市場調査レポート
商品コード
1438455

マザーボード:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Motherboard - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
マザーボード:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

マザーボード市場規模は2024年に121億1,000万米ドルと推定され、2029年には262億1,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは16.70%で成長する見込みです。

Motherboard-Market

コネクテッドカーへのプリント基板(PCB)の採用も、自動車産業におけるマザーボードの需要を加速させています。コネクテッドカーには有線・無線技術が完備されており、スマートフォンなどのコンピューティングデバイスへの接続が容易になっています。このような技術により、 促進要因は車のロックを解除したり、遠隔操作で空調システムを起動したり、電気自動車のバッテリー状態を確認したり、スマートフォンを使って車を追跡したりすることができます。

主なハイライト

  • 人口増加、可処分所得の増加、デジタル化の進展により、スマートフォンやコンピュータの増加が市場調査の重要な促進要因となっています。例えば、Office of National Statistics(英国国家統計局)によると、同じ筐体にCPUと入出力デバイスを搭載したPCの昨年の英国メーカー売上高は1億7,475万GBP(2億3,573万米ドル)でした。英国におけるこのようなPCの販売台数は、国内外のマザーボード・メーカーにとって、顧客の要求に応じて製品を開発する有利な機会を生み出すと思われます。
  • 例えば、ASRockは2021年10月、最新の第12世代インテル・コア・プロセッサーに対応する全く新しいLGA1700ソケット・プラットフォームであるインテルZ690チップセットを搭載したマザーボードの新シリーズを発売し、PCI Express 5.0とDDR5高速メモリーで無限の可能性を開いた。
  • ゲーミング向けマザーボードも、BIOS設定の再進化により人気を集めています。これにより、CPUのオーバークロックやその他のさまざまなゲーム機能が可能になり、DDR4やDDR5 RAM、PCIe 4 GPUなど、よりハイエンドで高速なコンポーネントとの互換性が強化されています。
  • デジタル・エンターテインメント分野は常に成長を続けており、ビデオゲームは大きな収益を生み出しています。例えば、Entertainment Retailers Associationによると、英国における昨年のデジタル・ビデオゲームの売上は37億7,000万英ポンド(50億8,000万米ドル)以上に達しました。さらに、GfK Entertainmentによると、2021年に英国の消費者がゲーム機のハードウェアに費やした金額は11億3,000万ポンド(15億2,000万米ドル)を超え、2020年比で32.9%の伸びを示しました。この増加の背景には、COVID-19によって人々が家に閉じこもらざるを得なくなったことと、ソニーのプレイステーション5とマイクロソフトのXboxシリーズX/Sという次世代コンソールの発売によって、人々の間で高度なゲームが浸透したことがあります。
  • 消費者の複雑な需要に応えるため、複数の企業が先進的な製品を発売しています。例えば、2022年5月、MSIは最新の強力なマザーボード、MAG 600シリーズの最新メンバーであるMAG B660M MORTAR MAX WIFI DDR4を発表しました。OCエンジンと12+2デュエットレールVRM電源システムを搭載し、第12世代Coreプロセッサーの実際の性能を強化し、解放します。また、拡張ヒートシンク、2オンス厚銅PCB、M.2 Shield Frozrなどの堅牢な冷却設計、2.5G LAN、Wi-Fi 6E、USB 3.2 Gen 2x2 Type-Cなどの高速接続も特徴です。
  • COVID-19の大流行は、世界経済と国家経済に多大な影響を与えました。電子機器製造業を含む多くのエンドユーザー産業が影響を受けました。サプライヤーの多様化、世界な代理店網、より専門的な調達管理など、複数の回復努力の組み合わせが、マザーボード市場にチャンスをもたらすと思われます。

マザーボード市場の動向

産業用セグメントが大きな市場シェアを占める

  • IBEFによると、インド国内の電子機器生産額は2014-15年の290億米ドルから2020-21年には670億米ドルに増加します。インドは重要な製造大国として認識されています。インドのGDPの約3.4%はエレクトロニクス産業によるものです。政府は4つのPLIスキームであるITハードウェアとコンポーネント、スマートフォン、半導体、デザインに約170億米ドルを割り当てました。このような大規模な投資は、地元のマザーボード・メーカーが新製品を開発し、さまざまな消費者向け電子製品に対応する機会を創出します。
  • 商業情報統計総局によると、インドからのコンピューター・ハードウェアの輸出額は、今年度末で約4億1,500万米ドルです。これは前年度から大幅に増加しており、マザーボードの需要を牽引しています。
  • ドイツは、自律性、相互運用性、持続可能性という3つの戦略的行動分野におけるインダストリー4.0の2030年ビジョンに注力しています。この2030年ビジョンにおいて、インダストリー4.0プラットフォームの利害関係者は、この地域のデジタル・エコシステムを形成するための全体的なアプローチを提示しています。ドイツの産業基盤の特殊な状況と確立された強みに取り組み、社会的市場経済の要件に沿った将来のデータ経済の枠組みを構築することを目指し、オープンなエコシステム、多様性、多元性を重視し、市場のすべての利害関係者間の競争を支援します。
  • さらに、産業用マザーボード市場は、ベンダーがさまざまなフォームファクターの高集積マザーボードユニットを展開することで拡大しています。例えば、ASUS IoTは2021年10月、Intel Celeron N5105クアッドコア・プロセッサー向けに設計されたMini-ITX産業用マザーボードN51051I-IM-Aを発表しました。N51051I-IM-Aは、コンパクトなボードに多数のI/Oポート、高度な接続性、柔軟なカスタマイズ機能を搭載しており、スペースに制限のある設置に最適です。
  • 2022年 4月、台湾のASRockは16コアおよび24スレッドを搭載する最新のIntel第12世代Coreプロセッサ(Alder-Lake-S)を発表しました。ASRockは、スマートシティ、ヘルスケア、エッジ人工知能IoT、ファクトリーオートメーション、キオスク端末など、さまざまなアプリケーションで同社の高性能マザーボードが採用される可能性があると予想しています。

北米が著しい成長を遂げる

  • GSMA Mobile Economy North America 2021によると、2020年末までに北米の人口の83%に当たる3億2,700万人がモバイルサービスに加入することになります。その結果、北米は世界で最も発達したモバイルマーケットプレースのひとつとなります。今後数年までには、5Gがモバイル接続全体のほぼ3分の2を占め、約2億7,000万接続に相当します。同地域でのスマートフォンの大量導入と5Gの普及拡大は、マザーボード市場を大きく牽引すると思われます。
  • 映画やテレビ番組、ライブイベントをオンデマンドで視聴するために、モバイル機器やテレビで動画ストリーミング・アプリの採用が増加していることが、同国のゲーム産業の需要を牽引しています。さらに、多くの消費者は、新しいPCやゲーム機を必要とせずに最新のゲームをプレイしたいと考えています。そのため、よりユニークなフォーマットの開発も進んでいます。ゲーム産業におけるこのような開拓は、調査された市場が成長する機会を大きく生み出すと思われます。
  • ESAの調査によると、昨年は米国全体で2億2,700万人以上のプレイヤーがビデオゲームをプレイしました。プレイヤーの80%は18歳以上です。さらに、アメリカの18歳以下の子供の76%がプレイヤーです。また、アメリカの74%の家庭には少なくとも1人のビデオゲームプレイヤーがいます。さらに、71%の親が、パンデミックの間、ビデオゲームが子供たちにとって必要な息抜きになったことに同意しています。さらに、66%の親が、ビデオゲームが通信教育への移行をより身近なものにしたことに同意しています。
  • 2022年8月、自動化、AI、モノのインターネットなど、コネクテッド技術やスマート技術に対応できるよう企業を支援するため、「エンタープライズ4.0のための組織準備センター(CORE4.0)」がルイビル大学に新設されました。このセンターは、第4次産業革命の核となる破壊的技術の導入を検討している産業に対して、調査、評価、提言、人材開発を提供することが期待されています。同センターは、米国経済開発庁から新たに約50万米ドルの助成金を受けています。この地域におけるインダストリー4.0に向けた新興国市場の開拓が、調査対象市場の需要を牽引することになろう。

マザーボード業界の概要

マザーボード市場の競争は激しいです。市場は非常に細分化されています。同市場の主な企業には、GIGA-BYTE Technology、ASRock Inc.、MiTAC Computing Technology Corporation(MiTAC Group)、ASUSTeK Computer Inc.、Super Micro Computer Inc.、Advantechなどがあります。

  • 2022年5月-ASUS Republic of Gamers(ROG)は、人気アニメシリーズ「エヴァンゲリオン」との新しいPCハードウェアの提供を発表しました。このコンビによる初のコラボレーションには、特別仕様のROG MAXIMUS Z690 HEROマザーボードとROG STRIX RTX 3090グラフィックスカードが含まれる見込みです。詳細には、グラフィックスカード全体にボルトと溝が施され、ファンにはNERV、EVA-01、およびROGのエンブレムが印刷されています。
  • 2022年 1月-ASRock Inc.はRazerと協力し、最新の第12世代Intel CoreプロセッサーのRazer Chroma RGBエコシステムを補完するように設計されたASRock Z690 Taichi Razer Editionマザーボードを発表しました。ASRock Z690 Taichi Razer Editionは、マルウェアおよびランサムウェアのアクセスを防止するためにBIOSで遮断できる独立ポート機能で、ユーザーの貴重なデータをハッカーから保護します。また、ASRock Z690 Taichi Razer Editionマザーボードは、マウスとキーボードを別々のコントローラーで接続するために2つのコントローラーを使用し、ジッタと待ち時間を可能な限り排除するゲーマー向けのライトニングゲーミングポートも備えています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19のマザーボード市場への影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • マザーボードの絶え間ない革新
    • ATX需要の増加
  • 市場の課題
    • 初期コストの高さ
    • 設計の複雑さ

第6章 市場セグメンテーション

  • フォームファクター別
    • ATX
    • マイクロATX
    • ミニITX
  • エンドユーザー産業別
    • 産業用
    • 商業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • 日本
    • アジア太平洋(日本を除く)
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • GIGA-BYTE Technology Co. Ltd
    • ASRock Inc.
    • MiTAC Computing Technology Corporation(MiTAC Group)
    • ASUSTeK Computer Inc.
    • Super Micro Computer, Inc.
    • Advantech Co. Ltd
    • Biostar Group
    • Micro-Star INT'L CO. LTD
    • EVGA Corporation
    • Acer Inc.
    • Shenzhen Seavo Technology Co. Ltd
    • Sapphire Technology Limited

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 66999

The Motherboard Market size is estimated at USD 12.11 billion in 2024, and is expected to reach USD 26.21 billion by 2029, growing at a CAGR of 16.70% during the forecast period (2024-2029).

Motherboard - Market

Adopting printed circuit boards (PCBs) in connected vehicles has also accelerated the demand for motherboards in the automotive industry. Connected vehicles are fully equipped with wired and wireless technologies, making it easy to connect to computing devices like smartphones. With such technology, drivers can unlock their vehicles, start climate control systems remotely, check their electric cars' battery status, and track their cars using smartphones.

Key Highlights

  • Due to population growth, increased disposable income, and growing digitization, the increase in smartphones and computers are significant drivers for the market studied. For instance, according to the Office of National Statistics (UK), the UK manufacturer sales of PCs with a CPU and an input and output device in the same housing accounted for GBP 174.75 million (USD 235.73 million) last year. Such considerable sales of PCs in the United Kingdom would create lucrative opportunities for local and international motherboard manufacturers to develop products according to the customers' requirements.
  • For instance, in October 2021, ASRock launched a new range of motherboards featuring the Intel Z690 chipset, a brand new LGA1700 socket platform to pair with the latest 12th generation Intel Core Processors, opening endless possibilities with PCI Express 5.0 and DDR5 high-speed memory.
  • Motherboards intended for gaming are also gaining traction due to re-advanced BIOS configurations. This allows overclocking of the CPU and various other gaming features, enhanced compatibility with higher-end and faster components like DDR4 and DDR5 RAM, PCIe 4 GPUs, etc.
  • The digital entertainment sector is constantly growing, with video games generating significant revenue. For instance, according to Entertainment Retailers Association, digital video game sales in the United Kingdom reached over GBP 3.77 billion (USD 5.08 billion) last year. Furthermore, according to GfK Entertainment, in 2021, consumers in the United Kingdom spent over GBP 1.13 billion (USD 1.52 billion) on gaming console hardware, a 32.9% growth compared to 2020. This increase is due to advanced gaming uptake among the population as COVID-19 forced people to stay at home and the next-generation console releases of the Sony PlayStation 5 and Microsoft's Xbox Series X/S.
  • Several companies are launching advanced products to cater to consumers' complex demands. For instance, in May 2022, MSI introduced its latest powerful motherboard, the MAG B660M MORTAR MAX WIFI DDR4, the latest member of the MAG 600 Series. It features OC Engine and 12 + 2 Duet Rail VRM Power System to enhance and release the actual performance of 12th Gen Core processors. It also features robust cooling designs, like extended heatsinks, 2oz thickened copper PCB and M.2 Shield Frozr, and high-speed connection, like 2.5 G LAN, Wi-Fi 6E, and USB 3.2 Gen 2x2 Type-C.
  • The COVID-19 pandemic enormously impacted the global and national economies. Many end-user industries have been affected, including those in electronics manufacturing. A combination of multiple resilience efforts such as supplier diversification, a global distributor network, more dedicated sourcing management, and more will provide opportunities for the motherboard market.

Motherboard Market Trends

Industrial Segment to Hold Significant Market Share

  • According to IBEF, Indian domestic electronics production increased from USD 29 billion in 2014-15 to USD 67 billion in 2020-21. India is recognized as a significant manufacturing powerhouse. About 3.4% of India's GDP is derived from the country's electronics industry. The government has allocated nearly USD 17 billion to four PLI Schemes: IT hardware and components, smartphones, semiconductors, and design. Such massive investments will create opportunities for local motherboard players to develop new products and serve different consumer electronic products.
  • According to the Directorate General of Commercial Intelligence and Statistics, the export value of computer hardware from India is approximately USD 415 million at the end of the current fiscal year. This was a significant increase from the previous year, thus driving the demand for the motherboard.
  • Germany is focused on the 2030 vision for Industry 4.0 in three strategic action fields: autonomy, interoperability, and sustainability. In this 2030 vision, the stakeholders of the platform Industry 4.0 presents a holistic approach to shaping the digital ecosystem in the region. Working on the specific situation and established strengths of the German industry base, they aim to create a framework for a future data economy in line with the requirements of a social market economy, emphasizing open ecosystems, diversity, and plurality and supporting competition between all the stakeholders of the market.
  • Furthermore, the market for industrial motherboards is growing due to vendors rolling out highly integrated motherboard units in various form factors. For instance, in October 2021, ASUS IoT announced N51051I-IM-A, a Mini-ITX industrial motherboard designed for the Intel Celeron N5105 quad-core processor offering numerous I/O ports, advanced connectivity, and flexible customization in a compact board, N51051I-IM-A is ideal for space-restricted installations.
  • In April 2022, the Taiwanese company ASRock released the latest Intel 12th Gen Core Processors (Alder-Lake-S) with 16 cores and 24 threads. ASRock anticipates that various applications, such as smart cities, healthcare, edge artificial IoT, factory automation, kiosks, etc., may embrace their high-performance motherboards.

North America to Witness Significant Growth

  • According to GSMA Mobile Economy North America 2021, 327 million North Americans, or 83% of the country's population, would have mobile service subscriptions by the end of 2020. As a result, North America has one of the most developed mobile marketplaces globally. By the next few years, 5G will account for almost two-thirds of total mobile connections, equivalent to nearly 270 million connections. Such massive adoption of smartphones in the region and an increase in the adoption of 5g will significantly drive the motherboard market.
  • The increased adoption of video streaming apps on mobile devices and televisions to watch movies, TV shows, and live events on demand, has driven the demand for the gaming industry in the country. Moreover, many consumers want to play the latest games without requiring a new PC or a console. This has aided the development of more unique formats as well. Such developments in the gaming industry will significantly create an opportunity for the market studied to grow.
  • As per a study by the ESA, more than 227 million players across the United States region played video games last year. In total, 80% of the players were over 18 years old. Furthermore, 76% of American kids under 18 years are players. In addition, 74% of American households have at least one video game player in their household. Additionally, 71% of parents agreed that video games had been a much-needed break for their children during the pandemic. Additionally, 66% of parents agree that video games made the transition to distance learning more accessible.
  • In August 2022, a new Center for Organizational Readiness for Enterprise 4.0 (CORE4.0) was established at the University of Louisville to assist businesses in being ready for connected and smart technologies, including automation, AI, and the Internet of Things. The center is expected to offer research, evaluation, recommendations, and workforce development to industries looking to adopt the disruptive technology at the heart of the fourth industrial revolution. The center is supported by a new roughly USD 500,000 grant from the US Economic Development Administration. Developments toward industry 4.0 in the region will drive the demand for the market studied.

Motherboard Industry Overview

The motherboard market is very competitive in nature. The market is highly fragmented in nature. Some of the significant players in the market are GIGA-BYTE Technology Co. Ltd, ASRock Inc., MiTAC Computing Technology Corporation (MiTAC Group), ASUSTeK Computer Inc., Super Micro Computer Inc., Advantech Co. Ltd, and many more.

  • May 2022 - The ASUS Republic of Gamers (ROG) announced new PC hardware offerings with the popular anime series Evangelion. The duo's first collaboration is expected to include a special-edition ROG MAXIMUS Z690 HERO motherboard and a ROG STRIX RTX 3090 graphics card. Details include bolted and grooved horizontal lines across the graphics card with NERV, EVA-01, and ROG emblems printed on the fans, while the motherboard appears to display a dynamic glowing image of the Unit-01 mecha.
  • January 2022 - ASRock Inc. collaborated with Razer and announced the ASRock Z690 Taichi Razer Edition motherboard designed to complement the Razer Chroma RGB ecosystem on the latest 12th gen Intel Core processors. The ASRock Z690 Taichi Razer Edition protects users' valuable data from hackers with the independent ports feature, which can be cut off via BIOS to prevent malware and ransomware access. The ASRock Z690 Taichi Razer Edition motherboard also features lightning gaming ports for gamers which uses two controllers for connecting the mice and keyboard on separate controllers to eliminate jitter and latency as much as possible.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Impact of the COVID-19 on the Motherboard Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Continous Innovations of Motherboards
    • 5.1.2 Increase in demand for ATX
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Initial Costs
    • 5.2.2 Complexity in Design

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Form Factor
    • 6.1.1 ATX
    • 6.1.2 Micro-ATX
    • 6.1.3 Mini-ITX
  • 6.2 By End-user Industry
    • 6.2.1 Industrial
    • 6.2.2 Commercial
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Japan
    • 6.3.4 Asia-Pacific (Excluding Japan)
    • 6.3.5 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 GIGA-BYTE Technology Co. Ltd
    • 7.1.2 ASRock Inc.
    • 7.1.3 MiTAC Computing Technology Corporation (MiTAC Group)
    • 7.1.4 ASUSTeK Computer Inc.
    • 7.1.5 Super Micro Computer, Inc.
    • 7.1.6 Advantech Co. Ltd
    • 7.1.7 Biostar Group
    • 7.1.8 Micro-Star INT'L CO. LTD
    • 7.1.9 EVGA Corporation
    • 7.1.10 Acer Inc.
    • 7.1.11 Shenzhen Seavo Technology Co. Ltd
    • 7.1.12 Sapphire Technology Limited

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET