デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437964

大豆ミール:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Soybean Meal - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 154 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
大豆ミール:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 154 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

大豆ミール市場規模は2024年に1,069億1,000万米ドルと推定され、2029年までに1,332億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.5%のCAGRで成長します。

大豆ミール- 市場

COVID-19感染症のパンデミックは、食品・飲料業界やヘルスケア製品の製造における大豆粕の使用量の増加により、市場にプラスの影響を与えました。しかし、世界中での食肉需要の減少と動物飼料製造施設の閉鎖により、飼料業界からの大豆粕の需要が若干妨げられています。

大豆の高品質タンパク質の需要の増加により、予測期間中、主に動物飼料業界からの大豆粕の需要が引き続き増加すると予想されます。ガソリンやディーゼルの主要な代替品としてバイオディーゼルの需要が世界的に高まっています。バイオディーゼルは大豆を使用して生産されます。したがって、これは予測期間中の大豆粕市場の成長を促進する可能性があります。

近年、世界的に大豆粕の必要性が急速に高まっています。北米およびアジア太平洋地域における家畜やペットの数の増加により、大豆粕製品の消費と生産が増加しています。これにより、大豆粕メーカーと市場全体の機会が高まります。

大豆ミール市場動向

人間と動物のためのタンパク質強化食品の需要の増加

大豆ミールは独特のアミノ酸組成を持っており、穀類タンパク質の代替品として使用できます。大豆ミールは動物飼料産業と人間の食品産業の両方で使用されます。大豆ミールの需要増加の背後にある主な理由には、このタンパク質が豊富な食品に関連する健康上の利点と、大豆ミールを与えられる家畜、牛、反芻動物、およびその他の動物の個体数の増加が含まれます。需要増加のもう1つの理由は、食肉処理場の製品別に課せられた制限により、大豆粕の市場が拡大したことです。これにより、予測期間中に大豆ミール市場がさらに強化されることが予想されます。

タンパク質強化食品の需要増加の背後にある主な理由は、その健康上の利点と、大豆粕を与えられる家畜、牛、反芻動物、その他の動物の数です。需要増加のもう1つの理由は、食肉処理場の製品別に課せられた制限により、大豆粕の市場が拡大したことです。

2020年、中国は7,840万トンの生産能力を持つ最大の大豆粕生産国で、次いで米国が4,690万トンでした。大豆粕の主な輸入国はベトナム、ベルギー、スペインなどです。主要輸出国は米国、イタリア、インド、その他の国です。これらの国では、豚、家禽、水産養殖が多数行われているため、肉、牛乳、卵の商業生産を支える飼料を配合するための高品質のタンパク質原料が求められています。

アジア太平洋が市場を独占

アジア太平洋は大豆粕市場の主要な地域であり、市場の主要なシェアを占めています。中国、インド、バングラデシュ、タイ、パキスタン、日本がこの地域の大豆粕の主要生産国です。 USDAによると、中国とインドにおける大豆粕生産量は、2016~2017年の6,969万トンと720万トンから、2020~2021年にはそれぞれ7,841万トンと760万トンに増加しました。大豆粕は主にこの地域の飼料産業で消費されています。大豆ミールは、ベーカリー製品、健康食品、化粧品などのさまざまな製品や抗生物質の製造に広く使用されています。

畜産および家禽産業の変化により大豆粕(SBM)の使用量が緩やかに増加するため、2021暦年の残りの期間から2022年にかけて飼料生産量の増加が予想されます。中国は増大するタンパク質ミールの需要に応えるため、自国で粉砕するための豆を大量に輸入しており、近い将来、世界最大の大豆ミール生産国になると思われます。アルゼンチンは最大の大豆粕輸出国であり、ブラジル、米国、インドがそれに続く。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場の定義と調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • バリューチェーン分析

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途
    • 動物飼料
    • 食品業界
    • 飲料
    • ヘルスケア製品
  • 地域(生産分析(数量)、消費分析(金額と数量)、輸入分析(金額と数量)、輸出分析(金額と数量)、価格動向分析)
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • スペイン
      • クロアチア
      • フランス
      • ドイツ
      • ロシア
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • バングラデシュ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • ウルグアイ
    • 中東とアフリカ
      • 南アフリカ
      • エジプト

第6章 市場機会と将来の動向

第7章 COVID-19が市場に与える影響

目次
Product Code: 63813

The Soybean Meal Market size is estimated at USD 106.91 billion in 2024, and is expected to reach USD 133.24 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.5% during the forecast period (2024-2029).

Soybean Meal - Market

The COVID-19 pandemic positively impacted the market due to the increased usage of soybean meal in the food and beverage industry and in the manufacturing of healthcare products. However, the decline in the meat demand around the world and the closure of animal feed manufacturing units have slightly hindered the demand for soybean meal from the feed industry.

An increase in demand for high-quality protein in soybean will continue to drive higher demand for soybean meal, mainly from the animal feed industry, over the forecast period. There is an increase in the global requirement for biodiesel as a major alternative to petrol and diesel. Biodiesel is produced using soybean; therefore, this may fuel the growth of the soybean meal market during the forecast period.

The global need for soybean meal has been increasing rapidly in recent years. An increasing number of farm animals and pet animals in the region of North America and Asia-Pacific is prompting the higher consumption and production of soybean meal products. This is boosting the opportunities for soybean meal manufacturers and the overall market.

Soybean Meal Market Trends

Increasing Demand for Protein-enriched Food for Humans and Animals

Soybean meal has a unique composition of amino acids and can be used as an alternative to cereal proteins. Soybean meal is used in both animal feed and human food industries. The main reasons behind the increasing demand for soybean meal include the health benefits associated with this protein-enriched food and the increasing population of livestock, cattle, ruminants, and other animals that are fed soybean meal. The other reason for the increase in demand is the restrictions placed on slaughterhouse byproducts, which in turn, has increased the market for soybean meal. This is further expected to enhance the market for soybean meals during the forecast period.

The main reasons behind the increasing demand for protein-enriched foods are its health benefits and the number of livestock, cattle, ruminants, and other animals that are fed soybean meal. The other reason for the increase in demand is the restrictions placed on slaughterhouse byproducts, which in turn, has increased the market for soybean meal.

China was the largest soybean meal-producing country, with a capacity of 78.4 million metric ton, followed by the United States with 46.9 million metric ton, in 2020. The major importers of soybean meal are Vietnam, Belgium, Spain, and other countries. The major exporters are the United States, Italy, India, and other countries. Owing to the large numbers of swine, poultry, and aquaculture in these countries, they demand quality protein ingredients to formulate feeds, which supports the commercial production of meat, milk, and eggs.

Asia-Pacific Dominates the Market

Asia-Pacific is the dominant region in the soybean meal market, holding the major share of the market. China, India, Bangladesh, Thailand, Pakistan, and Japan are the major producers of soybean meal in the region. According to the USDA, soybean meal production increased from 69.69 million metric ton and 7.2 million metric ton in 2016-2017 to 78.41 million metric ton and 7.6 million metric ton in 2020-2021 in China and India, respectively. Soybean meal is majorly consumed by the animal feed industry in the region. Soybean meal is widely used in the larger varieties of products like bakery products, health food, cosmetics, and in the manufacturing of antibiotics.

Higher feed production is expected for the remainder of the calendar year 2021 and into 2022 as changes in the livestock and poultry industry drive moderate growth of soybean meal (SBM) use. As China imports large quantities of beans to crush at home to meet its increasing demand for protein meal, in the near future, it is set to become the world's largest producer of soybean meal. Argentina is the biggest soybean meal exporter, followed by Brazil, the United States, and India.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Market Definition and Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Value Chain Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Animal Feed
    • 5.1.2 Food Industry
    • 5.1.3 Beverage
    • 5.1.4 Healthcare Products
  • 5.2 Geography (Production Analysis (Volume), Consumption Analysis (Value and Volume), Import Analysis (Value and Volume), Export Analysis (Value and Volume), and Price Trend Analysis)
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Mexico
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Spain
      • 5.2.2.2 Croatia
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Germany
      • 5.2.2.5 Russia
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 India
      • 5.2.3.2 China
      • 5.2.3.3 Bangladesh
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Uruguay
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 South Africa
      • 5.2.5.2 Egypt

6 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

7 IMPACT OF COVID-19 ON THE MARKET