デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1436145

医療向け相互運用性ソリューション:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Healthcare Interoperability Solutions - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
医療向け相互運用性ソリューション:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の医療向け相互運用性ソリューション市場規模は、2024年に45億3,000万米ドルと推定され、2029年までに77億5,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に11.31%のCAGRで成長します。

世界医療向け相互運用性ソリューション- 市場

COVID-19のパンデミックは、COVID-19患者の急増により世界経済と医療インフラに大きな影響を与えました。さまざまな健康状態を持つ新型COVID-19患者の予期せぬ流入により、医療提供施設の全体的な機能が混乱したため、医療向け相互運用性ソリューションに対する需要が大幅に増加しました。たとえば、2021年2月に掲載された「COVID-19は検査データの共有と相互運用性の必要性を強調」というタイトルの記事によると、SARS-CoV-2のパンデミックの結果、相互運用可能な医療システムの必要性が十分に明らかになっています。米国では、各州にCOVID-19への対応要件があり、数値は一貫性がなく、場所や情報源によって異なります。さらに、同じ情報源によると、COVID-19に対する国の対応は、相互運用可能な医療システムによって大幅に改善されると思われます。たとえば、患者が症状について医療提供者に連絡すると、医療提供者は根本的な問題を治療するために患者の完全な医療情報に迅速にアクセスできるようになります。したがって、COVID-19のパンデミックは、医療向け相互運用性ソリューション市場に大きな影響を与えると予想されます。

医療向け相互運用性ソリューション市場の成長を促進すると予想される主な要因には、世界中の医療提供者によるデジタル医療ソリューションの採用と投資の増加、医療コストの増加に対する懸念の高まりなどが含まれます。医療向け相互運用性ソリューションは、増加する医療費の削減に役立つ可能性があるため、予測期間中にさらに広く採用され、市場が成長すると予想されます。たとえば、医療向け相互運用性ソリューションを導入する主な利点には、医療効率の向上、ケアの質と患者エクスペリエンスの向上、医療費の削減、医師の燃え尽き症候群の軽減などがあります。したがって、医療ITおよび相互運用性ソリューションへの投資は、予測期間中に増加すると予想され、医療向け相互運用性ソリューション市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2020年 9月、米国保健情報技術調整官局は、新たな機会の探求を目的とした医療情報技術の最先端加速プロジェクトプログラムに基づき、4つの組織に総額 270万米ドルの資金を授与しました。医療エコシステム全体での医療IT標準の採用と使用を目的としています。

さらに、世界中で医療費が増加していることは政府にとって大きな懸念事項の1つであり、それを減らすために医療ITソリューションの導入と展開が行われており、医療向け相互運用性ソリューションは重要な役割を果たすため、その採用がさらに増加すると予想されています。ある場所から別の場所へのデータの転送。たとえば、ドイツ連邦統計局(Destatis)の2022年6月の報告書によると、同国の医療支出は年々増加しており、2020年には4,410億ユーロに達しました。

さらに、市場プレーヤーによるこの分野での新製品の発売は、医療向け相互運用性ソリューション市場の成長をさらに促進すると予想されます。たとえば、2021年 12月にCareCloud Inc.は、医療機関向けの次世代インターフェイスおよびデータ管理エンジンであるCareCloud Connectorを発売しました。このソリューションは、インターフェース制御と可視性の向上を実現しながら、データ管理と展開速度を向上させる、すぐに使用できる統合を提供します。したがって、上記の要因により、調査対象の市場は予測期間中に成長すると予想されます。ただし、この分野の熟練した専門家が不足しているため、予測期間中の医療向け相互運用性ソリューション市場の成長が抑制されると予想されます。

医療向け相互運用性ソリューションの市場動向

サービスセグメントは、予測期間中に医療向け相互運用性ソリューション市場で主要な市場シェアを保持すると予想されます

相互運用性ソリューションには多数のサービスプロバイダーが存在するため、サービスセグメントが主要なシェアを占めると予想されます。さらに、医療医療アプリケーションのパフォーマンスを向上、高速化するために全体の運用コストを最小限に抑えるため、クラウドベースのプラットフォームとクラウドコンピューティングに対する医療および科学コミュニティの関心が高まっており、このセグメントの成長を推進しています。

さらに、市場のサービスプロバイダーは継続的に製品を革新し、市場に大きな影響を与えると予想される新製品を発売しています。たとえば、2021年 7月、Google Cloudは医療データエンジンを導入しました。これは、保険請求、医療記録、調査データ、臨床試験などの複数のソースからのデータを調和させる、ライフサイエンスおよび医療組織向けのエンドツーエンドソリューションです。同様に、2020年 5月、NewWave TelecomはTechnologies, Inc.と協力して、医療データの相互運用性を支援するために必要なサービスと製品を備えた医療プランの提供に重点を置いた子会社であるOnyx Technologyを立ち上げました。したがって、このセグメントは予測期間中に成長すると予想されます。

さらに、ソフトウェアのアップグレード、トレーニング、メンテナンスなどのサービスの頻繁な購入や、他の相互運用性ソリューションの採用により、調査対象セグメントの成長がさらに促進されると予想されます。たとえば、2021年 4月、Reliq Health Technologies Inc.は、大規模企業の要件を満たすために、iUGO CareプラットフォームにFHIR(Fast医療 Interoperability Resources)標準を採用しました。したがって、上記の要因により、サービスセグメントは、予測期間中に医療向け相互運用性ソリューション市場で大きなシェアを占めると予想されます。

北米は予測期間中に市場で大きなシェアを占めると予想される

北米地域は、医療インフラのデジタル化、医療支出の増加、新製品の発売への投資の増加により、調査対象市場で大きなシェアを占めると予想されています。たとえば、カナダ保健情報研究所の2021年 11月の報告書によると、カナダの医療インフラは2019年の2,670億米ドルから2021年の3,080億米ドルに増加しました。同様に、米国の医療支出は2019年の3兆8,000億米ドルから2021年には4兆3,000億米ドルに増加しました。したがって、医療費の増加を抑制するために、医療向け相互運用性ソリューションの需要が増加すると予想されており、これが市場の成長を押し上げると予想されます。

さらに、北米地域では、米国は電子医療記録(EHR)などのデジタル医療ソリューションがほぼすべての国で広く使用されている主要国の1つであるため、医療向け相互運用性ソリューションの主要市場となることが予想されています。病院。たとえば、2020年12月に発表された「米国と米国以外の医療システム間の電子医療記録の使用の評価」というタイトルの調査研究によると、他国の臨床医と比較した場合、米国の臨床医はより多くの臨床タスク、そしてそれによる医療向け相互運用性ソリューションの導入に向けて、EHRを積極的に使用していました。

これに加えて、国内のいくつかの主要な市場プレーヤーの存在と、製品の発売、合併と買収、その他の間のコラボレーションなどの事業拡大の取り組みにより、市場の成長がさらに促進されると予想されます。たとえば、Embratelは2022年 4月に、臨床接続、情報統合、医療記録の共有などの課題を解決して医療を統合的に把握しようとする公的および民間機関に適した、Embratel Saude Interoperabilidadeソリューションを開始しました。したがって、上記の要因により、北米地域が大きなシェアを占めると予想され、予測期間中に米国が医療ケア相互運用ソリューション市場の主要市場となるでしょう。

医療向け相互運用性ソリューション業界の概要

医療向け相互運用性ソリューション市場は現在、本質的に細分化されており、大規模から中小規模のプレーヤーが複数存在するため、市場の競争力は中程度です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • IT医療ソリューションと医療の相互運用性への投資の増加
    • 医療費の増加に対する懸念の高まり
  • 市場抑制要因
    • 熟練した医療IT専門家の不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション(金額別の市場規模)

  • 展開別
    • クラウドベース
    • オンプレミス
  • レベル別
    • 基礎的
    • 構造的
    • セマンティック
  • タイプ別
    • ソリューション
      • EHR相互運用性
      • HIE相互運用性
      • その他
    • サービス
  • エンドユーザー別
    • 医療提供者
    • 医療支払者
    • 薬局
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Koninklijke Philips NV
    • Allscripts Healthcare LLC
    • Oracle Corporation(Cerner Corporation)
    • EPIC Systems Corporation
    • NextGen Healthcare Inc.
    • Koch Software Investments(Infor Inc.)
    • Jitterbit
    • Virtusa Corpopration
    • Orion Health Group Limited
    • International Business Machines Corporation(IBM)

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 72550

The Global Healthcare Interoperability Solutions Market size is estimated at USD 4.53 billion in 2024, and is expected to reach USD 7.75 billion by 2029, growing at a CAGR of 11.31% during the forecast period (2024-2029).

Global Healthcare Interoperability Solutions - Market

The COVID-19 pandemic had a significant impact on the world economy and healthcare infrastructure due to the sudden surge in COVID-19 patients. It significantly increased the demand for healthcare interoperability solutions because of the unforeseen influx of COVID-19 patients with different health conditions which disrupted the general functioning of any healthcare providing facility. For instance, according to an article published in February 2021, titled 'COVID-19 Highlights Need for Laboratory Data Sharing and Interoperability', the necessity for an interoperable healthcare system has become abundantly clear as a result of the SARS-CoV-2 pandemic, and in the United States, each state has its requirements for responding to the COVID-19, figures are inconsistent and depend on the location and information source. Further, as per the same source, the country's response to COVID-19 would be significantly improved by an interoperable healthcare system. For instance, a patient could contact their provider with symptoms, and the provider would have rapid access to the patient's complete medical information to treat any underlying issues. Hence it is anticipated that the COVID-19 pandemic is expected to have a significant impact on the healthcare interoperability solutions market.

The major factors that are expected to fuel growth in the healthcare interoperability solutions market include increasing adoption and investment in digital healthcare solutions by healthcare providers across the world and rising concerns over increasing healthcare costs. The healthcare interoperability solutions can help in reducing the increasing healthcare costs due to which they are expected to be adopted more widely over the forecast period and the market is expected to grow. For example, some of the major benefits of adopting healthcare interoperability solutions are an increase in healthcare efficiency, improvement in quality of care and patient experience, reduction the healthcare cost, and lightening physician burnout among other benefits. Hence, the investment in healthcare IT and interoperability solutions is expected to increase over the forecast period which is expected to fuel growth in the healthcare interoperability solutions market. For instance, in September 2020, the Office of the National Coordinator for Health Information Technology of the United States rewarded four organizations with funding of a total of USD 2.7 million under the Leading Edge Acceleration Projects in Health Information Technology program for the exploration of new opportunities for the adoption and use of health IT standards across the healthcare ecosystem.

Further, the increasing healthcare expenditure across the world is one of the major concerns for the governments, and to reduce that healthcare IT solutions are being adopted and deployed which is further expected to increase the adoption of healthcare interoperability solutions as they will play a crucial role in transferring of data from one place to another. For instance, according to the June 2022 report of the Federal Statistical Office (Destatis) of Germany, the country's healthcare expenditure is increasing year over year and in 2020 it stood at EUR 441 billion.

Moreover, the launch of new products in the area by the market players is further expected to boost the growth of the healthcare interoperability solutions market. For instance, in December 2021, CareCloud Inc. launched CareCloud Connector, a next-generation interface and data management engine for healthcare organizations. The solution offers ready-to-use integration that enhances data management and deployment speed while delivering improved interface control and visibility. Therefore, owing to the above-mentioned factors, the studied market is expected to grow over the forecast period. However, a shortage of skilled professionals in the area is expected to restrain the growth of the healthcare interoperability solutions market during the forecast period.

Healthcare Interoperability Solutions Market Trends

Service Segment is Expected to Hold a Major Market Share in the Healthcare Interoperability Solutions Market Over the Forecast Period

The service segment is anticipated to account for the major share owing to the presence of a substantial number of service providers for interoperability solutions. Furthermore, increasing interest of healthcare and scientific communities in the cloud-based platform and cloud computing to minimize the overall operational costs for better and faster performance of healthcare applications is driving the segment growth.

In addition, the service providers in the market are continuously innovating their products and launching new products which are expected to have a significant impact on the market. For instance, in July 2021, Google Cloud introduced a healthcare data engine, an end-to-end solution for life science and healthcare organizations that harmonizes data from multiple sources, including claims, medical records, research data, and clinical trials. Similarly, in May 2020, NewWave Telecom collaborated with Technologies, Inc. for the launch of Onyx Technology, a subsidiary focused on delivering health plans with services and products required to assist healthcare data interoperability. Hence, the segment is expected to grow over the forecast period.

Moreover, the frequent purchases of services, including software upgradation, training, and maintenance, and adoption of other interoperability solutions are further expected to boost growth in the studied segment. For instance, in April 2021, Reliq Health Technologies Inc. adopted the FHIR (Fast Healthcare Interoperability Resources) standard for its iUGO Care platform to fulfill the requirements of the large-scale enterprise. Therefore, due to the above-mentioned factors, the service segment is expected to hold a significant share in the healthcare interoperability solutions market during the forecast period.

North America is Expected to Occupy a Significant Share in the Market Over the Forecast Period

The North American region is expected to hold a significant share in the studied market owing to the increasing investment in the digitalization of the healthcare infrastructure, increase healthcare expenditure, and launch of new products. For instance, according to the November 2021 report of the Canadian Institute for Health Information, the Canadian healthcare infrastructure increased from USD 267 billion in 2019 to USD 308 billion in 2021. Similarly, the healthcare expenditure of the United States increased from USD 3.8 trillion in 2019 to 4.3 trillion in 2021. Hence, to control the increasing healthcare cost, the demand for healthcare interoperability solutions is expected to increase which is expected to boost the market's growth.

Moreover, in the North American region, the United States is expected to be a major market in the region for healthcare interoperability solutions as it is one of the major countries where digital healthcare solutions like electronic health records (EHRs) are used widely in almost every hospital. For instance, according to the research study published in December 2020, titled 'Assessment of Electronic Health Record Use Between the US and Non-US Health Systems', when compared to their peers from other countries, clinicians from the United States used the EHR actively for a great deal more clinical tasks and hence, the adoption of healthcare interoperability solutions.

In addition to this, the presence of some key market players in the country and business expansion initiatives like product launches, mergers and acquisitions, and collaborations among others are expected to further boost the market growth. For instance, in April 2022, Embratel launched the Embratel Saude Interoperabilidade solution, suitable for public and private institutions that seek to solve the challenges of clinical connectivity, information integration, and sharing of medical records for an integral view of healthcare. Therefore, due to the above-mentioned factors, the North American region is expected to occupy a significant share, where the United States would be the major market for the healthcare interoperability solutions market over the forecast period.

Healthcare Interoperability Solutions Industry Overview

The healthcare interoperability solutions market is currently fragmented in nature with the presence of several large to small and medium-sized players due to which, the market is moderately competitive. Some of the companies currently dominating the market are Koninklijke Philips NV, Allscripts Healthcare LLC, Cerner Corporation, EPIC Systems Corporation, NextGen Healthcare Inc., Infor Inc., Jitterbit, Virtusa Corp., Orion Health Group Limited, and IBM.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Investment in IT Healthcare Solutions and Healthcare Interoperability
    • 4.2.2 Rising Concerns Over Increasing Healthcare Costs
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Shortage of Skilled Healthcare IT Professionals
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - in USD Million)

  • 5.1 By Deployment
    • 5.1.1 Cloud-based
    • 5.1.2 On-premise
  • 5.2 By Level
    • 5.2.1 Foundational
    • 5.2.2 Structural
    • 5.2.3 Semantic
  • 5.3 By Type
    • 5.3.1 Solutions
      • 5.3.1.1 EHR Interoperability
      • 5.3.1.2 HIE Interoperability
      • 5.3.1.3 Other Types
    • 5.3.2 Services
  • 5.4 By End User
    • 5.4.1 Healthcare Providers
    • 5.4.2 Healthcare Payers
    • 5.4.3 Pharmacies
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle East and Africa
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Koninklijke Philips NV
    • 6.1.2 Allscripts Healthcare LLC
    • 6.1.3 Oracle Corporation (Cerner Corporation)
    • 6.1.4 EPIC Systems Corporation
    • 6.1.5 NextGen Healthcare Inc.
    • 6.1.6 Koch Software Investments (Infor Inc.)
    • 6.1.7 Jitterbit
    • 6.1.8 Virtusa Corpopration
    • 6.1.9 Orion Health Group Limited
    • 6.1.10 International Business Machines Corporation (IBM)

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS