デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435816

医用イメージング向けAI:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

AI In Medical Imaging - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
医用イメージング向けAI:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

医用イメージング向けAI市場規模は2024年に58億6,000万米ドルと推定され、2029年までに204億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に28.32%のCAGRで成長します。

医用画像におけるAI-市場

主なハイライト

  • 高齢化人口の増加と医療エコシステムへの投資の増加は、予測期間中の市場全体の成長にプラスの影響を与えると予想されます。先進国はこの人口動態の課題に直面しており、手頃な価格で高度な医療システムを人々に提供することに投資しており、それによって市場に刺激を与えています。さらに、コンピューター断層撮影(CT)スキャンでは、X線では検出できない肺の小さな病変も検出できます。医療分野におけるX線の使用法は、確認、診断、および補助です。
  • 医療イノベーションの最も有望な分野の1つは、画像処理と解釈を含むがこれらに限定されない医用イメージング向けAIの応用です。医用イメージング向けAIは、検出時間を短縮するだけでなく、検出の精度を高め、健康上の問題を時間通りに診断するのに役立ちます。たとえば、Mount Sinai病院の研究者は、Gauss SurgicalのTritonを使用して出血プロトコルを推進し、帝王切開と経膣分娩の両方で出血認識が2~4倍増加し、出血を制御するための介入の遅れが34%減少しました。不必要な輸血や検査による年間コストの回避により、年間209,000米ドルが節約されました。
  • 人工知能(AI)を組み込んだソフトウェア、特に機械学習(ML)として知られるAIのサブセットは、ヘルスケアのあらゆる側面で技術が進歩するにつれて、いくつかの医療機器の機能としてますます重要になってきています。機械学習の最も重要な利点の1つは、ヘルスケアを提供する際に毎日収集される大量のデータから新しく価値のある洞察を抽出できることです。

医用イメージング向けAI市場の動向

コンピューター断層撮影(CT)が市場の成長を牽引すると予想される

  • コンピューター断層撮影(CT)市場の成長の主な要因には、がんや心血管疾患などのさまざまな生活習慣に関連する慢性疾患の有病率の増加、AIと統合された高度なイメージングソリューションに対する需要の増加、およびAI対応ソリューションへのさらなる投資が含まれます。いくつかの要因は市場全体の成長を促進すると予想されます。救急部門における高度な評価ツールの需要の増加と外来救急治療室の数の増加は、CT市場の成長にプラスの影響を与えると予想されており、医療画像分野のAI市場全体の需要を押し上げることになります。
  • 低線量CT処置から生じる画像ノイズは、画像サービスの品質、効率、コストに悪影響を及ぼします。 AIベースのDLRおよび後処理技術は、CT画像を数秒で処理することができ、IRよりもはるかに広範囲の線量と検査タイプにわたって画像ノイズを低減します。
  • 米国がん協会によると、今年米国で新たに合計 236,740人の肺がんと気管支がんが発生すると推定されています。さらに、CTスキャンは、肺腫瘍の形状、サイズ、正確な位置を示すのに役立ち、本人に病気の兆候や症状が見られなくても肺がんを発症するリスクがある場合にも役立ちます。
  • コンピューター断層撮影(CT)では、AIは、患者の位置決めや収集パラメーター設定を含むデータ収集プロセスの自動化と最適化を通じて、患者の放射線量をさらに削減できる可能性を秘めています。市場のプレーヤーは、調査対象市場におけるCTスキャンのニーズの高まりに応えるための進歩を導入しています。たとえば、2022年 8月に、Xoran Technologiesは、真に移動可能な全身透視コンピュータ断層撮影(CT)X線システムであるTRONについてFDA 510(k)認可を取得したと発表しました。手術室、手術センター、救命救急病棟などの従来の環境で、安全で超高解像度の低線量イメージングを提供できるように設計されています。

アジア太平洋は最高の成長を遂げる

  • アジア太平洋では、研究開発費の増加と製薬およびバイオテクノロジー分野の開発により、ヘルスケア分野の人工知能が予測期間中に大きな成長を遂げると予想されています。
  • さらに、大規模な患者プールの存在は、より良いヘルスケアサービスに対する需要を引き起こし、医療インフラを開発し、この地域の医用イメージング向けAIのさらなる成長をサポートするために可処分所得を増加させるでしょう。さらに、ヘルスケア分野への支出の勢いも高まりました。この地域の経済は、患者の診断と治療のための堅牢な医療インフラの開発にますます集中しています。インベスト・インディアによると、ヘルスケア市場全体の80%を占めるインドの病院部門は、国内外の投資家から大きな関心を集めています。
  • さらに、医用イメージング向けAIは、中国のヘルスケア業界で最も一般的なAIアプリケーションの1つです。現在、中国におけるAI医療アプリケーションの2番目に大きな市場セグメントであり、40%以上の成長率を示し、2024年には25億米ドルの規模に達すると予測されています。専門医師の数にはかなりの差があります。中国の医療画像分野で。中国では医療画像データセットが毎年 30%増加しており、病院のデジタルデータ量の90%を占めています。対照的に、放射線科医の数は年間わずか4%しか増加しません。中国のAI医療画像処理は、業界関係者によって、中国のヘルスケア業界でAIを商業化する最初の市場であると考えられています。
  • COVID-19の感染拡大を受け、医療技術関連企業は機器の商業生産への急速な移行を迫られています。通常、企業は顧客へのアプローチなどの活動が中心となります。健康診断需要が急増する中、オンライン病院、AIによる検温、遠隔診療、インターネットによる薬の配送などの新サービスが急速に実用化に向けて進んでいます。

医用イメージング向けAIの概要

医用イメージング向けAI市場は、国内外の市場で活動する多くのプレーヤーが存在するため、適度な競争が見られます。市場の結束力がさらに高まる可能性があります。医療画像市場におけるAIアプリケーションの増加により、大手企業は製品イノベーション、パートナーシップ、合併、買収などの戦略を採用しています。

2022年 7月、Siemens Healthineersが提供する磁気共鳴画像法(MRI)機能が人工知能(AI)によって加速および強化されます。スキャン時間、解像度、画像ノイズの間の妥協点がMRイメージングの品質を決定します。ノイズを最小限に抑え、正確な答えを維持するか、画質を向上させることで、医師は大幅に短いスキャン時間を選択できるようになります。 Deep Resolveは、最終的な診断画像を強化するだけでなく、かなり早い段階で開始されます。AIアルゴリズムを使用して、スキャナーからの生データを使用した画像再構成の初期段階から画像を改善します。

2022年 7月、同社は臨床結果、放射線医学の効率、企業の効率に革命をもたらす人工知能(AI)とデジタルソリューションとともに、患者ケアを改善するための最先端の画像技術を展示しました。前世代のGE CTスキャナと比較してボア内の患者エリアを22%拡大するために、GEヘルスケアはECR 2022でRevolution Ascend CTシステムを発表しました。このシステムは、幅75センチメートルの新しいガントリー設計と低いテーブル位置を組み合わせています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • テクノロジースナップショット-テクノロジー別
  • 産業バリューチェーン分析
  • COVID-19:医用イメージング向けAI市場への影響
  • 市場促進要因
    • 画像処理量の増加
  • 市場の課題
    • 高コストとシステム導入の難易度

第5章 市場セグメンテーション

  • 提供別
    • ソフトウェアツール/プラットフォーム
  • 画像取得技術別
    • X線
    • CT
    • MRI
    • 超音波イメージング
    • 分子イメージング
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • クリニック
    • 研究所・診断センター
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • フランス
      • 英国
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Siemens Healthineers AG
    • GE Healthcare
    • IBM Watson Health
    • BenevolentAI Limited
    • Philips Healthcare
    • Zebra Medical Vision Inc.
    • Samsung Electronics Co. Ltd
    • Medtronic Plc
    • EchoNous, Inc.
    • Enlitic Inc.
    • Nvidia Corporation
    • Oxipit.ai

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 69673

The AI In Medical Imaging Market size is estimated at USD 5.86 billion in 2024, and is expected to reach USD 20.40 billion by 2029, growing at a CAGR of 28.32% during the forecast period (2024-2029).

AI In Medical Imaging - Market

Key Highlights

  • The growing aging population, coupled with rising investment in the healthcare ecosystem, is expected to impact overall market growth over the forecast period positively. Developed nations have been facing this demographic challenge and have been investing in bringing affordable and advanced healthcare systems to the people, thereby providing impetus to the market. Additionally, a computed tomography (CT) scan can detect small lesions in the lungs that go undetected on an X-ray. Confirmative, diagnostic, and supportive are different uses of X-rays in the medical domain.
  • One of the most promising areas of health innovation is the application of artificial intelligence (AI) in medical imaging, including, but not limited to, image processing and interpretation. AI in medical imaging not only reduces the time of detection but also increases the accuracy of detection and helps diagnose health issues on time. For instance, researchers at the Mount Sinai Hospital used Triton from Gauss Surgical to drive hemorrhage protocols, leading to a 2-4 times increase in hemorrhage recognition in both c-sections and vaginal deliveries, a 34% reduction in delayed interventions to control bleeding, and USD 209,000 annualized cost avoidance from unnecessary transfusions and lab tests.
  • Software incorporating artificial intelligence (AI), particularly the subset of AI known as machine learning (ML), has become an increasingly significant feature of several medical devices as technology advances in every aspect of healthcare. One of the most significant benefits of machine learning is its ability to extract new and valuable insights from the massive amounts of data gathered every day when providing healthcare.
  • Software incorporating artificial intelligence (AI), particularly the subset of AI known as machine learning (ML), has become an increasingly significant feature of several medical devices as technology advances in every aspect of healthcare. One of the most significant benefits of machine learning is its ability to extract new and valuable insights from the massive amounts of data gathered every day when providing healthcare.

Artificial Intelligence (AI) in Medical Imaging Market Trends

Computed Tomography is Expected to Drive the Market Growth

  • The major factors for the growth of the computed tomography (CT) market include the growing prevalence of various lifestyle-associated chronic diseases such as cancer and cardiovascular conditions and increasing demand for advanced imaging solutions integrated with AI and further investment in AI-enabled solutions are some of the factors expected to drive the overall market growth. Increasing demand for advanced assessment tools in the emergency department and a growing number of ambulatory emergency care units are the drivers expected to positively impact the CT market growth, which will boost the overall demand for the AI market in medical imaging.
  • Image noise resulting from low-dose CT procedures causes a negative cascading effect on the quality, efficiency, and cost of imaging services. AI-based DLR and post-processing techniques are able to process CT images in a matter of seconds - to reduce image noise across a much broader range of doses and exam types than IR.
  • According to the American Cancer Society, a total of 236,740 new cases of lung and bronchus cancer are estimated this year in the United States. Furthermore, a CT scan can help in showing the shape, size, and accurate position of any lung tumor and can even help in cases where there is a risk of developing lung cancer without the individual seeing any signs or symptoms of the disease.
  • In computed tomography (CT), AI holds the promise of enabling further reductions in patient radiation dose through automation and optimization of data acquisition processes, including patient positioning and acquisition parameter settings. The players in the market are introducing advancements to cater to the rising need for CT scans in the studied market. For instance, in August 2022, Xoran Technologies announced that it received FDA 510(k) clearance for TRON, a truly mobile, full-body fluoroscopy, computed tomography (CT.) X-ray system. It is designed to provide safe, ultra-high-resolution, low-dose imaging in traditional settings such as the operating room, surgery center, and critical care unit.

Asia-Pacific to Witness Highest Growth

  • In the Asia-Pacific, artificial intelligence in healthcare is expected to witness lucrative growth over the forecast period, owing to rising R&D expenditure and developments in the pharmaceutical and biotechnology sectors.
  • Additionally, the presence of a significant patient pool will trigger demand for better healthcare services, develop healthcare infrastructure, and increase disposable income to support further the growth of AI in Medical Imaging in the region. Furthermore, spending in the healthcare sector gained heightened traction. Economies in the region are increasingly concentrating on developing a robust healthcare infrastructure for patient diagnoses and treatment. According to Invest India, India's hospital sector, accounting for 80% of the total healthcare market, is observing significant investor interest from both global and domestic investors.
  • Furthermore, AI medical imaging is one of the most common AI applications in the healthcare industry in China. It is currently the second-largest market segment of AI medical applications in China and was predicted to witness a growth rate of more than 40% and reach a scale of USD 2.5 billion in 2024. There is a considerable gap in the number of professional doctors in medical imaging in China. The medical imaging dataset increases by 30% every year in China, which also accounts for 90% of the digital data volume for a hospital. In contrast, the number of radiologists increases by only 4% a year. AI medical imaging in China is considered by industry insiders to be the first market to commercialize AI in the healthcare industry in China.
  • The spread of COVID-19 has urged medical technology-related companies to shift to commercial production of equipment rapidly. Under normal conditions, companies are centering on activities such as approaching customers. Amid the abrupt increase in demand for medical examinations, new services such as online hospitals, temperature checks by AI, remote medical care, and delivery of drugs via the Internet are rapidly moving toward practical use.
  • COVID-19 has brought a lot of awareness to the medical industry in the region. According to a new radiology industry study released by Royal Philips, eight out of ten radiologists in Singapore, Australia, and South Korea (80%) believed that artificial intelligence (AI) is expected to be integrated into their current clinical workflow, enabling more confident diagnosis and data processing.

Artificial Intelligence (AI) in Medical Imaging Industry Overview

The AI Market in Medical Imaging is moderately competitive, owing to the presence of many players in the market operating in the domestic and international markets. The market could be more cohesive. Due to the increase in AI applications in the medical imaging market, major players are adopting strategies like product innovation, partnerships, mergers, and acquisitions.

In July 2022, the Magnetic Resonance Imaging (MRI) capabilities offered by Siemens Healthineers are accelerated and enhanced by artificial intelligence (AI). The compromise between scan time, resolution, and picture noise determines the MR imaging's quality. Minimizing noise and maintaining the exact answer or improving picture quality allows doctors to select a substantially shorter scan time. Instead of only enhancing the final diagnostic picture, Deep Resolve begins considerably earlier: It uses AI algorithms to improve the image from the initial stages of image reconstruction using the raw data from the scanner.

In July 2022, along with its artificial intelligence (AI) & digital solutions that seek to revolutionize clinical results, radiology efficiency, and enterprise efficiency, the company showcased its cutting-edge imaging technologies for improving patient care. To enhance the patient area within the bore by 22% compared to earlier generations of GE CT scanners, GE Healthcare unveiled the Revolution Ascend CT system at ECR 2022. This system combines a new 75-centimeter-wide gantry design with a lower table position.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitutes
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Technology Snapshot - By Technology
    • 4.4.1 Deep Learning
    • 4.4.2 Computer Vision
    • 4.4.3 Natural Language Processing
    • 4.4.4 Other Technologies
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis
  • 4.6 COVID-19 Influence on the AI Market in Medical Imaging
  • 4.7 Market Drivers
    • 4.7.1 Increasing Imaging Volumes
  • 4.8 Market Challenges
    • 4.8.1 High Cost and Reluctance of Adoption of These Systems

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Offering
    • 5.1.1 Software Tools/Platform
    • 5.1.2 Services
  • 5.2 By Image Acquisition Technology
    • 5.2.1 X-Ray
    • 5.2.2 Computed Tomography
    • 5.2.3 Magnetic Resonance Imaging
    • 5.2.4 Ultrasound Imaging
    • 5.2.5 Molecular Imaging
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Clinics
    • 5.3.3 Research Laboratories & Diagnostic Centers
    • 5.3.4 Other End Users
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 France
      • 5.4.2.3 United Kingdom
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
      • 5.4.3.1 India
      • 5.4.3.2 China
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 5.4.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Siemens Healthineers AG
    • 6.1.2 GE Healthcare
    • 6.1.3 IBM Watson Health
    • 6.1.4 BenevolentAI Limited
    • 6.1.5 Philips Healthcare
    • 6.1.6 Zebra Medical Vision Inc.
    • 6.1.7 Samsung Electronics Co. Ltd
    • 6.1.8 Medtronic Plc
    • 6.1.9 EchoNous, Inc.
    • 6.1.10 Enlitic Inc.
    • 6.1.11 Nvidia Corporation
    • 6.1.12 Oxipit.ai

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS