市場調査レポート
商品コード
1437953

アトピー性皮膚炎:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Atopic Dermatitis - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
アトピー性皮膚炎:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

アトピー性皮膚炎市場規模は2024年に100億6,000万米ドルと推定され、2029年までに142億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.18%のCAGRで成長します。

アトピー性皮膚炎- 市場

主なハイライト

  • COVID-19ウイルス感染症のパンデミックはアトピー性皮膚炎市場に大きな影響を与えました。 2022年 3月に発表されたNCBIの記事によると、アトピー性皮膚炎はCOVID-19感染症のリスク増加と関連しています。また、アトピー性皮膚炎に苦しむCOVID-19症患者を管理するためのいくつかの取り組みも導入されました。
  • たとえば、2020年 6月の更新によると、SECURE-AD患者調査は、コロナウイルスのパンデミック(COVID-19)がアトピー性皮膚炎(アトピー性湿疹とも呼ばれる)を持つ人々にどのような影響を与えるかを理解するのに役立つように設計されています。この調査は、世界中のアトピー性皮膚炎患者集団に参加して、COVID-19感染症の経験を報告するよう奨励しました。COVID-19に感染したアトピー性皮膚炎患者の合併症を集めたこのような研究は、アトピー性皮膚炎のさまざまな治療法に対する理解と忍容性をもたらし、それによって市場の成長に影響を与えました。したがって、パンデミックは、新型コロナウイルスのピーク段階での市場の成長に大きな影響を与えました。ただし、ヘルスケアセンターでの患者の診察に関する厳格な規制が緩和された後、現在の市場シナリオは予測期間中に成長を促進すると予想されます。
  • 市場の成長を促進する重要な要因は、食物アレルギーが果たす重要な役割であるアレルギー反応の負荷の増大、および環境汚染の増加です。食物アレルギーに重要な役割を果たしているアレルギー反応の負担の増大が、市場の成長を推進しています。たとえば、2020年の食物アレルギー調査と教育(FARA)の報告書では、米国居住者の3,200万人が食物アレルギーを患っており、その中には18歳未満の子供560万人が含まれていると推定されています。食物アレルギーのある子供の約40%は複数の食品にアレルギーを持っています。
  • さらに、オーストラリア臨床免疫アレルギー学会(ASCIA)の2021年 5月の最新情報によると、オーストラリアとニュージーランドでは、食物アレルギーは乳児の約10%、小児の4~8%、成人の約2%に発生しています。さらに、2020年2月にNutrition Today Journalに掲載された記事によると、食物アレルギーは重大な公衆衛生問題です。世界中の成人の3%~10%、子供の8%が罹患していると推定されています。
  • 同様に、2020年 6月の国立バイオテクノロジー情報センター(NCBI)の記事によると、一時的な皮膚バリアの破壊と持続性のアトピー性皮膚炎のある乳児は、特に食物アレルギーを発症するリスクが高いとのことです。このうち、経口食物チャレンジでは、陽性症状を伴う重症のアトピー性皮膚炎が患者の3分の1に観察されました。同じ研究によると、アトピー性皮膚炎を患う子供の多くは食物に対して無症候性の感作を示します。食物アレルギーはアトピー性皮膚炎を引き起こすため、世界中でアレルギー反応の負担が増大しており、世界中でアトピー性皮膚炎の治療に対する需要が増加し、市場の成長を推進すると予想されます。
  • さらに、規制当局の承認が市場の成長を促進しています。たとえば、2021年12月、LEO Pharma Inc.は、米国食品医薬品局(USFDA)が18歳以上の成人の中等度から重度のアトピー性皮膚炎の治療薬としてアドブリー(トラロキヌマブ・アダム)を承認したと報告しました。
  • したがって、アレルギー反応や製品承認の負担の増加など、上記の要因により、市場は予測期間中に成長すると予想されます。ただし、特定の治療薬の重篤な副作用は市場の成長を大きく妨げています。

アトピー性皮膚炎市場動向

コルチコステロイドセグメントが予測期間にわたってアトピー性皮膚炎市場を独占

  • 薬剤クラス別では、コルチコステロイド分野が大幅な成長を遂げると予想されています。コルチコステロイドはコルチゾン様薬と呼ばれ、体内の炎症に対する鎮痛薬として使用されます。これらの薬は、かゆみ、腫れ、アレルギー反応、発赤を軽減します。この部門の成長を促進する主な要因は、偽造医薬品や代替医薬品の出現につながるイノベーションの増加と、市場関係者による戦略的取り組みです。
  • 2022年に発表された全米湿疹協会(NEA)のデータによると、炎症とかゆみを軽減するコルチコステロイドは、あらゆる湿疹に対して最も一般的に処方される薬剤です。コルチコステロイドは、湿疹を含む多くの炎症性皮膚疾患を治療するための局所薬として60年以上使用されてきました。コルチコステロイドのこのような効率は、予測期間中に研究対象セグメントの成長を促進すると予想されます。
  • さらに、リリーのレブリキズマブは、3番目の第3相試験で、アトピー性皮膚炎患者を対象に局所コルチコステロイドと併用した場合、顕著な皮膚の改善とかゆみの軽減を実証しました。 IL-13阻害剤であるレブリキズマブは、中等度から重度のアトピー性皮膚炎を持つ人々において局所コルチコステロイドと併用すると、疾患の重症度を大幅に改善しました。
  • したがって、アトピー性皮膚炎市場は、需要の増加、コルチコステロイドの効率、製品開発の増加により、予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。

北米は予測期間中に大幅な成長を遂げると予想される

  • 北米内では、米国が市場の大きなシェアを握ると予想されます。市場の成長を促進する主な要因は、アトピー性皮膚炎の有病率の増加、米国の患者集団の高い治療意識、確立されたヘルスケアインフラ、および新しい薬の早期採用です。
  • たとえば、2022年 6月に発行された米国医師会雑誌(JAMA)の記事によると、調査参加者の45%近くが中等度のアトピー性皮膚炎を患っていると報告し、2021年には調査参加者の28%が重度のアトピー性皮膚炎を患っていました。より良い償還政策、製薬会社と新興市場の受託調査機関とのビジネスパートナーシップの増加、製品開発が市場の成長を押し上げています。
  • たとえば、2022年2月、Evelo Biosciences, Inc.は、軽度、中等度、および重度のアトピー性皮膚炎患者の治療を目的としたEDP1815の第2相ランダム化臨床試験であるEDP1815-207を最初の患者に投与したと報告しました。また、2021年2月、米国食品医薬品局(USFDA)は、アトピー性皮膚炎の治療薬として局所塗布するように設計された選択的JAK1/JAK2阻害剤であるインサイト社のルキソリチニブクリームの新薬申請の優先審査(NDA)を受理しました。、湿疹の一種。
  • さらに、アトピー性皮膚炎への投資の増加がこの地域の成長に貢献すると予想されます。たとえば、2021年6月に発表された国立保健研究所(NIH)の記事によると、アトピー性皮膚炎調査への推定資金は2021年に4,600万米ドル、2022年には4,400万米ドルでした。
  • したがって、アトピー性皮膚炎の有病率の増加、患者集団の高い治療意識、およびアトピー性皮膚炎の事業活動の増加により、市場は予測期間中に大幅な成長を示すと予想されます。

アトピー性皮膚炎業界の概要

アトピー性皮膚炎市場は、大手企業が市場を独占しており、適度な競争市場となっています。競合情勢には、市場シェアを保持し、よく知られている数社の国際企業と地元企業の分析が含まれています。 Pfizer Inc.、Novartis International AG、Allergan PLC、Abbvie Inc.などの主要な市場プレーヤーの存在により、調査対象市場全体の競争企業間の敵対関係が激化しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 食物アレルギーの主要な役割によるアレルギー反応の負荷の増加
    • 環境汚染の増加
  • 市場抑制要因
    • 特定の治療薬に関連する重篤な副作用
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 薬剤クラス別
    • コルチコステロイド
    • エモリエント剤/保湿剤
    • IL-4およびPDE4阻害剤
    • カルシニューリン阻害剤
    • 抗生物質
    • その他薬剤クラス
  • 投与経路別
    • 外用
    • 経口
    • 注射
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbvie Inc.
    • Allergan PLC
    • Bausch Health Companies Inc.
    • GlaxoSmithKline PLC
    • Nestle SA
    • Pfizer Inc.
    • Regenron Pharmaceutical Inc.
    • Evelo Biosciences
    • Cara Therapeutics
    • Bristol-Myers Squibb Company
    • Sanofi SA
    • LEO Pharma

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 62899

The Atopic Dermatitis Market size is estimated at USD 10.06 billion in 2024, and is expected to reach USD 14.23 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.18% during the forecast period (2024-2029).

Atopic Dermatitis - Market

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic significantly impacted the atopic dermatitis market. As per an NCBI article published in March 2022, atopic dermatitis is associated with an increased risk of COVID-19 infection. Also, several initiatives were introduced to manage COVID-19 patients suffering from atopic dermatitis.
  • For instance, as per a June 2020 update, the SECURE-AD Patient survey is designed to help understand how the coronavirus pandemic (COVID-19) affects people with atopic dermatitis (also called atopic eczema). This survey encouraged the patient population with atopic dermatitis worldwide to participate and report their experience with COVID-19 infection. Such studies gathering the complications in patients with atopic dermatitis infected with COVID-19 provided the understanding and tolerability for various treatments of atopic dermatitis, thereby impacting the market growth. Thus, the pandemic significantly impacted the market's growth during the COVID peak stages. However, after the relaxation of strict regulations on patient consultations at healthcare centers, the current market scenario is expected to drive growth during the forecast period.
  • The significant factors fueling the market's growth are the increasing burden of allergic reactions, an important role played by food allergy, and increasing environmental pollution. The growing burden of allergic reactions, with a significant role in food allergies, is driving the market's growth. For instance, Food Allergy Research and Education (FARA) report in 2020 estimated that 32 million United States residents have food allergies, including 5.6 million children under age 18. About 40% of children with food allergies are allergic to more than one food.
  • Additionally, according to the Australian Society of Clinical Immunology and Allergy (ASCIA) update in May 2021, food allergy occurs in around 10% of infants, 4-8% of children, and about 2% of adults in Australia and New Zealand. Moreover, according to an article published in Nutrition Today Journal in February 2020, food allergy is a significant public health issue. It affects an estimated 3% to 10% of adults and 8% of children worldwide.
  • Likewise, accoring to a National Center for Biotechnology Information (NCBI) article in June 2020, infants with temporary skin barrier disruption and persistent atopic dermatitis are particularly at risk of developing food allergies. Among them, severe cases of atopic dermatitis with positive symptoms were observed in one-third of patients in an oral food challenge. As per the same study, many children with atopic dermatitis exhibit asymptomatic sensitization to foods. As food allergies result in atopic dermatitis, the increasing burden of allergic reactions across the globe is anticipated to increase the demand for treating atopic dermatitis worldwide, propelling the market growth.
  • Additionally, the regulatory authorities approvals are propelling the market's growth. For instance, in December 2021, LEO Pharma Inc. reported that the United States Food and Drug Administration (USFDA) approved Adbry (tralokinumab-Adam) for treating moderate-to-severe atopic dermatitis in adults 18 years or older.
  • Thus, the market is expected to show growth over the forecast period due to the abovementioned factors, such as the increasing burden of allergic reactions and product approvals. However, severe adverse effects of certain therapeutic drugs significantly hinder the market's growth.

Atopic Dermatitis Market Trends

Corticosteroids Segment Dominated the Atopic Dermatitis Market Over the Forecast Period

  • By drug class, the corticosteroid segment is anticipated to witness significant growth. Corticosteroids are referred to as cortisone-like medicines that are used as pain relief medications for inflammation in the body. These drugs reduce itching, swelling, allergic reactions, and redness. The major factors fueling the segment's growth are the increasing innovations leading to the advent of counterfeit medicines and alternative drugs and strategic initiatives undertaken by the market players.
  • According to the National Eczema Association (NEA) data published in 2022, corticosteroids are the most commonly prescribed medications for all eczema, reducing inflammation and itching. Corticosteroids have been used for over 60 years as topical medicines to treat many inflammatory skin conditions, including eczema. Such efficiency of the corticosteroids is expected to drive the growth of the studied segment over the forecast period.
  • Furthermore, Lilly's lebrikizumab demonstrated significant skin improvement and itch relief when combined with topical corticosteroids in people with atopic dermatitis in the third Phase 3 study. Lebrikizumab, an IL-13 inhibitor, significantly improved disease severity when combined with topical corticosteroids in people with moderate-to-severe atopic dermatitis.
  • Thus, the atopic dermatitis market is anticipated to witness significant growth during the forecast period due to the increasing demand, the efficiency of corticosteroids, and increasing product developments.

North America is Expected to Witness a Significant Growth Over the Forecast Period

  • Within North America, the United States is expected to hold a significant share of the market. The major factors fueling the market's growth are the increasing prevalence of atopic dermatitis, high treatment awareness among the patient population across the United States, well-established healthcare infrastructure, and early adoption of novel medications.
  • For instance, according to a Journal of the American Medical Association (JAMA) article published in June 2022, nearly 45% of survey participants reported having moderate atopic dermatitis, while 28% of the survey participants had severe atopic dermatitis in 2021. In addition, better reimbursement policies, increasing business partnerships of pharmaceutical companies with contract research organizations in emerging markets, and product developments are boosting the market's growth.
  • For instance, in February 2022, Evelo Biosciences, Inc., reported that the first patient had been dosed in EDP1815-207, its Phase 2 randomized clinical trial of EDP1815 for the treatment of patients with mild, moderate, and severe atopic dermatitis. Also, in February 2021, the United States Food and Drug Administration (USFDA) accepted the Priority Review of New Drug Application (NDA) for Ruxolitinib Cream by Incyte Corporation, a selective JAK1/JAK2 inhibitor designed for topical application as a treatment for atopic dermatitis, a type of eczema.
  • Moreover, the increasing investments in atopic dermatitis are expected to contribute to this region's growth. For instance, according to a National Health Institutes (NIH) article published in June 2021, the estimated funding for atopic dermatitis research was USD 46 million in 2021 and USD 44 million in 2022.
  • Thus, the market is expected to witness significant growth during the forecast period due to the increasing prevalence of atopic dermatitis, high treatment awareness among the patient population, and increasing operational activities for atopic dermatitis.

Atopic Dermatitis Industry Overview

The atopic dermatitis market is moderately competitive market with major players dominating the market. The competitive landscape includes an analysis of a few international as well as local companies which hold market shares and are well known. The presence of major market players, such as Pfizer Inc., Novartis International AG, Allergan PLC, and Abbvie Inc., is increasing the overall competitive rivalry of the market studied.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Burden of Allergic Reactions with Major Role of Food Allergy
    • 4.2.2 Increasing Environmental Pollution
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Serious Adverse Effects Related to Certain Therapeutic Drugs
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Drug Class
    • 5.1.1 Corticosteroids
    • 5.1.2 Emollients/Moisturizers
    • 5.1.3 IL-4 and PDE4 Inhibitors
    • 5.1.4 Calcineurin Inhibitors
    • 5.1.5 Antibiotics
    • 5.1.6 Other Drug Classes
  • 5.2 By Route of Administration
    • 5.2.1 Topical
    • 5.2.2 Oral
    • 5.2.3 Injectable
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbvie Inc.
    • 6.1.2 Allergan PLC
    • 6.1.3 Bausch Health Companies Inc.
    • 6.1.4 GlaxoSmithKline PLC
    • 6.1.5 Nestle SA
    • 6.1.6 Pfizer Inc.
    • 6.1.7 Regenron Pharmaceutical Inc.
    • 6.1.8 Evelo Biosciences
    • 6.1.9 Cara Therapeutics
    • 6.1.10 Bristol-Myers Squibb Company
    • 6.1.11 Sanofi S.A.
    • 6.1.12 LEO Pharma

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS