市場調査レポート
商品コード
1440084

自動3Dプリンティング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Automated 3D Printing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
自動3Dプリンティング:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動3Dプリンティング市場規模は2024年に21億3,000万米ドルと推定され、2029年までに101億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に36.49%のCAGRで成長します。

自動3Dプリンティング-市場

研究開発への投資の増加と産業オートメーション向けロボットの採用の増加により、市場の成長が促進されると予想されます。

主なハイライト

  • ここ数年、3Dプリンティングはプロトタイピングや小ロットの段階から量産技術への移行を常に経験しており、業界全体で導入率が高まっており、産業ベンダーや非プリンターベンダーは自動化に焦点を移しています。また、積層造形の進化の傾向に伴い、ハードウェアはプロトタイピング、ツーリング、単一部品生産に使用されるスタンドアロンシステムを超えて、統合されたデジタル量産ライン内のコアシステムとして使用されるよう成長しており、新興の消灯工場。
  • 人工知能と機械学習テクノロジーは、積層造形業界のさまざまなアプリケーションに活用されています。たとえば、MITの研究者は、機械学習のデータ駆動型の性質を応用して、新しい3Dプリント材料を発見するプロセスを自動化しました。機械学習により、靱性や圧縮強度などの材料性能要素がアルゴリズムを使用して最適化され、従来の3Dプリント材料配合方法をすぐに上回りました。研究者らは、AutoOEDと呼ばれる無料のオープンソース材料最適化プラットフォームを開発し、他の研究者が材料の最適化を実行できるようにしました。
  • 同様に、2022年 1月にドイツとカナダの組織グループが、3DプリンティングとAIを使用して部品を固定するプロセスを自動化するための新たなコラボレーションを結成しました。 Adaptive Laser Additive Manufacturing(AI-SLAM)のためのプロセスセンシングの人工知能強化プロジェクトは、指向性エネルギー蒸着(DED)3Dプリンターを自動的に実行できる強力なAIベースのソフトウェアを作成することを目的としています。損傷したコンポーネントの凹凸のある表面をより適切に修復するために、ソフトウェアはアルゴリズムによって印刷プロセスを制御します。フラウンホーファーレーザー技術研究所(ILT)とソフトウェア会社BCTは、ドイツのコンソーシアムの一部です。カナダでは、この研究はカナダ国立調査評議会(NRC)によって監督されることになります。マギル大学が調査をコーディネートし、機械学習会社BraintoyがAIモデルのプログラムを支援します。
  • さらに、プレーヤーは市場での地位を高めるために市場でさまざまな開発を行ってきました。たとえば、Mosaicは2021年 4月に、自動3DプリンティングプラットフォームであるArrayを立ち上げました。これは、4台のElement HTプリンターにマテリアルをロードおよびアンロードし、印刷を開始し、プリントを削除し、次のプリントを開始できるようにそれらを保存します。アレイは、印刷物を取り出し、脇に置き、次の印刷物のためにきれいなベッドをロードする自動販売機スタイルのロボットアームを備え、最大限の柔軟性を実現するように設計されており、最大の生産量を保証します。
  • 2021年 10月、バンクーバーを拠点とする3Dプリンティング業界向けの自動化テクノロジー開発会社3DQueは、Creality CR-10およびCR-6 SE用の2つの新しいQuinly自動化キットの発売を発表しました。 Quinlyは、Raspberry Piによって提供される仮想 3Dプリンターオペレーターであり、デスクトップ 3Dプリンターを単独で実行できるハードウェアおよびソフトウェアキットです。このテクノロジーは、手作業を排除することで3Dプリンティングの拡張性を高めるように設計されています。これは主に、印刷ラボ、オンデマンド製造業者、教育機関、および自動大量部品生産を求めるその他のあらゆる企業を対象としています。
  • さらに、サプライチェーンの混乱と治療法や材料に対する新たな需要により、新型COVID-19症のパンデミックにより、製薬、医療機器、製造分野の技術進歩が大幅に加速しました。サプライチェーンの不足により、医療従事者が必要な物資を入手することが困難になり、病院でウイルスと戦うための個人用保護具(PPE)や医療機器が不足しています。このため、積層造形(AM)(自動3Dプリンティング)は、複雑でモノリシックな部品や機械システムさえも迅速に製造できるアクセスしやすさと柔軟性により、注目すべき製造プロセスの1つとして浮上しています。

自動3Dプリンティング市場動向

自動車セグメントが市場の成長を牽引すると予想される

  • 自動車は今日の主要な交通手段として人間の生活に欠かせないものとなっています。現在、世界中で13億台を超える自動車が走行しており、その数は2035年までに18億台に増加すると予想されています。乗用車はこれらの統計の約74%を占めますが、小型商用車や大型トラック、バス、長距離バス、残りの26%はミニバスです。
  • 3Dプリントは、グリップ、治具、固定具を迅速に製造するための金型や熱成形ツールの作成に使用できます。これにより、自動車メーカーはサンプルやツールを低コストで生産でき、高コストのツールに投資する際の将来の生産ロスを排除できます。史上初の3Dプリント電気自動車は、2014年にローカルモーターズによって発売されました。その後、BMWグループなどの他の老舗企業も、自動化された3Dプリンティング技術の導入に追随しました。米国の大手自動車メーカーのいくつかでは、初期プロトタイプのアセンブリの約80%~90%が3Dプリントされており、自動化の傾向が高まっています。人気のあるコンポーネントには、排気、吸気、ダクトの部品などがあります。これらの部品はデジタルで設計され、3Dプリントされて短期間で車に取り付けられ、複数回の反復を通じてテストされます。
  • おそらく、自動車分野における自動3Dプリンティングの最も一般的な用途は、治具や固定具などの製造補助具の製造です。従来の方法を使用して製造ツールを作成するのはかなりコストと時間がかかり、形状の制限により製造プロセスの効率が低下し、最終用途部品の形状に対する制約が増えます。 3Dプリントされた製造ツールは軽量かつ人間工学に基づいたものになっており、工場労働者がより簡単かつ安全に業務を遂行できるようになります。
  • さらに、自動車製造に関連する生産量は非常に多く、各部品の実行回数は数十万回に達します。ほとんどの3Dプリンティング技術がこれに追いつくのは(今のところ)難しいでしょう。しかし、多くの高級自動車メーカーは自社車の生産台数をわずか数千台に制限しているため、自動化された3Dプリントが実行可能な選択肢となっています。
  • 世界経済フォーラムによると、2035年には完全自動運転車が前年比で1,200万台以上販売され、世界の自動車市場の25%を占めると予想されています。また、電動機メーカーによるいくつかの取り組みが市場の成長につながっています。 2020年3月、英国に本拠を置くエンジニアリング会社Equipmakeは、高出力の永久磁石電動モーターを開発しました。モーターは3DプリンティングのスペシャリストであるHietaと共同で設計されました。 Equipmakeのアンペアモーターは重量が10kg近くありますが、出力は295bhpです。
  • さらに、ブラケットは小さくてありふれた部品であり、エンジニアが伝統的な製造方法に制約されていた過去には、最適化することが非常に困難でした。現在、エンジニアは最適化されたブラケットを設計し、3Dプリントを利用してこれらの設計に命を吹き込むことができます。ロールスロイスは最近、ブラケットの3Dプリント機能を披露しました。同社は、DfAMに最適化され3Dプリントされた自動車金属部品の大規模なバッチを披露しましたが、その多くはブラケットに入れられているように見えます。自動車業界における3Dプリンティングの主な用途は依然としてプロトタイピングですが、ツールへのこのテクノロジーの使用は急速に普及しています。この主な例の1つはフォルクスワーゲンで、同社は長年にわたり社内で3Dプリンティングを使用しています。同社のバインダージェッティング技術は、コンポーネントの構築にも使用されています。また、2021年7月、フォルクスワーゲンは、鋼板製の同等の部品よりも大幅に軽量化できる構造部品の3Dプリンティングを工業化するためにシーメンスおよびHPと提携すると発表しました。

北米が主要な市場シェアを保持すると予想される

  • 北米は自動3Dプリンティングにとって世界的に重要な市場の1つであり、米国がこの地域で大きなシェアを占めています。この国の需要の高まりは、大小のベンダーの巨大な存在によるものと考えられます。たとえば、カリフォルニア州カールスバッドのForecast 3Dは、ヘルスケア、自動車、航空宇宙、消費者製品、デザイン業界にさまざまな素材の3Dプリンティングサービスを提供しています。
  • 閉ループ制御システムは、強力なAIアプリケーションの急速な開発により、積層造形エンジニアにとって長い間基本的な目標となってきました。たとえば、ニューヨークにあるGEのニスカユナ添加剤調査の研究者は、高解像度カメラを使用して印刷プロセスを層ごとに監視し、縞、くぼみ、穴、および通常は目に見えないその他の問題を検出する独自の機械学習プラットフォームを作成しました。肉眼では。さらに、データは、コンピュータ断層撮影(CT)イメージングを利用して、事前に記録された欠陥データベースとリアルタイムで比較されます。 AIシステムは、高解像度画像とCTスキャンデータを使用して、印刷プロセス全体を通じて問題を予測し、欠陥を検出するようにトレーニングされます。
  • さらに、市場ではポリマー3Dプリンティングに関するさまざまな技術特許が公開されています。たとえば、産業用 3Dプリンティング用の自動化されたインテリジェントなポストプリンティングソリューションのプロバイダーの1つであるPostProcess Technologies Inc.は、2020年 8月にポリマー3Dプリンティング用の自動ポストプリンティング技術の特許を取得しました。 SVCテクノロジーは、PostProcessの3Dプリントポリマーサポート除去および樹脂除去ソリューションの積層造形ファミリーの一部です。この特許取得済みの方法では、特許出願中の洗剤と独自のアルゴリズムを使用して、3Dプリントされたコンポーネントがプリント後に均一、一貫して確実に洗剤やキャビテーションにさらされるようにします。
  • また、さまざまなベンダーが、主にサプライチェーンの課題やさまざまなエンドユーザー分野での需要の増大に対処するために、この地域に施設を拡張しています。たとえば、2021年2月、Robozeは国内生産の回帰を促進し、サプライチェーンの問題に対処するために、テキサス州ヒューストンに米国本社を開設すると発表しました。 Robozeは、今後2年間で100人以上の従業員を雇用する計画により、米国でのエンジニアリングおよび生産能力を強化し、航空宇宙、石油・ガス、モビリティなどの業界における3Dプリンティング技術の需要の高まりに対応できるようになります。
  • 同様に、2021年 4月にRobozeは、スーパーポリマーと複合材料を使用したカスタマイズされた3Dプリンティングを、究極のエンドユーザーアプリケーションの生産ワークフローに導入する産業オートメーションシステムであるRoboze Automateの発売を発表しました。米国では、エネルギーから輸送、製造に至るインフラ整備の推進が始まる中、金属不足が各産業分野に影響を及ぼしています。 Robozeは、その新しいポリマープラットフォーム技術である理想的な金属代替技術であるPEEKを、B&Rと提携して開発したPLC産業オートメーションシステムと組み合わせました。

自動3Dプリンティング業界の概要

自動3Dプリンティング市場は競争が激しく、より大きなシェアを獲得しようとしている複数の大手企業で構成されていますが、主要企業は消費者の大部分を獲得しており、さらなる開発と革新のために研究開発やハードウェアベンダーとのパートナーシップにも投資しています。主要なプレーヤーには、Stratasys Ltd、3D Systems Corporation、The ExOne Companyなどが含まれます。

  • 2022年 2月-Viaccess-Orca、ShipParts.comは、SLM Solutionsとともに、積層造形(AM)の直接のCloud-to-Printを可能にする新しいテクノロジーソリューションを発表しました。この完全に自動化されたソフトウェア実行は、許容可能なプリントの数量、期間、パラメータを制御することにより、部品データに関連するメーカーの知的財産(IP)を保護します。 VOのSMPソフトウェアライブラリとSLM Solutionsマシンファームウェアのネイティブ統合に基づいたこのCloud-to-Printソリューションにより、製造業者は印刷ライセンスの取得時にIPが保護されることを確信できます。
  • 2022年 1月- 積層造形(AM)ソフトウェアおよびサービスの有名なプロバイダーであるマテリアライズ NV、品質保証ソフトウェアのプロバイダーであるSigma Labs, Inc.、およびマテリアライズは共同で、金属AMアプリケーションの拡張性を強化するテクノロジーを開発しました。新しいプラットフォームは、Sigma LabsのPrintRite3DセンサーテクノロジーをMaterialize Control Platformに組み合わせて、ユーザーが金属ビルドの問題をリアルタイムで特定して修正できるようにします。
  • 2022年 1月-PostProcess Technologiesは、積層造形(AM)向けの自動化されたインテリジェントなポストプリンティングソリューションの新しいソリューションラインアップをポートフォリオに追加すると発表しました。新しいVORSA 500はポストプロセス技術を活用して、3DプリントされたFDM部品のサポート構造を一貫してハンズフリーで取り外します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19症が業界に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 研究開発への投資の増加
    • 産業オートメーションにおけるロボティクスの採用の増加
  • 市場の課題
    • 運用上の課題

第6章 市場セグメンテーション

  • オファリング
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • プロセス
    • 自動生産
    • マテリアルハンドリング
    • 部品の取り扱い
    • 後処理
    • マルチプロセッシング
  • エンドユーザー業界別
    • 工業製造業
    • 自動車
    • 航空宇宙と防衛
    • 消費者製品
    • ヘルスケア
    • エネルギー
    • その他のエンドユーザー業界
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Stratasys Ltd
    • Concept Laser Inc.(GE Additive)
    • The ExOne Company
    • SLM Solutions Group AG
    • 3D Systems Corporation
    • Universal Robots AS
    • Formlabs
    • PostProcess Technologies Inc.
    • Materialise NV
    • Authentise Inc.
    • DWS Systems
    • Coobx AG
    • ABB Group

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 69777

The Automated 3D Printing Market size is estimated at USD 2.13 billion in 2024, and is expected to reach USD 10.10 billion by 2029, growing at a CAGR of 36.49% during the forecast period (2024-2029).

Automated 3D Printing - Market

The increasing investments in R&D and growth in the adoption of robotics for industrial automation are expected to propel market growth.

Key Highlights

  • Over the last few years, 3D printing has constantly experienced a shift from the prototyping and small batches phase to mass production technology with a growing adoption rate across the industries, where the industrial and non-printer vendors have shifted their focus toward automation. Also, with the evolutionary trend for additive manufacturing, hardware growing beyond stand-alone systems that are used for prototyping, tooling, and single-part production to be used as core systems within integrated digital mass production lines is driving the number of opportunities in the emerging lights-out factories.
  • Artificial Intelligence and machine learning technologies are finding their way through various applications in the additive manufacturing industry. For instance, researchers from MIT have applied the data-driven nature of machine learning to automate the process of discovering new 3D printing materials. With machine learning, material performance factors, such as toughness and compression strength, were optimized using an algorithm that quickly outperformed conventional methods of 3D printing material formulation. The researchers developed a free, open-source materials optimization platform called AutoOED, allowing other researchers to conduct their material optimization.
  • Similarly, in January 2022, a group of organizations from Germany and Canada formed a new collaboration to use 3D printing and AI to automate the process of fixing parts. The Artificial Intelligence Enhancement of Process Sensing for Adaptive Laser Additive Manufacturing (AI-SLAM) project aims to create powerful AI-based software that can run directed energy deposition (DED) 3D printers automatically. To more successfully repair uneven surfaces on damaged components, the software will algorithmically regulate the printing process. The Fraunhofer Institute for Laser Technology (ILT) and a software company BCT are part of the German consortium. In Canada, the work will be overseen by the National Research Council of Canada (NRC). McGill University will coordinate the research, and machine learning firm Braintoy will help program the AI models.
  • Furthermore, there have been various developments in the market by players to enhance their position in the market. For instance, in April 2021, Mosaic launched Array, an automated 3D printing platform, which loads and unloads materials for its four Element HT printers, starts prints, removes prints, and stores them so that the next prints can begin. The Array is designed for maximum flexibility with its vending machine-style robotic arm that removes prints, places them to the side, and loads a clean bed for the next print, ensuring maximum output.
  • In October 2021, 3DQue, a Vancouver-based developer of automation technology for the 3D printing industry, announced the launch of two new Quinly automation kits for the Creality CR-10 and CR-6 SE. Quinly is a virtual 3D printer operator served by a Raspberry Pi, a hardware and software kit capable of running desktop 3D printers on its own. The technology is designed to make 3D printing more scalable by taking manual labor out of the equation. It is primarily aimed at print labs, on-demand manufacturers, educational institutions, and anyone else seeking automated mass part production.
  • Additionally, due to the disruption of supply chains and new demands for treatments and materials, the COVID-19 pandemic has significantly accelerated technological advancements in the pharmaceutical, medical device, and manufacturing sectors. The supply chain shortages have made it hard for medical personnel to get the supplies they need, generating a shortage of personal protection equipment (PPE) and medical devices in hospitals for fighting off the virus. Owing to this, additive manufacturing (AM) (automated 3D printing) has emerged as one remarkable fabrication process because of its accessibility and flexibility to produce complex and monolithic parts or even mechanical systems quickly.

Automated 3D Printing Market Trends

The Automotive Segment is Expected to Drive the Market's Growth

  • Automobiles are an essential part of human lives as the main mode of transportation today. Currently, there are over 1.3 billion motor vehicles on the road globally, with that number expected to rise to 1.8 billion by the year 2035. Passenger cars comprise roughly 74% of these statistics, while light commercial vehicles and heavy trucks, buses, coaches, and minibusses make up the remaining 26%.
  • 3D printing can be used in making molds and thermoforming tools for the rapid manufacturing of grips, jigs, and fixtures. This allows automakers to produce samples and tools at low costs and eliminate future production losses when investing in high-cost tooling. The first-ever 3D-printed electric car was launched in 2014 by Local Motors. Subsequently, other established firms, like the BMW group, have also followed suit in terms of adopting automated 3D printing techniques. In several major US auto manufacturers, around 80%-90% of each initial prototype assembly has been 3D printed, with an increasing trend toward automation. Some of the popular components are parts of the exhaust, air intake, and ducting. These parts are designed digitally, 3D printed, and fitted on a car in short order, then tested through multiple iterations.
  • Perhaps the most popular use of automated 3D printing in the automotive space is fabricating manufacturing aids like jigs and fixtures. Making manufacturing tools using traditional means is rather costly and time-consuming, and geometry limitations translate into less efficient manufacturing processes and more constraints on the geometry of end-use parts. Manufacturing tools that are 3D printed are lighter and more ergonomic, making it easier and safer for factory workers to perform their duties.
  • Furthermore, the production volumes associated with automotive manufacturing are very high, tallying to hundreds of thousands of runs for every part. That would be difficult for most 3D printing technologies to keep up with (for now). But many high-end automobile manufacturers limit the production runs of their cars to only a few thousand units, which makes automated 3d printing a viable option.
  • According to the World Economic Forum, more than 12 million fully autonomous cars are expected to be sold per year-on-year 2035, covering 25% of the global automotive market. Also, several initiatives taken by the electric motor manufacturers are leading to the growth of the market. In March 2020, UK-based engineering company Equipmake developed a power-dense permanent magnet electric motor. The motor was designed in collaboration with Hieta, a 3D printing specialist. Equipmake's Ampere motor will weigh near to 10kg but provide an output of 295bhp.
  • Furthermore, Brackets are small and rather mundane parts, which were very difficult to optimize in the past time when engineers were constrained by the traditional manufacturing methods. Currently, engineers can design optimized brackets and bring these designs to life with the help of 3D printing. Rolls Royce recently showcased the capabilities of 3D printing for brackets. The company showed off a large batch of DfAM-optimized and 3D-printed automotive metal parts, many of which look to be bracketed. While prototyping remains the primary application of 3D printing within the automotive industry, using the technology for tooling is rapidly catching on. One major example of this is Volkswagen, which has been using 3D printing in-house for a number of years. Their binder jetting technology is also in use to construct the component. Also, in July 2021, Volkswagen stated that it is partnering with Siemens and HP to industrialize 3D printing of structural parts, which can be significantly lighter than equivalent components made of sheet steel.

North America is Expected to Hold a Major Market Share

  • North America is one of the significant markets for Automated 3D printing globally, with the United States accounting for a significant share in the region. The country's rising demand can be attributed to the vast presence of small and big vendors. For instance, Forecast 3D in Carlsbad, CA, offers 3D printing services in a variety of materials to the healthcare, automotive, aerospace, consumer products, and design industries.
  • Closed-loop control systems have long been a fundamental aim for additive manufacturing engineers due to the rapid development of powerful AI applications. For instance, Researchers at GE's Niskayuna Additive Research Lab, New York, created a proprietary machine-learning platform that uses high-resolution cameras to monitor the printing process layer by layer and detect streaks, pits, holes, and other problems that are typically invisible to the naked eye. Further, The data is compared in real-time to a pre-recorded flaws database utilizing computer tomography (CT) imaging. The AI system will be trained to forecast difficulties and detect flaws throughout the printing process using the high-resolution image and CT scan data.
  • Furthermore, the market is witnessed with various technology patents for polymer 3D printing. For instance, in August 2020, PostProcess Technologies Inc., one of the providers of automated and intelligent post-printing solutions for industrial 3D printing, received a patent for automated post-printing technology for polymer 3D printing. The SVC technology is part of PostProcess's additive manufacturing family of 3D printed polymer support removal and resin removal solutions. This patented method uses patent-pending detergents and proprietary algorithms to ensure that 3D printed components are exposed to detergent and cavitation uniformly, consistently, and reliably during post-printing.
  • Also, various vendors are expanding facilities into the region, primarily to address the supply chain challenges and growing demand in various end-user verticals. For instance, in February 2021, Roboze announced the opening of its US headquarters in Houston, Texas, to facilitate the reshoring of domestic production and address supply chain issues. Roboze will be able to increase its engineering and production capacity in the United States with plans to hire over 100 employees in the next two years and address a growing demand for 3D printing technology in industries such as aerospace, oil and gas, and mobility.
  • Similarly, in April 2021, Roboze announced the launch of Roboze Automate, the industrial automation system to bring customized 3D printing with super polymers and composites into the production workflow for extreme end-user applications. The United States is experiencing a metals deficit that is affecting each of the industry areas as it begins an infrastructure push that spans from energy to transportation to manufacturing. Roboze combined its novel polymer platform technology, PEEK, an ideal metals replacement technology, with a PLC industrial automation system developed in partnership with B&R.

Automated 3D Printing Industry Overview

The automated 3D printing market is competitive and consists of several major players who are trying to gain a larger share, but top players have gained a major proportion of consumers and also investing in R&D and partnerships with hardware vendors for more developments and innovations. Some of the key players include Stratasys Ltd, 3D Systems Corporation, and The ExOne Company, among others.

  • February 2022 - Viaccess-Orca, ShipParts.com, along with SLM Solutions, announced a new technology solution that enables direct Cloud-to-Print for additive manufacturing (AM). This fully automated software execution protects the manufacturer's intellectual property (IP) associated with part data by controlling the quantity, duration, and parameters of acceptable prints. Based on the native integration of VO's SMP software library and SLM Solutions machine firmware, this Cloud-to-Print solution allows manufacturers to be fully confident that their IP will be protected when printing is licensed.
  • January 2022 - Materialise NV, a renowned provider of additive manufacturing (AM) software and services, Sigma Labs, Inc., a provider of quality assurance software, and Materialise, together have developed a technology to enhance the scalability of metal AM applications. The new platform combines Sigma Labs' PrintRite3D sensor technology to Materialise Control Platform to enable the users to identify and correct metal build issues in real-time.
  • January 2022 - PostProcess Technologies announced the addition of a new solution lineup of automated, intelligent post-printing solutions for additive manufacturing (AM) to its portfolio. The new VORSA 500 leverages PostProcess technology for consistent, hands-free support structure removal on 3D printed FDM parts.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assestment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Investments in R&D
    • 5.1.2 Growth in Adoption of Robotics for Industrial Automation
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Operational Challenges

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Offering
    • 6.1.1 Hardware
    • 6.1.2 Software
    • 6.1.3 Services
  • 6.2 Process
    • 6.2.1 Automated Production
    • 6.2.2 Material Handling
    • 6.2.3 Part Handling
    • 6.2.4 Post-Processing
    • 6.2.5 Multiprocessing
  • 6.3 End-user Vertical
    • 6.3.1 Industrial Manufacturing
    • 6.3.2 Automotive
    • 6.3.3 Aerospace and Defense
    • 6.3.4 Consumer Products
    • 6.3.5 Healthcare
    • 6.3.6 Energy
    • 6.3.7 Other End-user Verticals
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Stratasys Ltd
    • 7.1.2 Concept Laser Inc. (GE Additive)
    • 7.1.3 The ExOne Company
    • 7.1.4 SLM Solutions Group AG
    • 7.1.5 3D Systems Corporation
    • 7.1.6 Universal Robots AS
    • 7.1.7 Formlabs
    • 7.1.8 PostProcess Technologies Inc.
    • 7.1.9 Materialise NV
    • 7.1.10 Authentise Inc.
    • 7.1.11 DWS Systems
    • 7.1.12 Coobx AG
    • 7.1.13 ABB Group

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS