市場調査レポート
商品コード
1432427

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN):市場シェア分析、業界動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Content Delivery Network (CDN) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
コンテンツデリバリーネットワーク(CDN):市場シェア分析、業界動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

コンテンツデリバリーネットワークの市場規模は、2024年に199億6,000万米ドルと推定され、2029年までに424億6,000万米ドルに達し、予測期間(2024年~2029年)中に16.30%のCAGRで成長します。

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)- 市場

リッチビデオコンテンツに対する需要の高まり、オンラインユーザーの増加、エンドユーザーの業種全体にわたる組織のデジタル化動向、CDN市場全体の需要が高まっています。

主なハイライト

  • CDNは、接続されたコンピューターのオンラインネットワークであり、Webコンテンツをさまざまなサーバーにコピーまたはキャッシュし、消費者にリモートで送信することで、Webコンテンツを多くのユーザーに迅速に配布します。 CDNを使用することで、エンドユーザーへの高可用性と高性能のコンテンツ配信が実現します。現在、Webオブジェクト(テキスト、グラフィックス、スクリプト)、ダウンロード可能なオブジェクト(メディアファイル、ソフトウェア、ドキュメント)、アプリケーション(eコマース、ポータル)、リアルタイムストリーミングデータ、オンデマンドストリーミングメディア、およびソーシャルネットワークはすべてCDNを利用しています。
  • オーバーザトップ(OTT)ビデオの消費は、継続的なデジタルインフラストラクチャの改善と、重要な価値を提供しながら合理的なコストで顧客に魅力的なコンテンツを制作するためにOTTプラットフォームが講じている取り組みにより、急速に進化しています。さらに、モバイルデバイスの使用の増加、大画面の魅力、オリジナルコンテンツの作成への投資によって消費が後押しされています。 OTTおよびVoDの消費者の数が増加するにつれて、CDNソリューションの需要が高まっています。シスコのビジュアルネットワーキングインデックスによると、2024年までにオンライントラフィックの79%がIPビデオになると予測されています。これは、オンラインビデオサービスの成長傾向を示唆しています。
  • 4KやUltra HDなどの新しいテクノロジーが利用可能になるにつれて、オンラインゲームの人気が急上昇しており、それが市場を牽引しています。ゲーム会社は、より良いユーザーエクスペリエンスを確保するために高品質のコンテンツを提供するためにCDNへの投資を増やしています。 CDNは、ゲーム会社にプレイヤーが迅速にダウンロードできる必須のファイルとパッチを提供します。さらに、サーバーのクラッシュやダウンロードの失敗も回避されます。これらの機能はすべて、ゲーム前のプロセスを強化します。さらに、CDNはスケーラビリティを提供し、その高品質なビジュアルやその他の機能により、ゲームのダウンロードサイズが増加してもプレーヤーはプレイを続けることができます。
  • インターネットとスマートデバイスの使用量の増加に伴い、膨大な量のデータが毎日生成され、それらをスマートに管理する必要があります。 Webパフォーマンス最適化ソリューションは、遅延を削減することを目的としています。これらのソリューションの成功により、大手小売業者やメディアおよびエンターテイメント業界からの需要が増加するでしょう。
  • 企業は、特に地方において、帯域幅とネットワークの割り当てによる課題に直面しています。同社は、負債の支払い、定期的な資本の補充、営業経費などの年間運営コストを支払うのに十分な顧客を引き付ける必要があります。借金の返済は、農村部で最も賄うのが難しい出費の一つに数えられます。しかし、近年、農村部のネットワークが60%から90%以上に上昇したことにより、農村部で大幅な成長が見られています。普及率は人口動態(収入、年齢、季節限定居住者の割合)や補助金の額によって大きく異なるため、企業は発展途上地域と低開発地域をターゲットにしています。
  • コンテンツデリバリーネットワークのベンダーは、活気のある金融市場、流動性の動き、金融機関からの融資など、いくつかの経済要素に収益を依存しているため、COVID-19は市場に直接的な影響を及ぼしました。これらの障害にもかかわらず、CDN市場は、インターネット上のデータ交換レートの上昇と高速ネットワークの継続的な展開により、予測期間を通じて着実に拡大すると予想されます。

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)市場動向

メディア配信は大きな市場シェアを獲得すると予想される

  • インターネットを使用する世界人口は56.3%に達しており、これがオンラインコンテンツの成長の原因となっています。 4K/UHDテレビの登場、スマートガジェットをサポートする高解像度コンテンツ、および接続性の向上により、高品質コンテンツに対する視聴者の期待が高まっています。
  • 多くのメディア組織がデジタル配信モデルへの移行を進めています。この配信モデルは、メディアファイルのコピーを視聴者の近くに配置することで、バッファリングとストリームのクラッシュを回避します。このキャッシュ機能は、ライブブロードキャストの場合でも大きな違いをもたらします。さらに、オリジンサーバーの負荷が軽減され、エクスペリエンスの信頼性が向上します。これらの移行は、CDNベンダーにとって大きな市場機会をもたらします。
  • CDNベンダーは、モバイルおよび動的コンテンツの要件に応えるために、Webパフォーマンスの最適化技術にますます重点を置いています。たとえば、Googleは2022年 4月に、WebおよびAPIアクセラレーションのコンテンツ配信で競争するためにMedia CDNを開始しました。
  • Global Internet Phenomena Reportによると、ストリーミングビデオはインターネット帯域幅トラフィックの53.7%を占め、1年前から4.8%増加しました。 Webマテリアルの送信を高速化するために作成されたサーバーの集合体であるコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)へのアクセスを販売する企業が大きく利益を上げました。ピアツーピア技術(p2p)、5G、ウェアラブルデバイス、IoT、仮想現実、拡張現実の出現と技術革新の進展により、CDNのデータ量は増加しています。
  • メディア関連サービスのモバイルトラフィックは約45%を占めており、今後も増加すると予想されます。現在平均1.5 GBである月間消費データ量が約4.5 GBに増加すると予想されているため、コンテンツをモバイル互換にする必要性が高まることが予想されます。 Media CDNはAI/MLを使用して構築されており、視聴者がコンテンツの表示、体験、操作方法をより詳細に制御できるようになります。たとえば、試合を観戦しているスポーツファンはリアルタイムの統計情報や分析を取得したり、視聴者は仮想掲示板からアイテムを購入したりできます。

北米がコンテンツデリバリーネットワーク市場で最大のシェアを握る

  • 北米はインターネット普及率が高く、コンテンツの拡大を後押しすると予想されています。北米は地域市場で主導的な地位を維持しており、市場リーダーの存在とさまざまなエンドユーザー分野にわたるテクノロジーの早期導入により、予測期間を通じてその優位性を維持すると予想されます。
  • 強化されたビデオコンテンツや遅延のないオンラインゲームに対する需要の高まり、データコストの低下、モバイルネットワークやブロードバンドネットワークのアクセスしやすさと手頃な価格の向上、拡張現実(AR)や人工知能(AI)などの最先端テクノロジーの採用の増加などはすべて、北米のデジタル化傾向に貢献し、CDNの地域的拡大をさらに支援します。
  • Omdia TVおよびOnline Video Intelligence Serviceによると、北米がCDNの総収益の52%を占めています。その多くは、この地域の力強い経済成長と継続的なITおよび通信産業の拡大によって促進されるでしょう。 CDNへの開発と投資は、デジタル変革への動き、クラウド導入の増加、技術開発などの追加要因によって促進されるでしょう。
  • 米国でも有料テレビの消費は減少しています。有料テレビよりもオンラインメディアコンテンツを好む消費者が増えていることがわかっています。最近、コードカッティングが増加しており、今後数年間で2,220万人のコードカッティングが行われると予想されており、オンデマンドエンターテイメントへの傾向が強調されています。
  • この市場では主にフィッシングとDDoS攻撃に直面しています。たとえば、RCDevsの推計によれば、金融業界における詐欺関連のサイバー攻撃は、発生件数の平均43%、データ侵害の34%、中断の23%に寄与しています。これに応じて、多くのアメリカの銀行が、不審なWebトラフィックを減らし、違法行為者を阻止するためにCDNサービスを購入することを提案しました。
  • さらに、この地域の有名なeコマース企業の一部は、ネットワークトラフィックを増加させ、待ち時間を短縮するためにCDNソリューションを迅速に導入し、これも地域市場が卓越したシェアを維持するのに役立ちました。クライアントに必要なコンテンツを提供することで、これらのソリューションのアプリケーションは、デジタルコンテンツをエンドユーザーに配布する際に重要な役割を果たします。

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)業界の概要

コンテンツデリバリーネットワークは、モバイルコンテンツ配信、ストレージ、アクセシビリティを高めるためのアクセシビリティの向上などのメリットが企業にあるため、非常に細分化されています。新しい技術革新により、CDN市場への参入範囲は刺激的です。市場の主要企業としては、Amazon Web Services Inc.、Akamai Technologies Inc.、Google LLC、Verizon Digital Media Services(Oath Inc.)、Limelight Networks Inc.、およびTata Communicationsなどがあります。これらの企業は、増大する市場の需要に応えるために、自社の製品を常に革新し、アップグレードしています。

2022年 9月、Bharti Airtelはエッジクラウドポートフォリオの一部としてEdge CDNを立ち上げ、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)市場に参入しました。 Edge CDNを実装するために、通信事業者はCDNイネーブラーであるQwiltと提携しました。

2022年 8月、Amazonのクラウド部門であるアマゾンウェブサービス(AWS)は、ハノイとホーチミン市にAmazon Cloud FrontとAWS Direct Connectサービスを提供する2つの新しいエッジロケーションを開設し、ベトナムでの存在感を拡大しました。

2022年 3月、Akamai TechnologiesはLinodeの買収を完了し、開発者にとってアプリケーションの構築、実行、保護に使いやすい大規模分散プラットフォームを企業に提供しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査想定と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度 - ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の競合関係
  • 市場促進要因
    • オンラインユーザーの増加、一人当たりのオンライン消費、高画質ビデオコンテンツへの需要が成長を牽引
    • オンラインゲーム産業からの需要拡大が市場成長に寄与
  • 市場抑制要因
    • 大企業が自社でCDNを構築する傾向
    • 特に新興経済諸国や未開発経済諸国における帯域幅の問題

第5章 市場セグメンテーション

  • ソリューションおよびサービス別
    • メディア配信
    • クラウドセキュリティ
    • ウェブパフォーマンス
  • エンドユーザー別
    • メディア・エンターテイメント
    • 広告
    • eコマース
    • ヘルスケア
    • ビジネス・金融サービス
    • 調査と教育
    • その他のエンドユーザー
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Amazon Web Services Inc.
    • Akamai Technologies Inc.
    • Google LLC
    • Verizon Digital Media Services(Oath Inc.)
    • Limelight Networks Inc.
    • CDNetworks Co. Ltd.
    • Fastly Inc.
    • StackPath LLC
    • Edgemesh Inc.
    • Tata Communications

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 48725

The Content Delivery Network Market size is estimated at USD 19.96 billion in 2024, and is expected to reach USD 42.46 billion by 2029, growing at a CAGR of 16.30% during the forecast period (2024-2029).

Content Delivery Network (CDN) - Market

Growing demand for rich video content, increasing online users, and digitization trends in organizations across the end-user verticals boost the overall CDN market demand.

Key Highlights

  • A CDN is an online network of connected computers that distributes web content quickly to many users by copying or caching the content on various servers and sending it to consumers remotely. High availability and high-performance content delivery to end users are achieved through the use of CDN. Web objects (text, graphics, and scripts), downloadable objects (media files, software, documents), applications (eCommerce, portals), real-time streaming data, on-demand streaming media, and social networks all make use of CDNs nowadays.
  • Over-the-top (OTT) video consumption is quickly evolving due to continual digital infrastructure improvements and initiatives OTT platforms take to produce engaging content for customers at reasonable costs while providing significant value. Additionally, consumption is being boosted by the rising use of mobile devices, the appeal of big screens, and investments in creating original content. Demand for CDN solutions is rising as OTT and VoD consumers grow in number. According to Cisco's visual networking index, IP video is projected to have 79% of the online traffic by 2024. This suggests the growing trend of online video services.
  • The popularity of online gaming is skyrocketing as new technologies like 4K and Ultra HD become available, which drives the market. Gaming companies are increasingly investing in CDN to deliver high-quality content to ensure a better user experience. CDN provides gaming firms to provide essential files and patches for players to download quickly. Additionally, server crashes and download failures are also avoided. All of these features enhance the pre-gaming process. Furthermore, CDN offers scalability, allowing players to keep playing even if the game's download size increases due to its high-quality visuals and other capabilities.
  • With an increase in usage of the internet and smart devices, an enormous amount of data is being generated daily, which needs to be smartly managed. Web-performance optimization solutions are aimed at reducing latency. The success of these solutions will increase the demand from major retailers and the media and entertainment industry.
  • Companies are facing challenges due to bandwidth and network allotment, particularly in rural areas. The company needs to attract enough clients to pay its annual running costs, which include debt payments, replacement capital on a regular basis, and operating expenses. Debt payments rank among the most difficult expenses to cover in rural areas. However, in recent years, significant growth has been observed in rural areas due to rising rural networks from 60% to over 90%. Considering penetration rates that vary widely because of demographics (incomes, ages, and the proportion of seasonal residents) and the amount of grant support companies are targeting developing and underdeveloped regions.
  • COVID-19 had a direct impact on the market since the vendors of content delivery networks rely on several economic elements for their revenue, including vibrant financial markets, the movement of liquidity, and financing from financial institutions. Despite these obstacles, the CDN market is anticipated to expand steadily throughout the forecast period due to the rising data exchange rates on the Internet and the ongoing deployment of high-speed networks.

Content Delivery Network (CDN) Market Trends

Media Delivery is Expected to Have a Significant Market Share

  • The world population using the internet stands at 56.3%, which is responsible for the growing online content. The advent of 4K/UHD televisions, high-definition content supporting smart gadgets, and improving connectivity raise viewers' expectations for high-quality content.
  • Many media organizations are making a transition toward a digital distribution model. This distribution model avoids buffering and stream crashes by putting copies of media files close to viewers. This caching functionality makes a significant difference, even for live broadcasts. Additionally, it reduces the load on the origin server resulting in a more reliable experience. These transitions present a great market opportunity for CDN vendors.
  • CDN vendors are increasingly focusing on techniques for web performance optimization to cater to mobile and dynamic content requirements. For instance, in April 2022, Google launched Media CDN to compete in web and API acceleration content delivery.
  • According to the Global Internet Phenomena Report, streaming video accounted for 53.7% of internet bandwidth traffic, up by 4.8% from a year ago. Companies that sell access to content delivery networks (CDNs), which are collections of servers made to accelerate the transmission of web material, gained greatly. The data volume of CDN is increasing due to the advent of peer-to-peer technology (p2p), 5G, wearable devices, IoT, virtual reality, augmented reality, and advancing technological innovation.
  • Mobile traffic for media-related services accounted for about 45%, which is expected to increase. The need for content to be mobile-compatible is expected to increase, owing to the expected growth of consumed data to about 4.5 GB per month, which is currently at 1.5 GB on average. Media CDN is built with AI/ML, giving viewers more control over how they see, experience, and interact with content. For example, sports fans watching a game can obtain real-time stats and analytics, viewers can purchase items from virtual billboards, etc.

North America Holds the Largest Share in Content Delivery Network Market

  • North America has a high internet penetration rate, which is anticipated to support content expansion. North America held the leading regional market position and is expected to maintain its dominance throughout the projection period due to the presence of market leaders and early adoption of technologies across various end-user verticals.
  • The growing demand for enhanced video content and latency-free online gaming, falling data costs, increasing accessibility and affordability of mobile and broadband networks, and increasing adoption of cutting-edge technologies like Augmented Reality (AR) and Artificial Intelligence (AI) are all contributing to North America's digitalization trend, further aiding the regional expansion of CDN.
  • According to Omdia TV and Online Video Intelligence Service, North America accounted for 52% of the total CDN revenue. Much of this would be fueled by the region's robust economic growth and ongoing IT and telecom industry expansion. The development and investment in CDNs would be driven by additional factors such as the move toward digital transformation, an increase in cloud deployment, and technological developments.
  • Pay TV consumption has decreased in the United States as well. More consumers have been found to favor online media content over pay television. Recently, cord-cutting has been growing, and in the upcoming years, 22.2 million cord-cutters are anticipated, emphasizing the trend toward on-demand entertainment.
  • Phishing and DDoS attacks are majorly faced in this market. For example, according to RCDevs estimates, fraud-related cyberattacks contribute to an average of 43% of occurrences, 34% of data breaches, and 23% of interruptions in the finance industry. In response, numerous American banks proposed purchasing CDN services to reduce suspicious web traffic and stop illegal actors.
  • Additionally, some of the region's well-known e-commerce businesses quickly implemented CDN solutions to increase network traffic and reduce latency which also helped the regional market to maintain its prominent share. By providing the clients with the necessary content, the application of these solutions plays a significant part in distributing digital content to end users.

Content Delivery Network (CDN) Industry Overview

The content delivery network is highly fragmented because companies have benefits, such as improved accessibility to increase mobile content delivery, storage, and accessibility. With new technological innovations, the scope of entering the CDN market is exciting. Some key players in the market are Amazon Web Services Inc., Akamai Technologies Inc., Google LLC, Verizon Digital Media Services (Oath Inc.), Limelight Networks Inc., and Tata Communications. These players constantly innovate and upgrade their product offerings to cater to the increasing market demand.

In September 2022, Bharti Airtel launched Edge CDN as part of its Edge Cloud Portfolio, making its entry into the content delivery network (CDN) market. To implement Edge CDN, the telecom business has teamed up with CDN enabler Qwilt.

In August 2022, Amazon's cloud arm Amazon Web Services (AWS), expanded its presence in Vietnam with two new Edge locations for its Amazon Cloud Front and AWS Direct Connect offerings in Hanoi and Ho Chi Minh City.

In March 2022, Akamai Technologies completed the acquisition of Linode to give companies a massively distributed platform that is friendly to developers for building, running, and securing applications.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumption and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Increasing Online Users, Per Capita Online Consumption, and Demand for High -quality Video Content Drives Growth
    • 4.4.2 Growing Demand from Online Gaming Industries adding to Market Growth
  • 4.5 Market Restraints
    • 4.5.1 Larger Organisations Tending to Build their Own CDNs
    • 4.5.2 Bandwidth Concerns Particularly in Developing and Undeveloped Economies

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Solution and Service
    • 5.1.1 Media Delivery
    • 5.1.2 Cloud Security
    • 5.1.3 Web Performance
  • 5.2 By End-user
    • 5.2.1 Media and Entertainment
    • 5.2.2 Advertising
    • 5.2.3 E-Commerce
    • 5.2.4 Healthcare
    • 5.2.5 Business and Financial Services
    • 5.2.6 Research and Education
    • 5.2.7 Other End-users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 South Korea
      • 5.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Mexico
      • 5.3.4.2 Brazil
      • 5.3.4.3 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Amazon Web Services Inc.
    • 6.1.2 Akamai Technologies Inc.
    • 6.1.3 Google LLC
    • 6.1.4 Verizon Digital Media Services (Oath Inc.)
    • 6.1.5 Limelight Networks Inc.
    • 6.1.6 CDNetworks Co. Ltd.
    • 6.1.7 Fastly Inc.
    • 6.1.8 StackPath LLC
    • 6.1.9 Edgemesh Inc.
    • 6.1.10 Tata Communications

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS