デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437907

砲兵システム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Artillery Systems - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
砲兵システム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

砲兵システム市場規模は2024年に88億4,000万米ドルと推定され、2029年までに125億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に7.24%のCAGRで成長します。

砲兵システム- 市場

主なハイライト

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、2つの重要な点で市場に影響を与えました。まず、世界のサプライチェーンと製造施設の混乱により、砲兵システムの生産と納品に遅れが生じ、さまざまな国の調達スケジュールに影響を与えている可能性があります。第二に、政府がパンデミックの差し迫った課題に対処するために多額の資源を割り当てているため、国防予算が再配分または制限され、新しい砲兵システムへの投資に影響を与える可能性があります。
  • 新興国の軍事支出の増加により、新興国の先進的な砲システムの開発への投資が促進されています。洗練された大砲を開発するための兵器近代化プログラムの開始により、新世代の大砲の採用が促進され、今後数年間の市場の見通しが強化されると予想されます。地域紛争と地政学的な緊張の激化により、正確な攻撃と迅速な対応が可能な洗練された砲兵システムに対する需要が高まっています。また、戦争の性質の変化と、巻き添え被害を最小限に抑えながら友軍を支援するための高精度の武器と弾薬に対する需要の高まりにより、砲兵システム市場の需要が高まっています。

砲兵システム市場動向

砲兵システム市場の成長を支える防衛費の増加

  • 国際戦略情勢の重大な変化により、国際安全保障システムの構成は、進行中のいくつかの世界紛争を煽る覇権主義、一国主義、強権政治の増大によって損なわれてきました。中東におけるサウジとイランの冷戦のような、多くの国間の領土権の不確実性は、地政学的な気候を乱す主な原因の一つです。
  • この点に関する政府の最も一般的な反応は、それぞれの国の安全を向上させるために軍事支出を増やすことです。米国、英国、中国、インドなどの軍事大国は、軍事火力と戦闘能力の強化に注力してきました。既存の防衛システムの戦闘即応性を確保するために、軍が使用する兵器システムを近代化する開発および調達プログラムが現在進行中です。同時に先住民化を推し進めていることも、いくつかの国でそのようなシステムの現地開発を推進しています。現在、国防予算の増加がこれらのプログラムを支えています。
  • ウクライナ侵攻は、中央欧州と西欧の軍事支出の決定に即座に影響を与えました。これには、複数の政府による支出を増やす複数年計画が含まれていました。世界の軍事支出は2022年に8年連続で増加し、2兆2,400億米ドルと過去最高を記録しました。これまでのところ、最も急激な支出の増加(+13%)は欧州で見られ、主にロシアとウクライナの支出によって占められています。しかし、ウクライナへの軍事援助とロシアからの脅威の高まりに対する懸念は、東アジアの緊張と同様に、他の多くの国の支出決定に強い影響を与えました。
  • 米国は依然として世界最大の軍事支出国です。米国の軍事支出は2022年に8,770億米ドルに達し、これは世界の軍事支出総額の39%を占め、世界第2位の支出国である中国の支出額の3倍となっています。
  • 軍事を近代化するための各国の多額の投資は、予測期間中の砲兵システム市場の成長を支援する可能性があります。各国は戦場で戦術的優位性を得るために長距離射撃能力の開発に重点を置いています。長距離精密射撃能力を開発するために、米国などの国々は砲兵システムの調達を開始しています。
  • たとえば、2022年12月、リトアニア国防省はフランスのグループNexterとシーザー砲18門の購入契約を締結しました。

アジア太平洋は予測期間中に最高のCAGRが見込まれる

  • アジア太平洋は、予測期間中に高いCAGRで推移すると予想されます。この地域の国々間の緊張の高まりにより、軍の急速な近代化が促進されました。中国、インド、オーストラリア、日本、韓国などの国々は、砲兵システムの開発、構築、調達に多額の投資を行っています。
  • たとえば、2022年 11月に、Kalyani Strategic Systems Limited(インド)は、非紛争地域の友好国に155 mm砲を輸出する契約を締結しました。契約額は1億5,500万米ドルで、武器は2025年までに輸出される予定です。カリャニ・グループはインドに世界最大の大砲工場を設立するとも報じられています。 2023年5月、中国人民解放軍戦略支援軍(PLA-SSF)は、203ミリ砲を製造する契約をPLA-SSF北西核技術研究所(NINT)に与えました。

砲兵システム業界の概要

大砲システム市場は細分化されており、世界的および国内の多くのプレーヤーが競争力のある価格設定とイノベーションを通じて市場の成長に大きく貢献しています。大砲システム市場の主要企業には、BAE Systems plc、Lockheed Martin Corporation、Hanwha Group、Leonardo SpA、Elbit Systems Ltd.、Nexter Groupなどがあります。両社は主に、市場シェアを拡大するために砲兵システムのポートフォリオの機能を強化することに重点を置いています。

外国人選手は数十億米ドルの長期契約を獲得するために地元選手と競争しています。一部のプレーヤーは、顧客ベースを拡大し、技術的専門知識を共有するために地元企業と提携しています。東欧、中東、アジア太平洋にわたる緊張により、新しい砲兵システムの需要が生じています。米国でも需要が高まっており、老朽化したシステムを新しい砲兵システムに置き換えることで地上軍を強化するための穴を埋めようとしています。また、過去10年間で海軍能力の強化に重点が置かれてきた結果、フリゲート艦、コルベット艦、空母、駆逐艦、海洋船舶の大幅な新規発注が発生し、それによって新しい大砲の必要性が生じています。

たとえば、2023年5月、エルビット・システムズは、イスラエル国防省とオランダ国防省との間の協定の一環として、精密万能発射システム(PULS)砲ロケットを供給する3億500万米ドル相当の契約を獲得したと発表しました。オランダ王国陸軍にシステムを提供。

同様に、2022年 11月、JPEO A&AとACC-Rock Islandは、General Dynamics Ordnance and Tactical Systemsに対し、フリーフロー成形技術を活用した新しい155 mm砲金属部品生産ラインをテキサス州に建設するという新たな業務命令を出しました。、より高い機械速度とより正確で均一な製品による、コスト効率の高い正確な金属成形。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • 榴弾砲
    • モルタル
    • 対空砲
    • ロケット砲
    • その他の種類(海軍および沿岸砲)
  • 範囲
    • 短距離(5~30キロメートル)
    • 中距離(31~60キロメートル)
    • 長距離(60キロメートル以上)
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • ロシア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • イスラエル
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • BAE Systems plc
    • Hanwha Group
    • Elbit Systems Ltd.
    • Rostec
    • Lockheed Martin Corporation
    • Avibras Industria Aeroespacial SA
    • Nexter Group
    • Denel SOC Ltd
    • Leonardo SpA
    • Singapore Technologies Engineering Ltd
    • RUAG Group
    • Norinco International Cooperation Ltd.
    • THALES
    • Rheinmetall AG

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 62140

The Artillery Systems Market size is estimated at USD 8.84 billion in 2024, and is expected to reach USD 12.54 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.24% during the forecast period (2024-2029).

Artillery Systems - Market

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic affected the market in two key ways. Firstly, disruptions in global supply chains and manufacturing facilities may have caused delays in the production and delivery of artillery systems, impacting procurement timelines for various countries. Secondly, with governments allocating significant resources to address the pandemic's immediate challenges, defense budgets might have been reallocated or constrained, potentially affecting investments in new artillery systems.
  • The increasing military spending of emerging countries is helping them to invest in the development of new and advanced artillery systems. The initiation of weapon modernization programs to develop sophisticated artillery is anticipated to bolster the adoption of newer generation artillery, thus bolstering the market prospects in the coming years. Escalating regional conflicts and geopolitical tensions have led to a growing demand for sophisticated artillery systems capable of precision strikes and quick response times. Also, the changing nature of warfare and the growing demand for high-precision arms and ammunition to support friendly troops while minimizing collateral damage has bolstered the demand for the artillery systems market.

Artillery Systems Market Trends

Increasing Defense Expenditure Supporting the Growth of the Artillery Systems Market

  • On account of the profound changes in the international strategic landscape, the configuration of the international security system has been undermined by the growing hegemonism, unilateralism, and power politics that have fueled several ongoing global conflicts. Uncertainties in territorial rights between many countries, like the Saudi-Iran cold war in the Middle East, are among the major causes disturbing the geopolitical climate.
  • The most common reaction of governments, in this regard, is to increase military spending to improve security in their respective countries. Military powerhouses, such as the United States, the United Kingdom, China, and India, have been focused on augmenting their military firepower and warfare capabilities. To ensure combat readiness of existing defense systems, development and procurement programs are currently underway to modernize the weapon systems used by the armed forces. A simultaneous push for indigenization is also driving several countries' local development of such systems. The increase in defense budgets currently supports these programs.
  • The invasion of Ukraine had an immediate impact on military spending decisions in Central and Western Europe. This included multi-year plans to boost spending from several governments. World military spending grew for the eighth consecutive year in 2022 to an all-time high of USD 2240 billion. By far, the sharpest rise in spending (+13 percent) was seen in Europe and was largely accounted for by Russian and Ukrainian spending. However, military aid to Ukraine and concerns about a heightened threat from Russia strongly influenced many other states' spending decisions, as did tensions in East Asia.
  • The United States remains by far the world's biggest military spender. US military spending reached USD 877 billion in 2022, which was 39 percent of total global military spending and three times more than the amount spent by China, the world's second-largest spender.
  • Countries' significant investments to modernize their military may support the artillery systems market growth during the forecast period. Countries are focused on developing long-range fire capabilities to achieve a tactical advantage on the battlefield. To develop long-range precision fire capabilities, countries like the United States are initiating the procurement of artillery systems.
  • For instance, in December 2022, Lithuania's Defense Ministry signed a contract with the French group Nexter for the purchase of 18 Caesar artillery guns.

Asia-Pacific is Expected to Witness the Highest CAGR During the forecast period

  • Asia-Pacific is expected to register a high CAGR during the forecast period. The escalated tensions between the countries in this region have encouraged the rapid modernization of the armed forces. Countries like China, India, Australia, Japan, and South Korea are significantly investing in the development, building, and procurement of artillery systems.
  • For instance, in November 2022, Kalyani Strategic Systems Limited (India) signed a deal to export 155mm artillery guns to a friendly nation in a non-conflict zone. The deal is worth USD 155 million, and the arms are to be exported by 2025. The Kalyani Group is also reported to establish the world's largest artillery factory in India. In May 2023, The People's Liberation Army-Strategic Support Force (PLA-SSF) of China gave a contract to PLA-SSF Northwest Institute of Nuclear Technology (NINT) to produce 203-millimeter artillery guns.

Artillery Systems Industry Overview

The artillery systems market is fragmented, with many global and local players contributing significantly to the growth of the market through competitive pricing and innovation. Some of the major companies in the artillery systems market include BAE Systems plc, Lockheed Martin Corporation, Hanwha Group, Leonardo S.p.A, Elbit Systems Ltd., and Nexter Group. The companies are mainly focusing on enhancing the capabilities of their artillery systems portfolio to increase their market share.

Foreign players are competing with local players to gain multi-billion long-term contracts. Some players have also partnered with local companies to expand their customer base and share technical expertise. Tensions across Eastern Europe, the Middle East, and Asia-Pacific are generating the demand for new artillery systems. The demand is also higher in the US, which is trying to fill in the gaps to strengthen its land forces by replacing the aging systems with new artillery systems. Also, a growing focus on strengthening naval capabilities over the past decade has resulted in significant new orders for frigates, corvettes, aircraft carriers, destroyers, and offshore vessels, thereby generating the need for new artillery guns.

For instance, in May 2023, Elbit Systems announced that as part of an agreement between the Israeli Ministry of Defense and the Netherlands Ministry of Defense, it was awarded a contract worth USD 305 million to supply Precise & Universal Launching System (PULS) artillery rocket systems to the Royal Netherlands Army.

Likewise, In November 2022, JPEO A&A and ACC-Rock Island awarded a new task order to General Dynamics Ordnance and Tactical Systems to build a new 155 mm artillery metal parts production line in Texas that will utilize free-flow forming technology, which delivers flexible, cost-effective, and precise metal forming with higher machine speeds and more accurate, uniform products.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 Introduction

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size and Forecast by Value - USD billion, 2018 - 2031)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Howitzer
    • 5.1.2 Mortar
    • 5.1.3 Anti-air Artillery
    • 5.1.4 Rocket Artillery
    • 5.1.5 Other Types (Naval and Coastal Artillery)
  • 5.2 Range
    • 5.2.1 Short Range (5-30 kilometers)
    • 5.2.2 Medium Range (31-60 kilometers)
    • 5.2.3 Long Range (Above 60 kilometers)
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Russia
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Australia
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Mexico
      • 5.3.4.3 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 Israel
      • 5.3.5.4 South Africa
      • 5.3.5.5 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 BAE Systems plc
    • 6.2.2 Hanwha Group
    • 6.2.3 Elbit Systems Ltd.
    • 6.2.4 Rostec
    • 6.2.5 Lockheed Martin Corporation
    • 6.2.6 Avibras Industria Aeroespacial SA
    • 6.2.7 Nexter Group
    • 6.2.8 Denel SOC Ltd
    • 6.2.9 Leonardo S.p.A
    • 6.2.10 Singapore Technologies Engineering Ltd
    • 6.2.11 RUAG Group
    • 6.2.12 Norinco International Cooperation Ltd.
    • 6.2.13 THALES
    • 6.2.14 Rheinmetall AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS