デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1432777

廃棄物発電(WtE)-市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Waste-to-Energy (WtE) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
廃棄物発電(WtE)-市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

廃棄物発電(WtE)市場規模は2024年に584億米ドルと推定され、2029年には832億5,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは7.35%で成長します。

Waste-to-Energy(WtE)-Market

主なハイライト

  • 中期的には、廃棄物発生量の増加、持続可能な都市生活のニーズを満たすための廃棄物管理への関心の高まり、非化石燃料エネルギー源への注目の高まりといった要因が、廃棄物発電(WtE)市場の需要を促進しています。
  • その一方で、焼却炉は高コストであるため、特にエネルギー価格の下落に伴い、いくつかの工場では操業コストを賄えなくなっています。これは予測期間中、廃棄物発電(WtE)市場にとって脅威となります。
  • とはいえ、デンドロ・リキッド・エナジー(DLE)のような新しい廃棄物発電(WtE)技術は、発電効率が4倍も高く、工場敷地内での排出物や廃液の問題がないというその他の特典もあるため、今後数年間は市場関係者に大きなビジネスチャンスをもたらすと予想されます。
  • アジア太平洋地域は、中国、インド、日本といった国々からの需要が大半を占め、世界の市場を独占すると予想されています。

廃棄物発電(WtE)市場動向

市場を独占する熱ベースの廃棄物エネルギー化セグメント

  • 世界中で廃棄物焼却施設の新興市場が開拓されつつあることから、予測期間中、廃棄物発電(WtE)市場では熱技術が最も高い市場シェアを占めると予想されます。
  • 火力発電のコージェネレーション(冷暖房)と発電を利用するプラントは、最適効率80%に達すると推定されています。国際再生可能エネルギー機関によると、2022年の世界のバイオエネルギー容量は148.9GWで、前年比年間成長率は5.3%です。
  • 現在のシナリオでは、焼却が都市固形廃棄物(MSW)処理のための最もよく知られた廃棄物エネルギー技術です。しかし、廃棄物発電(WtE)技術、特に焼却は、公害を発生させ、潜在的な健康安全リスクを伴う。粒子状物質と気相の排出を削減するため、焼却プラントのオーナーは排ガス流を浄化する一連のプロセスユニットを採用しており、その結果、環境の持続可能性が大幅に改善されています。
  • 2022年2月、ソルベイとヴェオリアは、フランスのドンバスル・シュル・ムルト・ソーダ灰製造工場に再生可能エネルギーを供給するため、石炭をごみ固形燃料(RDF)に置き換えるコージェネレーション設備の建設を開始しました。このプロジェクトでは、3基の石炭焚きボイラーを、以前に保管されていた非有害廃棄物から作られたRDFで稼働する2基の炉を備えたボイラー室に置き換えます。
  • 特に、都市人口の増加が都市固形廃棄物(MSW)増加の主な要因であると予測されているアジア太平洋の成長経済圏では、熱ベースの廃棄物エネルギー転換が市場をリードすると予想されています。

アジア太平洋が市場を独占する

  • アジア太平洋は過去数年間、廃棄物発電(WtE)産業において著しい発展を遂げてきました。より良い都市固形廃棄物(MSW)管理方法を採用し、資本補助金や固定価格買取制度の形で廃棄物発電(WtE)プロジェクトにインセンティブを与え、費用負担ベースで研究開発プロジェクトに財政支援を提供するために、政府による取り組みが増加しているため、アジア太平洋地域は世界の市場を独占しています。
  • 中国の経済発展と急速な都市化により、都市ごみ(MSW)の発生量は急速に増加しています。そのため、都市固形廃棄物の効果的な処理は、中国における深刻な環境課題となっています。
  • 2022年12月、都市自治体(ULB)大臣はグルグラムで国内最大の廃棄物発電(WtE)プラントの工事を開始しました。廃棄物管理のコンセッション業者であるEcogreen Energy社は、バンドワディの10エーカーの敷地に25MWの廃棄物発電(WtE)施設を建設する計画です。
  • 日本は、アジア太平洋における廃棄物発電(WtE)の主要市場のひとつです。同国の廃棄物発電(WtE)市場は、効率的な固形廃棄物管理と、国・地方自治体双方からの廃棄物発電(WtE)プロジェクトに対する財政支援によって牽引されています。同国では、環境保全のために廃棄物管理やリサイクル技術を導入し、廃棄物を効果的に資源に変えたり、適切に処分したりすることが期待されています。
  • したがって、廃棄物発生量の増加や、この状況に取り組むための各国政府の取り組みといった要因が、予測期間中にアジア太平洋における廃棄物発電(WtE)プラントの需要を押し上げると予想されます。

廃棄物発電(WtE)産業の概要

廃棄物発電(WtE)市場は半分断されています。この市場に参入している主要企業(順不同)には、三菱重工業、Waste Management Inc.、A2A SpA、Veolia Environnement SA、日立造船などがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場概要

  • イントロダクション
  • 2028年までの市場規模および需要予測(金額)
  • 2028年までの都市固形廃棄物(MSW)発生量(数量)
  • 政府の規制と政策
  • 最近の動向と展開
  • 市場力学
    • 促進要因
      • 廃棄物発生量の増加、持続可能な都市生活のニーズを満たすための廃棄物管理への関心の高まり
      • 非化石燃料エネルギー源への注目の高まり
    • 抑制要因
      • 焼却炉の高価さ
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • テクノロジー
    • 物理的
    • 生物学的
  • 地域別(地域市場分析、2028年までの市場規模・需要予測(地域のみ))
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • イタリア
      • その他欧州
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Mitsubishi Heavy Industries Ltd
    • Waste Management Inc.
    • A2A SpA
    • Veolia Environnement SA
    • Hitachi Zosen Corp
    • MVV Energie AG
    • Martin GmbH
    • Babcock & Wilcox Enterprises Inc.
    • China Jinjiang Environment Holding Co. Ltd
    • Suez Group
    • Xcel Energy Inc.
    • Wheelabrator Technologies Holdings Inc.
    • Covanta Holding Corp.
    • China Everbright Group

第7章 市場機会と今後の動向

  • デンドロ・リキッド・エネルギー(DLE)など、新たな廃棄物エネルギー化技術
目次
Product Code: 52528

The Waste-to-Energy Market size is estimated at USD 58.40 billion in 2024, and is expected to reach USD 83.25 billion by 2029, growing at a CAGR of 7.35% during the forecast period (2024-2029).

Waste-to-Energy (WtE) - Market

Key Highlights

  • Over the medium term, factors such as increasing amount of waste generation and growing concern for waste management to meet the need for sustainable urban living, and increasing focus on non-fossil fuel sources of energy are driving the demand for the waste-to-energy market.
  • On the other hand, the expensive nature of incinerators, particularly as energy prices decline and several plants are unable to cover operating costs. This poses a threat to the waste-to-energy market during the forecast period.
  • Nevertheless, emerging waste-to-energy technologies, such as Dendro Liquid Energy (DLE), which is four times more efficient in terms of electricity generation, with additional benefits of no emission discharge and effluence problems at plant sites, are expected to create significant opportunities for the market players, over the coming years.
  • Asia-Pacific is expected to dominate the market across the world, with the majority of demand coming from the countries such as China, India, and Japan.

Waste to Energy (WTE) Market Trends

Thermal-based Waste-to-Energy Segment to Dominate the Market

  • Thermal technology is expected to account for the highest market share in the waste-to-energy market during the forecast period, owing to the increasing development of waste incineration facilities across the world.
  • It is estimated that plants that utilize thermal power cogeneration (heating and cooling) and electricity generation can reach optimum efficiencies of 80%. According to the International Renewable Energy Agency, the global bioenergy capacity accounted for 148.9 GW in 2022, with an annual growth rate of 5.3% compared to the previous year.
  • In the present scenario, incineration is the most well-known waste-to-energy technology for municipal solid waste (MSW) processing. However, waste-to-energy technologies, particularly incineration, produce pollution and carry potential health safety risks. To reduce particulate and gas-phase emissions, incineration plant owners have adopted a series of process units for cleaning the flue gas stream, which has, in turn, led to a significant improvement in environmental sustainability.
  • In February 2022, Solvay and Veolia began constructing a cogeneration unit to provide renewable energy for France's Dombasle-sur-Meurthe soda ash production plant by replacing coal with refuse-derived fuel (RDF). The project entails replacing three coal-fired boilers with a boiler room outfitted with two furnaces that run on RDF, made of previously stored non-hazardous waste.
  • The thermal-based waste-to-energy conversion is expected to lead the market, especially in Asia-Pacific's growing economies, where the rising urban population is projected to be the key contributing factor to increasing municipal solid waste (MSW).

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific witnessed significant development in the waste-to-energy industry in the past few years. It has dominated the market across the world with increasing efforts taken by the government to adopt better municipal solid waste (MSW) management practices, providing incentives for waste-to-energy projects in the form of capital subsidies and feed-in tariffs and financial support for R&D projects on a cost-sharing basis.
  • Due to economic development and rapid urbanization in China, the generation of municipal solid waste (MSW) has increased rapidly. Therefore, the effective disposal of municipal solid waste has become a serious environmental challenge in China.
  • In December 2022, the Minister of Urban Local Bodies (ULB) inaugurated work on the country's largest waste-to-energy (WTE) plant in Gurugram. Ecogreen Energy, a waste management concessionaire, plans to build a 25-MW waste-to-energy facility on 10 acres of property in Bandhwadi.
  • Japan has been one of the leading markets for waste-to-energy in Asia-Pacific. The country's waste-to-energy market is driven by efficient solid waste management and financial support for waste-to-energy projects from both national and local governments. The country is expected to introduce waste management and recycling technologies to preserve the enviroment, effectively turning waste into resources or appropriately disposing of it.
  • Therefore, factors such as the increasing amount of waste generated and the efforts taken by various governments to tackle this situation are expected to boost the demand for waste-to-energy plants in Asia-Pacific during the forecast period.

Waste to Energy (WTE) Industry Overview

The waste-to-energy (WtE) market is semi-fragmented. Some of the major players operating in this market (in no particular order) include Mitsubishi Heavy Industries Ltd, Waste Management Inc., A2A SpA, Veolia Environnement SA, and Hitachi Zosen Corp.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast, in USD, till 2028
  • 4.3 Municipal Solid Waste (MSW) Generation, in billion metric ton, till 2028
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Recent Trends and Developments
  • 4.6 Market Dynamics
    • 4.6.1 Drivers
      • 4.6.1.1 Increasing Amount of Waste Generation, Growing Concern for Waste Management to Meet the Needs for Sustainable Urban Living
      • 4.6.1.2 Increasing Focus on Non-fossil Fuel Sources of Energy
    • 4.6.2 Restraints
      • 4.6.2.1 Expensive Nature of Incinerators
  • 4.7 Supply Chain Analysis
  • 4.8 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.8.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.8.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.8.3 Threat of New Entrants
    • 4.8.4 Threat of Substitutes Products and Services
    • 4.8.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Technology
    • 5.1.1 Physical
    • 5.1.2 Thermal
    • 5.1.3 Biological
  • 5.2 Geography (Regional Market Analysis {Market Size and Demand Forecast till 2028 (for regions only)})
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Rest of the North America
    • 5.2.2 Asia-Pacific
      • 5.2.2.1 China
      • 5.2.2.2 India
      • 5.2.2.3 Japan
      • 5.2.2.4 Rest of the Asia-Pacific
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 United Kingdom
      • 5.2.3.2 France
      • 5.2.3.3 Germany
      • 5.2.3.4 Italy
      • 5.2.3.5 Rest of the Europe
    • 5.2.4 Middle East and Africa
      • 5.2.4.1 United Arab Emirates
      • 5.2.4.2 Saudi Arabia
      • 5.2.4.3 South Africa
      • 5.2.4.4 Rest of Middle East and Africa
    • 5.2.5 South America
      • 5.2.5.1 Brazil
      • 5.2.5.2 Argentina
      • 5.2.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Mitsubishi Heavy Industries Ltd
    • 6.3.2 Waste Management Inc.
    • 6.3.3 A2A SpA
    • 6.3.4 Veolia Environnement SA
    • 6.3.5 Hitachi Zosen Corp
    • 6.3.6 MVV Energie AG
    • 6.3.7 Martin GmbH
    • 6.3.8 Babcock & Wilcox Enterprises Inc.
    • 6.3.9 China Jinjiang Environment Holding Co. Ltd
    • 6.3.10 Suez Group
    • 6.3.11 Xcel Energy Inc.
    • 6.3.12 Wheelabrator Technologies Holdings Inc.
    • 6.3.13 Covanta Holding Corp.
    • 6.3.14 China Everbright Group

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Emerging Waste-to-Energy Technologies, such as Dendro Liquid Energy (DLE)