デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440194

陸上軍事用EO/IRシステム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Land-based Military Electro-optical and Infrared Systems - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.92円
陸上軍事用EO/IRシステム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

陸上軍事用EO/IRシステム市場規模は、2024年に16億1,000万米ドルと推定され、2029年までに18億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.05%のCAGRで成長します。

陸上軍事用EO/IRシステム- 市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックとその後の操業停止は、いくつかの国で防衛製造部門に影響を与えています。いくつかの防衛メーカーが2020年に生産削減を強行したため、パンデミックは世界の防衛サプライチェーンに影響を与えました。いくつかの国は2020年でも巨額の予算を維持したが、パンデミック後の予測期間中に同水準の防衛支出を継続するには持続的な政治的意志が必要です。

陸上車両の戦闘効果を高めるには、高度なオプトロニクスシステムが不可欠になっています。サーマルサイト、パノラマビジョン、強化された 促進要因ビジョン機能は、新型およびアップグレードされた戦闘車両で利用できる要素の一部です。これらのシステムと高度な処理技術を融合することで、オペレーターは状況認識と目標捕捉のための広角範囲を取得できるようになり、戦場でより適切な意思決定を行うのに役立ちます。

現在の戦場のシナリオでは、兵士と陸上車両は、昼夜を問わず、また人間の視覚では十分ではない悪天候や限られた視界条件下でも機能する必要があります。これに対抗するために、軍隊は人間が携帯できるシステムや装甲車両に電気光学視覚システムを装備し、現代の戦場で戦う準備を整えています。これにより、予測期間中の市場の見通しが強化されると予想されます。

陸上軍事用EO/IRシステム市場動向

車載セグメントは予測期間中に最高のCAGRで推移すると予想される

装甲車両の戦闘効果を高めるには、高度なオプトロニクスシステムが不可欠になりつつあります。サーマルイメージング、360度ビジョン、および強化された暗視機能は、陸上車両や下馬歩兵向けに焦点を当てているテクノロジーの一部です。車両保護システムの強化に注目が集まる中、プレイヤーは軍用装甲車両と乗組員に可視性の拡大、状況認識、脅威の警告を提供するセンサーの開発に取り組んでいます。陸上車両の近代化への継続的な取り組みにより、新世代の車両ベースのEO/IRセンサーの需要も生み出されると予想されます。陸上車両用のRWSは、移動中射撃機能、昼夜画像処理、自動目標追跡、正確な弾道を測定するレーザー距離計、最終弾警告、手動バックアップ、大量の弾薬などの機能を組み込むことで、より効果的になっています。ストレージ機能など。このため、多くの国が最新技術を活用するために兵器システムを新しいバージョンにアップグレードしています。また、地上ベースの移動監視への注目により、地上ベースのEO/IRシステムに対する大きな需要が生じることが予想されます。 2021年 1月、FLIR Systems Inc.は、高度な熱画像およびドローン技術を使用して空中および地上監視機能の向上を実現したことで米国から賞を受賞したと発表しました。賞金総額は2,300万米ドルを超える可能性があり、これにはモバイル監視機能(MSC)プログラム向けの次世代FLIR LVSS(軽量車両監視システム)の納入などが含まれます。このような発展は、予測期間中にこの部門の成長を促進すると予想されます。

北米が2021年に最大の市場シェアを獲得

北米は、米国からの高い需要に牽引され、2021年には全地域の中で最大の市場シェアを保持しました。中国とロシアの戦場での能力の向上により、米国は技術的に進歩した軍用車両や兵器システムへの投資を増やす必要に迫られました。米国軍が今後2年間に計画している大規模な買収には、暗視ゴーグル、レーザーターゲットロケーターモジュール、単眼暗視装置、統合視覚拡張システム(IVAS)ヘッドアップなどの暗視装置のコレクションが含まれます。ディスプレイ、多機能レーザー照射器を搭載。 2020年10月、L3Harris TechnologiesとElbit Systemsの米国子会社は、米国陸軍向けの双眼暗視装置を製造するための4億4,200万米ドルのその他取引権限契約を獲得しました。 Elbit Systemsはまた、OTAに基づいてゴーグルの低料金初期生産を開始するための初回注文2,250万米ドルを受け取ったと発表しました。両社のENVG-B製品は、大規模契約に選ばれる前に、システムテストやフィールドテストなどの認定手続きが行われます。また、MicrosoftのHoloLensをベースにした拡張現実ゴーグルであるIntegrated Visual Augmentation System(IVAS)は、米国寒冷地テストセンターで極度の寒冷地テストを受けました。 IVASプロトタイプのヘッドアップディスプレイには、ナイトビジョンやサーマルスコープの設定など、さまざまな高度な機能が含まれています。また、先進的なISR機能の取得に国が重点を置いていることが、いくつかのEO/IR技術プロバイダーにとって有益であることが証明されています。 ISR目的での無人地上車両の調達は今後数年で国内で増加すると予想されており、これにより予測期間中に北米からの陸上軍事用EO/IRシステムの需要が促進されると思われます。

陸上軍事用EO/IRシステム業界の概要

市場の著名なプレーヤーには、Teledyne FLIR LLC、L3Harris Technologies Inc.、BAE Systems PLC、Thales Group、Leonardo DRSなどがあります。市場のプレーヤーは、継続的な研究開発を通じて現在の機能を修正および強化し、付加価値のあるEO/IRソリューションをエンドユーザーに提供するための高度な機能を導入しようとしています。統合プログラムのほとんどは長期にわたるため、現在いくつかのIDIQ契約が進行中です。これは、エンドユーザーの仕様に応じた高度なEO/IRセンサーの設計変更と生産を意味します。このような契約を獲得することで、プレーヤーは継続的にキャッシュが流入し、持続的な成長につながります。さらに、新しい統合プラットフォームの開発により、高度なEO/IRセンサーとシステムの統合に対する需要が促進され、予測期間中に市場に前向きな見通しが生まれると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲
  • USDの通貨換算レート

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 市場規模と予測、世界、2018~2031年
  • タイプ別の市場シェア、2021年
  • 地域別市場シェア、2021年
  • 市場の構造と主要参加者

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 市場動向
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション(金額別の市場規模と予測、2018~2031年)

  • タイプ
    • 車載用
    • 携行可能
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • タイプ別
      • カナダ
      • タイプ別
    • 欧州
      • 英国
      • タイプ別
      • フランス
      • タイプ別
      • ドイツ
      • タイプ別
      • イタリア
      • タイプ別
      • その他欧州
      • タイプ別
    • アジア太平洋
      • 中国
      • タイプ別
      • インド
      • タイプ別
      • 日本
      • タイプ別
      • 韓国
      • タイプ別
      • その他アジア太平洋地域
      • タイプ別
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • タイプ別
      • メキシコ
      • タイプ別
      • その他ラテンアメリカ
      • タイプ別
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • タイプ別
      • アラブ首長国連邦
      • タイプ別
      • 残りの中東およびアフリカ
      • タイプ別

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • BAE Systems PLC
    • Elbit Systems Ltd
    • Teledyne FLIR LLC
    • Israel Aerospace Industries Ltd
    • Rheinmetall AG
    • Saab AB
    • Thales Group
    • HENSOLDT AG
    • L3Harris Technologies Inc.
    • Leonardo SpA
    • Tonbo Imaging

第7章 市場機会

目次
Product Code: 70925

The Land-based Military Electro-optical and Infrared Systems Market size is estimated at USD 1.61 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.87 billion by 2029, growing at a CAGR of 3.05% during the forecast period (2024-2029).

Land-based Military Electro-optical and Infrared Systems - Market

The COVID-19 pandemic and the subsequent shutdowns have affected the defense manufacturing sector in several countries. The pandemic has affected the global defense supply chains as several defense manufacturers enforced production cuts in 2020. Though several nations maintained colossal budgets even in 2020, continuing the same levels of defense spending during the forecast period in the aftermath of the pandemic requires sustained political will from the governments.

Advanced optronic systems have become essential to enhance land vehicles' combat effectiveness. Thermal sights, panoramic vision, and enhanced driver vision capabilities are some of the elements available for new and upgraded fighting vehicles. The amalgamation of these systems with advanced processing techniques enables operators to obtain wide-angle coverage for situational awareness and target acquisition, thereby helping them make better decisions on the battlefield.

In the current battlefield scenario, soldiers and land vehicles are required to function in the day, night, and under adverse weather and limited visibility conditions, where human vision is not enough. To counter this, military forces have been equipping their man-portable systems and armored vehicles with electro-optical vision systems to prepare them to fight in modern battlefield scenarios. This is expected to bolster the market prospects during the forecast period.

Land-Based Military EOIR Systems Market Trends

Vehicle-mounted Segment is Expected to Record the Highest CAGR During the Forecast Period

Advanced optronic systems are becoming essential to enhance armored vehicles' combat effectiveness. Thermal imaging, 360-degree vision, and enhanced night vision capabilities are some of the technologies being focused upon for land vehicles and dismounted infantrymen. With the focus growing on enhancing vehicle protection systems, players are working on sensors that provide expanded visibility, situational awareness, and threat warning to military armored vehicles and crews. The ongoing modernization efforts for land vehicles are also expected to generate demand for newer generation vehicle-based EO/IR sensors. RWS for land vehicles has grown more effective with the incorporation of features, like fire-on-the-move capabilities, day and night imaging, automatic target tracking, laser range finder for accurate ballistics, last round warning, manual backup, and high ammunition storage capabilities, among others. Due to this, many countries are upgrading their weapon systems to newer versions to take advantage of the latest technologies. Also, the focus on ground-based on-the move-surveillance is expected to generate significant demand for land-based EO/IR systems. In January 2021, FLIR Systems Inc. announced that it had received awards from the United States to deliver improved air and ground surveillance capabilities using advanced thermal imaging and drone technology. The combined awards are potentially worth more than USD 23 million and include the delivery of the next-generation FLIR LVSS (Lightweight Vehicle Surveillance System) for the Mobile Surveillance Capability (MSC) program, among others. Such developments are expected to drive the segment's growth during the forecast period.

North America Held the Largest Market Share in 2021

North America held the largest market share among all the regions in 2021, driven by high demand from the US. The enhanced capabilities of China and Russia on the battlefield forced the US to increase its investments into technologically-advanced military vehicles and weapon systems. Some of the large acquisitions planned by the US army over the next two years include a collection of night vision devices, including night-vision goggles, laser target locator modules, monocular night vision devices, the Integrated Visual Augmentation System (IVAS) heads-up display, and multi-function laser illuminators. In October 2020, L3Harris Technologies and Elbit Systems' US subsidiary were awarded a potential USD 442 million other transaction authority contract to manufacture binocular night vision devices for the US Army. Elbit Systems also announced that it had received an initial USD 22.5 million order under the OTA to begin low-rate initial production of the goggles. The two companies' ENVG-B offerings will undergo qualification procedures, such as system and field tests, before being selected for a major contract. Also, the Integrated Visual Augmentation System (IVAS), an augmented reality goggle based on Microsoft's HoloLens, underwent extreme cold-weather testing at the US Army Cold Regions Test Center. The IVAS prototype heads-up display includes a variety of sophisticated capabilities, including night vision and thermal scope settings. Also, the country's focus on obtaining advanced ISR capabilities is proving to be fruitful for several EO/IR technology providers. The procurement of unmanned ground vehicles for ISR purposes is expected to increase in the country in years to come, which will propel the demand for land-based military EO/IR systems from North America during the forecast period.

Land-Based Military EOIR Systems Industry Overview

Some of the prominent players in the market are Teledyne FLIR LLC, L3Harris Technologies Inc., BAE Systems PLC, Thales Group, and Leonardo DRS. Players in the market are trying to modify and enhance their current capabilities through continuous R&D and introduce sophisticated features to deliver value-added EO/IR solutions to end-users. Most of the integration programs are long-term, and hence, several IDIQ contracts are currently underway, signifying design modification and production of sophisticated EO/IR sensors as per end-user specifications. Gaining such contracts will help the players with continuous cash inflow, thereby helping their sustained growth. Furthermore, the development of a new integration platform drives demand for the integration of sophisticated EO/IR sensors and systems, which is expected to create a positive outlook for the market during the forecast period.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study
  • 1.3 Currency Conversion Rates for USD

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1 Market Size and Forecast, Global, 2018 - 2031
  • 3.2 Market Share by Type, 2021
  • 3.3 Market Share by Geography, 2021
  • 3.4 Structure of the Market and Key Participants

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Market Trends
  • 4.5 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.3 Threat of New Entrants
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size and Forecast by Value - USD billion, 2018 - 2031)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Vehicle-mounted
    • 5.1.2 Man-portable
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 US
      • 5.2.1.1.1 By Type
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.2.1 By Type
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 United Kingdom
      • 5.2.2.1.1 By Type
      • 5.2.2.2 France
      • 5.2.2.2.1 By Type
      • 5.2.2.3 Gemany
      • 5.2.2.3.1 By Type
      • 5.2.2.4 Italy
      • 5.2.2.4.1 By Type
      • 5.2.2.5 Rest of Europe
      • 5.2.2.5.1 By Type
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.1.1 By Type
      • 5.2.3.2 India
      • 5.2.3.2.1 By Type
      • 5.2.3.3 Japan
      • 5.2.3.3.1 By Type
      • 5.2.3.4 South Korea
      • 5.2.3.4.1 By Type
      • 5.2.3.5 Rest of Asia-Pacific
      • 5.2.3.5.1 By Type
    • 5.2.4 Latin America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.1.1 By Type
      • 5.2.4.2 Mexico
      • 5.2.4.2.1 By Type
      • 5.2.4.3 Rest of Latin America
      • 5.2.4.3.1 By Type
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.1.1 By Type
      • 5.2.5.2 United Arab Emirates
      • 5.2.5.2.1 By Type
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa
      • 5.2.5.3.1 By Type

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 BAE Systems PLC
    • 6.1.2 Elbit Systems Ltd
    • 6.1.3 Teledyne FLIR LLC
    • 6.1.4 Israel Aerospace Industries Ltd
    • 6.1.5 Rheinmetall AG
    • 6.1.6 Saab AB
    • 6.1.7 Thales Group
    • 6.1.8 HENSOLDT AG
    • 6.1.9 L3Harris Technologies Inc.
    • 6.1.10 Leonardo SpA
    • 6.1.11 Tonbo Imaging

7 MARKET OPPORTUNITIES