市場調査レポート
商品コード
1438407

炭素回収および貯留:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Carbon Capture and Storage - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.33円
炭素回収および貯留:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

炭素回収および貯留市場規模は2024年に23億2,000万米ドルと推定され、2029年までに38億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に10.59%のCAGRで成長します。

二酸化炭素の回収と貯蔵- 市場

COVID-19感染症のパンデミックが市場に与えた影響は、市場が新興・発展段階にあるため中程度であり、パンデミックの影響による深刻な影響は受けませんでした。

主なハイライト

  • 調査対象の市場を推進する主な要因は、石油増進回収(EOR)のためのCO2圧入技術に対する新たな需要と、GHG排出に対する厳しい政府基準です。
  • その一方で、莫大なCCS技術導入コストとシェール投資の増加が市場の成長を妨げると予想されています。
  • バイオエネルギー炭素回収および貯留(BECCS)の知名度の向上は、将来のチャンスとなる可能性があります。
  • 北米地域は市場を独占する可能性が高く、主に米国とカナダでこの技術の導入が増加しているため、予測期間中も支配的な地位を維持すると予想されます。

炭素回収および貯留市場の動向

石油・ガス部門が市場を独占

  • 深部、陸上、または沖合の地層に貯蔵された二酸化炭素は、石油・ガス産業で開発された石油回収を強化するためのCCS技術を使用しています。
  • 二酸化炭素は、成熟した油田からの石油増進回収(EOR)のために石油産業で広く使用されています。二酸化炭素が油田に注入されると、原油と混合して原油が膨張して粘度が低下し、貯留層内の圧力を維持または上昇させるのに役立ちます。これらのプロセスを組み合わせることで、より多くの原油が生産井に流れることが可能になります。
  • 他の状況では、二酸化炭素は油に溶けません。ここでは、二酸化炭素の注入により貯留層内の圧力が上昇し、石油が生産井に向かって押し流されるのに役立ちます。
  • テキサス州(米国)では30年以上にわたり、石油回収プロジェクトの強化に二酸化炭素が使用されてきました。 EORは総石油生産量の20%以上を占め、一部の油田では70%近い回収率を達成しています。
  • さらに、持続可能な開発の一環として、石油・ガス業界は炭素回収および貯留技術に移行しています。
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは石油・ガスの生産に大きな影響を与えました。さらに、国際エネルギー機関は、石油・ガスの需要は依然としてパンデミックの影響で動揺しており、新型コロナウイルス感染症以前の軌道に追いつく可能性は低いと推定しています。 2020年の石油需要は2019年の水準を日量900万バレル近く下回っており、その水準に戻るのは2023年になると予想されています。したがって、石油・ガス用途の伸びが遅いことがわかります。
  • しかし、BPの世界エネルギー統計レビュー2022によると、2021年の世界の石油生産量は2020年と比較して約1.21%増加し、42億2,140万トンに達し、2022年と2023年にはさらに増加すると予想されています。さらに、市場専門家によると、石油生産は予測期間中に大幅に増加し、パンデミック前の成長動向に従って増加すると予想されています。

北米が市場を独占する可能性が高い

  • 北米地域は世界市場を独占しています。 EOR実践におけるCO2使用の増加に伴うクリーン技術への需要の高まりにより、米国やカナダなどの国のCCS市場が牽引される可能性があります。
  • 米国でCO2が回収および圧入される産業には、化学生産、水素生産、肥料生産、天然ガス処理、発電などがあります。これらの施設は、CO2を捕捉して圧入して地層の地下に貯蔵したり、石油増進回収(EOR)として知られるプロセスである老朽化した油田からの石油生産を促進するために使用したりします。
  • 少なくとも1997年以来、米国エネルギー省の化石エネルギーおよび炭素管理調査、開発、実証、展開プログラム(FECM)は、CCSのコンポーネントの研究開発(R&D)に資金を提供してきました。
  • 政府は2010年度以来、DOE CCS関連プログラムに73億米ドルを資金提供しており、これには近年の毎年の増額も含まれます。同国は2021年度にFECMに7億5,000万米ドルを割り当て、そのうち2億2,830万米ドルがCCUSに割り当てられました。
  • インフラ投資・雇用法(IIJA)に基づき、米国政府は炭素管理技術に121億米ドルを割り当て、このうち25億4,000万米ドルが2022年から2025年までの炭素回収および貯留(CCS)実証プロジェクトに割り当てられます。
  • さらに、2020年12月にカナダ政府はクリーン燃料基準の規制を提案しました。 CCSを採用して化石燃料のライフサイクル炭素強度を最小限に抑えるプロジェクトは、クリーン燃料基準のコンプライアンスクレジットを獲得するアプローチの1つです。さらに、カナダの2021年予算では、CO2排出量を少なくとも15Mtpa削減するという目標を掲げ、CCUSプロジェクトに費やされる資本に対する投資税額控除が提案されており、2022年に発効する予定です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 石油増進回収(EOR)のためのCO2圧入技術に対する新たな需要
    • GHG排出に対する政府の厳格な規範
  • 抑制要因
    • 巨額のCCSテクノロジー導入コスト
    • シェール投資の成長
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベースの市場規模)

  • テクノロジー
    • 燃焼前捕捉
    • 酸素燃料燃焼捕捉
    • 燃焼後の回収
  • エンドユーザー産業
    • 石油・ガス
    • 石炭・バイオマス発電所
    • 鉄鋼
    • 化学薬品
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • ノルウェー
      • オランダ
      • その他欧州
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 合併、買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Air Liquide
    • Aker Solutions
    • Baker Hughes Company
    • Dakota Gasification Company
    • Exxon Mobil Corporation
    • Fluor Corporation
    • General Electric
    • Halliburton
    • Honeywell International Inc.
    • Japan CCS Co., Ltd.
    • LanzaTech
    • Linde plc
    • Mitsubishi Heavy Industries Ltd
    • NRG Energy Inc.
    • Occidental Petroleum Corporation
    • Shell plc.
    • Siemens Energy
    • SLB

第7章 市場機会と将来の動向

  • バイオエネルギー炭素回収および貯留(BECCS)の優位性を高める
目次
Product Code: 66575

The Carbon Capture and Storage Market size is estimated at USD 2.32 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.84 billion by 2029, growing at a CAGR of 10.59% during the forecast period (2024-2029).

Carbon Capture and Storage - Market

The effect of the Covid-19 pandemic on the market was moderate as the market is in the emerging/developing stage and was not affected severely due to the effect of the pandemic.

Key Highlights

  • The major factors driving the market studied are the emerging demand for CO2 injection techniques for enhanced oil recovery (EOR) and strict government norms towards GHG emissions.
  • On the flip side, huge CCS technology implementation costs and increases in shale investments are expected to hinder the market's growth.
  • Augmenting prominence for bioenergy carbon capture and storage (BECCS) is likely to be an opportunity in the future.
  • The North American region is likely to dominate the market and is expected to remain at dominating position over the forecast period owing to increasing implementation of the technology majorly in the United States and Canada.

Carbon Capture and Storage Market Trends

Oil and Gas Segment to Dominate the Market

  • Carbon dioxide stored in deep, onshore, or offshore geological formations uses CCS technologies for enhanced oil recovery that have been developed in the oil and gas industry.
  • Carbon dioxide is extensively used in the oil industry for enhanced oil recovery (EOR) from mature oilfields. When carbon dioxide is inserted into an oilfield, it can mix with the crude oil, triggering it to swell and drop its viscosity, helping to maintain or raise the pressure in the reservoir. The combination of these processes permits more crude oil to flow to the production wells.
  • In other circumstances, the carbon dioxide is not soluble in the oil. Here, the injection of carbon dioxide raises the pressure in the reservoir, helping to sweep the oil toward the production well.
  • For more than three decades in Texas (United States), carbon dioxide has been used in enhanced oil recovery projects. EOR constitutes over 20% of total oil production, and some fields achieve recoveries of nearly 70%.
  • Moreover as part of sustainable development, the oil and gas industry is moving toward carbon capturing and storage technologies.
  • The Covid-19 pandemic servely affected oil and gas production. Moreover, The International Energy Agency estimates that the oil and gas demand is still reeling from the effects of the pandemic, and is unlikely to catch up with its pre-Covid trajectory. In 2020, oil demand was nearly 9 million barrels per day below the level seen in 2019, and it is not expected to return to that level before 2023. Thus, slow growth in oil & gas application can be witnessed.
  • However as per the BP Statistical Review of World Energy 2022, the global oil production in the year 2021 observed an increase of around 1.21% as compared to the year 2020 and amounted 4,221.40 million metric tons which is further expected to increase in 2022 and 2023. Further, as per market experts the oil production is expected to see a significant boost over the forecast period and to grow as per pre-pandemic growth trends.

North America is Likely to Dominate the Market

  • The North American region dominates the global market. The growing demand for clean technology, accompanied by the growing use of CO2 in EOR practices, is likely to drive the CCS market in countries like the United States and Canada.
  • Chemical production, hydrogen production, fertilizer production, natural gas processing, and power generation are among the industries in the United States where CO2 is captured and injected. These facilities capture and inject CO2 to store it underground in geologic formations or to use it to boost oil production from aging oil fields, a process known as enhanced oil recovery (EOR).
  • Since at least 1997, the US Department of Energy's Fossil Energy and Carbon Management Research, Development, Demonstration, and Deployment program (FECM) has financed research and development (R&D) in components of CCS.
  • The government has funded USD 7.3 billion for DOE CCS-related programs since FY2010, including annual increases in recent years. The country allocated USD 750 million to FECM in FY2021, with USD 228.3 million going to CCUS.
  • Under the Infrastructure Investments and Jobs Act (IIJA), the United State's government allocated USD 12.1 billion for carbon management technologies of which USD 2.54 billion is appropriated for carbon capture and storage (CCS) demonstration projects from 2022 to 2025.
  • Moreover, In December 2020, the Canadian government proposed regulations for the Clean Fuel Standard. Projects that employ CCS to minimize the lifecycle carbon intensity of fossil fuels are one of the approaches to earn compliance credits for the Clean Fuel Standard. In addition, Canada's Budget 2021 suggested an investment tax credit for capital spent in CCUS projects, with a target of lowering CO2 emissions by at least 15 Mtpa, which would take effect in 2022.

Carbon Capture and Storage Industry Overview

The carbon capture and storage market is consolidated in nature. The major players in the market (not in a particular order) include Occidental Petroleum Corporation, Exxon Mobil Corporation, Dakota Gasification Company, NRG Energy Inc., and Air Liquide, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Emerging Demand for CO2 Injection Technique for Enhanced Oil Recovery (EOR)
    • 4.1.2 Strict Government Norms Toward GHG Emissions
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Huge CCS Technology Implementation Costs
    • 4.2.2 Growth in Shale Investments
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Technology
    • 5.1.1 Pre-combustion Capture
    • 5.1.2 Oxy-fuel Combustion Capture
    • 5.1.3 Post-combustion Capture
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Oil and Gas
    • 5.2.2 Coal and Biomass Power Plant
    • 5.2.3 Iron and Steel
    • 5.2.4 Chemical
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 Australia
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Norway
      • 5.3.3.5 Netherlands
      • 5.3.3.6 Rest of Europe
    • 5.3.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers, Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Air Liquide
    • 6.4.2 Aker Solutions
    • 6.4.3 Baker Hughes Company
    • 6.4.4 Dakota Gasification Company
    • 6.4.5 Exxon Mobil Corporation
    • 6.4.6 Fluor Corporation
    • 6.4.7 General Electric
    • 6.4.8 Halliburton
    • 6.4.9 Honeywell International Inc.
    • 6.4.10 Japan CCS Co., Ltd.
    • 6.4.11 LanzaTech
    • 6.4.12 Linde plc
    • 6.4.13 Mitsubishi Heavy Industries Ltd
    • 6.4.14 NRG Energy Inc.
    • 6.4.15 Occidental Petroleum Corporation
    • 6.4.16 Shell plc.
    • 6.4.17 Siemens Energy
    • 6.4.18 SLB

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Augmenting Prominence for Bioenergy Carbon Capture and Storage (BECCS)