デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1432789

分散制御システム:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Distributed Control Systems - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
分散制御システム:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

分散制御システムの市場規模は、2024年に215億7,000万米ドルと推定され、2029年までに279億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に5.28%のCAGRで成長する見込みです。

分散制御システム- 市場

分散制御システム市場は、プロセス産業のメーカーが現在の競合環境で競争力を得るために最高のオートメーション技術を実装する傾向によって将来的に推進されると予想されています。

スマートアプリケーションとIoTテクノロジの採用の増加が、市場の主要な促進要因となっています。スマートデバイスの採用の増加に伴い、時間遅延が減少し、パフォーマンスが向上した多機能マイクロエレクトロニクスに対する需要が増加しています。

現在、プロセス産業は非常に複雑な環境で運営されており、その制御テクノロジーに対する要件もそれに応じて厳しくなっています。制御テクノロジーはプロセス産業で競争力を高めるための重要な手段であり、それが現在と将来の膨大な課題に対処できるのであれば、なおさらです。 DCSシステムの最新版は、セキュリティ、最新テクノロジーとの互換性、およびオペレータの効率性に関して、以前のシステムに比べて顕著な改善をもたらし、分散制御システム市場を推進しています。

COVID-19は世界中のあらゆる産業に重大な影響を与えました。急速な成長のため、世界中の政府は工場やオフィスの機能に対してより強力な措置を講じ、その結果、ロックダウンが強化されました。商業・産業部門からの電力需要が大幅に減少したため、ロックダウンは電力部門に大きな影響を与えました。世界中のほとんどの企業にとって、パンデミックによる多額の損失からの回復段階はほぼ完了しました。

Wind Europeによると、多くの新しい風力発電プロジェクトで遅延が予想されており、開発業者はオークションシステムの導入期限に間に合わず、COVID-19の影響で罰金を科せられることになったと、国際再生可能エネルギー機関は、パンデミックが世界のサプライチェーンを脅かしているにもかかわらず、次のように述べました。電力部門では、CO2排出量実質ゼロへの移行を止めることはできません。パンデミックはまた、製造自動化が現代産業の機能にとっていかに不可欠であるかを示しました。その一部は社会的距離を保つことによって促進され、一部はサイバー脅威によって促進されました。社会的距離を置く措置は、製造業者がロボット工学への依存度を高めるために事業を再構築することになったため、より大きな影響を及ぼしました。

ただし、DCSシステムの最新バージョンでは、分散制御システムの市場促進要因であるセキュリティ、最新テクノロジーとの互換性、およびオペレータの効率性に関して、以前のシステムに比べて顕著な改善が見られます。最新のDCSには、資産診断、パフォーマンス監視、フリート管理、障害時のアラーム処理、メッセージの優先順位付け、障害発生時のアクションの簡素化などの新機能が含まれています。新しいDCSの目的は、発電所の耐用年数全体にわたって機能することです。 DCSはオンラインで更新でき、更新プログラムとセキュリティパッチがインストールされ、プラントをシャットダウンすることなく新機能を追加できます。

さらに、DCSは、石油精製、発電、有機化合物の製造、工芸品、食品および飲料の製造、医薬品製造、セメントなどのバッチ指向または連続法の操作でよく使用されます。 DCSは、可変速ドライブ、品質管理システム、モーターコントロールセンター(MCC)、キルン、製造装置、採掘装置などのさまざまなタイプの機器を制御できます。

DCSシステムの重要な利点の1つは、分散制御、ワークステーション、およびその他のコンピューティング要素間のデジタル通信がピアツーピアアクセス原則に従っていることです。石油化学、原子力、石油・ガス産業などのプロセス産業でより高い精度と制御を実現するために、特定の設定値の周囲で指定されたプロセス許容誤差を提供するコントローラーの需要が高まっています。

これらの要件により、DCSの導入が促進されました。これらのシステムは、運用の複雑さ、プロジェクトのリスクが軽減され、要求の高いアプリケーションでの機敏な製造のための柔軟性などの機能が提供されるからです。 DCSは、PLC、ターボ機械制御、安全システム、サードパーティ制御、および熱交換器、給水加熱器、水質などのさまざまなプラントプロセス制御を統合できるため、エネルギー分野でのDCSの採用がさらに促進されます。

分散制御システム市場動向

サービスがかなりの市場シェアを占める

DCS業界のサービス市場は、調査範囲に含まれる他の構成要素の中で、すべての収益利害関係者の中で最も興味深いものです。保守、設置、アラーム管理、アップグレードサービス、プラント資産管理、ライフサイクルサービス、コンサルティングサービス、移行サービス、シミュレーション、トレーニングサービスに広く適用できるため、サービス部門でもDCSの需要が拡大しています。その結果、エネルギー需要の増加と大幅な技術進歩により、予測期間中に特にサービス分野の需要が高まると予想されます。

さらに、市場の主要サプライヤーは、市場の継続的な拡大に向けて、プロジェクトおよび運用および保守サービスの能力の拡大を引き続き重視しています。市場レポートでカバーされるサービス範囲のさまざまなコンポーネントには、プロジェクト管理サービス、契約外のメンテナンス、改修、アップグレードが含まれます。

業界における分散型アンテナシステムのサービスプロバイダーの数が大幅に増加しているため、現在DCS市場の重要な部分を占めるサービス市場は、予測期間中に最速の速度で発展すると予想されます。

意識の高まりに伴い、業界関係者はDCSネットワークサービスを強化するためのIIoT戦略の展開と実行に焦点を当てています。センサーとエッジデバイスの方がはるかに高性能であり、PCと同様の処理能力と通信能力を備えているため、この関係は変化しました。各デバイスは、受動的なリスニング&レスポンスの役割を果たす代わりに、ピアとしてより多くの機能を実行できます。

さらに、プロジェクトサービスでは、サプライヤーがプロジェクトのすべての自動化関連システムに責任を負う、メインオートメーションコントラクター(MAC)の概念がますます重要になっています。

この傾向は、大規模なDCSプロジェクトの大部分で増加しています。サービス市場は、ピラミッドの最下位のエンティティ、つまりスペアパーツと修理をカプセル化しており、これらはシステムの生産性、コスト削減、生産ユニットの稼働時間を削減することによる製品ライフサイクルとシステムの延長に役立つことが証明されています。オペレーショナルエクセレンスを効率的に実現します。

北米が大きな市場シェアを保持

北米で急速に成長しているシェールガス産業は、この地域の分散制御システム市場の主要な推進力になると予想されています。

米国エネルギー省によると、シェールガスの割合は2035年までに45%近くに達すると予想されており、その結果、高リスク環境における冗長制御を通じてプロセスの持続可能性を提供する、緊密に統合された DCS 市場の並行成長をもたらす可能性があります。

さらに、この市場は現在、世界の原油価格の引き下げという課題に直面していますが、将来的には大きな産業になると期待されています。シェールガス採掘には大量の水が必要となるため、水処理施設にDCSシステムの市場が生まれ、市場全体が大幅に上昇しました。

さらに、北米の化学部門は信頼性の向上、遠隔監視の簡素化、設置コストの削減の恩恵を受けています。さらに、化学部門のいくつかの企業は、生産、効率、安全性を向上させ、人的エラーを減らすために、時代遅れのDCSシステムからより高度なDCSシステムに切り替えています。

北米の石油・ガス産業はプロセス主導型であり、継続的な操業と複雑な監視方法が行われています。オペレータにとって、この分野で使用される機械の動作を監視し、規制することは困難です。北米の多くの企業は、HMIと、オペレーターが運用を管理できるようにするコントローラー(DCS)の使用を導入しています。これらのシステムは、警報管理システムなどの安全手順を自動化し、機器のメンテナンスや修理作業を実行します。

分散制御システムは原子力発電所の管理に不可欠であることが証明されており、米国の原子力発電所市場をさらに支援し、原子力発電所の容量と数を継続的に増加させています。

分散制御システム業界の概要

競争の激しい分散制御システム市場には、いくつかの重要な競合他社が存在します。現在、市場シェアの点で市場の大部分を支配している大手競合企業はほとんどありません。かなりの市場シェアを持つ大手企業は、国際的な消費者基盤の拡大に注力しています。多くの企業は、市場シェアと収益性を向上させるために戦略的コラボレーションプロジェクトに依存しています。

2022年12月、Honeywellは、インドのRegreen Excel EPCがインドの40の工場にHoneywellのPlantCruise by Experionの分散制御システム(DCS)ソリューション、モジュラーシステム、およびフィールド計器(FI)を導入したと発表しました。Regreen Excel EPC India Pvt. Ltd.は、蒸留所、製糖、コージェネレーション、バイオ燃料、ゼロ液体排出システム、および再生可能エネルギーの会社です。このテクノロジーは、ユーザーが生産稼働時間を増やし、安全性、信頼性、効率を向上させ、投資とランニングコストを削減するのに役立ちます。

2022年 5月、ABBはUAEでプロセス制御システムとセメント粉砕装置を最新化し、複数のサイトにわたる稼働時間と一貫性を向上させました。 ABBは、アラブ首長国連邦のStar Super Cementのセメント粉砕事業で最先端の分散制御システム(DCS)自動化技術を構築しています。新しく強化されたシステムと、複数の線形化および粉砕ユニットのサイト全体にわたる均質性により、スターセメントはオペレーターの視認性の向上、メンテナンスの容易さ、ダウンタイムの少なさというメリットを享受できます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • バリューチェーン分析
  • 市場促進要因
    • 主要新興国のエネルギー需要の拡大
    • スマートアプリケーションとIot技術の採用拡大
    • 既存DCSソリューションの近代化がサービス分野の成長に寄与
  • 市場抑制要因
    • プロセスオートメーション分野における代替技術の利用拡大
  • 業界の魅力 - ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス別
  • 業界別
    • 発電
    • 石油・ガス
    • 化学
    • 精製
    • 鉱業・金属
    • 製紙・パルプ
    • その他エンドユーザー業界別
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • UAE
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd.
    • Honeywell International Corporation
    • Siemens AG
    • Schneider Electric
    • Mitsubishi Motors Corporation
    • Rockwell Automation
    • Emerson Electric Company
    • Metso(Valmet Oyj)
    • Omron Corporation
    • Novatech Llc(Weir Group)
    • Azbil Corporation
    • Toshiba International
    • Yokogawa Electric Co.

第7章 投資分析

第8章 今後の動向

目次
Product Code: 52779

The Distributed Control Systems Market size is estimated at USD 21.57 billion in 2024, and is expected to reach USD 27.90 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.28% during the forecast period (2024-2029).

Distributed Control Systems - Market

The distributed control system market will be driven in the future by the tendency for manufacturers in the process industry to implement the best automation technologies to obtain a competitive edge in the current competitive environment.

The growing adoption of smart applications and IoT technologies are the key drivers for the market. With the increased adoption of smart devices, there is an increase in the demand for multifunctional microelectronics with reduced time delays and improved performance.

The process industry currently operates in a very complex environment, and the requirements for its control technology are correspondingly demanding. Control technology is a key lever for gaining a competitive edge in the process industry, all the more so if it can meet the tremendous challenges of both today and tomorrow. The latest iterations of DCS systems provide marked improvements over their predecessors regarding security, compatibility with the latest technology, and operator effectiveness, which drives the distributed control systems market.

COVID-19 had a significant impact on all industries worldwide. Because of the rapid growth, governments worldwide took stronger measures for functioning industrial plants and offices, resulting in stricter lockdowns. The lockdown significantly influenced the power sector as power demand from commercial and industrial sectors reduced significantly. For most businesses worldwide, the recovery phase following large losses during the pandemic was nearly completed.

According to Wind Europe, delays were expected in many new wind farm projects, causing developers to miss the deployment deadlines in the auction systems and face financial penalties due to COVID-19, The International Renewable Energy Agency stated that despite the pandemic threatening global supply chains in the power sector, it would not stop the industry from transitioning to net-zero CO2 emissions. The pandemic also showed how essential manufacturing automation was to modern industry functioning, with some fueled by social distancing and some by cyber threats. Social distancing measures had a greater impact as they led the manufacturers to restructure their operations to rely more on robotics.

However, the latest iterations of DCS systems provide marked improvements over their predecessors regarding security, compatibility with the newest technology, and operator effectiveness, a market driver for distributed control systems. Modern DCSs include new capabilities, such as asset diagnostics, performance monitoring, fleet management, alarm handling during the fault, prioritizing messages, and simplifying actions to be taken in the event of a failure. The purpose of the newer DCSs is to serve the entire lifetime of the power plant. The DCSs can be updated online, where updates and security patches are installed, and new features can be added without shutting down the plant.

Moreover, DCS is often employed in batch-oriented or continuous method operations, such as oil purification, power generation, organic compound manufacturing, craft, food and drink manufacturing, pharmaceutical production, and cement. DCSs can control various instrumentality types, including variable speed drives, quality control systems, motor control centers (MCC), kilns, manufacturing equipment, and mining equipment.

One of the significant benefits of DCS systems is that the digital communication between distributed controllers, workstations, and other computing elements follows the peer-to-peer access principle. To achieve greater precision and control in process industries, like the petrochemical, nuclear, and oil and gas industries, there is an increasing demand for controllers which offer specified process tolerance around an identified set point.

These requirements have driven the adoption of DCS, as these systems provide lower operational complexity, project risk, and functionalities, like flexibility for agile manufacturing in highly demanding applications. The ability of DCS to integrate PLCs, turbomachinery controls, safety systems, third-party controls, and various other plant process controls for heat exchangers, feedwater heaters, and water quality, among others, further drives the adoption of DCS in the energy sector.

Distributed Control Systems Market Trends

Services Constitute a Considerable Market Share

The services market in the DCS industry is the most intriguing of all the revenue stakeholders among the other components included in the report's scope. Due to its widespread applicability in maintenance, installation, alarm management, upgrade services, plant asset management, lifecycle services, consulting services, migration services, simulation, and training services, the service segment is also expanding demand for DCS. As a result, rising energy demand and considerable technological advancements will drive demand for the services segment, among others, during the projection period.

Moreover, the top market suppliers continue to emphasize expanding capabilities for projects and operations and maintenance services for continuous market expansion. The different components in the scope of services covered in the market report include project management services, non-contract maintenance, retrofits, and upgrades.

Due to an enormous increase in the number of distributed antenna systems service providers in the industry, the services market, which currently holds a significant part of the DCS market, is anticipated to develop at the fastest rate over the projection period.

With the rising awareness, industry players are focusing on deploying and executing IIoT strategies to enhance the DCS network services. The relationship has changed because sensors and edge devices are far more capable, with some processing and communications abilities similar to a PC. Instead of acting in a passive listen-and-respond role, each device can perform more as a peer.

In addition, the main automation contractor (MAC) concept is increasingly becoming important in project services, where the supplier is responsible for all automation-related systems of the project.

The trend is growing in the majority of the large DCS projects. The services market encapsulates entities from the bottom of the pyramid, i.e., the spare parts and repairs, which prove to be helpful in system productivity, cost curtailment, and extension of the product life cycle and systems by reducing the uptime of production units, thus, efficiently delivering operational excellence.

North America Holds Significant Market Share

The rapidly growing shale gas industry in North America is expected to be a major driver of the Distributed Control Systems market in the region.

According to the Department of Energy, in the United States, The shale gas percentage is expected to reach nearly 45% by 2035, which is likely to result in a parallel growth of the tightly integrated DCS market, which provides sustainability of the process through redundant controls in high-risk environments.

In addition, this market is currently challenged by reducing oil prices globally but can be relied upon to be a sizeable industry in the future. The requirement for a large amount of water in Shale gas extraction has created a market for DCS systems in water treatment facilities, resulting in a significant rise in the overall market.

Moreover, the chemicals sector in North America is benefiting from improved dependability, simplified remote monitoring, and lower installation costs. Additionally, several businesses in the chemicals sector are switching from outdated DCS systems to more advanced ones to improve production, efficiency, and safety and decrease human error.

The oil and gas industry in North America is process-driven, with ongoing operations and intricate monitoring methods. It is challenging for operators to keep an eye on and regulate the operation of the machinery used in the sector. Many North American businesses are implementing the usage of an HMI and a controller, or DCS, which enables operators to manage operations. These systems automate safety procedures, including alarm management systems, and perform equipment maintenance and repair tasks.

Distributed control systems have proven vital in managing nuclear power plants, further helping their market in the United States and continuously increasing its nuclear power plant capacity and numbers.

Distributed Control Systems Industry Overview

There are several significant competitors in the competitive distributed control system market. Few of the big competitors now control most of the market in terms of market share. Major firms with a sizable market share are concentrating on growing their consumer base internationally. Many businesses rely on strategic collaboration projects to improve their market share and profitability.

In December 2022, Honeywell announced that Regreen Excel EPC, India, has deployed Honeywell's PlantCruise by Experion Distributed Control Systems (DCS) solution, modular systems, and field instruments (FI) across its 40 plants in India. Regreen Excel EPC India Pvt. Ltd. is a distillery, sugar and cogeneration, biofuels, zero liquid discharge systems, and renewable energy company. The technology assists users in increasing production uptime, improving safety, dependability, and efficiency, and lowering investments and running costs.

In May 2022, ABB modernizes process control systems and cement grinding equipment in the UAE to improve uptime and consistency across several sites. ABB builds a cutting-edge distributed control system (DCS) automation technology at Star Super Cement cement grinding operations in the United Arab Emirates. With the new enhanced systems and homogeneity throughout the multiple linearization and grinding unit sites, Star Cement will benefit from greater operator visibility, easier maintenance, and little downtime.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Value Chain Analysis
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Growing Energy Demand from Major Emerging Economies
    • 4.3.2 Growing Adoption for Smart Applications and Iot Technologies
    • 4.3.3 Modernization of Existing DCS Solutions will Contribute to the Growth Of Service Sector
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Growing Availability of Alternative Technologies in the Field of Process Automation
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Component
    • 5.1.1 Hardware
    • 5.1.2 Software
    • 5.1.3 Services
  • 5.2 By End-User Vertical
    • 5.2.1 Power Generation
    • 5.2.2 Oil & Gas
    • 5.2.3 Chemicals
    • 5.2.4 Refining
    • 5.2.5 Mining & Metals
    • 5.2.6 Paper and Pulp
    • 5.2.7 Other End-User Verticals
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 UK
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Mexico
      • 5.3.4.3 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 UAE
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 ABB Ltd.
    • 6.1.2 Honeywell International Corporation
    • 6.1.3 Siemens AG
    • 6.1.4 Schneider Electric
    • 6.1.5 Mitsubishi Motors Corporation
    • 6.1.6 Rockwell Automation
    • 6.1.7 Emerson Electric Company
    • 6.1.8 Metso (Valmet Oyj)
    • 6.1.9 Omron Corporation
    • 6.1.10 Novatech Llc (Weir Group)
    • 6.1.11 Azbil Corporation
    • 6.1.12 Toshiba International
    • 6.1.13 Yokogawa Electric Co.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE TRENDS