デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433887

空港用地上支援車両:市場シェア分析、産業動向&統計、成長予測(2024~2029年)

Airport Ground Support Vehicles - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 128 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
空港用地上支援車両:市場シェア分析、産業動向&統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 128 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

空港用地上支援車両の市場規模は、2024年に82億7,000万米ドルと推定され、2029年までに116億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.99%のCAGRで成長します。

空港用地上支援車両- 市場

世界の航空業界は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、前例のない課題に直面しています。パンデミックは民間航空部門に大きな影響を及ぼし、旅客輸送量が大幅に減少し、航空機の需要に悪影響を及ぼしています。国際航空運送協会(IATA)の2020年報告書によると、2020年の乗客数は約18億人で、2019年の45億人に比べて60.2%減少しました。さらに、旅行需要により民間航空部門は緩やかに回復すると予想されています。 2023年までに新型コロナウイルス感染症以前のレベルに正常化すると予測されています。

地上支援車両は通常、空港で航空機の飛行の間にさまざまな作業を行うために使用されます。空港で使用される牽引バーのないトラクターは、航空機を機内で牽引します。さらに、乗客の航空機への乗降には乗客用階段が使用されます。市場は、貨物と旅客の交通量の増加に伴い、空港の運営効率を高めるためのこのようなシステムに対する需要の高まりによって牽引されています。航空部門の急速な拡大、空港インフラへの投資の増加、よりグリーンで環境に優しい空港用地上支援車両に対する需要の高まりが、市場の成長を推進すると考えられます。大手航空会社とGSEサプライヤーは、寿命を延ばして運用コストを節約するために、古い機材の改修に重点を置いています。

空港用地上支援車両市場動向

タグボートとトラクターの技術進歩が予測期間中の部門の成長を促進する

空港の建設・拡張活動は現在、世界のほぼすべての地域で進行中であり、巨額の投資がそこに流れ込んでいます。パンデミックが発生する前年の2019年には、空港の建設と拡張に1,000億米ドルを超える投資が行われました。パンデミック後に投資は減少しましたが、進行中のプロジェクトと過去数か月の投資の復活により、調査対象の市場の成長が促進されると予想されます。

メカトロニクスとロボット工学の進歩、および電気的および機械的革新は、航空機グランドハンドリング業界の推進に重要な役割を果たしています。グランドハンドリングシステムの最新化により、地上業務と航空機ハンドリングの信頼性、安全性、効率が向上します。このテクノロジーはプロセスの最適化にも非常に役立つことが証明される可能性があります。適切に統合されたテクノロジー主導のグランドハンドリングプロセスにより、航空機の周囲で発生するすべてのアクションの概要が作成され、ターンアラウンドタイムと遅延の削減に役立ちます。

低ノイズ、無排出、高効率により、電気グランドハンドリングの需要が高まっています。厳しい規制基準への準拠とメンテナンス要件の軽減により、導入が促進されています。空港運営者は、老朽化した車両を先進的で効率的な電気自動車に継続的に置き換えています。

シンガポールのチャンギ空港は、自動化のテストと開発に最小かつ最新の施設を使用する計画で、2017年にターミナル4をオープンしました。メンテナンス、貨物、その他の関連サービスなどのサービスには、約21,000人が雇用されています。空港の機能を強化する試みとして、シンガポール民間航空局と、グランドハンドリングおよび機内食サービスを提供するSATS Ltdなどの政府管轄の企業が協力して、ターミナルの自動化に取り組んでいます。

アジア太平洋地域が予測期間中に市場をリードすると推定される

アジア太平洋地域は2021年に最高の市場シェアを保持しており、予測期間中に市場をリードすると予想されています。この成長の要因は、航空業界が繁栄していること、空港の数が最も多いこと、空港の近代化への支出が増加していることなどによるものです。アジア太平洋は、予測期間中に顕著な成長を示すでしょう。都市化の進行、航空旅行者の増加、新空港開発への支出の増加により、地域全体の市場の成長が促進されています。インド政府は、地域の交通インフラの改善に2020年から2021年にかけて237億米ドルの予算を割り当てた。同国は2024年までに100の新しい空港を建設する計画を立てています。

乗客数が増加し、2024年までにパンデミック前のレベルにまで増加すると予測されているため、主要空港は地上サービスのニーズに応えるための新しい設備の導入に向けた準備を進めています。インドには、まだ飛行機で頻繁に旅行していない旅客市場がほとんど未開発です。この巨大な市場潜在力により、インド全土の主要空港はその機能を拡大しています。例えば、

2022年6月、デリーのインディラ・ガンディー国際空港は、4か月間に合計62台の電気自動車を導入することで、エアサイド業務の排出ガスを削減する計画であると発表しました。この車両は、清掃から航空機とターミナル間の乗客の輸送まで、さまざまな目的に使用されます。

現在、インド、中国、フィリピン、ベトナム、オーストラリアなどの国々で、いくつかの空港の建設および拡張プロジェクトが進行中です。旅客輸送量が多い大都市の空港の拡張により、メーカーは先進的な地上支援車両を導入、提供する機会が生まれました。また、空港運営者は、空港運営を簡素化できる可能性のある新しい支援車両を調達してテストしています。 2022年3月、メンジーズ・アビエーションはオーストラリアのタイ航空との契約を更新し、メルボルンとシドニーの空港で乗客およびランプサービスを提供しました。

空港用地上支援車両業界の概要

空港用地上支援車両市場は本質的に細分化されており、旅客バスや階段、給油装置、除氷車、タグボート、トラクターなどのさまざまなタイプの車両を提供する複数のサプライヤーによって特徴付けられます。ただし、空港用地上支援車両市場の著名なプレーヤーの一部は、 John Bean Technologies Corp.、Textron Inc.(Textron Ground Support Equipment Inc.)、Vestergaard Company、Tronair Inc.、およびMallaghan Engineering Ltdです。

企業は電動航空機牽引車や電動GPUなどの新技術の開発に注力しており、企業をサポートし、新たな顧客(航空会社や空港運営者)を引き付けることが期待されています。たとえば、2021年 10月、Taylor-DunnはInternational GSE Expoで新しいリチウムイオン駆動の牽引トラクターを発表しました。これにより、車両の排出ガスがゼロになり、メンテナンスコストが削減され、安全性が向上します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • 給油機
    • タグとトラクター
    • 旅客バス
    • 解氷機関車
    • 地上動力装置
    • その他
  • 動力源
    • 電気式
    • 非電気式
    • ハイブリッド
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ジェミニ
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダー市場シェア
  • 企業プロファイル
    • John Bean Technologies Corp.
    • Textron Inc.(Textron Ground Support Equipment Inc.)
    • ALVEST
    • Mallaghan Engineering Ltd
    • Vestergaard Company
    • MULAG
    • Tronair Inc.
    • TIPS d.o.o.
    • Ground Support Specialists LLC
    • COBUS Industries GmbH

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66889

The Airport Ground Support Vehicles Market size is estimated at USD 8.27 billion in 2024, and is expected to reach USD 11.60 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.99% during the forecast period (2024-2029).

Airport Ground Support Vehicles - Market

The global aviation sector has faced unprecedented challenges due to the COVID-19 pandemic. The pandemic has significantly affected the commercial aviation sector, resulting in a drastic reduction in passenger traffic, which has negatively affected aircraft demand. According to the International Air Transport Association (IATA) report 2020, nearly 1.8 billion passengers flew in 2020 which showed a decline of 60.2% compared to 4.5 billion flew in 2019. Moreover, the commercial aviation sector is expected to recover slowly, as travel demand is projected to normalize to pre-COVID levels by 2023.

Ground support vehicles are normally used at the airport for various operations between aircraft flights. The towbarless tractors used at airports tow aircraft on the aircraft. Furthermore, passenger stairs are used for onboarding and off-boarding of passengers to and from the aircraft. The market is driven by the increasing demand for such systems to enhance the operational efficiency of the airports witnessing an increase in cargo and passenger traffic. The rapid expansion of the aviation sector, increasing investments in airport infrastructure, and growing demand for greener and eco-friendly airport ground support vehicles will drive the market growth. Major airlines and GSE suppliers focus on refurbishing old equipment to increase lifespan and saves operational cost.

Airport Ground Support Vehicles Market Trends

Technological Advancements in Tugs and Tractors Will Drive the Segmental Growth During the Forecast Period

Airport constructions/expansion activities are now in progress in almost every region around the world, with huge investments flowing into the same. In 2019, the year before the advent of the pandemic, investments of over USD 100 billion went into airport construction and expansions. Although the investments decreased post-pandemic, the ongoing projects and the revival in investments in the last few months are expected to drive the growth of the market studied.

Advancements in mechatronics and robotics and electrical and mechanical innovations play a vital role in driving the aircraft ground handling industry. Modernization in ground handling systems improves the reliability, safety, and efficiency of ground operations and aircraft handling. The technology could prove very useful in optimizing the process too. Well-integrated, technology-driven ground-handling processes create an overview of all actions happening around the aircraft, helping reduce turnaround times and delays.

The demand for electric ground handling is increasing due to lower noise, no emissions, and higher efficiency. Compliance with stringent regulatory norms and reduced maintenance requirements are driving the adoption. Airport operators continuously replace their aging fleet with advanced and efficient electric vehicles.

Changi Airport, Singapore, opened its Terminal 4 in 2017 with a plan of using its smallest and newest facility to test and develop automation. Services, such as maintenance, cargo, and other related services, employ some 21,000 people. In an attempt to increase airport functionality, the Civil Aviation Authority of Singapore and government-controlled companies, such as the ground-handling and in-flight catering firm SATS Ltd, are banding together to automate the terminal.

The Asia Pacific is Estimated to Lead the Market During the Forecast Period

The Asia Pacific held the highest market share in 2021 and is expected to lead the market during the forecast period. The growth is due to the presence of a well-flourished aviation industry, the highest number of airports, and increased spending on the modernization of airports. The Asia-Pacific will showcase remarkable growth during the forecast period. Growing urbanization, an increasing number of air travelers, and rising spending on the development of new airports boost the market growth across the region. Indian government allocated a budget of USD 23.7 billion in 2020-2021 for the improvement of the region's transport infrastructure. The country is planning to build 100 new airports by 2024.

With the increasing number of passengers and the projected increase to pre-pandemic levels by the year 2024, major airports have been gearing up with new equipment to serve the needs of on-ground services. India has a largely untapped market of passengers that are yet to travel frequently by air. Owing to this huge market potential, major airports across India have been expanding their capabilities. For instance,

In June 2022, Delhi's Indira Gandhi International Airport announced that it is planning to reduce airside operations emissions by inducting a total of 62 electric vehicles over a course of 4 months. The vehicles will serve multiple purposes from cleaning to transporting passengers between the aircraft and the terminals.

Several airport construction and expansion projects are currently underway in countries, like India, China, the Philippines, Vietnam, and Australia. The expansion of airports in major cities with huge passenger traffic has created an opportunity for the manufacturers to introduce and offer their advanced ground support vehicles. Also, the airport operators are procuring and testing new support vehicles that may allow them to simplify airport operations. In March 2022, Menzies Aviation renewed its contract with Thai airways in Australia to provide passenger and ramp services at Melbourne and Sydney airports.

Airport Ground Support Vehicles Industry Overview

The airport ground support vehicles market is fragmented in nature and is characterized by several suppliers who provide various types of vehicles like passenger buses and stairs, refuelers, deicers, tugs, tractors, etc. However, some of the prominent airport ground support vehicle market players are John Bean Technologies Corp, Textron Inc. (Textron Ground Support Equipment Inc.), Vestergaard Company, Tronair Inc., and Mallaghan Engineering Ltd.

Companies are focused on the development of new technologies, like electric aircraft tugs and electric GPUs, among others, and are anticipated to support the companies and attract new customers (airlines as well as airport operators). For instance, In October 2021, Taylor-Dunn launched a new lithium-ion powered tow tractor at International GSE Expo. It provides zero vehicle emissions, decreased maintenance costs, and increased safety benefits.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Refuelers
    • 5.1.2 Tugs and Tractors
    • 5.1.3 Passenger Buses
    • 5.1.4 De-icing Vehicles
    • 5.1.5 Ground Power Units
    • 5.1.6 Others
  • 5.2 Power Source
    • 5.2.1 Electric
    • 5.2.2 Non-Electric
    • 5.2.3 Hybrid
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 France
      • 5.3.2.3 Gemany
      • 5.3.2.4 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Mexico
      • 5.3.4.3 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 United Arab Emirates
      • 5.3.5.3 South Africa
      • 5.3.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share**
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 John Bean Technologies Corp.
    • 6.2.2 Textron Inc. (Textron Ground Support Equipment Inc.)
    • 6.2.3 ALVEST
    • 6.2.4 Mallaghan Engineering Ltd
    • 6.2.5 Vestergaard Company
    • 6.2.6 MULAG
    • 6.2.7 Tronair Inc.
    • 6.2.8 TIPS d.o.o.
    • 6.2.9 Ground Support Specialists LLC
    • 6.2.10 COBUS Industries GmbH

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS