デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1431660

衛星船舶追跡:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Satellite Vessel Tracking - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 171 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
衛星船舶追跡:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 171 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

衛星船舶追跡の市場規模は、2024年に1億3,951万米ドルと推定され、2029年には2億8,964万米ドルに達し、予測期間中(2024年~2029年)はCAGR15.73%で成長します。

Satellite Vessel Tracking-Market

LEO衛星がセグメントをリードする見込み

  • LEO軌道は地球に近いため、他の2つの軌道の中で広く選ばれていることが指摘されています。多くの気象衛星や通信衛星は、地上から最も遠い地球高軌道をとる傾向があります。地球中周回軌道の衛星には、特定の地域を監視するために設計された航法衛星や特殊衛星が含まれます。船舶追跡衛星や地球観測衛星の多くは、地球低軌道にあります。
  • 当初、自動船舶識別装置(AIS)が導入され、利用可能になった後、この装置には大きな制限がありました。地球の湾曲により、AIS装置の水平航続距離は岸から約74kmに制限されています。しかし、技術開発と地球低軌道への小型衛星のイントロダクションにより、この情報入手の課題は解消されました。
  • 2017年から2022年にかけて、製造・打ち上げられた115以上の船舶追跡衛星が、その付加的な利点から地球低軌道に配置されました。世界中の様々な国が商業目的でこれらの衛星を所有しています。
  • 汚染防止のための船舶追跡、危険物の移動の特定、海上監視などの分野でこれらの衛星の利用が増加しており、予測期間中に衛星の開発需要が高まると予想されています。

北米が市場を牽引

  • 北米の政府機関は、自動識別システム(AIS)の主要プロバイダーと協力しています。モノのインターネット(IoT)ソリューションプロバイダーであるORBCOMM Inc.は、船舶追跡やその他の海上航行・安全対策に使用されるデータサービスである世界自動識別システム(AIS)を競争的に革新するため、米国政府機関から複数年の契約を獲得しました。さらにORBCOMMは、米国政府の特定のユーザーに対してAISサービスを提供する別の競争契約を獲得しました。従って、この地域での事業活動の拡大が、予測期間を通じて市場の成長を促進すると予想されます。
  • 欧州では、フランスが軍事能力の向上に力を入れています。Airbus社は、PARADOS(無線信号捕捉センサー)やRAMSES(戦略無線・衛星通信情報システム)などのプログラムでの経験を生かし、戦略的ELINTシステムで熟練した技術を提供するために選ばれました。これらのシステムは現在、フランス陸軍、フランス空軍・宇宙軍、フランス国防情報局、フランス海軍で運用されています。
  • インド洋の船舶を追跡するため、インドとフランスは2019年にAIS技術を搭載した約10基のLEO衛星を打ち上げることを正式決定しました。インドはまた、インド海軍が情報管理分析センター(IMAC)をホストする国家コマンド制御通信インテリジェンス(NC3I)ネットワークを確立した国家海洋領域認識(NMDA)プロジェクトの開発にも注力していました。

世界の衛星船舶追跡市場動向

衛星の小型化に期待される世界の需要の高まり

  • 小型衛星は、従来の衛星の数分の一のコストで、従来の衛星のほぼすべての機能を実行できるため、小型衛星コンステレーションの構築、打ち上げ、運用の実行可能性が高まっています。北米の需要は主に米国が牽引しており、米国は年間最大の小型衛星を製造しています。北米では、2017年~2022年の間に、地域の様々な企業によって合計596機の超小型衛星が軌道に投入されました。現在、NASAはこれらの衛星の開発を目的としたいくつかのプロジェクトに関与しています。
  • 欧州の需要は、主にドイツ、フランス、ロシア、英国が牽引しており、これらの国は毎年最も多くの小型衛星を製造しています。2017年から2022年の間に、この地域の様々な企業によって50機以上の超小型・超小型衛星が軌道に投入されました。電子部品とシステムの小型化と商業化が市場参入企業を牽引し、その結果、現在の市場シナリオを活用し、強化することを目指す新たな市場企業が出現しています。例えば、英国を拠点とする新興企業Open CosmosはESAと提携し、約90%の競争コスト削減を実現しながら、エンドユーザーに商業用超小型衛星打ち上げサービスを提供しています。
  • アジア太平洋の需要は、主に中国、日本、インドが牽引しており、これらの国は毎年最も多くの小型衛星を製造しています。2017年~2022年の間に、190機以上の超小型衛星がこの地域の様々な企業によって軌道に投入されました。中国は宇宙ベースの能力増強に向けて多大な資源を投入しています。同国はこれまでアジア太平洋で最も多くの超小型衛星を打ち上げています。

市場における投資機会の増加

  • 北米における宇宙計画のための世界政府支出は、2021年に約1,030億米ドルに達します。この地域は、世界最大の宇宙機関であるNASAが存在する、宇宙イノベーションと研究の震源地です。2022年、米国政府はその宇宙プログラムに約620億米ドルを費やし、世界で最も宇宙開発費が多い国となった。米国では、連邦機関は議会から年間323億3,000万米ドルの資金援助を受けています。
  • さらに、欧州の国々は、宇宙領域へのさまざまな投資の重要性を認識しています。彼らは、世界の宇宙産業で競争力を維持し、革新的であり続けるために、宇宙活動や技術革新への支出を増やしています。2022年11月、欧州宇宙機関(ESA)は、地球観測における欧州のリードを維持し、航法サービスを拡大し、米国との探査パートナーであり続けるために、今後3年間の宇宙予算を25%増額することを提案したと発表しました。欧州宇宙機関(ESA)は、2023年から2025年まで185億ユーロの予算を支持するよう22カ国に要請しています。ドイツ、フランス、イタリアが主な拠出国です。
  • アジア太平洋地域における宇宙関連活動の増加を考慮すると、2022年の日本の予算案によると、日本の宇宙予算は14億米ドルを超え、これにはH3ロケット、技術試験衛星9号、情報収集衛星(IGS)計画の開発が含まれます。同様に、2022年度のインドの宇宙開発予算案は18億3,000万米ドルです。また、韓国の科学情報通信省は2022年、人工衛星、ロケット、その他の主要な宇宙機器の製造のために6億1,900万米ドルの宇宙予算を発表しました。

衛星船舶追跡産業の概要

衛星船舶追跡市場はかなり統合されており、上位5社で142.05%を占めています。この市場の主要企業は、HEAD Aerospace、インド宇宙研究機関(ISRO)、Indra Systemmas、Kongsberg、Spire Global, Inc.である(アルファベット順)。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリストサポート

目次

第1章 エグゼクティブサマリーと主な調査結果

第2章 レポートのオファー

第3章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲
  • 調査手法

第4章 主要産業動向

  • 衛星の質量
  • 衛星の小型化
  • 宇宙開発への支出
  • 規制の枠組み
    • 世界
    • オーストラリア
    • ブラジル
    • カナダ
    • 中国
    • フランス
    • ドイツ
    • インド
    • イラン
    • 日本
    • ニュージーランド
    • ロシア
    • シンガポール
    • 韓国
    • アラブ首長国連邦
    • 英国
    • 米国
  • バリューチェーンと流通チャネル分析

第5章 市場セグメンテーション

  • 衛星質量別
    • 10~100kg
    • 100~500kg
    • 10kg未満
  • 軌道クラス別
    • GEO
    • LEO
    • MEO
  • 衛星サブシステム別
    • 推進ハードウェアと推進剤
    • 衛星バスとサブシステム
    • 太陽電池アレイと電源ハードウェア
    • 構造、ハーネス、機構
  • エンドユーザー別
    • 商業
    • 軍事・政府
    • その他
  • 地域別
    • アジア太平洋
    • 欧州
    • 北米
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 主要な戦略動向
  • 市場シェア分析
  • 企業情勢
  • 企業プロファイル
    • Hawkeye360
    • HEAD Aerospace
    • Indian Space Research Organisation(ISRO)
    • Indra Systemmas
    • Kleos Space
    • Kongsberg
    • Spire Global, Inc.
    • SRT marine
    • Terma
    • Unseenlabs

第7章 CEOへの主な戦略的質問

第8章 付録

目次
Product Code: 50001259

The Satellite Vessel Tracking Market size is estimated at USD 139.51 million in 2024, and is expected to reach USD 289.64 million by 2029, growing at a CAGR of 15.73% during the forecast period (2024-2029).

Satellite Vessel Tracking - Market

LEO satellites are expected to lead the segment

  • It has been noted that the LEO orbit is widely chosen among the other two orbits because of its proximity to the Earth. Many weather and communication satellites tend to have high Earth orbits farthest from the surface. Satellites in medium Earth orbit include navigational and specialized satellites designed to monitor a specific area. Most vessel tracking satellites and Earth observation satellites are in low Earth orbit.
  • Initially, after the introduction of Automatic Identification System (AIS) equipment and its availability, this equipment had a major limitation. The Earth's curvature limits the AIS equipment's horizontal range to about 74 km from shore. However, this information availability challenge has been eliminated with the technological development and introduction of small satellites into low Earth orbit.
  • From 2017 to 2022, 115+ satellite vessel tracking satellites manufactured and launched were placed in low Earth orbit because of their added advantages. Various countries across the globe own these satellites for commercial purposes.
  • The increasing use of these satellites in areas such as tracking ships to prevent pollution, identifying the movement of dangerous goods, and maritime surveillance is expected to drive the demand for the development of satellites during the forecast period.

North America is driving the market

  • Government agencies in North America have collaborated with the major providers of automatic identification systems (AIS). ORBCOMM Inc., an Internet of Things (IoT) solutions provider, won a multi-year contract from a US government agency to competitively innovate its global automatic identification system (AIS), a data service that is used for vessel tracking and other maritime navigation and safety efforts. In addition, ORBCOMM was awarded a separate competitive contract to provide AIS services to certain other US government users. Hence, growing business activity in the region is expected to drive the market's growth throughout the forecast period.
  • In Europe, France has been extensively concentrating on improving its military capabilities. Airbus was selected to offer its proficiency in strategic ELINT systems using its experience in programs such as PARADOS (radio signal acquisition sensor) and RAMSES (strategic radio and satellite communication information system). These systems are currently in operational service with the French Army, the French Air and Space Force, France's Defense Intelligence Agency, and the French Navy.
  • In order to track ships in the Indian Ocean, India and France formalized the launch of about 10 LEO satellites with AIS technology in 2019. India was also focused on the development of the National Maritime Domain Awareness (NMDA) project, under which the Indian Navy has established the National Command Control Communication Intelligence (NC3I) network that hosts the Information Management and Analysis Centre (IMAC).

Global Satellite Vessel Tracking Market Trends

Global rising demand expected for satellite miniaturization

  • The ability of the small satellite to perform nearly all of the functions of a traditional satellite at a fraction of the cost of a traditional satellite has increased the viability of building, launching, and operating small satellite constellations. The demand from North America is primarily driven by the United States, which manufactures the largest number of small satellites annually. In North America, during 2017-2022, a total of 596 nanosatellites were placed into orbit by various players in the region. Currently, NASA is involved in several projects aimed at developing these satellites.
  • The demand from Europe is primarily driven by Germany, France, Russia, and the United Kingdom, which manufacture the largest number of small satellites annually. During 2017-2022, more than 50 nano and microsatellites were placed into orbit by various players in the region. The miniaturization and commercialization of electronic components and systems have driven market participation, resulting in the emergence of new market players who aim to capitalize on and enhance the current market scenario. For instance, a UK-based startup, Open Cosmos, partnered with ESA to provide commercial nanosatellite launch services to end users while ensuring competitive cost savings of around 90%.
  • The demand from Asia-Pacific is primarily driven by China, Japan, and India, which manufacture the largest number of small satellites annually. During 2017-2022, more than 190 nano and microsatellites were placed into orbit by various players in the region. China is investing significant resources toward augmenting its space-based capabilities. The country has launched the most significant number of nano and microsatellites in Asia-Pacific to date.

Increasing investment opportunities in the market

  • Global government expenditure for space programs in North America hit approximately 103 billion in 2021. The region is the epicenter of space innovation and research, with the presence of the world's biggest space agency, NASA. In 2022, the US government spent nearly USD 62 billion on its space programs, making it the highest spender on space in the world. In the United States, federal agencies receive annual funding from Congress, which is USD 32.33 billion for its subsidiaries.
  • Additionally, countries in Europe are recognizing the importance of various investments in the space domain. They are increasing their spending on space activities and innovation to stay competitive and innovative in the global space industry. On this note, in November 2022, ESA announced that it had proposed a 25% boost in space funding over the next three years designed to maintain Europe's lead in Earth observation, expand navigation services, and remain a partner in exploration with the United States. The European Space Agency (ESA) asks its 22 nations to back a budget of EUR 18.5 billion from 2023 to 2025. Germany, France, and Italy are the major contributors.
  • Considering the increase in space-related activities in the Asia-Pacific region, in 2022, according to the draft budget of Japan, the space budget of the country was over USD 1.4 billion, which included the development of the H3 rocket, Engineering Test Satellite-9, and the nation's Information Gathering Satellite (IGS) program. Similarly, the proposed budget for India's space programs for FY 2022 was USD 1.83 billion. And in 2022, South Korea's Ministry of Science and ICT announced a space budget of USD 619 million for manufacturing satellites, rockets, and other key space equipment.

Satellite Vessel Tracking Industry Overview

The Satellite Vessel Tracking Market is fairly consolidated, with the top five companies occupying 142.05%. The major players in this market are HEAD Aerospace, Indian Space Research Organisation (ISRO), Indra Systemmas, Kongsberg and Spire Global, Inc. (sorted alphabetically).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 EXECUTIVE SUMMARY & KEY FINDINGS

2 REPORT OFFERS

3 INTRODUCTION

  • 3.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 3.2 Scope of the Study
  • 3.3 Research Methodology

4 KEY INDUSTRY TRENDS

  • 4.1 Satellite Mass
  • 4.2 Satellite Miniaturization
  • 4.3 Spending On Space Programs
  • 4.4 Regulatory Framework
    • 4.4.1 Global
    • 4.4.2 Australia
    • 4.4.3 Brazil
    • 4.4.4 Canada
    • 4.4.5 China
    • 4.4.6 France
    • 4.4.7 Germany
    • 4.4.8 India
    • 4.4.9 Iran
    • 4.4.10 Japan
    • 4.4.11 New Zealand
    • 4.4.12 Russia
    • 4.4.13 Singapore
    • 4.4.14 South Korea
    • 4.4.15 United Arab Emirates
    • 4.4.16 United Kingdom
    • 4.4.17 United States
  • 4.5 Value Chain & Distribution Channel Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (includes market size in Value in USD, Forecasts up to 2029 and analysis of growth prospects)

  • 5.1 Satellite Mass
    • 5.1.1 10-100kg
    • 5.1.2 100-500kg
    • 5.1.3 Below 10 Kg
  • 5.2 Orbit Class
    • 5.2.1 GEO
    • 5.2.2 LEO
    • 5.2.3 MEO
  • 5.3 Satellite Subsystem
    • 5.3.1 Propulsion Hardware and Propellant
    • 5.3.2 Satellite Bus & Subsystems
    • 5.3.3 Solar Array & Power Hardware
    • 5.3.4 Structures, Harness & Mechanisms
  • 5.4 End User
    • 5.4.1 Commercial
    • 5.4.2 Military & Government
    • 5.4.3 Other
  • 5.5 Region
    • 5.5.1 Asia-Pacific
    • 5.5.2 Europe
    • 5.5.3 North America
    • 5.5.4 Rest of World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Key Strategic Moves
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Landscape
  • 6.4 Company Profiles (includes Global Level Overview, Market Level Overview, Core Business Segments, Financials, Headcount, Key Information, Market Rank, Market Share, Products and Services, and Analysis of Recent Developments).
    • 6.4.1 Hawkeye360
    • 6.4.2 HEAD Aerospace
    • 6.4.3 Indian Space Research Organisation (ISRO)
    • 6.4.4 Indra Systemmas
    • 6.4.5 Kleos Space
    • 6.4.6 Kongsberg
    • 6.4.7 Spire Global, Inc.
    • 6.4.8 SRT marine
    • 6.4.9 Terma
    • 6.4.10 Unseenlabs

7 KEY STRATEGIC QUESTIONS FOR SATELLITE CEOS

8 APPENDIX

  • 8.1 Global Overview
    • 8.1.1 Overview
    • 8.1.2 Porter's Five Forces Framework
    • 8.1.3 Global Value Chain Analysis
    • 8.1.4 Market Dynamics (DROs)
  • 8.2 Sources & References
  • 8.3 List of Tables & Figures
  • 8.4 Primary Insights
  • 8.5 Data Pack
  • 8.6 Glossary of Terms