成長を抑制する要因となる可能性があります。その結果、アマゾン、グーグル、テトラパックなどの多くの大企業が炭素排出実質ゼロを目指しており、これが設備投資になると予測されています。
  • 新型COVID-19の影響下では、非接触型配送も新たな動向として浮上しています。ギャルソンワインズのような、持続可能なパッケージングの先駆者は、こうした新しい基準に適応できる可能性があります。ギャルソンワインズ社は、レターボックスや気候に優しいフラットワインボトルをスムーズに供給し、大きな需要を獲得しています。さらに、COVID-19感染症ワクチンの急速な生産により、保管用のガラス容器やバイアルの必要性も高まっています。ドイツの著名なガラス会社であるショットAGは、2021年3月までにCOVID-19感染症ワクチン10億回分に十分なバイアルを生産しており、予定通り20億回分以上を生産する予定です。同社によれば、同社のホウケイ酸ガラス製バイアルは、衝撃や極端な温度に強いため、認可されたワクチン接種の約90%に使用されています。

パッケージング市場の動向

紙および板紙の包装製品が最も高い成長を遂げる

  • 市場は、パッケージングにおける環境に優しい素材の使用量の増加によって牽引されています。環境に優しいパッケージはリサイクル可能、生分解性、再利用可能で、毒性がなく、環境への影響が少ないです。紙袋、パウチ、カートンなどの紙製包装製品は、最も急速に成長している持続可能な包装材料です。非生分解性および非リサイクル可能な包装ソリューションに関するオンライン小売および環境規制の増加傾向により、環境に優しい紙包装ソリューションに対する膨大な需要が徐々に生み出されています。
  • 2021年2月、コカ・コーラは、薄いプラスチックのライナーを含む非常に強力な紙のシェルからなる紙ボトルを使った最初の試験運用をテストしました。 2,000本のボトルで最初のテストを実行し、どの程度の耐久性があるかを確認しました。同社は、炭酸飲料からガスが漏れるのを防ぐために、100%リサイクル可能なプラスチックフリーのボトルを作ることを目指しています。
  • さらに、Smartiesなどの企業は、菓子類製品のリサイクル可能な紙パッケージを菓子分野で世界中に展開しています。これは、Smartiesシリーズの90%の移行を意味します。10%はすでにリサイクル可能な紙のパッケージに梱包されていました。さらに、ネスレの野望に向けた大きな一歩は、2025年までにすべての包装材を紙ベースにし、リサイクルまたは再利用可能にし、同期間中にバージンプラスチックの使用量を3分の1削減することです。
  • 紙パッケージング市場の企業は、消費者の需要を満たす持続可能な包装ソリューションにますます注力しています。たとえば、フィンランドを拠点とする食品包装の専門家であるHuhtamaki Oyjは、パートナーが協力して持続可能な紙包装のブレインストーミングを行うことができる新しいプラットフォームであるHuhtamakiブルーループを開発しました。このような革新的なプラットフォームのイントロダクションが市場の拡大につながっています。
  • さらに、さまざまなベンダーが、包装による環境への影響を軽減し、複数のリサイクル取り組みを開始するために、紙製の包装材料を使用した新しい包装を採用および革新しています。たとえば、2021年 2月、テトラパックは、ジェッダのムハンマディヤ地区モデルセンターと提携して、ジェッダでの新しい取り組みを発表しました。使用済みの紙パックを回収し、リサイクルして持続可能な消費習慣をサポートします。

アジア太平洋地域のパッケージング市場は大幅に拡大

  • プラスチック包装はアジアで広く利用されており、インドや中国などの国々が飲食品市場を通じて大きく貢献しています。中国のパッケージング業界は、一人当たりの所得の増加、社会雰囲気の変化、プラスチックの排出量を最小限に抑えるためのプラスチック禁止措置などの人口動態などの変数に大きく影響されています。これは、包装ビジネスに重大な影響を及ぼします。
  • 中国は2021~2025年の「5カ年計画」で、プラスチックのリサイクルと焼却能力を向上させ、「グリーン」プラスチック製品を促進し、包装や農業におけるプラスチックの誤用と闘うと発表しました。新たな5カ年計画では、商店や配送業者に対し、「不合理な」プラスチック包装を削減し、都市部でのゴミ焼却量を2025年までに1日当たり約80万トン(昨年の58万トン)に増やすよう求める。このような発展により、リサイクル可能な軟質プラスチック包装に対する国内の需要が増加すると予想されます。予測期間中、アリババのようなeコマース大手の台頭がパッケージング市場を刺激すると予想されます。たとえば、10日間続いたアリババのダブル11ショッピングイベント中に、中国人の買い物客は約19億個の荷物を受け取った。
  • パッケージングはインドで5番目に大きな産業であり、インドで最も急速に成長している分野の1つです。ここ数年、包装産業はこの国の技術とイノベーションの主要な原動力となっており、農業や日用消費財(日用消費財)部門を含むさまざまな製造部門に価値をもたらしています。
  • インド包装協会(IIP)によると、インドの包装消費量は過去10年間で200%急増し、2010年度の一人当たり年間4.3キログラム(pppa)から、2020年度には8.6 kg pppaまで増加しました。過去10年間の急激な増加にも関わらず、世界の他の先進地域と比較して、この業界には依然として大きな成長の余地が残されています。
  • 日本は、新聞、包装、印刷・通信、衛生用品、その他のさまざまな用途を含むさまざまな業界で紙ベースの製品の主要なユーザーです。さらに、持続可能な包装に対する消費者の意識、森林破壊に対する懸念、および原材料の入手可能性のため、最近包装分野では紙を利用する動きが見られます。

パッケージング業界の概要

世界のパッケージング市場を独占する重要な要因は、イノベーションによる持続可能な競争上の優位性、市場浸透のレベル、撤退の障壁、競争戦略の広告費の力、および企業の集中率です。この市場のプレーヤーは、イノベーションを通じて競争上の優位性を持っています。プラスチック包装を中心に包装材の仕様が異なり、商品の差別化が図れる可能性が高いです。

  • 2022年 7月- モンディとフィオリーニインターナショナルは提携し、イタリアの高級パスタ製品メーカーAntico Pastificio Umbro向けに新しい紙包装ソリューションを作成しました。新しいパッケージは完全にリサイクル可能で、すべてのパスタ製品に展開すると、年間最大20トンのプラスチックを節約できる可能性があります。
  • 2022年 6月-CoverisはKufsteinサイトの生産能力を拡大しました。最近フル稼働した新しい押出施設は、工場の近代化努力を継続し、サイレージベール用ストレッチフィルムの生産速度を大幅に向上させました。
  • 2022年 6月-Ardagh Metal Packagingは、フランスのラ・シオタにある新しい施設を通じて生産能力を拡大する計画を発表しました。この支出はSud AttractiviteとBpifranceによって支援され、中東アフリカ(MEA)と南西欧における長期パートナーシップに対する既存顧客と新規顧客の高まる需要に応えます。
  • 2022年 4月- シールドエアは、デザインサービス、デジタル印刷、スマートパッケージングのソリューションポートフォリオを備えたデジタルパッケージングブランド PRISTIQを導入し、製品と顧客エンゲージメントを強化しながら無駄や過剰なパッケージングを排除します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の脅威
    • 代替品の脅威
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 市場促進要因(紙とガラス)
  • 市場の課題(プラスチック)
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がパッケージング業界に与える影響の評価
  • 世界の主要国における一人当たりの包装容器消費量のカバレッジ
  • 市場機会

第5章 市場セグメンテーション

  • 包装タイプ別
    • プラスチック包装
      • 硬質プラスチックパッケージング別
      • 材料タイプ別- (PE-HDPE &LDPE、PP、PET、PVC、PS、EPS)
      • 製品タイプ別- (ボトルおよびジャー(容器)、キャップおよび蓋、バルクグレード製品-IBC、木枠およびパレット、その他)
      • エンドユーザー業界別- (食品、飲料、工業および建設、自動車、化粧品およびパーソナルケア、その他のエンドユーザー業界)
      • 軟質プラスチックパッケージング別
      • 材料タイプ別- (PE、BOPP、CPP、その他)
      • 製品タイプ別- (パウチ、バッグ、フィルム、ラップ)
      • エンドユーザー業界別- (食品、飲料、医薬品、化粧品、パーソナルケア)
      • 地域別- (北米、欧州、アジア太平洋、中東およびアフリカ(GCC、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、GCCのその他の地域、その他中東)、ラテンアメリカ)
    • 紙と板紙
      • 製品タイプ別- (紙器、段ボール箱、使い捨て紙製品(袋、カップ、その他))
      • エンドユーザー別(食品、飲料、工業用および電子機器、化粧品およびパーソナルケア、ヘルスケア、その他(家庭用品、自動車部品、機械などの輸送))
      • 地域別- (北米、欧州、アジア太平洋、中東およびアフリカ(GCC、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、GCCのその他の地域、その他中東)、ラテンアメリカ)
    • 金属包装
      • 製品タイプ別- (缶(食品、飲料、エアゾール、その他)、キャップと蓋、その他の製品タイプ)
      • 地域別- (北米、欧州、アジア太平洋、中東およびアフリカ(GCC、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、GCCのその他の地域、その他中東)、ラテンアメリカ)
    • コンテナガラス
      • エンドユーザー別- (食品、飲料(アルコール、ノンアルコール)、パーソナルケアおよび化粧品、医薬品)
      • 地域別- (北米、欧州、アジア太平洋、中東およびアフリカ(GCC、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、GCCのその他の地域、その他中東)、ラテンアメリカ)

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル-主要紙パッケージングメーカーの分析
    • International Paper Company
    • Mondi Group
    • Smurfit Kappa Group
    • DS Smith PLC
    • WestRock Company
  • 企業プロファイル-主要軟質プラスチックパッケージングメーカーの分析
    • UFlex Limited
    • Huhtamaki OYJ
    • Amcor PLC
    • Coveris Holding SA
    • Sealed Air Corporation
  • 企業プロファイル-主要硬質プラスチックパッケージングメーカーの分析
    • Greif, Inc.
    • Sonoco Products Company
    • Aptar Group Inc.
    • Berry Global Inc.
    • Alpla Group
  • 企業プロファイル-主要コンテナガラスメーカー分析
    • Owens-illinois, Inc.
    • Vidrala, SA
    • Verallia SA
    • Gerresheimer AG
    • Vitro, SAB De CV
  • 企業プロファイル-主要金属パッケージングメーカーの分析
    • Ball Corporation
    • Crown Holdings, Inc.
    • Ardagh Group SA
    • Can Pack SA
    • Silgan Holdings Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場の将来展望

目次
Product Code: 72538

The Packaging Market size is estimated at USD 1.14 trillion in 2024, and is expected to reach USD 1.38 trillion by 2029, growing at a CAGR of 3.89% during the forecast period (2024-2029).

Packaging - Market

The global packaging business has experienced consistent growth over the last decade due to substrate choice changes, expansion of new markets, and changing ownership dynamics. Traditional packaging may continue to be replaced by flexible packaging, high-barrier films, and stand-up retort pouches may challenge rigid pack formats like metal tins and glass jars for a wide range of food products.

Key Highlights

  • With the rising consumption of sweets and confectionery, several flexible plastic packaging providers are offering packaging solutions, specifically catering to this demand, and are further driving their sales and revenues. For instance, according to the US Census Bureau, confectionery manufacturing industry revenue in the United States is expected to reach USD 10.89 billion by FY 2023.
  • According to the Flexible Packaging Association, flexible packaging is mainly used for food, which accounts for more than 60% of the total market. Since it could incorporate new solutions for various packaging issues, the flexible packaging industry is experiencing robust growth. In addition, the Indian food and grocery market is the world's sixth-largest, according to IBEF, with retail accounting for 70% of sales. The Indian food processing industry, which contributes to 32% of the country's overall food market, ranks fifth in production, consumption, and export and is one of the country's most important industries.
  • The sustainability trends, including recycling and using bio-degradable forms of PET, are expected to rise over the forecast period. In some regards, it will always face sustainability issues due to the nature of its production. However, the recycling streams and development will help neutralize such sustainability issues. For instance, the Coca-Cola European partners pledged to collect 100% of the packaging and use 50% recycled plastic in plastic PET bottles in Western Europe by 2025. PepsiCo aims to use 50% of recycled plastic in its bottles across the European region by 2030, with an interim target of around 45% by 2025. Also, various large food manufacturers are under pressure from campaigners and consumers and are currently on a mission to rethink their plastic packaging and move towards a circular economy. For instance, Nestle and Mondelez recently signed the European Plastics Pact. This initiative is committed to making 100% of packaging recyclable or reusable and reducing virgin plastic usage by 2025.
  • Various companies focus on product innovations to hold a significant position in the studied market. For instance, in February 2021, Constantia Flexibles announced its new product, Perpetua, a recyclable, high-barrier, polymeric mono-material packaging solution for pharmaceutical products. According to the company, the solution has a wide range of pharmaceutical packaging applications and is now available worldwide.
  • Various vendors have been focusing on expanding their market presence by constructing new production facilities for paper packaging. For instance, in December 2021, Promateris, a Romanian industrial packaging company, announced entering the paper packaging area in 2022 by building a production facility in the country. This project will be completed in 2023. Furthermore, in 2022, the firm expects to begin producing biodegradable and compostable raw materials based on corn starch, making it the first company to do so in Eastern Europe.
  • However, on the other hand, the overall usage of non-recyclable, non-biodegradable plastic packaging solutions is expanding, resulting in increased carbon emissions in the environment. This might be a factor that could restrain the market growth. As a result, numerous large firms such as Amazon, Google, and Tetrapak, among others, are aiming toward net-zero carbon emissions, which is predicted to be their capital expenditure.
  • During COVID-19, contactless delivery has also emerged as a new trend. Pioneers in sustainable packaging could adjust to these new standards, such as Garcon Wines, whose frictionless supply of letterbox- and climate-friendly flat wine bottles has witnessed a great demand. In addition, the rapid production of COVID-19 vaccines has also increased the need for glass containers or vials for storage purposes. By March 2021, Schott AG, a prominent German glass company, had produced enough vials for one billion COVID-19 vaccine doses, and it is on schedule to produce over two billion doses. According to the company, their borosilicate glass vials are used in roughly 90% of licensed vaccinations because they are resistant to shocks and temperature extremes.

Packaging Market Trends

Paper and Paperboard Packaging Products to Witness the Highest Growth

  • The market is driven by the increased usage of environmentally friendly materials in packaging. Eco-friendly packaging is recyclable, biodegradable, reused, and non-toxic, with a low environmental impact. Paper packaging products, such as paper bags, pouches, and cartons, are the fastest-growing sustainable packaging materials. The increasing trend of online retail and environmental regulations on non-biodegradable and non-recyclable packaging solutions is progressively creating a massive demand for eco-friendly paper packaging solutions.
  • In February 2021, Coca-Cola tested its first test run on paper bottles from an extra-strong paper shell containing a thin plastic liner. It ran its first test with 2,000 bottles to see how it held up. The company aims to create a 100% recyclable, plastic-free bottle to prevent gas from escaping from carbonated drinks.
  • Moreover, companies such as Smarties have rolled out recyclable paper packaging for confectionery products worldwide in the confectionaries category. This would represent a transition of 90% of the Smarties range, as 10% was already packed in recyclable paper packaging. Further, Nestle's major step toward its ambition is to make all of its packaging paper-based and recyclable or reusable by 2025 and reduce the usage of virgin plastics by one-third in the same period.
  • Companies in the paper packaging market are increasing their focus on sustainable packaging solutions that meet consumer demands. For instance, Huhtamaki Oyj, a Finland-based food packaging specialist, developed the Huhtamaki blue loop, a novel platform where partners can collaborate to brainstorm sustainable paper packaging. The introduction of such innovative platforms is leading to market expansion.
  • Moreover, various vendors are adapting and innovating new packaging with paper packaging material to reduce the environmental impact of packaging and launch multiple recycling initiatives. For instance, in February 2021, TetraPak announced a new initiative in Jeddah in partnership with the District Model Center of Muhammadiyah in Jeddah. It will collect used carton packages and recycles them to support sustainable consumption practices.

Asia Pacific Packaging Market to Expand Significantly

  • Plastic packaging has observed wide-scale utilization in Asia, with countries like India and China contributing significantly through their food and beverages market. The Chinese packaging sector is heavily influenced by variables such as rising per capita income, changing social atmosphere, and demographics, including ban enforcement on plastics to minimize its plastic footprint. This results in significant impacts on the packaging business.
  • In a 2021-2025 "five-year plan," China announced it would improve its plastic recycling and incineration capacities, promote "green" plastic products, and combat the misuse of plastic in packaging and agriculture. The new five-year plan would push merchants and delivery companies to reduce "unreasonable" plastic wrapping and increase garbage incineration rates in cities to about 800,000 tons per day by 2025, up from 580,000 tons last year. Such developments are expected to increase the country's demand for recyclable flexible plastic packaging. Over the projection period, the rise of e-commerce giants like Alibaba is expected to fuel the packaging market. For example, Chinese shoppers received approximately 1.9 billion shipments during Alibaba's Double 11 shopping event, which lasted 10 days.
  • Packaging is India's fifth-largest industry and one of the country's fastest-growing sectors. Over the last few years, the packaging industry has been a key driver of technology and innovation in the country, contributing value to various manufacturing sectors, including agriculture and the fast-moving consumer goods (FMCG) segments.
  • According to the Indian Institute of Packaging (IIP), packaging consumption in India has surged by 200% over the last decade, from 4.3 kilograms per person per annum (pppa) in FY10 to 8.6 kg pppa in FY20. Despite the sharp increase over the last decade, there remains tremendous space for growth in this industry compared to other developed regions throughout the world.
  • Japan is a major user of paper-based products in various industries, including newspaper, packaging, printing and communication, sanitary products, and other miscellaneous uses. Moreover, due to consumer awareness about sustainable packaging, worries about deforestation, and raw material availability, there has been a recent movement in the packaging sector to utilize paper.

Packaging Industry Overview

The significant factors governing the Global Packaging Market are sustainable competitive advantages through innovation, levels of market penetration, barriers to exit, advertising expense power of competitive strategy, and firm concentration ratio. The players in this market possess a competitive advantage through innovation. The specification of the packaging material is different, mostly in plastic packaging, leaving a high possibility of product differentiation.

  • July 2022 - Mondi and Fiorini International teamed up to create a new paper packaging solution for Italian premium pasta product manufacturer Antico Pastificio Umbro. The new packaging is fully recyclable and, when rolled out across all pasta products, it could save up to 20 tons of plastic each year.
  • June 2022 - Coveris expanded capacity at its Kufstein site. The new extrusion facility, which was recently put into full operation, continues the modernization efforts at the plant and significantly increases the production speed of stretch film for silage bales.
  • June 2022- Ardagh Metal Packaging announced plans to expand its production capacity through a new facility at La Ciotat, France. The expenditure will be supported by Sud Attractivite and Bpifrance, catering to the increasing demands from existing and new customers for long-term partnerships in Middle East Africa (MEA) and Southwestern Europe.
  • April 2022 - Sealed Air introduced PRISTIQ, a digital packaging brand with a portfolio of solutions for design services, digital printing, and smart packaging, eliminating waste and excess packaging while enhancing products and customer engagement.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Market Drivers (Paper and Glass)
  • 4.5 Market Challenges (Plastic)
  • 4.6 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Packaging Industry
  • 4.7 Coverage of Per Capita Packaging Consumption in Major Countries Across the World
  • 4.8 Market Opportunities

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Packaging Type
    • 5.1.1 Plastic Packaging
      • 5.1.1.1 By Rigid Plastic Packaging
      • 5.1.1.1.1 By Material Type - (PE - HDPE & LDPE, PP, PET, PVC, PS and EPS)
      • 5.1.1.1.2 By Product Type - (Bottles and Jars (Containers), Caps and Closures, Bulk-Grade Products - IBC, Crates & Pallets, Others)
      • 5.1.1.1.3 By End-User Industry - (Food, Beverage, Industrial and Construction, Automotive, Cosmetics and Personal Care, Other End-user Industries)
      • 5.1.1.2 By Flexible Plastic Packaging
      • 5.1.1.2.1 By Material Type - (PE, BOPP, CPP, Others)
      • 5.1.1.2.2 By Product Type - (Pouches, Bags, Films and Wraps)
      • 5.1.1.2.3 By End User Industry - (Food, Beverage, Pharmaceutical, Cosmetics and Personal Care)
      • 5.1.1.3 By Region - (North America, Europe, Asia Pacific, Middle East and Africa (GCC, United Arab Emirates, KSA, Rest of GCC, Rest of Middle East and Africa), Latin America)
    • 5.1.2 Paper and Paperboard
      • 5.1.2.1 By Product Type - (Folding Carton, Corrugated Boxes, Single-use Paper Products (Bags, Cups, Others))
      • 5.1.2.2 By End-user (Food, Beverage, Industrial & Electronic, Cosmetics & Personal Care, Healthcare, Others (Household Care, Transit (Transportation of Automobile Components, Machinery, etc.))
      • 5.1.2.3 By Region - (North America, Europe, Asia Pacific, Middle East and Africa (GCC, United Arab Emirates, KSA, Rest of GCC, Rest of Middle East and Africa), Latin America)
    • 5.1.3 Metal Packaging
      • 5.1.3.1 By Product Type - (Cans (Food, Beverage, Aerosols, Others), Caps and Closures, Other Product Types)
      • 5.1.3.2 By Region - (North America, Europe, Asia Pacific, Middle East and Africa (GCC, United Arab Emirates, KSA, Rest of GCC, Rest of Middle East and Africa), Latin America)
    • 5.1.4 Container Glass
      • 5.1.4.1 By End-user - (Food, Beverage (Alcoholic, Non-Alcoholic), Personal Care and Cosmetics, Pharmaceuticals)
      • 5.1.4.2 By Region - (North America, Europe, Asia Pacific, Middle East and Africa (GCC, United Arab Emirates, KSA, Rest of GCC, Rest of Middle East and Africa), Latin America)

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles - Analysis of the Major Paper Packaging Manufacturers
    • 6.1.1 International Paper Company
    • 6.1.2 Mondi Group
    • 6.1.3 Smurfit Kappa Group
    • 6.1.4 DS Smith PLC
    • 6.1.5 WestRock Company
  • 6.2 Company Profiles - Analysis of the Major Flexible Plastic Packaging Manufacturers
    • 6.2.1 UFlex Limited
    • 6.2.2 Huhtamaki OYJ
    • 6.2.3 Amcor PLC
    • 6.2.4 Coveris Holding SA
    • 6.2.5 Sealed Air Corporation
  • 6.3 Company Profiles - Analysis of the Major Rigid Plastic Packaging Manufacturers
    • 6.3.1 Greif, Inc.
    • 6.3.2 Sonoco Products Company
    • 6.3.3 Aptar Group Inc.
    • 6.3.4 Berry Global Inc.
    • 6.3.5 Alpla Group
  • 6.4 Company Profiles - Analysis of the Major Container Glass Manufacturers
    • 6.4.1 Owens-illinois, Inc.
    • 6.4.2 Vidrala, S.A.
    • 6.4.3 Verallia SA
    • 6.4.4 Gerresheimer AG
    • 6.4.5 Vitro, S.A.B. De C.V.
  • 6.5 Company Profiles - Analysis of the Major Metal Packaging Manufacturers
    • 6.5.1 Ball Corporation
    • 6.5.2 Crown Holdings, Inc.
    • 6.5.3 Ardagh Group S.A.
    • 6.5.4 Can Pack SA
    • 6.5.5 Silgan Holdings Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET