デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433932

商業印刷:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Commercial Printing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
商業印刷:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

商業印刷市場規模は2024年に4,610億6,000万米ドルと推定され、2029年までに5,008億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に1.67%のCAGRで成長します。

商業印刷- マーケット

世界中の企業の広告ニーズの高まりと広範な技術の普及が、市場の成長を推進する重要な要因です。大量印刷には費用対効果が高く効率的であるため、多くの組織が商用プリンターを採用しています。

主なハイライト

  • カスタマイズされたマーケティングメッセージをプロモーションおよびマーケティング戦略に組み込むことは、商業印刷業界の原動力の1つです。パーソナライズされた印刷コンテンツに対する大きな需要があり、デジタル印刷技術を使用する商業印刷会社がそれに応えています。このようなテクノロジーには、各印刷物上の画像、テキスト、グラフィックスのカスタマイズを可能にするバリアブルデータプリンティング(VDP)が含まれます。少部数の自費出版業界では、注文の柔軟性、最適化された在庫処理、印刷コンテンツの市場投入までの時間の最小化により、デジタル印刷に対する高い需要が見られます。これは商業産業の支出の増加にも寄与する可能性があります。
  • 広範囲にわたる短納期生産の用途が増加しています。これらのアプリケーションの例としては、書籍、ダイレクトメール、パンフレット、カタログなどがあります。従来のダイレクトメールでは、多くの顧客に同じメッセージを送信するのが一般的でした。しかし、デジタルマーケティングではデータを活用し、その人の興味に合わせて印刷メッセージをカスタマイズすることで、顧客満足度を高めることができます。
  • 今日のビジネスにおいて持続可能性の重要性はますます高まっています。商用インクジェット製品は、消費電力が少なく、二酸化炭素の生成も少なく、トナー粉塵を排出しないため空気がきれいになることから注目を集めています。多くの企業は、製品の強化、パッケージングとメッセージングのパーソナライズ、クライアントのブランド宣伝の支援、需要の季節性への対応を目的として、インクジェットプリンタに投資しています。たとえば、DS Smith Iberiaは2021年に、ポルトガルのリスボンにある自社施設にEFIのぞみC18000 Plus 6色シングルパス LEDインクジェットプリンタを設置しました。のぞみの生産性により、市場投入までの時間が短縮され、リソラミネートを必要とせずにオフセット印刷と同等の印刷品質が提供されることが期待されています。
  • 印刷業界は歴史的に労働集約的であり、売上高の傾向と雇用の間に強い関係があります。機械設計、デジタル化、およびコンピューター化は、生産性の向上とこの業界の変革に大きく貢献し、成長能力が直接的な仕事に結びつかなくなりました。しかし、調達プロセス中の原材料コストの上昇により、いくつかのプレーヤーの運営が制限されます。商業印刷で使用される原材料には、紙、インキ、印刷材料、その他の化学製品が含まれます。原料価格は動的であり、いくつかの社会経済的要因に基づいて変動するため、調査対象市場で事業を展開している企業の事業活動が妨げられます。ここ数年、インクメーカーの購買部門は激動の時代を迎えました。
  • COVID-19ウイルス感染症のパンデミックにより、商業印刷の需要が減少しました。多くのイベントが中止となり、販促物の需要が減少しました。多くの組織もリモート勤務に移行しており、ペーパーレス化の傾向が高まる可能性があります。さらに、顧客がオンラインで過ごす時間が増えたため、広告主は他の形式のメディアではなくデジタルメディアを選択するようになりました。イベントの中止やリモートワークは、COVID-19の状況が収束するまでの一時的な措置であると予想されますが、印刷物の需要が永続的に失われる可能性があります。

商業印刷市場の動向

パッケージング部門は大幅な成長が期待される

  • 紙器、軟包装、ラベル印刷は、印刷と切断が必要な3つの包装アプリケーションです。紙器の場合、ファイルの準備(構造CADファイル)と仕上げ(型抜き、折り、接着)にいくつかのプロセスが追加されます。
  • 情報のデジタル配信の増加に伴い、商業印刷業者はパッケージの印刷品質を向上させるためにデジタル技術を取り入れていることが観察されています。クイックレスポンス(QR)コードは、スマートフォンでスキャンして製品情報やプロモーションコンテンツなどのデータを追加表示するために、製品パッケージに印刷される基本的かつ主流の印刷物となっています。
  • さらに、企業は政府の動的な規制を遵守し、偽造を防止する必要があるため、医薬品、タバコ製品、アルコール飲料のパッケージやラベルへの印刷の需要が増加すると予想されます。
  • パッケージングに関する加工業者と小売業者の間の協力関係が強化され、顧客を魅了する革新的な方法の開発につながりました。オンラインショッピングとパーソナライズされたエクスペリエンスのキュレーションは、パッケージング分野の商業印刷市場をさらに支援しています。このため、多くのパッケージング会社が商業印刷ソリューションに投資しており、市場の成長を促進しています。
  • さらに、電子商取引企業が日々の包装に革新的な印刷ソリューションを急速に採用しているため、世界中で急成長しているeコマース市場は、eコマース印刷プロバイダーにとって有利な機会となっています。eコマースが成長し、実店舗の小売売上高に占める電子商取引の相対的なシェアが高まるにつれ、物流から倉庫保管、小売ブランドに至るまでの利害関係者が、eコマースの特定のニーズに特化したテクノロジーに投資し始めています。
  • 2021年 10月、Xeikonは、Panther UVインクジェット技術ポートフォリオを拡大し、印刷製造のデジタル化の推進を支援するために、2つの新しいラベル印刷機、Xeikon PX3300およびXeikon PX2200を発表しました。 Xeikon PX2200およびPX3300は、同社のPanther DuraCure UVテクノロジーを使用して、耐擦傷性の高い高光沢ラベルを製造します。これにより、工業用、化学薬品、家庭用、高級飲料、健康、美容分野の高級ラベルなどの用途に幅広い色範囲と長期耐久性が提供されると報告されています。
  • このような革新的で持続可能な印刷の発展は、包装業界の商業印刷に有望な未来をもたらします。さらに、商業印刷およびパッケージングプロバイダー間の投資、合併、協力活動の増加により、製品の提供が強化され、より高いレベルの需要に応え、調査対象市場の成長が促進される可能性があります。

アジア太平洋が市場を独占

  • 中国、インド、フィリピン、ベトナム、タイなどの重要な地域からの需要が増加しているため、アジア太平洋地域が大きな市場シェアを占めています。新しいテクノロジーの登場、ライフスタイルの変化、eコマースの台頭、都市化などの要因が、この地域の印刷市場の成長を推進しています。
  • 新しいテクノロジーの導入、ライフスタイルの変化、eコマースの増加や都市化などの要因が、この地域の商業印刷市場の成長を推進しています。さらに、中国やインドなどの新興市場における加工食品や缶詰食品の需要の増加は、この地域の市場にプラスの影響を与えると予想されます。また、この地域の可処分所得の増加により、カスタマイズされた壁紙を使用したインテリアデザインの需要が高まっています。
  • 中国経済は過去数十年にわたり大幅な成長を遂げ、同国を世界第二位の経済大国に押し上げました。中国人の人口は世界で最大です。同時に、経済は一貫して高い速度で成長しています。大手メーカーの本拠地であり、複数のフォーチュン500企業を誘致する中国の商業印刷市場とデジタル印刷技術の導入の機会は拡大しています。
  • インド産業連盟(CII)によると、インドは2025年までに第5位の消費者市場になると予想されています。また、ASSOCHAM-EYの共同調査によると、インドの印刷および包装産業は2025年までに726億米ドルに成長すると予想されています。 2020年は18%のCAGRを記録しました。全インド印刷マスター連盟(AIFMP)は、インドには250,000を超えるMSMEと大手印刷業者が存在する可能性があると推定しています。 AIFMPのデータはまた、国内の商業印刷が年率約10%で成長しているのに対し、デジタル印刷は30%という堅調な成長率で成長していることを示唆しています。
  • インド印刷・包装・関連機械製造者協会(IPAMA)によると、業界関係者による急速な変化により、包装業界は今後も成長する可能性があります。この国のeコマースブームと組織化された小売部門は、パッケージング部門の成長に大きな潜在力をもたらし、それによって商業印刷業界を支えています。好景気、消費主義の高まり、世界的ブランドの参入、海外投資家の関心の高まりなどの他の要因も、業界に成長機会をもたらすに違いありません。

商業印刷業界の概要

商業印刷市場は、世界的および地域的なプレーヤーが多数存在するため、細分化されています。市場製品の均質な性質を考慮すると、市場で活動する多くの企業はさらに価格競争に駆り立てられています。

  • 2022年 7月:トッパンは、その卓越した環境、社会、ガバナンス(ESG)パフォーマンスにより、いくつかの上位指標で考慮対象として認められました。 FTSE4Good Index Series、FTSE Blossom Japan Index、およびFTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、FTSE Russellによって作成されました。 MSCI Inc.はMSCI日本女性活躍指数(WIN)を作成し、S&P/JPXカーボン・エフィシエント指数は日本取引所グループと協力して作成しました。
  • 2022年 5月:RRDは、専門のコピーライティング、コンテンツ戦略、プロジェクト管理の専門家へのアクセスを提供する編集ソリューションサービスであるHeliumの開始を発表しました。このサービスにより、ブランドはコンテンツ生成における何百人もの主題専門家への一元的なアクセスポイントを得ることができます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の業界への影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因と市場抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 小売、飲食品業界からの販促資材需要の増加
    • 環境に優しい慣行のイントロダクション
  • 市場抑制要因
    • デジタル化の進展と原料価格への依存度の上昇
  • 市場機会

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • オフセットリソグラフィー
    • インクジェット
    • フレキソ印刷
    • スクリーン
    • グラビア
    • その他
  • 用途別
    • パッケージング
    • 広告
    • 出版
      • 書籍
      • 雑誌
      • 新聞
      • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ACME Printing
    • Cenveo Corporation
    • R. R. Donnelley & Sons
    • Vistaprint(CIM PRESS PLC)
    • Toppan Co. Limited
    • Transcontinental Inc.
    • LSC Communications US LLC

第8章 投資分析

第9章 市場展望

目次
Product Code: 67324

The Commercial Printing Market size is estimated at USD 461.06 billion in 2024, and is expected to reach USD 500.87 billion by 2029, growing at a CAGR of 1.67% during the forecast period (2024-2029).

Commercial Printing - Market

The growing advertising needs of enterprises across the world and extensive technological proliferation are the key factors driving the market growth. Many organizations are adopting commercial printers as they are more cost-effective and efficient for bulk printing.

Key Highlights

  • Including customized marketing messages in promotional and marketing strategies is one of the drivers of the commercial printing industry. There is a significant demand for personalized printed content, which is being catered to by commercial printing companies that use digital printing technologies. Such technologies include variable data printing (VDP), which enables the customization of images, text, and graphics on each printed piece. The short-run self-publishing industry witnesses a high demand for digital printing due to order flexibility, optimized stock handling, and minimization of time-to-market for printed content. This may also contribute to the growth of the commercial industry's spending.
  • The applications for short-run production for a wide range are increasing. Some examples of these applications are books, direct mail, brochures, and catalogs. In direct mail, the conventional practice was to send the same message to many customers. However, digital marketing utilizes data to customize printed messages according to the person's interests, resulting in higher customer satisfaction.
  • Sustainability is becoming increasingly important in businesses today. Commercial inkjet products are gaining traction as they use less power, produce less carbon dioxide, and are associated with cleaner air as they do not emit toner dust. Many companies are investing in inkjet printers to enhance their offerings, personalize packaging and messaging, aid clients in promoting their brands, and meet the seasonality of their demand. For instance, in 2021, DS Smith Iberia installed the EFI Nozomi C18000 Plus six-color single pass-LED inkjet printer in its facility in Lisbon, Portugal. The productivity of the Nozomi is expected to reduce the time to market and offer a printing quality equivalent to that of offset printing without the need for litho lamination.
  • The printing industry has historically been labor-intensive, with a strong relationship between the trend in turnover and employment. Machinery design, digitalization, and computerization have significantly contributed to improving productivity and transforming this industry so that growth capacity is no longer linked to direct work. However, the rising raw material costs during the procurement process limit the operability of several players. The raw materials used in commercial printing include paper, ink, printing materials, and other chemical products. The feedstock prices are dynamic and fluctuate based on several socioeconomic factors, thereby hindering the business activity of the companies operating in the studied market. The last few years were tumultuous for the purchasing departments of ink manufacturers.
  • The demand for commercial printing reduced during the COVID-19 pandemic. Many events were canceled, leading to a lowered demand for promotional materials. Many organizations have also moved to remote working, which may boost the trend toward paperless operations. Additionally, with customers spending more time online, advertisers are opting for digital media over other forms of media. Although event cancelations and remote work are expected to be temporary measures until the COVID-19 situation is under control, they may cause a lasting loss in demand for printed materials.

Commercial Printing Market Trends

Packaging Segment Expected to Witness Significant Growth

  • Folding cartons, flexible packaging, and label printing are the three packaging applications that require printing and cutting, with folding cartons adding a few more processes to the file preparation (structural CAD files) and finishing (die-cutting, folding, gluing).
  • With a rise in the digital delivery of information, commercial printers have been observed to be imbibing digital technologies to enhance packaging print quality. Quick response (QR) codes have become a basic/mainstreamed print on product packaging to be scanned with a smartphone for additional display of data, such as product info and promotional content.
  • Additionally, the demand for printing from packaging and labels for pharmaceuticals, tobacco products, and alcoholic beverages is expected to increase, as the companies must comply with dynamic government regulations and protect against counterfeiting.
  • Increased cooperation among the convertors and retailers surrounding packaging has led to the development of innovative ways of customer enticement. Online shopping and curating personalized experiences have further aided the market for commercial printing in the packaging domain. Owing to this, many packaging companies are investing in commercial printing solutions, thus boosting the market's growth.
  • Furthermore, the booming e-commerce market across the world offers a lucrative opportunity for commercial printing providers, as e-commerce players rapidly adopt innovative printing solutions for their daily packaging. As e-commerce grows, its relative share of brick-and-mortar retail sales, the allied stakeholders, from logistics to warehousing to retail brands, have begun to invest in technologies unique to the specific needs of e-commerce.
  • In October 2021, Xeikon announced two new label presses, the Xeikon PX3300 and Xeikon PX2200, to expand its Panther UV inkjet technology portfolio and help in advancing the digitization of print manufacturing. The Xeikon PX2200 and PX3300 use the company's Panther DuraCure UV technology to produce high-gloss labels with high scruff resistance. This reportedly offers a wide color range and long-term durability for applications, including industrial, chemical, household, and high-end labels for the premium beverage, health, and beauty sectors.
  • Such developments in innovative and sustainable printing offer a promising future for commercial printing in the packaging industry. In addition, the growing number of investments, mergers, and collaboration activities among commercial printing and packaging providers may enhance the product offerings and cater to a higher level of demand, thereby boosting the growth of the studied market.

Asia-Pacific Dominates the Market

  • The Asian-Pacific region accounts for a significant market share due to increasing demand from critical regions like China, India, the Philippines, Vietnam, and Thailand. Factors such as the inception of new technologies, changing lifestyles, rise in e-commerce, and urbanization, are driving the growth of the printing market in the region.
  • Factors such as the inception of new technologies, changing lifestyles, and the rise in e-commerce and urbanization are driving the growth of the commercial printing market in the region. Moreover, the increasing demand for processed and canned food in emerging markets such as China and India is expected to impact the market in the region positively. Also, the increasing disposable income in the region is resulting in the growing demand for interior design with customized wallpapers.
  • The Chinese economy has experienced significant growth over the last few decades, which made the country the world's second-largest economy. The Chinese population is the largest in the world. Simultaneously, the economy is growing at a consistently high rate. Being the home of major manufacturers and attracting multiple Fortune 500 companies, the Chinese commercial printing market and the opportunities for the adoption of digital printing technologies have grown.
  • According to the Confederation of Indian Industry (CII), India is anticipated to become the fifth-largest consumer market by 2025. Also, according to an ASSOCHAM-EY joint study, India's print and packaging industry is expected to grow to USD 72.6 billion by 2020, registering a CAGR of 18%. The All-India Federation of Master Printers (AIFMP) estimates that the country may have more than 250,000 MSMEs and big printers. The data from AIFMP also suggests that commercial printing in the country is growing at an annual rate of around 10%, while digital printing is growing at a robust growth rate of 30%.
  • According to the Indian Printing, Packaging, and Allied Machinery Manufacturers' Association (IPAMA), the packaging industry may continue to grow due to the rapid changes undertaken by the industry players. The country's e-commerce boom and organized retail sector offer massive potential for the packaging sector's growth, thereby supporting the commercial printing industry. Other factors, such as the booming economy, increasing consumerism, entry of global brands, and rising interest of foreign investors, are bound to offer growth opportunities to the industry.

Commercial Printing Industry Overview

The commercial printing market is fragmented due to the presence of many global and regional players. Considering the homogenous nature of market products, many firms operating in the market are further being driven to compete on price.

  • July 2022: Toppan was recognized for consideration in several top indexes for its exceptional Environmental, Social, and Governance (ESG) performance. The FTSE4Good Index Series, the FTSE Blossom Japan Index, and the FTSE Blossom Japan Sector Relative Index were created by FTSE Russell. MSCI Inc. created the MSCI Japan Empowering Women Index (WIN), and the S&P/JPX Carbon Efficient Index was created in collaboration with the Japan Exchange Group.
  • May 2022: RRD announced the launch of Helium, an editorial solution service providing access to specialized copywriting, content strategy, and project management professionals. This service could give brands a centralized access point to hundreds of subject matter experts in content generation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 5.2 Market Drivers
    • 5.2.1 Increased Demand for Promotional Materials from the Retail, Food, and Beverage Industries
    • 5.2.2 Introduction of Eco-friendly Practices
  • 5.3 Market Restraints
    • 5.3.1 Increase in Digitization and Rising Dependence on Feedstock Prices
  • 5.4 Market Opportunities

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Offset Lithography
    • 6.1.2 Inkjet
    • 6.1.3 Flexographic
    • 6.1.4 Screen
    • 6.1.5 Gravure
    • 6.1.6 Other Types
  • 6.2 By Application
    • 6.2.1 Packaging
    • 6.2.2 Advertising
    • 6.2.3 Publishing
      • 6.2.3.1 Books
      • 6.2.3.2 Magazines
      • 6.2.3.3 Newspapers
      • 6.2.3.4 Other Applications
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 ACME Printing
    • 7.1.2 Cenveo Corporation
    • 7.1.3 R. R. Donnelley & Sons
    • 7.1.4 Vistaprint (CIM PRESS PLC)
    • 7.1.5 Toppan Co. Limited
    • 7.1.6 Transcontinental Inc.
    • 7.1.7 LSC Communications US LLC

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OUTLOOK