デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1439884

電動スクーターおよび電動バイク:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Electric Scooter and Motorcycle - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
電動スクーターおよび電動バイク:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電動スクーターおよび電動バイクの市場規模は、2024年に10億3,000万米ドルと推定され、2029年までに14億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.43%のCAGRで成長します。

2600カロールインドルピー-市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは電動スクーターや電動バイクの市場に悪影響を及ぼしました。世界のロックダウン規制により、電動スクーターやオートバイを含む新車の生産と販売が停止されました。

また、サプライチェーンの混乱により、スクーターやオートバイのさまざまな部品の製造に必要な原材料が入手できなくなり、生産に遅れが生じました。しかし、世界中でよりクリーンなモビリティへの志向が高まっていることから、市場はCOVID-19感染症パンデミック後の経済回復に期待を寄せています。さらに、自動車生産の減少と労働力不足が市場に大きな影響を与えました。COVID-19感染者数が限られている国では自動車販売が着実に増加しているため、自動車メーカーが操業を再開しているため、予測市場中に市場は回復する可能性が高いです。さらに、メーカーは、自動車産業の重要な分野の顧客との継続性を維持するために、将来のビジネスの不確実性を軽減する緊急時対応計画を実施しています。

長期的に見ると、市場の成長は主に持続可能な輸送に対するニーズの高まりによるものです。環境への懸念の高まりと政府の有利な取り組みは、市場の成長を促進する主な要因の一部です。エネルギーコストの上昇と、新たなエネルギー効率の高い技術間の競合も市場の成長を促進すると予想されます。

アジア太平洋地域は、電気自動車の環境上の利点に対する意識の高まりと、地域全体のガソリンおよびディーゼル価格の上昇により、市場を独占すると予想されています。さらに、e-モビリティに関連する政府の取り組みにより、予測期間中に地域の需要がさらに増加すると予想されます。

この市場は、主要企業による生産能力の拡大やスタートアップの資金調達によっても牽引されると予想されます。例えば

主なハイライト

  • 2022年11月:ヒーロー・エレクトリック社は、2026年までに電動二輪車の生産能力を年間400万台に拡大するために2600カロールインドルピー(3億1,200万米ドル)を投資すると発表、これにはインドのラジャスタン州に製造施設を設立することも含まれます。
  • 2022年10月:バンガロールに本拠を置くインドの電動二輪車メーカーAther Energyは、Caladium Investments主導の投資ラウンドで5,000万米ドルを調達したと発表しました。この投資ラウンドにはヘラルド・スクエア・ベンチャーズも参加しました。

電動スクーターおよび電動バイクの市場動向

電動スクーター部門が主要な市場シェアを占めると予想される

電動スクーターは、初期費用が低く、市場でより多くのモデルが入手可能であるため、購入者に豊富な選択肢が提供され、電動バイクよりも売上高が増加しています。おもちゃとしても、通勤用の乗り物としても使える電動スクーターの魅力が、電動スクーターの採用を後押ししています。このようにして、いくつかの新興企業が数百台の「分単位でレンタル」するスクーターを大都市圏に送り込み始めています。

都市での車両排出量を削減するために、電動スクーターを段階的に導入するためのいくつかのパイロットプログラムが開始されています。電動スクーターの人気は、従来の二輪車メーカーの市場参入も促しています。インドは電動スクーターにとって有利な市場として台頭しつつあります。そのため、インドの二輪車メーカー数社は、このセグメントに自社モデルを投入する準備を進めています。例えば、

  • 2022年 11月:Vegh Automobilesは、インド初の高速電動スクーターであるVEGH S60を発売しました。このスクーターは、インド政府が発行したAIS 56修正を満たすように設計された60Vプラットフォームに3 kWのバッテリーを搭載します。スクーターが完全に充電され、最高速度が時速60~70 kmに達するまでには3~4時間かかります。
  • 2022年11月:Ola Electricはインドで最安の電動スクーターOla S1 Airを79999ルピー(約1,000米ドル)で発売しました。このスクーターは、異なるホイールデザイン、一体型ピリオングラレール、リアパネル下部の黒色仕上げが特徴です。このスクーターは、ブラック、コーラルグラム、リキッドシルバー、ポーセレンホワイト、ネオミントの5色で小売販売されています。

電動スクーターの市場は、二酸化炭素排出量を削減するためにラストワンマイルの配達に電気自動車を好む多くのマイクロモビリティ企業やeコマース大手が発表した投資によっても推進されています。例えば

  • 2022年11月:アマゾン・インディアはTVSモーター社と、インドでのラストマイル配送業務に2025年までに1,000台の電動二輪車および電動三輪車を導入する覚書(MoU)を締結しました。
  • 2022年4月:エストニアの超小型モビリティサービス、配車サービス、フードデリバリーサービス会社ボルトは、電動自転車と電動スクーターの保有台数を拡大し、全体的な顧客体験を向上させるために1億5,000万ユーロ(1億5,150万米ドル)以上を投資すると発表しました。この投資により、ボルトの車両は欧州の250以上の都市で230,000台の電動自転車とスクーターに拡大されます。
  • 2022年1月:ロンドンに本拠を置く電動スクーターシェアリング会社ドットは7,000万米ドルを調達し、電動スクーターの保有台数拡大に投資し、ネットワークを新たな都市に拡大し、新たなサービスの提供を開始します。

EU加盟国、インド、中国の政府がそれぞれ2035年と2040年までにICエンジン二輪車の販売を禁止すると発表したことは、これらの地域での電動スクーターの販売増加に貢献しています。

したがって、上記の要因が重なり合うことで、今後5年間の電動スクーターおよび電動バイク市場における電動スクーターの優位性が確保されると予測されます。

アジア太平洋地域が予測期間中に市場をリードすると予想される

アジア太平洋は、予測期間にわたって市場をリードすると予想されます。中国、インド、韓国、日本はこの地域市場の主要経済国であり、市場全体に影響を与えると予想されます。これらの国では、ますます多くの新興企業や老舗メーカーや従来型メーカーの市場参入が見られます。

台湾は2021年に、新しい電動バイク/スクーターの購入に対して最大900~1,000米ドルの補助金を開始しました。こうした計画の実施により、2021年には国内で販売されたスクーター総計80万9,000台のうち9万4,000台が電動スクーターとなった。電動スクーターは、2021年に台湾のスクーター市場全体の11.9%を占めました。2021年、Gogoro Inc.は台湾で約79,000台の電動スクーターを販売しました。台湾政府は、2035年までに台湾での新車販売の70%を電動スクーターにすることを目標としています。

2022年10月、インドネシアも2025年までに200万台の電動二輪車を走行させると発表しました。

最大の二輪車市場の一つであるインドでは、多くの新興企業が参入しており、新モデルの発売や現行モデルと既存のインフラの拡張によって存在感を示しています。例えば、

  • 2022年10月:インドの電動スクータースタートアップ、KLB Komaki Pvt. Ltd.はインドで7台目の高速スクーター「Venice Eco electric」を発売しました。このスクーターには、火災の危険性を軽減すると主張されているリン酸鉄リチウム電池が搭載されており、ナビゲーション機能を備えたTFT計器クラスターを備えています。

電動バイクや電動スクーターのいくつかの企業は、より多くの顧客を引きつけて市場シェアを獲得するために、最新の製品を発売し、世界の企業と戦略的パートナーシップを結んでいます。例えば、

  • 2022年 10月:インドネシアで、BMW MotorradがBMW CE04電動スクーターを3億ルピア(19,500米ドル)で発売しました。
  • 2022年10月:インドネシアの炭鉱会社PT TBSエネルギー・ウタマとテクノロジー企業PT GoJek Tokopediaは、インドネシアで2つの電動ホイールと電動二輪車のバッテリー交換サービスを製造・販売するエレクトラムという合弁会社を立ち上げました。

前述の動向と発展により、市場は予測期間中に健全な速度で成長すると予想されます。

電動スクーターおよび電動バイク業界の概要

電動スクーターおよび電動バイク市場は非常に細分化されており、いくつかの地元企業が存在し、多くの新興企業が市場に参入しています。市場の主要企業には、浙江路源電気自動車、ヒーロー電気株式会社、浙江雅徳モーターサイクル、NIU Tecnologies Inc.などがあります。以前は新興企業が独占していたこの新しい市場では、従来の企業が存在感を拡大しています。従来の企業は新製品を投入して市場に参入しています。例えば、

  • 2022年11月:ピアッジオグループ所有のブランドアプリリアは、ミラノモーターサイクルショーのスーパーモトクラスで初の電動バイク「エレクトリックカ」を発表しました。
  • 2022年11月:カワサキは、EICMA 2022でZおよびNinja製品施設から2台の新しい世界電動バイクを発売すると発表しました。このバイクは3.0 kWhの取り外し可能なデュアルバッテリーセットアップを備えており、2023年に市販される予定です。
  • 2022年 11月:ピアッジオグループは、ピアッジオ 1電動スクーターの更新された2023年バージョン、ピアッジオ 1アクティブを発売しました。このスクーターは3 kWhのバッテリーを搭載しており、最高速度 60 km/hまで走行できます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 車種別
    • 電動スクーター
    • 電動バイク
  • バッテリータイプ別
    • リチウムイオン
    • 密閉型鉛蓄電池
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 世界のその他の地域
      • 南米
      • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Zero Motorcycles Inc.
    • Hero Electric Vehicles Pvt. Ltd
    • Vmoto Limited
    • AIMA Technology Group Co. Ltd
    • Dongguan Tailing Electric Vehicle Co. Ltd
    • Piaggio &C. SpA
    • Ather Energy Pvt. Ltd
    • Energica Motor Company
    • Honda Motor Co. Ltd
    • Gogoro Inc.
    • NIU International

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 69539

The Electric Scooter and Motorcycle Market size is estimated at USD 1.03 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.40 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.43% during the forecast period (2024-2029).

Electric Scooter and Motorcycle - Market

The COVID-19 pandemic had a negative impact on the electric scooter and motorcycle market. The global lockdown restrictions halted the production and sales of new vehicles, including electric scooters and motorcycles.

Also, due to disruptions in the supply chain, the raw materials required to produce different parts of the scooters and motorcycles were unavailable, causing production delays. However, with the growing inclination toward cleaner mobility worldwide, the market is looking forward to an economic revival post the COVID-19 pandemic. Furthermore, the fall in automotive production and lack of labor significantly impacted the market. As automotive manufacturers have resumed operations due to steadily rising automobile sales in countries with a limited number of COVID-19 cases, the market is likely to recover during the forecast market. In addition, the manufacturers are implementing contingency plans to mitigate future business uncertainties to retain continuity with clients in the critical sectors of the automobile industry.

Over the long term, the market growth is primarily due to the growing need for sustainable transportation. Increasing environmental concerns and favorable government initiatives are some of the major factors driving the market's growth. Rising energy costs and competition among emerging energy-efficient technologies are also expected to fuel the market's growth.

The Asia-Pacific region is expected to dominate the market owing to growing awareness about the environmental benefits of electric vehicles and increasing petrol and diesel prices across the region. Moreover, government initiatives related to e-mobility are expected to further increase regional demand during the forecast period.

The market is also anticipated to be driven by capacity expansions by key players and startup fundraising. For instance

Key Highlights

  • November, 2022 : Hero Electric Ltd. announced to invest INR 2600 crore (USD 312 million) to expand its production capacity to 4 million electric two-wheelers per annum by 2026, which includes setting up a manufacturing facility in the state of Rajasthan in India.
  • October, 2022 : Bengaluru-based Indian electric two-wheeler manufacturer Ather Energy announced that it had raised USD 50 million in an investment round led by Caladium Investments. The investment round also included participation from Herald Square Ventures.

Electric Scooter & Motorcycle Market Trends

E-scooter Segment Expected to Occupy Major Market Share

E-scooters witness higher sales than e-motorcycles due to lower upfront costs and the availability of more models in the market, which provide ample options for buyers. The allure of the e-scooter, both as a toy and as a potential vehicle for commuting, is driving its adoption. Thus, several startups are beginning to flood major metropolitan areas with hundreds of 'rent by minute' scooters.

Several pilot programs have been initiated to introduce e-scooters in a phased manner to reduce vehicle emissions in cities. The popularity of e-scooters is also encouraging conventional two-wheeler manufacturers to enter the market. India is emerging as a lucrative market for e-scooters. Hence, several Indian two-wheeler manufacturers are gearing up to launch their models in the segment. For instance,

  • November 2022: Vegh Automobiles launched VEGH S60, their first high-speed electric scooter in India. The scooter will have a battery of 3 kW on a 60V platform designed to meet AIS 56 amendments issued by the Government of India. The scooter will take between 3 to 4 hours to charge fully and reach top speeds between 60 to 70 km/hr.
  • November 2022: Ola Electric launched their cheapest electric scooter Ola S1 Air for INR 79999 (~ USD 1000) in India. The scooter features a different wheel design, a single-piece pillion grabrail, and a black finish to the lower part of the rear panel. The scooter is available for retail in five colors: Black, Coral Glam, Liquid Silver, Porcelain White, and Neo Mint.

The market for electric scooters is also being driven by the investments announced by many micromobility companies and E-commerce giants who prefer electric vehicles for their last-mile deliveries to reduce their carbon footprint. For instance

  • November 2022: Amazon India signed a Memorandum of Understanding (MoU) with TVS Motor Co. to induct 1000 electric two and three-wheelers by 2025 for last-mile delivery operations in India.
  • April 2022: Estonian micro-mobility services, ride-hailing, and food delivery services company Bolt announced investing more than EUR 150 million (USD 151.5 million) for the expansion of its e-bikes and electric scooter fleet and to enhance the overall customer experience. This investment will see Bolt's fleet expand to 230000 e-bikes and scooters across more than 250 cities in Europe.
  • January 2022: London-based electric scooter-sharing company Dott raised USD 70 million, which it will invest in the fleet expansion of electric scooters, expanding its network to new cities, and start offering new services.

The announcements by the governments of EU member states, India, and China to ban the sales of IC engine two-wheelers by 2035 and 2040, respectively, contribute to the growing sales of electric scooters in these geographies.

Thus the confluence of the above-mentioned factors is projected to ensure the dominance of electric scooters in the electric scooter and motorcycle market over the next five years.

Asia-Pacific Region Expected to Lead the Market During the Forecast Period

Asia-Pacific is anticipated to lead the market over the forecast period. China, India, South Korea, and Japan are the major economies in the regional market, which are expected to influence the overall market. These countries are witnessing the entry of an increasing number of startups and well-established and conventional manufacturers in the market.

In 2021, Taiwan began subsidizing up to USD 900-1000 for purchasing new electric motorcycles/scooters. Owing to the implementation of such plans, in 2021, 94000 units of scooters out of the total 809000 scooters sold in the country were electric. Electric scooters commanded 11.9% of the total scooter market in Taiwan in 2021. In 2021 Gogoro Inc. sold about 79000 electric scooters in Taiwan. The Government of Taiwan aims to have 70% of new scooter sales in Taiwan to be electric by 2035.

In October 2022, Indonesia also announced it will put 2 million electric two-wheelers on the road by 2025.

India, one of the largest two-wheeler markets, is witnessing the entry of many new startups, which are marking their presence by launching new models and expanding current models and existing infrastructure. For instance,

  • October, 2022: Indian electric scooter startup KLB Komaki Pvt. Ltd. launched its seventh high-speed scooter Venice Eco electric, in India. The scooter has a Lithium Ferro Phosphate battery which is claimed to reduce fire risks, and features a TFT instrument cluster with navigation capabilities.

Several electric motorcycle and scooter companies are launching the latest products and entering strategic partnerships with global players to attract more customers and gain market share. For instance,

  • October, 2022: In Indonesia, BMW Motorrad launched the BMW CE04 electric scooter at IDR 300 million (USD 19500).
  • October, 2022: Indonesian coal miner PT TBS Energi Utama and technology company PT GoJek Tokopedia launched a joint venture named Electrum to manufacture and sell two electric wheels and battery swapping services for electric two-wheelers in Indonesia.

With the aforementioned trends and developments, the market is expected to grow at a healthy rate during the forecast period.

Electric Scooter & Motorcycle Industry Overview

The electric scooter and motorcycle market is highly fragmented and has several local players, with many new startups entering the market. Some of the major players in the market are Zhejiang Luyuan Electric Vehicle Co. Ltd, Hero Electric Ltd, Zhejiang Yadea Motorcycle Co. Ltd, and NIU Tecnologies Inc. Conventional companies are expanding their presence in this new market, which startups earlier dominated. Conventional companies are entering the market by introducing new products. For instance,

  • November 2022: Piaggio Group-owned brand Aprilia launched its first electric bike, Electrica, in the supermoto class at the Milan Motorcycle show.
  • November 2022: Kawasaki announced to launch of two new global electric bikes at EICMA 2022 under its Z and Ninja product facilities. The bikes will feature a 3.0 kWh removable dual-battery setup and will be launched commercially in 2023.
  • November 2022: Piaggio Group launched the updated 2023 version of the Piaggio 1 electric scooter named Piaggio 1 Active. The scooter is equipped with a 3 kWh battery and can travel up to a top speed of 60 km/hr.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Vehicle Type
    • 5.1.1 E-scooters
    • 5.1.2 E-motorcycles
  • 5.2 By Battery Type
    • 5.2.1 Lithium-ion
    • 5.2.2 Sealed Lead-acid
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 US
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 UK
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World
      • 5.3.4.1 South America
      • 5.3.4.2 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Zero Motorcycles Inc.
    • 6.2.2 Hero Electric Vehicles Pvt. Ltd
    • 6.2.3 Vmoto Limited
    • 6.2.4 AIMA Technology Group Co. Ltd
    • 6.2.5 Dongguan Tailing Electric Vehicle Co. Ltd
    • 6.2.6 Piaggio & C. SpA
    • 6.2.7 Ather Energy Pvt. Ltd
    • 6.2.8 Energica Motor Company
    • 6.2.9 Honda Motor Co. Ltd
    • 6.2.10 Gogoro Inc.
    • 6.2.11 NIU International

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS